いもフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いもフライ

いもフライあるいはイモフライとは、蒸かしたジャガイモを一口大に切り、小麦粉パン粉などで作ったにつけ、で揚げた日本料理である。

概要[編集]

あらかじめ蒸かしたジャガイモをに刺してから揚げるのが一般的で、地元産のソースを使用するなどの特徴がある(後述の「ソース」の欄を参照)。

戦後、行商人が栃木県佐野市内でリヤカーの屋台を曳いて販売したのが始まりとされる[1]。その後、隣接の足利市群馬県に売り歩き[誰が?]、県外に広まったと言われている[要出典]。佐野市ではいもフライをメインで扱っている店舗が約50軒と多く[2]、いもフライマップを作成する[3]など、町おこしの材料にしようとの動きもある。ただし、いもフライは佐野市だけの郷土料理ではなく、周辺地域でも広く食べられている[2]両毛地域以外ではポテトフライあるいはポテトと呼ばれ、惣菜店や精肉店で販売されている。

特徴[編集]

[編集]

佐野市のいもフライ

佐野市のものは独特である。小麦粉を溶いたお好み焼きのような生地(溶き卵長芋を加える店もある)に少量のパン粉をまぶし、モチモチとした重厚な食べ応えを重視したものが主流である。

その他の地域ではカツレツに近いものが多い。

ソース[編集]

両毛地域においては月星ソース(月星食品、足利市)、マドロスソース(半久食品工業、佐野市)、ミツハソース(早川食品、佐野市)など地元産のものが使用され、店によってはそれらをブレンドしているようである[4]

販売形態[編集]

戦後まもなくから、当時佐野市を含む両毛地域において盛んな産業であった絹織物工場の女工を相手に[5]行商人が安価なジャガイモを食べやすく加工してリヤカーを引いて売り歩いたものが広まった。しかし、このリヤカーを引いて売り歩く姿は1980年代以降は見られなくなった[独自研究?]現在では[いつ?]、小店舗で焼きそばなどと併売されるケースが多い。他に八百屋精肉店駄菓子屋スーパーの惣菜売り場などでも扱われており、露店でも見かける。

佐野市においては、いもフライを扱う店が50軒ほどと非常に多く、いもフライをメインに扱う専門店がかなりある。足利市やその他両毛地域では、サイドメニューとしての位置付けである店が大半で、この違いが佐野市とそれ以外の両毛地域での普及度合いにも表れている。今はなき足利競馬場の食堂で売られていたこともある。

足利市においては、ポテト入りやきそばと併売されるケースが多い。焼きそばにいもフライのジャガイモを混ぜたのがポテト入りやきそばの起源とする説もあるが[要出典]大根めしのように戦後食糧難の時期に量を補う目的で混ぜられたとする説もある[要出典]。このポテト入りやきそばは、佐野市ではほとんど見られない。

栃木市には、じゃがいも入りやきそばあるいはいも入りやきそばと称して販売する店が数十店舗[要検証]存在する。

販売価格は1本60円~80円程度である[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年11月15日). “【おらがぐるめ】栃木・佐野「いもフライ」 一口サイズのソウルフード” (日本語). 産経ニュース. 2021年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c 栃木県「さのまる」も持ち歩く、究極のB級グルメ「いもフライ」を食べ歩き!” (日本語). マイナビニュース (2014年7月20日). 2021年1月13日閲覧。
  3. ^ いもフライ|佐野市観光協会” (日本語). 佐野市観光協会. 2021年1月13日閲覧。
  4. ^ 『佐野のさのまるましまし』 37p
  5. ^ 『佐野のさのまるましまし』 36p

参考文献[編集]

  • 佐野市 『佐野のさのまるましまし』長崎出版、2013年9月。ISBN 978-4-86095-573-1 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]