宇久島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇久島
Ukujima and Terashima ISS017.jpg
2008年10月21日、NASAによる撮影。
所在地 日本の旗 日本長崎県佐世保市
座標 北緯33度16分10.9秒
東経129度6分45.7秒
座標: 北緯33度16分10.9秒 東経129度6分45.7秒
面積 24.93 km²
最高標高 258 m
最高峰 城ヶ岳
宇久島の位置(長崎県内)
宇久島
宇久島
佐世保市役所
佐世保市役所
長崎県本土と宇久島の位置
Pfeil links unten rot.svg 五島列島における宇久島の位置
Pfeil links unten rot.svg
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

宇久島(うくじま)は、九州本土から西へ約50km離れた五島列島の最北部にある(有人島)である。全島が長崎県佐世保市に属する。

概要[編集]

地理[編集]

五島列島の最北部に位置する。佐世保市中心部から約55km、平戸島南東端からは約20km離れている。約4km南には小値賀島野崎島がある。一般には五島列島に含められることが多いが、長崎県では平戸諸島の一部としている[1]

島内最高峰の城ヶ岳を中心とした丘陵地が多い火山島である。地下水が比較的豊富であり農業用水として活用されている。

[編集]

  • 城ヶ岳(五島富士) - 標高258m。天候がよければ島全体から小値賀島・平戸島まで望める。

環境問題[編集]

ここ数年[いつ?]本土から猪が海を渡って島内に侵入しており、豊かな自然環境も相まって繁殖し畑等を荒らす被害が多発している。2015年時点では人的被害は発生してはいないが、宇久島固有の生態系にとっても憂慮すべき事態となっている。

発電所[編集]

日本風力開発グリーンパワーにより、出力2000kWの風車を50基要する風力発電所を推進している。これに対し、島民の7割は反対している。また、ドイツの太陽光発電事業者Photovolt Development Partnersが、島の4割の面積を使い太陽光発電所を推進している。これらは、海底ケーブルにより九州電力に売電することを目的としている。日本自然保護協会は、「これまでの原子力発電の立地の構造と全く変わりない。原発はすぐでにも止め、自然エネルギーに転換しなければならないが、日本の生物多様性を壊してまでの風力や太陽光発電は本末転倒」と批判している[2]。ただし、太陽光発電においては地権者が環境に配慮した施工方式であることを確認し理解を示しているのが実際の現状となっている。

佐世保市宇久島のメガソーラーについては、2014年10月に九州電力が接続申し込みの回答を保留した際、計画の続行を危ぶむ声もあった。だが、PVDP社は2015年11月、九州電力から系統連系の承諾を得たと発表。「この承諾もって、 太陽光発電設備と高圧直流海底ケーブル、および補助中高圧システムを宇久島に設置する技術段階に入る」とのコメントを出している。

2016年2月17日、長崎県佐世保市議会の大岩博文議員が、この事業に絡み、許認可権限を持つ朝長則男市長に現金100万円を渡すと持ち掛けていたとして、贈賄申し込み罪で逮捕され、その後有罪判決となった[3][4]

伝説[編集]

平家盛平清盛の弟)が壇ノ浦の戦いの後にこの島に逃れて住みつき、五島一円に勢力を伸ばして宇久氏の祖となったという伝説が残っている[1]

交通[編集]

島の南東部の平(たいら)港まで、佐世保港佐世保市)から高速船フェリーが、博多港福岡市)からフェリーがそれぞれ運航されている。

島内では宇久観光バスが路線バスを運行している。

名所・観光スポット[編集]

  • 城ヶ岳展望所
  • フィッシャリーナ宇久
  • 大浜海水浴場
  • スゲ浜海水浴場
  • 長崎鼻

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]