揚げかまぼこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さまざまな揚げかまぼこ

揚げかまぼこ(あげかまぼこ)は、すり身を調味・加工して揚げたものの総称。魚肉練り製品蒲鉾の分類の一つ。「揚げかま」「天ぷら」「テンプラ」「○○天」「つけあげ」「はんぺん」とも称される[1]

概要[編集]

代表的な製品は、すり身に調味料を加え、成形して揚げたもの。その他、「ごぼう天」「ウィンナー巻き」などすり身を巻いたもの。すり身で包んだ「爆弾かまぼこ」がある。また、フライにしたカツレツ製品もある。使用される具材により、「ごぼう天」(魚種:スケトウダラエソハモゴボウ)、「じゃこ天」(愛媛県宇和島地方の特産で魚種:ホタルジャコヒメジ)、「白天」(大阪を中心とする京阪神特産で魚種:グチハモスケトウダラ)など呼称が分かれる[1]

薩摩地方のものは、当地で「つけ揚げ」と呼ばれるが、関東地方では「薩摩揚げ」、関西では「天ぷら」として販売されており、この名称を使用する場合もある(天ぷらと明確な区別をしている場合)[1]

材料[編集]

利用[編集]

ごぼう天など揚げかまぼこを使ったおでん

おでん煮物鍋物弁当おかずなど

製品[編集]

すり身のみの製品
  • ひら天 - 平たく伸ばし成形したもの。
  • 角天 - 長方形に成形したもの。
    • 大角天(東北地方) - 角天の大きいもの。
    • マフラー(北海道地方) - 角天の分厚く大きいもの。
  • 薩摩揚げ(付け揚げ) - 一般的に長方形・円状に成形したもので白身魚のすり身を使用したものを指す。
  • 丸天 - 円状に成形したもの。薩摩揚げよりも小振りのもある。
  • ボール天・丸天(関西地方) - 小振りの球状に成形したもの。
  • ちぎり揚げ・つまみ揚げ - 成形せずに、揚げたもの。
  • コンセット(沖縄県) - いわゆる「かまぼこ型」に成型された揚げかまぼこ。米軍兵舎の形状に由来。
  • じゃこ天愛媛県南予地方沿岸地域) - ホタルジャコの揚げかまぼこ。骨ごとすり身にして揚げる。
  • ほねく(和歌山県) - タチウオの揚げかまぼこ。じゃこ天と同様、骨ごとすり身にして揚げる。
すり身と合わせた(混ぜた)もの
カツレツ製品
その多くは、成形したものにパン粉を塗して揚げたもの。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 全国かまぼこ連合会 - かまぼこ製品図鑑

外部リンク[編集]