瀬戸内町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せとうちちょう ウィキデータを編集
瀬戸内町
瀬戸内町旗 瀬戸内町章
瀬戸内町旗 瀬戸内町章
1957年12月制定
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
大島郡
市町村コード 46525-9
法人番号 5000020465259 ウィキデータを編集
面積 239.65km2
総人口 8,018[編集]
推計人口、2024年1月1日)
人口密度 33.5人/km2
隣接自治体 奄美市大島郡宇検村
町の木 ガジュマルソテツ
町の花 ハイビスカス
瀬戸内町役場
町長 鎌田愛人
所在地 894-1592
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋字船津23番地号
北緯28度08分47秒 東経129度18分54秒 / 北緯28.14644度 東経129.31489度 / 28.14644; 129.31489座標: 北緯28度08分47秒 東経129度18分54秒 / 北緯28.14644度 東経129.31489度 / 28.14644; 129.31489
地図
町役場位置

瀬戸内町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

瀬戸内町位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
高知山展望台から見た古仁屋の町と大島海峡対岸の加計呂麻島
請島(請阿室)
与路島の風景
ハンミャ島(無人島)

瀬戸内町(せとうちちょう)は、鹿児島県奄美群島にある大島郡に属し、奄美大島の南端部とその沿岸に位置する加計呂麻島請島などの離島からなる。町名の由来は大島海峡の別名「瀬戸内」に因む。

地理[編集]

奄美大島の最南西端の地域と加計呂麻島与路島請島などの有人島を町域とし、東西28.8km、南北27.8kmに亘る比較的広い地域を有する。
古仁屋(こにや)は最も人口の密集した中心部で、商業、飲食業等の第三次産業も盛んであり、古仁屋港が他の島や各集落への拠点となっている。

地形は古生層からなる標高300-400メートルの山地が多く、リアス式海岸を形成し急峻に落ち込んでいる個所や入り江が多い。

  • 無人島: 江仁屋離島ほか
  • 西端: 東経129度8分4秒
  • 東端: 東経129度25分47秒
  • 南端: 北緯27度59分52秒
  • 北端: 北緯28度15分19秒

気候[編集]

古仁屋(1991年 - 2020年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 26.4
(79.5)
24.7
(76.5)
26.7
(80.1)
27.8
(82)
30.1
(86.2)
33.0
(91.4)
34.1
(93.4)
34.4
(93.9)
33.3
(91.9)
31.8
(89.2)
29.2
(84.6)
27.0
(80.6)
34.4
(93.9)
平均最高気温 °C°F 18.1
(64.6)
18.5
(65.3)
20.3
(68.5)
22.7
(72.9)
25.6
(78.1)
28.3
(82.9)
31.0
(87.8)
31.3
(88.3)
30.2
(86.4)
27.4
(81.3)
23.8
(74.8)
20.0
(68)
24.8
(76.6)
日平均気温 °C°F 15.3
(59.5)
15.6
(60.1)
17.4
(63.3)
19.9
(67.8)
22.8
(73)
25.8
(78.4)
28.4
(83.1)
28.5
(83.3)
27.3
(81.1)
24.4
(75.9)
21.0
(69.8)
17.2
(63)
22.0
(71.6)
平均最低気温 °C°F 12.5
(54.5)
12.7
(54.9)
14.5
(58.1)
17.0
(62.6)
20.2
(68.4)
23.8
(74.8)
26.3
(79.3)
26.3
(79.3)
24.9
(76.8)
21.8
(71.2)
18.3
(64.9)
14.4
(57.9)
19.4
(66.9)
最低気温記録 °C°F 4.6
(40.3)
5.7
(42.3)
4.8
(40.6)
9.2
(48.6)
13.4
(56.1)
16.7
(62.1)
20.6
(69.1)
21.4
(70.5)
18.2
(64.8)
14.7
(58.5)
10.5
(50.9)
6.4
(43.5)
4.6
(40.3)
降水量 mm (inch) 123.4
(4.858)
116.4
(4.583)
170.3
(6.705)
192.7
(7.587)
237.7
(9.358)
395.9
(15.587)
180.0
(7.087)
248.2
(9.772)
273.4
(10.764)
194.6
(7.661)
133.1
(5.24)
102.3
(4.028)
2,375.2
(93.512)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 12.4 11.4 13.4 12.4 13.2 14.6 10.3 13.4 13.5 10.7 9.3 11.1 146.5
平均月間日照時間 83.0 79.6 104.1 118.6 124.4 98.1 186.3 186.3 152.4 147.7 121.9 93.8 1,492.8
出典1:Japan Meteorological Agency
出典2:気象庁[1]

