高崎オランダコロッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:実物の画像提供をお願いします。2016年8月

高崎オランダコロッケ(たかさきオランダコロッケ)は、群馬県高崎市の食肉店が2000年に考案した、チーズ入りのコロッケである。

発祥・商品[編集]

2000年平成12年)の高崎市制100周年記念事業の「オランダフェスタ・in・高崎」に際して高崎市の食肉関連店が協賛して作ったのがはじまりである[1]。イベント後も、地元からの継続を求める要望によって生産を続け、多くの市民に親しまれる名物のひとつとなった[1]。このコロッケを作る店舗は複数ある[2]。このコロッケは、ジャガイモの他にチーズベーコンなどが中身に入り、形は俵型をしている[1]。ポテトの甘味とチーズのコクが絶妙なるおいしさのハーモニーを醸し出すと、web雑誌は書いている[3]

高崎オランダコロッケは、2007年、絲山秋子のエッセイ『高崎コロッケめぐり』でも紹介された[4]。2010年3月、日本テレビでは、料理専門家100人が選ぶ「ご当地最新B級グルメベスト50」で第13位になった[5]、同年5月、テレビ朝日は今年ブレイクしそうな最新B級ご当地グルメのベスト10の9位に選ぶ[6]。また、同年6月、サッカーワールドカップのオランダ戦に向けて、「岡田JAPANガンバレ オランダ食べて連勝だ」の看板を店頭に掲示の上オランダコロッケを増産し、日本代表を応援した[7]。この応援で、オランダコロッケが一日千個以上売れる日もあった[8]

日本コロッケ協会(東京)が主催するコロッケグランプリにおいて、バラエティー部門で平井精肉店のオランダコロッケが2013年・2014年の2年連続で金賞を受賞した[1][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d オランダコロッケ とろけ出るチーズ 高崎市大橋町2013年09月30日撮影 上毛新聞ニュース動画
  2. ^ 都市伝説、高崎駅から「オランダまで」-タクシー運転手10人に聞きました 2010年08月03日 高崎前橋経済新聞
  3. ^ a b 各地でご当地「コロッケ」の開発が進む わさび味や米沢牛、妖怪コロッケなど 加藤 秀行 / 阪神 裕平, 2015/01/25, MONEYzine
  4. ^ 『絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか』 絲山秋子(2011年)、ISBN 9784062768658 (マガジンハウス、2007年、ISBN 9784838717880
  5. ^ 「SUPER SURPRISE 〜1億人が選ぶ!今夜知りたいランキング〜」日本テレビ) 2010年3月8日(月)放送内容 価格.com (WireAction)
  6. ^ 「SmaSTATION!!」 2010年5月8日(土)放送内容 (テレビ朝日) 価格.com (WireAction)
  7. ^ 高崎名物食べて、日本代表にエール (2010年6月19日 上毛新聞ニュース) - ウェイバックマシン(2015年8月10日アーカイブ分)
  8. ^ 高崎市群馬商工会青年部はビジネスを成功させるための人格形成の場4頁、(PDF) 2010.7, vol.13, 高崎市群馬商工会青年部会報「日本一」編集後記 編集委員 撫養竜太

外部リンク[編集]