瀬戸内町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せとうちちょう
瀬戸内町
Flag of Setouchi, Kagoshima.svg
瀬戸内町旗
Symbol of Setouchi, Kagoshima.svg
瀬戸内町章
1957年昭和32年)12月制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
大島郡
団体コード 46525-9
法人番号 5000020465259
面積 239.65km2
総人口 8,735
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 36.4人/km2
隣接自治体 奄美市大島郡宇検村
町の木 ガジュマルソテツ
町の花 ハイビスカス
瀬戸内町役場
町長 鎌田愛人
所在地 894-1592
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋字船津23番地号
北緯28度8分47.3秒東経129度18分52.6秒
Setouchi Town Hall.jpg
外部リンク [2]

瀬戸内町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
高知山展望台から見た古仁屋と大島海峡対岸の加計呂麻島
マネン岬
請島(請阿室)
与路島の風景
ハンミャ島(無人島)

瀬戸内町(せとうちちょう)は、鹿児島県奄美群島にあるの1つで、大島郡に属する。

地理[編集]

奄美大島の最南西端の地域と、加計呂麻島与路島請島などの有人島を町域とし、東西28.8km、南北27.8kmに亘る比較的広い地域を有する。
古仁屋(こにや)は、最も人口の密集した中心部で、商業、飲食業等の第三次産業も盛んであり、他の島への拠点となっている。

地形は古生層からなる標高300-400メートルの山地が多く、リアス式海岸でを形成し、急峻に落ち込んでいる個所や入り江が多い。

  • 無人島: 江仁屋離島ほか
  • 西端: 東経129度8分4秒
  • 東端: 東経129度25分47秒
  • 南端: 北緯27度59分52秒
  • 北端: 北緯28度15分19秒

隣接市町村[編集]

地名[編集]

旧古仁屋町
  • 阿木名(あぎな)
  • 阿鉄(あてつ)
  • 網野子(あみのこ)
  • 伊須(いす)
  • 勝浦(かちうら)
  • 嘉鉄(かてつ)
  • 嘉徳(かとく)
  • 久根津(くねつ)
  • 古仁屋(こにや)
    • 大湊(おおみなと)
    • 春日(かすが)
    • 瀬久井(せくい)
    • 高丘(たかおか)
    • 船津(ふなつ)
    • 松江(まつえ)
    • 宮前(みやまえ)
  • 古仁屋瀬久井西(こにやせくいにし。2001年、旧古仁屋より分離)
  • 古仁屋瀬久井東(こにやせくいひがし。2001年、旧古仁屋より分離)
  • 小名瀬(こなせ)
  • 清水(せいすい)
  • 節子(せっこ)
  • 蘇刈(そかる)
  • 手安(てあん)
  • 油井(ゆい)
旧鎮西村
  • 秋徳(あきとく)
  • 生間(いけんま)
  • 伊子茂(いこも)
  • 於斉(おさい)
  • 押角(おしかく)
  • 勝能(かちゆき)
  • 花富(けどみ)
  • 諸数(しょかず)
  • 諸鈍(しょどん)
  • 瀬相(せそう)
  • 渡連(どれん)
  • 野見山(のみやま)
  • 俵(ひょう)
  • 三浦(みうら)
旧実久村
  • 阿多地(あだち)
  • 池地(いけぢ)
  • 請阿室(うけあむろ)
  • 嘉入(かにゅう)
  • 木慈(きじ)
  • 薩川(さつかわ)
  • 実久(さねく)
  • 芝(しば)
  • 須子茂(すこも)
  • 瀬武(せたけ)
  • 武名(たけな)
  • 西阿室(にしあむろ)
  • 与路(よろ)
旧西方村
  • 阿室釜(あむろがま)
  • 久慈(くじ)
  • 花天(けてん)
  • 管鈍(くだどん)
  • 古志(こし)
  • 篠川(しのかわ)
  • 西古見(にしこみ)

歴史[編集]

近現代[編集]

行政[編集]

行政組織[編集]

  • 町長:鎌田愛人(2015年6月25日 -)

町の行政機関[編集]

県の行政機関[編集]

国の行政機関[編集]

産業[編集]

第一次産業では、就労人口では農業が約半数を占めててもっとも多いが、生産額では水産業が農業を大きく上回る。第二次産業では、製造業の大きな事業所がなく、台風等による道路の改修、家屋の修理などの需要が多いため、建設業が最も盛んである。過去にあった木材チップ工場や黒糖焼酎の工場は閉鎖された。

地域[編集]

人口[編集]

Demography46525.svg
瀬戸内町と全国の年齢別人口分布(2005年) 瀬戸内町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 瀬戸内町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
瀬戸内町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 17,273人
1975年 15,290人
1980年 14,309人
1985年 13,269人
1990年 12,566人
1995年 12,017人
2000年 11,649人
2005年 10,782人
2010年 9,874人
2015年 9,042人
総務省統計局 国勢調査より

1965年には20,346人いた人口は毎年減少を続けており、町全体でおよそ半減したが、特に加計呂麻島与路島請島では人口が1/4から1/5に減少した。また、町内の人口は中心地の古仁屋に集中化を続けているため、集合住宅も多く建設されている。

2016年3月末現在の世帯数は5,202、人口は9,176人[1]

教育[編集]

高等学校[編集]

小・中学校[編集]

町立

交通[編集]

古仁屋港の船客待合所

空港[編集]

  • 最寄り空港は奄美空港(奄美市。役場から73km)

航路[編集]

長距離航路の最寄り発着港は古仁屋港。町内では各島を結ぶ町営旅客船・フェリーが運航されている。このほか、海上タクシーもよく利用されている。

バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 水中観光船(マリンビューアー)せと(株式会社カケロマリゾート)
  • ホノホシ海岸(引き波で玉石が奇妙な音を立てる)
  • ヤドリ浜海水浴場
  • 高知山展望台
  • 油井岳展望台
  • 大島海峡ほか各地の珊瑚礁ダイビングスポット
  • 安脚場戦跡(加計呂麻島安脚場)・着弾監視トーチカ跡(西古見)・陸軍弾薬庫跡(手安)
  • 奄美戦史模型資料館
  • 渡連海岸海水浴場
  • 徳浜海岸海水浴場
  • 西阿室海岸海水浴場(夕日の名所)
  • デイゴ並木(映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』ロケ地)
  • 島尾敏雄文学碑
  • 嘉徳海岸 - サーフィン適地

祭事・催事[編集]

元ちとせの出身地、嘉徳(かとく)集落全景

瀬戸内町出身の有名人[編集]

ゆかりの有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「人口世帯集計表」、2016年、瀬戸内町。 [1]

外部リンク[編集]

座標: 北緯28度8分47.18秒 東経129度18分53.63秒 / 北緯28.1464389度 東経129.3148972度 / 28.1464389; 129.3148972