赤穂根島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤穂根島
Akahone1.jpg
赤穂根島
所在地 日本の旗 日本 愛媛県越智郡上島町
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 芸予諸島
座標 北緯34度14分21秒 東経133度9分40秒 / 北緯34.23917度 東経133.16111度 / 34.23917; 133.16111
面積 2.09 km²
海岸線長 6.0 km
最高標高 159.1 m
赤穂根島の位置(愛媛県内)
赤穂根島
赤穂根島
赤穂根島 (愛媛県)
赤穂根島の位置(日本内)
赤穂根島
赤穂根島
赤穂根島 (日本)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

赤穂根島(あかほねじま)とは、瀬戸内海のほぼ中央、芸予諸島のうち上島諸島に属する[1]岩城島の約300メートル南東の海上に位置する[1]。面積2.09km2[1]

概要[編集]

行政区域では愛媛県越智郡上島町に属する(旧越智郡岩城村で2004年10月1日に合併)[1]。島内の最高地点は南東側の急斜面山頂部にあり標高は159.1m[1]

『岩城村誌』によれば戦国時代には砦があり、その跡地には江戸時代に八幡社が建てられた[1]

太平洋戦争後も住民が住んでいたが、1951年(昭和26年)頃には無人島になった[1]。平成13年9月、岩城島から出作りを行っていた夫妻により有人化。平成23年に再び無人島化するも、平成25年11月には人口2人を数える。

無人島の時期も含めて岩城島の住民が出づくりで、稲、粟、麦、甘藷などの作物が栽培された[1]。1981年(昭和56年)には農道が整備されている[1]。柑橘の栽培と小規模な畑作が行われているが、高齢化により耕作放棄地も多くなっている[1]

生物[編集]

タヌキハツカネズミなどの哺乳類イシガメクサガメニホンヤモリニホントカゲなどの爬虫類モツゴドジョウメダカなどの淡水魚などが調査によって見つかっている。このうち、ドジョウは愛媛県で準絶滅危惧種となっているが、水田の整備が進んでいないため赤穂根島では豊富に生息している。モツゴは釣り人がカサゴ釣りなどの餌として導入されたもので個体数が多くなっている[1]

交通[編集]

1980年からは岩城島の岩城港と赤穂根島の竹ノ浦を結ぶ出耕作用の航路が不定期に運航されていたが、廃止済み。現在は定期航路が存在しない[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 山本貴仁、小川次郎、宮脇馨「愛媛県越智郡上島町赤穂根島総合生物調査」『愛媛県総合科学博物館研究報告』第12巻、愛媛県総合科学博物館、2007年、 27-30頁。
  2. ^ 公益財団法人日本離島センター 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』公益財団法人日本離島センター、2019年、604-605頁。ISBN 9784931230385 

外部リンク[編集]