岡村島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡村島の位置。青線は岡村島に関係する航路
四国からのアクセスは、今治港から今治市営フェリーを使うのが一般的。広島県西部からは、呉市より安芸灘とびしま海道を利用して陸路で来ることができる。広島県東部以東からは、瀬戸内しまなみ海道を使って隣接する大三島に上陸し、大三島ブルーライン・今治市営渡船を使う方法がある。
岡村島
Okamura island1.jpg
大崎下島から撮影した岡村島 2005年8月3日
座標 北緯34度11分15.8秒 東経132度52分40.8秒 / 北緯34.187722度 東経132.878000度 / 34.187722; 132.878000座標: 北緯34度11分15.8秒 東経132度52分40.8秒 / 北緯34.187722度 東経132.878000度 / 34.187722; 132.878000
面積 3.10 [1] km²
海岸線長 11.1 km
最高標高 213 m
最高峰 甲ノ峰
最大都市 関前岡村
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 関前諸島
所属国・地域 日本愛媛県
テンプレートを表示
岡村港全景
岡村島中心部
岡村島の路地

岡村島(おかむらじま)は、瀬戸内海の中部にある関前諸島である。ミカンなどの果樹栽培と漁業が盛ん。愛媛県(今治市)だが安芸灘とびしま海道にて、本州広島県(呉市)と陸路でつながっている。

地理・自然[編集]

今治港の北西約17キロの位置にあり、大下島小大下島ととも関前諸島を形成している。東に小大下島、西に大崎下島(広島県)がある。大崎下島との間の御手洗瀬戸に中ノ島、小島がある。集落は島の南東部でフェリーの寄航する岡村港のある岡村に集積し、今治市関前支所(旧村役場)もこの集落にある。

架橋[編集]

岡村島は、日本本土(北海道本州四国九州沖縄本島)と橋で繋がっている島の中では熊本県樋島下須島通詞島(ともに7橋)と並んで一番橋を渡る回数が多い(しまなみ海道を除く)。さらに、所属する県庁までの通過架橋を比較すると17橋という桁違いの橋数を誇る。

このほか、北接する広島県の離島大崎上島への架橋(安芸灘諸島連絡架橋8号橋)、大下島などを経由してしまなみ海道沿線の大三島に架橋する構想(関前諸島架橋構想)がある。

歴史[編集]

古くから斎灘の海上交通の要衝にあたり、平安時代から空海菅原道真らが立ち寄ったいわれがある。戦国時代には村上水軍の城砦が築かれた。江戸時代中期には隣島の大崎下島の御手洗港などとともに潮待ち港として栄え、1740年(天文5年)には島南端の観音崎に灯明台が築かれた。

江戸時代に宮浦村と里浦村とが合併して岡村となり、松山藩に属していた。天保9年に隣島の小大下島を二分してその一部を岡村と合する。1890年(明治23年)に岡村島と大下村の合併により越智郡関前村となる。明治時代中頃から柑橘類の栽培がはじまり、大正時代にはみかんの島として知られるようになった。村役場がこの島に置かれるなど、関前諸島の中心として機能してきた。昭和の大合併は離島という特性のため、経験しなかった。

行政[編集]

社会[編集]

人口409人(2012年4月)[1]、世帯数240世帯 小中学校 各1

交通[編集]

道路[編集]

  • 県道

安芸灘とびしま海道の終点に位置する。

水上交通[編集]

フェリー 「第二せきぜん」が今治-岡村間を一日4往復(内3往復は小大下島・大下島に寄港)、旅客船 「とびしま」が今治港-宗方港-岡村港間を一日4往復

2012年10月より宗方・木江とのフェリー航路就航が就航 宗方-岡村間は5往復。 フェリー・旅客船 時刻表

観光名所・名産[編集]

名所
  • 観音崎
  • ナガタニ展望台
  • 正月鼻古墳公園
  • 人待ち瀬戸(戸待ち瀬戸)
  • 姫子島神社
  • 乗越海水浴場(サンビーチ)
  • 救世観音堂 大同年間に空海(弘法大師)が一刀彫をしたといわれる救世観音像が安置されている※2012年10月14日 30年に一度の御開帳がある。
  • お汐・亀松の壁画 盆踊り歌にもなっている純愛物語
  • ちょうちょ島館のクロツバメシジミチョウ標本
  • フィッシングポイント 島内各地
祭り
  • 弓祈祷 - 2月11日、鬼の字を書いた的にめがけて矢を放つ。愛媛県指定無形民俗文化財。
名産
  • みかん
  • みそ
  • 魚貝類

島出身の著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 関前諸島地域振興計画 (PDF)”. 愛媛県総務部. 2011年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]