鹿児島郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鹿児島県鹿児島郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

鹿児島郡(かごしまぐん)は、鹿児島県薩摩国)の

人口1,180人、面積132.54km²、人口密度8.9人/km²。(2016年6月1日、推計人口

以下の2村を含む。

郡域

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、鹿児島市の大部分(魚見町・小原町・上福元町・希望ケ丘町・皇徳寺台・五ケ別府町・小松原・桜ケ丘一 - 六丁目・自由ケ丘・清和・中山・中山町・東開町・東谷山・星ヶ峯・山田町・卸本町・錦江台・坂之上・慈眼寺町・下福元町・谷山港・谷山中央・七ツ島・南栄・西谷山・光山・平川町・和田・有屋田町・川田町・花尾町・郡山岳町・郡山町・西俣町・東俣町・油須木町・石谷町・入佐町・上谷口町・松陽台町・直木町・春山町・平田町・福山町・四元町・有村町・黒神町・高免町・野尻町・東桜島町・古里町・持木町[1]を除く)にあたる。

歴史

古くは麑嶋とも表記された。江戸期の本郡域は薩摩藩の直轄領であり、鹿児島城下及び近在には外城(後の郷)は置かれなかったが、吉田郷のみが外城として設置されていた。

近世以降の沿革

  • 明治初年時点では全域が薩摩鹿児島藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での村は以下の通り[2]。全域が現・鹿児島市。(24村)
    • 近在 - 吉野村、坂元村、川上村、比志島村、岡之原村、上伊敷村、下伊敷村、田上村、中村、小山田村、郡元村、西別府村、小野村、犬迫村、永吉村、荒田村、西田村、武村、塩屋村
    • 吉田郷 - 東佐多浦村、西佐多浦村、本名村、宮之浦村、本城村
  • 明治初年 - 比志島村の一部が分立して皆房村となる。(25村)
  • 明治4年 - 谿山郡宇宿村(谷山郷)の所属郡が本郡に変更し、鹿児島近在に所属。(26村)
  • 明治4年7月14日1871年8月29日) - 廃藩置県により鹿児島県の管轄となる。
  • 明治12年(1879年2月17日 - 郡区町村編制法の鹿児島県での施行により、行政区画としての鹿児島郡が発足。「鹿児島郡役所」が管轄。
  • 明治14年(1881年) - 坂元村の一部が分立して下田村となる。(27村)

町村制以降の沿革

1.西武田村 2.中郡宇村 3.伊敷村 4.吉野村 5.吉田村 11.谷山村 21.西桜島村 22.東桜島村(紫:鹿児島市)
  • 明治22年(1889年4月1日
    • 市制の施行により、鹿児島城下[3]・荒田村・西田村・塩屋村の区域をもって鹿児島市が発足し、郡より離脱。
    • 町村制の施行により、残部に以下の各村が発足。(5村)
      • 西武田村 ← 武村、田上村、西別府村
      • 中郡宇村 ← 中村、郡元村、宇宿村
      • 伊敷村 ← 小山田村、犬迫村、小野村、永吉村、上伊敷村、下伊敷村、比志島村、皆房村
      • 吉野村 ← 吉野村、坂元村、下田村、川上村、岡之原村
      • 吉田村[4] ← 東佐多浦村、西佐多浦村、宮ノ浦村、本城村、本名村
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行のため、「鹿児島郡役所」が管轄する鹿児島郡・谿山郡北大隅郡の区域をもって、改めて鹿児島郡が発足[5]。以下の町村が本郡の所属となる。(8村)
  • 明治31年(1897年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治44年(1911年9月30日 - 伊敷村の一部(下伊敷字草牟田)が鹿児島市に編入。
  • 大正9年(1920年10月1日 - 伊敷村の一部(永吉・下伊敷)が鹿児島市に編入。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正13年(1924年9月1日 - 谷山村が町制施行して谷山町となる。(1町7村)
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和9年(1934年8月1日 - 西武田村・中郡宇村・吉野村が鹿児島市に編入。(1町4村)
  • 昭和25年(1950年)10月1日 - 伊敷村・東桜島村が鹿児島市に編入。(1町2村)
  • 昭和33年(1958年)10月1日 - 谷山町が市制施行して谷山市となり、郡より離脱。(2村)
  • 昭和47年(1972年11月1日 - 吉田村が町制施行して吉田町となる。(1町1村)
  • 昭和48年(1973年
  • 平成16年(2004年)11月1日 - 吉田町・桜島町が鹿児島市に編入。(2村)

変遷表

脚注

  1. ^ 谷山地域・郡山地域・松元地域・東桜島地区。
  2. ^ 郷については「角川日本地名大辞典」による。
  3. ^ この時点では山下町、平之馬場町、新照院通町、山之口馬場町、加治屋町、東千石馬場町、西千石馬場町、新屋敷通町、樋之口通町、上龍尾町、下龍尾町、長田町、冷水通町、春日小路町、清水馬場町、稲荷馬場町、池之上町、鼓川町、車町、恵美須町、小川町、和泉屋町、浜町、向江町、栄町、柳町、新町、松原通町、船津町、呉服町、大黒町、堀江町、住吉町、六日町、中町、金生町、汐見町、泉町、築町、生産町、易居町、薬師馬場町、鷹師馬場町、西田町、下荒田町、上之園通町、高麗町が存在。
  4. ^ 吉田郷と同一区域。
  5. ^ 鹿兒島縣下國界竝郡界變更及郡廢置(明治29年法律第55号、Wikisource-logo.svg 原文

参考文献