隣接市町村[編集]

地名[編集]

町制施行60周年記念要覧[2]に基づく。

旧古仁屋町
  • 阿木名(あぎな)
  • 阿鉄(あてつ)
  • 網野子(あみのこ)
  • 伊須(いす)
  • 勝浦(かちうら)
  • 嘉鉄(かてつ)
  • 嘉徳(かとく)
  • 久根津(くねつ)
  • 古仁屋(こにや)
    • 大湊(おおみなと)
    • 春日(かすが)
    • 瀬久井(せくい)
    • 高丘(たかおか)
    • 船津(ふなつ)
    • 松江(まつえ)
    • 宮前(みやまえ)
  • 古仁屋瀬久井西(こにやせくいにし。2001年、旧古仁屋より分離)
  • 古仁屋瀬久井東(こにやせくいひがし。2001年、旧古仁屋より分離)
  • 小名瀬(こなせ)
  • 須手(すで)
  • 清水(せいすい)
  • 節子(せっこ)
  • 蘇刈(そかる)
  • 手安(てあん)
  • 油井(ゆい)
旧鎮西村(加計呂麻島
  • 秋徳(あきとく)
  • 安脚場(あんきゃば)
  • 池地(いけじ)
  • 生間(いけんま)
  • 伊子茂(いこも)
  • 請阿室(うけあむろ) - 請島
  • 於斉(おさい)- (以下は加計呂麻島
  • 押角(おしかく)
  • 勝能(かちゆき)
  • 花富(けどみ)
  • 佐知克(さちゆき)
  • 諸数(しょかず)
  • 諸鈍(しょどん)
  • 勢里(せり)
  • 徳浜(とくはま)
  • 渡連(どれん)
  • 呑之浦(のみのうら)
  • 野見山(のみやま)
  • 与路(よろ)- 島の宝100景の|涼をよぶサンゴの石垣、がある集落(与路島)
旧実久村 - 加計呂麻島
  • 阿多地(あだち)
  • 嘉入(かにゅう)
  • 木慈(きじ)
  • 薩川(さつかわ)
  • 実久(さねく)
  • 芝(しば)
  • 須子茂(すこも)
  • 瀬相(せそう)
  • 瀬武(せだけ)
  • 武名(たけな)
  • 知之浦(ちのうら)
  • 西阿室(にしあむろ)
  • 俵(ひょう)
  • 三浦(みうら)
旧西方村 - 奄美大島南西端部
  • 阿室釜(あむろがま)
  • 久慈(くじ)
  • 花天(けてん)
  • 管鈍(くだどん)
  • 古志(こし)
  • 篠川(しのかわ)
  • 西古見(にしこみ)

歴史[編集]

近現代[編集]

