笠佐島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
笠佐島
座標 北緯33度56分37秒 東経132度09分58秒 / 北緯33.94361度 東経132.16611度 / 33.94361; 132.16611座標: 北緯33度56分37秒 東経132度09分58秒 / 北緯33.94361度 東経132.16611度 / 33.94361; 132.16611
面積 0.94 km²
海岸線長 4.1 km
最高標高 115 m
最高峰 高尾山
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 防予諸島(周防大島諸島)
所属国・地域

日本の旗 日本(山口県大島郡周防大島町)

笠佐島の位置(山口県内)
笠佐島
テンプレートを表示

笠佐島(かささじま)は、山口県大島郡周防大島町の有人で、周防大島(小松港から西へ約2km)と柳井市大畠の間に位置する。

概要[編集]

人口は2015年(平成27年)4月1日現在の住民基本台帳では7世帯12人[1]。公立学校や病院・診療所は島内にはない[1]。平均年齢が70歳を超える過疎高齢化が進んでいる[要出典]。店舗も自動販売機もないが[2]民宿は存在する[1]。なお、2015年現在営業する民宿は、1軒が2010年[3]、もう1軒が2012年[4]に開業したものである。

歴史[編集]

江戸時代初期には、現在の柳井市内にあった塩田用に薪を産していたが、塩田の火力を石炭に切り替えたことから田畑が開かれたとされる[1]。 島の名前は、大畠瀬戸に身を投じた女性(般若姫)に島民が笠を捧げた故事から「笠捧げ島」となり、それが「笠佐島」に変じたという[1]

交通機関[編集]

周防大島町にある小松港から、行政連絡船「かささ」(定員12人)が1日3往復(水曜日は4往復)就航している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 笠佐島(かささじま) - 山口県中山間地域作り推進課(2016年3月15日閲覧)
  2. ^ 和「笠佐島 臨時便が運ぶ「天使」」『朝日新聞』2002年7月14日付西部本社朝刊33面(山口)。
  3. ^ 皐月の弐 山口・周防大島町~小さな離島の漁家民宿~ - テレビ朝日「人生の楽園」
  4. ^ 楽園の小島、民宿2軒目 のんびり、山口・笠佐島が人気” (2012年11月29日). 2016年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]