ポテトサラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本のポテトサラダ(調理例)

ポテトサラダ: Potato salad)は、茹でたジャガイモを主材料としたサラダのことである。ポテサラと略される場合もある[1]

概要[編集]

作り方が簡単なうえ、安価にも出来、他のサラダ類よりも冷蔵庫で日持ちがすることから、世界各地に様々なポテトサラダが存在しており、コールスローなどと並ぶサラダの代名詞的存在となっている。家庭料理としてはもとより、肉屋惣菜店や弁当屋の定番メニュー、給食の献立としても出される料理である。日本ではサンドイッチの具にされることもある。

マヨネーズ抜きのドイツのポテトサラダ

火を通したジャガイモをマヨネーズで和えることが多い。この場合、少量の植物油を混ぜると水っぽさが抜け、風味が増すが、ここにマヨネーズの代わりにを加えたドレッシングで料理を完成させることもある。ジャガイモをマッシュポテト状に潰す調理法もある。アメリカ合衆国では、マスタードを加えることもある。また、様々な副材を入れることで個性を持たせることができる。たとえば、野菜ではニンジンキュウリトウモロコシスライスオニオンなどが副材の代表格であり、他にも、肉類ではハムツナ、酢漬けのサケゆで卵リンゴミカンなどの果物を入れる場合もある。

変種[編集]

  • 上海サラダ(上海沙拉、拼音: Shànghǎi shālā シャンハイシャーラー)
    中国で一般的な料理。元は、上海ロシア料理店で、生の野菜を食べ慣れていない中国人向けに考案して出されたもの。ゆでて角切りにしたジャガイモソーセージグリーンピースニンジンなどと、リンゴの角切りに塩、胡椒、マヨネーズを加えて和えて作る。
  • 繊切りサラダ
    マヨネーズのカロリーを気にする人向け。繊切りにしたジャガイモをさっと茹で、好みのドレッシングをかける。合わせる具材も好みで。ジャガイモは男爵よりメークインが向く。
  • オリヴィエ・サラダ
    ジャガイモ、ライチョウの胸肉、固ゆで卵、グリーンピースなどをマヨネーズで和えたロシア料理。イランでも人気がある。
    ポテトサラダの起源とも言われている。現在はライチョウの代わりに、鶏肉を用いることが多い。
  • ロシア風サラダ(西: Ensalada rusa: Rus salatası
    オリヴィエ・サラダが世界に広まって、名を替えたもの。スペインイタリアラテンアメリカトルコでよく見られるサラダ。鶏肉が入らないことがあり、テーブルビートが入ることがある。


脚注[編集]

関連項目[編集]