金子正次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かねこ しょうじ
金子 正次
本名 金子松夫
生年月日 (1949-12-19) 1949年12月19日
没年月日 (1983-11-06) 1983年11月6日(33歳没)
出生地 日本の旗 日本愛媛県中島町
ジャンル 俳優、脚本家
活動期間 1974年 -1983年
主な作品
竜二
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
1984年竜二
ブルーリボン賞
新人賞
1983年竜二

金子 正次(かねこ しょうじ、1949年12月19日 - 1983年11月6日)は、日本の脚本家俳優。本名、金子松夫。脚本家としてのペンネームは鈴木明夫。愛媛県温泉郡中島町津和地島出身。

経歴[編集]

実家のある津和地島は、四国本土より山口県周防大島広島県倉橋島に近い小島[1]。実家は漁業ミカンの栽培を営む[1]。松山市内に下宿し松山聖陵高等学校自動車科に通う[1]。かなりのツッパリで東映ヤクザ映画の熱心なファン[1][2]。ヤクザに憧れていた[1]。松山聖陵高校を2年で中退し1972年上京、新宿歌舞伎町ディスコの呼び込みなどをし、ヤクザとも付き合ったが、「俺はヤクザにもなれなかった」と話していたという[1]。その後に原宿学校(現・東京映像芸術学院)演技科に籍を置く[1]1974年劇作家脚本家内田栄一に出会い、劇団「東京ザットマン」(後の「ザットマン7」)に入団[1]。20本近くの舞台に主演した。アングラ演劇の人気に翳りの見えた1980年頃から映画への転身を考えていた[2]1983年、完全な自主制作で初主演映画『竜二』を完成させる。暴力シーンを伴わないヤクザ映画として高く評価され、湯布院映画祭への出品後、同年10月29日の東京を皮切りに全国で公開され大ヒットを記録した。映画公開期間中の11月6日に、胃癌腹膜炎により、松田優作らに看取られながら33歳で死去した。奇しくも、6年後の同日に松田優作も癌で死去する。

2002年には、「竜二」を素材にした、細野辰興監督の映画「竜二Forever」が製作され、主人公の金子正次役を高橋克典が演じた。

主な作品[編集]

出演[編集]

脚本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 岩田一平「『竜二』自作自演に散った金子正次(33歳)のガン死 話題のホームドラマ調ヤクザ映画」、『週刊朝日』、朝日新聞社、1983年11月25日号、 184–185頁。
  2. ^ a b 関根忠郎 『関根忠郎の映画惹句術』 徳間書店2012年、315-318頁。ISBN 978-4-19-863465-0

外部リンク[編集]