バブル・アンド・スクイーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バブル・アンド・スクイーク
Full English breakfast with bubble and squeak, sausage, bacon, grilled tomatoes, and eggs.jpg
バブル・アンド・スクイーク(一番左)
種類 主菜
発祥地 イギリスの旗 イギリス
提供時温度 温かい
主な材料 ジャガイモメキャベツ野菜
テンプレートを表示
上にポーチドエッグをのせたバブル・アンド・スクイーク

バブル・アンド・スクイーク英語: Bubble and squeak)は、ローストディナーに使用した残り物の野菜を軽く炒めて作る伝統的なイギリス料理である。

主な材料はジャガイモメキャベツであるが、ニンジンキャベツなど残り物の野菜であれば何を使っても良い。細かく刻んだ野菜(肉を使用する場合は冷やした細切れ肉を使う)をマッシュポテトもしくはつぶしてローストしたジャガイモと共にフライパンで表面がきつね色になるまで炒める。料理の名称は調理の過程でグツグツ(Bubble)やキュッキュッ(Squeaking)といった音がすることに由来している[1]。バブル・アンド・スクイークはサンデーローストの残り物の肉にピクルスブラウンソースを添えて、もしくはフル・ブレックファストに添えて供されることが多い。

伝統的な調理法では肉もバブル・アンド・スクイークに加えていたが、現代では肉なしで作ることが一般的である。現代で知られている最古のレシピは1806年、マリア・ランデルによるものである[2]

バブル・アンド・スクイークという名称はイングランドで最初に使用されだした名前であり(スコットランドアイルランドに関しては類似の料理の節を参照[3])、コモンウェルスの一部やアメリカ合衆国でも使われることがある[4][5]

バブル・アンド・スクイークは、ほとんどの食事を配給に頼っていた第二次世界大戦時に残り物を上手に処理できることから人気があった。現代では冷凍食品缶詰としても販売されている。

類似の料理[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pickett, Joseph P. et al. (2000), American Heritage Dictionary of the English Language, Houghton Mifflin 
  2. ^ Rundell, Maria Eliza Ketelby (1808). Bubble and Squeak. In A new system of domestic cookery:Third edition. p. 42. Google Book Search. Retrieved on January 6, 2011.
  3. ^ Scottish Recipes: Rumbledethumps Recipe
  4. ^ Hearty Luncheon and Supper Dishes Reading Eagle, Jul 17, 1913
  5. ^ Forbes Lifestyle, Wine and Food Forbes, Nov 17, 2004

外部リンク[編集]