戸馳島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸馳島
View from Misumi East Port (Tobasejima Island).jpg
三角港から望む戸馳島(2017年1月3日)
所在地 日本の旗 日本熊本県宇城市
所在海域 八代海
座標 北緯32度36分3秒 東経130度29分47秒 / 北緯32.60083度 東経130.49639度 / 32.60083; 130.49639座標: 北緯32度36分3秒 東経130度29分47秒 / 北緯32.60083度 東経130.49639度 / 32.60083; 130.49639
面積 6.94 km²
海岸線長 16.5 km
最高標高 73 m
戸馳島の位置(熊本県内)
戸馳島
戸馳島
戸馳島 (熊本県)
戸馳島の位置(日本内)
戸馳島
戸馳島
戸馳島 (日本)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
とばせむら
戸馳村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 新設合併
三角町戸馳村郡浦村大岳村三角町
現在の自治体 宇城市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 熊本県
宇土郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 3,056
国勢調査1950年
隣接自治体 三角町、郡浦村、大矢野町
戸馳村役場
所在地 熊本県宇土郡戸馳村(大字なし)
座標 北緯32度36分3.4秒 東経130度29分38.4秒 / 北緯32.600944度 東経130.494000度 / 32.600944; 130.494000 (戸馳村)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

戸馳島(とばせじま)は、八代海の北部に浮かぶである。

熊本県宇城市に属する。2005年の合併以前は宇土郡三角町の一部であった。本項では同区域に所在した宇土郡戸馳村(とばせむら)についても述べる。

概要[編集]

八代海の北部に位置する有人島。北側にあるモタレノ瀬戸を挟んで宇土半島が、西南側にある蔵々瀬戸を挟んで維和島上天草市)がある[1]

江戸末期に島南部を干拓し、片島新地が形成された[2]1889年(明治22年)4月1日町村制の施行に伴い、戸馳村が単独で自治体を形成。1955年昭和30年)2月1日に戸馳村が三角町郡浦村大岳村と合併して三角町が発足。同町の大字となった[3]。1973年5月に落成した戸馳大橋によって、九州と陸続きとなった[1][2]2005年平成17年)1月15日、三角町が不知火町下益城郡松橋町小川町豊野町と合併して宇城市が発足。同市三角町戸馳となる[4]

施設[編集]

交通[編集]

道路[編集]

    • 戸馳大橋(宇土半島との間のモタレノ瀬戸に架かる)[1]
    • 橋の老朽化等に伴い、現在の橋の東側に新しい橋が建設され、2019年3月30日に開通した[5]

水上交通[編集]

  • 野崎港

三角町営の交通船が三角港との間で運航されており、最大3本の路線があった。2000年代に入っても博洋丸一隻のみ就航中であったが、2013年6月に路線廃止となった[6]

観光名所[編集]

  • 若宮海水浴場[7]
  • 浜ン洲貝塚 - 縄文時代の貝塚。1962年に発見され、縄文時代後期の土器や人骨が出土した[8]

産業[編集]

島嶼特有の海洋性気候を活かし、農水産業が発展してきた[9]。1973年の戸馳大橋の開通以降、キンギョソウマーガレットなどの花卉栽培が盛んとなった[2]。島内の農業法人「宮川洋蘭」の転作を機に洋ラン栽培が広がり、「洋ランの島」と呼ばれている[10]。また、島の北東部ではミカンや甘夏の栽培も行われているほか、西南部でアサリクルマエビの養殖も行われている[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “とばせじま【戸馳島】熊本県:宇土郡/三角町/戸馳村”. 日本歴史地名大系 (平凡社). 
  2. ^ a b c “とばせじま【戸馳島】熊本県 宇城市”. 新版 角川日本地名大辞典. 
  3. ^ “みすみまち【三角町】熊本県:宇土郡”. 日本歴史地名大系 (平凡社). 
  4. ^ “うきし【宇城市】熊本県 宇城市”. 新版 角川日本地名大辞典. 
  5. ^ “発展への架け橋”. 広報うき. (2019年5月1日). 
  6. ^ 博洋丸・写真で見る船”. よかとこBY. 2022年1月16日閲覧。
  7. ^ 若宮海水浴場 熊本県公式観光サイト(2021年9月12日閲覧)
  8. ^ “はまんすかいづか【浜ン洲貝塚】熊本県:宇土郡/三角町/戸馳村”. 日本歴史地名体系 (平凡社). 
  9. ^ a b “戸馳島”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 
  10. ^ “(けいざい+地域発)洋ランの島、父子の挑戦「もうかる農業」、次は加工品で”. 『朝日新聞』朝刊. (2017年4月12日). https://www.asahi.com/articles/DA3S12887113.html?iref=pc_photo_gallery_bottom 2021年9月12日閲覧。 

関連項目[編集]