大黒神島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2016年8月
大黒神島
大黒神島 1990.jpg
大黒神島の位置(広島県内)
大黒神島
大黒神島 (広島県)
地理
場所 瀬戸内海
座標 北緯34度9分37秒
東経132度23分56秒
諸島 芸予諸島
最高標高 460 m (1,510 ft)
最高峰 櫛ノ宇根
広島県
江田島市
人口統計
人口 0人

大黒神島(おおくろかみしま)とは、瀬戸内海芸予諸島に属する、面積約7.25km2無人島である。能美島の西方に位置し、行政上は広島県江田島市沖美町岡大王に属する。瀬戸内海に数多くある島の中では最大の無人島である。

かつては農耕や石材の切り出しなどが行われていた。磯釣り場として知られている[1]

かつてこの島の所有権を賭けて、沖美大柿(現在はいずれも江田島市)の住民が伝馬船競漕をし、ゴール直前にわらじを投げて先に到着をアピールした沖美の所有になったという言い伝えがある[2]

地勢[編集]

  • 櫛ノ宇根(460m)

[編集]

  1. ^ 大黒神島 とは - コトバンク
  2. ^ 『ふるさとの民話 江田島・能美島』、江能広域事務組合、2000年、32-33頁。

座標: 北緯34度9分37秒 東経132度23分56秒 / 北緯34.16028度 東経132.39889度 / 34.16028; 132.39889