フィッシュカツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市販されているフィッシュカツの一例

フィッシュカツまたはフィッシュかつとは、すり身カレー粉などをあわせ、パン粉をまぶして揚げた食品である[1][2]魚カツの一種。徳島県を代表する食べ物であり[3]、同県のソウルフードとして定着している[2][1]

概要[編集]

魚肉のフライではなく、魚肉練り製品の一種である。

徳島県小松島市の蒲鉾屋「津久司蒲鉾」が戦後すぐに売り出したのが始まりだとする説が有力である[2]。現在は、徳島市などにも多くの製造業者がある。

徳島県東部で人気のある食べ物であり、地元ではスーパーコンビニなどでも販売されている[2]。徳島県下だけでなく、大阪府などのスーパーや百貨店にも出荷され、販売されている例がある。徳島県東部では、「カツ」と言えば基本的に豚カツの事ではなくフィッシュカツの事を指し、豚カツの事はそのまま「トンカツ」と言う場合が多い[3][2]

食べ方にはスダチ果汁、醤油ソースマヨネーズなどをかけてそのまま食べる他に、カレーライスに乗せたり、サンドイッチにしたり[1]お好み焼きに乗せて焼く「カツ玉」や「カツ豆玉」などとして食べる事も行われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 徳島県の特産品フィッシュカツのサンド”. 産経新聞. 2021年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 徳島のソウルフード「フィッシュカツ」は美味かった”. exciteニュース. 2021年5月3日閲覧。
  3. ^ a b 徳島料理を食べに、三軒茶屋「サンチャ フカミ」に行くんじょー!”. マイナビニュース. 2021年5月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]