カレリアンピーラッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カレリアンピーラッカ
Karjalanpiirakka-20060227.jpg

カレリアンピーラッカの概要
別名 Karjalanpiirakka
種類 パイ
発祥地  フィンランド
地域 カレリア
主な材料 ライ麦粉、小麦粉牛乳バター
テンプレートを表示

カレリアンピーラッカフィンランド語: Karjalanpiirakka(カルヤランピーラッカ))は、ライ麦粉と小麦粉の生地にライスプディングオーラリィニプーロフィンランド語版(大麦で作ったプディング)、マッシュポテトを乗せて焼き上げたフィンランドパイ料理である。元々はカレリア地方の伝統料理で、継続戦争による避難民によって伝来した。“ピーラッカ”は南カレリアの方言で“パイ”を意味する。北カレリアでは“カレリアンピーラス”(karjalanpiiras)と呼ばれている。カレリアでは“カリッタ”(kalitta)と呼ばれ、オロネッツ・カレリアでは“シパイニィック” (šipainiekku)、ロシアでは“カレルスキー・ピローク”(Карельские пирожки)、スウェーデンでは“カレルスカ・ピローガ”(karelska piroger)と呼ばれている。日本では“カレリア・パイ”とも呼ばれている。現在、カレリアンピーラッカはフィンランド全域やロシア北部、エストニアなどて食べられている。

カレリアンピーラッカは2003年2月に、伝統的特産品保護(TSG)に認定された[1]

古来、ピーラッカを作る際に用いる粉はライ麦粉だったが、北カレリアやラドガ・カレリアではつなぎとして小麦粉が加えられた。中の具は大麦やタルックナフィンランド語版(大麦、ライ麦、オーツ麦エンドウマメ粉を混合した穀粉)のプディングだったが、まずジャガイモソバが導入され、そして19世紀に貿易によってキビが用いられるようになった。今日、米のピーラッカが最も一般的である。

脚注[編集]

  1. ^ EU Profile-Karjalanpiirakka”. 2009年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]