大崎下島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大崎下島の位置とアクセス。黄線が安芸灘とびしま海道、青線が主要な航路
大崎下島
座標 北緯34度10分23.4秒
東経132度49分47.4秒
座標: 北緯34度10分23.4秒 東経132度49分47.4秒
面積 17.82 km²
海岸線長 26.0 km
最高標高 449 m
最高峰 一峰寺山
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 芸予諸島
下大崎群島
所属国・地域 日本広島県
地図
大崎下島の位置(広島県内)
大崎下島
テンプレートを表示

大崎下島(おおさきしもじま)は、瀬戸内海の中部にある下大崎群島である。大長みかん大長レモンという果樹栽培や漁業が盛ん。

行政[編集]

広島県呉市に属する。かつて島西部の立花地区・大浜地区は豊田郡豊浜町を、大長地区・御手洗地区などは豊田郡豊町地方自治体が分かれていたが、それぞれの町が2005年3月20日に合併して呉市の一部となった。住所表示は「豊浜町」「豊町」を引き継いでいる。

自然[編集]

  • 一峰寺山(いっぽうじさん。島の最高峰)、灯明山、桂峰

歴史[編集]

御手洗地区にある七卿落遺跡 2005年8月3日
大長の船溜り 2012年7月27日
  • 江戸時代以降、御手洗は潮待ち・風待ちの港町として賑わった。現在も江戸後期から昭和初期の建物が数多く残り、突堤、雁木などの港湾施設も良好に保存されていることから1994年に「豊町御手洗伝統的建造物群保存地区」の名称で重要伝統的建造物群保存地区として選定された(全国で38番目の選定)。
  • 1863年文久3年)の八月十八日の政変で失脚し京都を追放された七卿のうち五卿は、長州に逃れる途中、この島に立ち寄っている。その時立ち寄ったとされる屋敷が御手洗地区に七卿落遺跡として広島県指定の史跡になっている。
  • 大長地区では近隣の島へミカンの出作を行う為、農船と呼ばれる小型船を使用していた。最盛期は大長の船溜りには400艘を超える農船がひしめいていたが、架橋の進展などにより次第に使用されなくなり、現在では大幅に減少している。

交通[編集]

道路[編集]

広島県道355号大崎下島循環線(島を一周する道路)
豊浜大橋安芸灘諸島連絡架橋の4号橋。豊島との間の豊島瀬戸に架かる)
平羅橋(安芸灘諸島連絡架橋の5号橋。平羅島との間の牛渡瀬戸に架かる)

バス[編集]

港湾[編集]

(南西から時計まわりに)

  • 大浜港
  • 立花港
  • 久比(くび)港
  • 小長(おちょう)港
  • 大長(おおちょう)港
  • 御手洗港

航路[編集]

高速船
※ 御手洗地区 寄港便もある。「めばる」から「明石」までが「大崎上島
フェリー
  • 小長港 - 明石(大崎上島)
  • 三角航路(呉市離島航路事業)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]