竜田揚げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竜田揚げ
Tatsutaage.jpg
豚肉と野菜の竜田揚げ
別名 立田揚げ
種類 揚げ物から揚げ
発祥地 日本
テンプレートを表示

竜田揚げ(たつたあげ)は、揚げ物の一種である[1][2]。主に鶏肉を使い、醤油で下味をつけてから片栗粉をまぶして油で揚げることで作る[1]立田揚げとも書かれる[1]から揚げの一種である[3]。竜田揚げのことを唐揚げと呼ぶこともある[4]

作り方[編集]

材料は鶏肉のほかにサバの切り身などを使うことも多い[2]。下味は醤油に加えてみりんを使って付ける[2]。片栗粉の代わりに小麦粉を衣に使うこともある[2]

から揚げとの違い[編集]

から揚げとの違いは、醤油で下味をつけることと、衣に片栗粉を使うことである[5]。から揚げは何で味を付けても自由だが、竜田揚げは醤油・みりんと片栗粉を使うのがルールである[3]。しかし、最近では下味をつけたから揚げや片栗粉を使ったから揚げも増えており、違いは分かりにくくなっている[5]

歴史[編集]

発祥ははっきりしていない。2013年に日本唐揚協会は竜田揚げのルーツを調査したが、発祥地域、発祥時期、元は家庭料理なのか外食なのかすら分からなかった[3]

竜田揚げ発祥に関する有力な説の一つが、奈良県竜田川にちなんで作られたというものである[3]小倉百人一首にも収録されている在原業平の和歌「千早ぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」に由来するという説である[5]。この和歌に登場する奈良県の竜田川は、古くから紅葉の名所として知られていた[1]。竜田揚げの揚げた後の色が赤褐色をしており、紅葉のように見えることから命名されたとする[1]

かつては学校給食で鯨の竜田揚げが出されていた[5]。鯨肉は臭みが強いため、臭みを取れる竜田揚げが採用されたと言われている[5]1991年にはマクドナルドが竜田揚げを挟んだハンバーガー「チキンタツタ」を発売し、人気メニューになった[5]

2013には、竜田川が流れる斑鳩町町おこしのために竜田揚げを利用するようになった。2015年時点で町内の13店が竜田揚げを出しており、ネギニンニクソースや竜田揚げのカレーなど多様な商品が展開されている[3]。隣接する生駒市平群町も竜田揚げで町おこしに取り組んでいる[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 日本大百科全書(ニッポニカ). “竜田揚げ” (日本語). コトバンク. 2021年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 世界大百科事典 第2版. “竜田揚げ” (日本語). コトバンク. 2021年5月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 奈良の新名物に「竜田揚げ」!?ゆかりの川流域3市町が町おこしプロジェクト”. 2021年5月17日閲覧。
  4. ^ とっさの日本語便利帳. “竜田揚げ” (日本語). コトバンク. 2021年5月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 「竜田揚げ」と名付けられた由来は「紅葉」だった!? 「唐揚げ」との違いは?”. ウェザーニュース. 2021年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、竜田揚げに関するカテゴリがあります。