小宝島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島郡 > 十島村 > 小宝島
小宝島
Kodakara-Jima Island Aerial Photograph.jpg
小宝島の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1978年)
座標 北緯29度13分22.5秒
東経129度19分44.5秒
最高標高 103 m
所属諸島 トカラ列島
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示
トカラ列島(薩南諸島、中部)

小宝島(こだからじま)は、トカラ列島に浮かぶである。人口は58人、世帯数は32世帯(2015年12月31日現在)[1]

地名(行政区画)としての小宝島は鹿児島県鹿児島郡十島村大字であり、小宝島の全域がそれに該当する。郵便番号は891-5205。

概要[編集]

  • 人口 - 58人
  • 面積 - 1.00km2
  • 周囲 - 4.74km
  • 経緯 - 北緯29度13分、東経129度19分
  • 気候 - 亜熱帯(5月〜9月までに多く雨が降る)
  • その他 - 宝島とともにトカラハブが生息しており、日本国内でハブ類が生息する最北端でもある[2]

地質[編集]

島は外側(海側)から、完新世に隆起したサンゴ礁堆積物、中新世に形成された強-弱溶結した層厚数10mの火砕流堆積物、頂部は10m程度の礁石灰岩が火砕流堆積物を覆い、標高50m以下に分布する琉球石灰岩に対比されている[3][4]

島北東部で自噴する湯泊温泉は源泉温度90℃以上と高く、地化学温度計での熱水貯留層内の温度は250℃~300℃とかなりの高い温度であると推定され[5]、小宝島地下に潜在円頂丘の存在が示唆される。また、完新世に隆起した琉球石灰岩は、この潜在円頂丘を形成したマグマ貫入に起因すると推定される[6]。小宝島の南西約2kmの海底及び北東約2kmの海底では、火口状の凹地から噴気(熱水)活動が確認されており、南西の海底では噴出源の深さ147mから海面近くまでガスプルームが追跡されている。これらの事から、小宝島周辺海域に海底火山活火山が存在していると推定される[6]

施設[編集]

教育
温泉
  • 小宝島温泉
  • 湯泊温泉
郵便局
  • 小宝島簡易郵便局

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国勢調査でみる地区別人口・世帯数の推移 (PDF) - 十島村HP 2016年01月13日閲覧。
  2. ^ トカラハブは他のハブ類と違い、非常に毒が弱く、死者が出たこともないため、現地ではまったく恐れられていない。トカラハブの記事も参照。
  3. ^ 20万分の l地質図幅「中之島及び宝島」 (pdf)”. 地質調査総合センター (2007-2009). 2017年4月7日閲覧。
  4. ^ 横瀬ほか (2010年). “トカラ列島における中期更新世の酸性海底火山活動”. 地学雑誌 119 (1): 46-68. doi:10.5026/jgeography.119.46. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography/119/1/119_1_46/_article/references/-char/ja/ 2017年4月7日閲覧。. 
  5. ^ 堤ほか (2014年). “トカラ列島小宝島の温泉の熱水地球化学”. 2017年4月7日閲覧。
  6. ^ a b 海底火山研究の新展開:トカラ列島周辺の浅海域で、大規模なガスプルームを伴う海底火山活動を洋上から音響測深・海洋化学観測によって確認”. 東京大学大気海洋研究所 (2014年10月1日). 2017年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]