  • 1908年(明治42年)4月1日 - 島嶼町村制施行により、焼内間切宇検方及び西間切西方の区域を以て大島郡焼内村が、東間切東方の区域を以て大島郡東方村が、西間切実久方及び東間切渡連方の区域を以て鎮西村がそれぞれ発足。
  • 1916年(大正5年)5月20日 - 焼内村から西方村(旧西間切西方)が、鎮西村から実久村(旧西間切実久方)が分立。
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 東方村が改称・町制施行し古仁屋町となる
  • 1946年(昭和21年)1月28日 - アメリカ合衆国(琉球列島米国民政府)の統治下におかれる。
  • 1953年(昭和28年)12月25日 - 奄美大島の日本返還により再び日本国に属する。
  • 1956年(昭和31年)9月1日 - 古仁屋町・鎮西村・西方村・実久村が新設合併し、瀬戸内町が発足。
  • 1958年(昭和33年)12月27日 - 古仁屋の食料品店付近から出火。北西風に煽られて延焼し、町役場や警察署、郵便局、水産試験場など1547戸が全焼。翌日鎮火。住民約100人が負傷[3]
  • 1976年(昭和51年)9月 - 台風17号による暴風雨のため、同月12日まで嘉鉄地区との連絡が一時途絶状態になる。嘉鉄地区だけでも110戸のうち69戸が大破[4]
  • 2022年(令和4年)1月8日 - 鹿児島県は島内の新型コロナウイルス感染症患者の急増を受けて、5市町村に独自の緊急事態宣言発令を決定。同月11日から24日までの間、飲食店における酒類の提供停止と営業時間短縮を要請[5]

行政[編集]

行政組織[編集]

  • 町長:鎌田愛人(かまだなるひと)(2015年6月25日就任、3期目)

町の行政機関[編集]

県の行政機関[編集]

国の機関[編集]

海上自衛隊奄美基地分遣隊
陸上自衛隊瀬戸内分屯地(奄美駐屯地の分屯地。奄美警備隊普通科中隊、第301地対艦ミサイル中隊等が駐屯。)

産業[編集]

第一次産業では、就労人口では農業が約半数を占めててもっとも多いが、生産額では水産業が農業を大きく上回る。第二次産業では、製造業の大きな事業所がなく、台風等による道路の改修、家屋の修理などの需要が多いため、建設業が最も盛んである。過去にあった木材チップ工場や黒糖焼酎の工場は閉鎖された。

地域[編集]

人口[編集]

瀬戸内町と全国の年齢別人口分布(2005年) 瀬戸内町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 瀬戸内町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

瀬戸内町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


1965年には20,346人いた人口は毎年減少を続けており、町全体でおよそ半減したが、特に加計呂麻島与路島請島では人口が1/4から1/5に減少した。また、町内の人口は中心地の古仁屋に集中化を続けているため、集合住宅も多く建設されている。

2016年3月末現在の世帯数は5,202、人口は9,176人[6]

教育[編集]

高等学校[編集]

小・中学校[編集]

町立

交通[編集]

古仁屋港の船客待合所

空港[編集]

  • 最寄り空港は奄美空港(奄美市。役場から73km)しまバスが奄美市名瀬市街経由で瀬戸内町古仁屋のせとうち海の駅との間で定期便を運行(所要時間約1時間50分。およそ1時間半おき)、予約無しで乗車可能。

航路[編集]

長距離航路の最寄り発着港は古仁屋港。町内では各島を結ぶ町営旅客船・フェリーが運航されている。このほか、海上タクシーもよく利用されている。

バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

元ちとせの出身地、嘉徳(かとく)集落全景

瀬戸内町出身の有名人[編集]

ゆかりの有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 古仁屋 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2023年9月16日閲覧。
  2. ^ 「町制施行60周年記念要覧」、2017年、瀬戸内町。 [1]
  3. ^ 日外アソシエーツ編集部編 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年、133頁。ISBN 9784816922749 
  4. ^ 「台風17号豪雨禍 ふくれる濁流、堤防無力」『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月13日朝刊、13版、23面
  5. ^ 奄美に独自の緊急事態宣言”. 西日本新聞me (2022年1月8日). 2022年1月17日閲覧。
  6. ^ 「人口世帯集計表」、2016年、瀬戸内町。 [2]

関連項目[編集]

  • オサガメ - 2002年に町内の嘉徳海岸に産卵のための上陸が確認された。日本で唯一の上陸場所とみられる。

外部リンク[編集]