薩摩揚げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
薩摩揚げ
Satsumaage.jpg
薩摩揚げ
種類 魚肉練り製品
発祥地 日本の旗 日本
地域 鹿児島県
温度 常温
主な材料 魚肉 • 野菜
その他の情報 揚げかまぼこの一種。

薩摩揚げ(さつまあげ)は、魚肉すり身を成型し、油で揚げ日本の料理。魚肉練り製品であり、「揚げかまぼこ」に分類される。

中国由来の料理が琉球に伝わり、薩摩を経由して全国に広がったとされる。したがって「薩摩揚げ」は鹿児島県および沖縄県以外の地方における呼称であり、当地では一般につけ揚げ((琉球方言ではチキアギ)と呼ばれる。西日本では揚げかまぼこの総称としててんぷらとも呼ばれる。

魚肉のすり身に砂糖などで味付けし、形を整えて油で揚げたもの。丸形・角形など形は様々である。ゴボウイカゆで卵などの素材を包み込んだものもある。

水産地では、地元で多く取れるを材料とする事が多く、イワシサメカツオサバホッケなど多様だが、ほとんどの場合2種以上の魚を混ぜて使う。すり身のみで作られた物のほか、キクラゲ紅しょうが玉ねぎネギなどの野菜を入れた物、じゃこイカタコエビなどの魚介類を入れた物、薬味を加えたものなどもある。

そのまま、あるいは軽く焼いてショウガ醤油やからし醤油などを付けて食べる。おでん種、うどんの具、皿うどんの具、煮物の材料にも用いられる。

脚注[編集]

関連項目[編集]