ツェペリナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツェペリナイ
Cepelinai Sauce.JPG
サワークリームとベーコンのツェペリナイ
別名 didžkukuliai
種類 ダンプリング
発祥地 リトアニア
主な材料 じゃがいも、牛挽肉、ドライカードチーズ、マッシュルーム
テンプレートを表示

ツェペリナイ [1]("zeppelins"、cepelinas)またはdidžkukuliaiは、すりおろして潰したジャガイモから作られたダンプリングで、ひき肉、ドライカードチーズ、マッシュルームを詰めたもの。リトアニアの郷土料理とされており[2][3]、通常はメインディッシュとして提供される。

ツェッペリン飛行船の形状に似ていることから名付けられた[1]。ツェペリナイは通常約10〜20cmだが、サイズは地方によって異なる。リトアニアの西部では、東部よりも大きく作られる。[要出典] ジェマイティヤではツェペリナイはツェペリナcepelināと呼ばれている。

ツェペリナイは茹でた後、サワークリームソースとみじん切りのベーコン[1]または豚の皮と一緒に供される。

かつてのリトアニア大公国の領土であったスヴァウキ地方では、kartaczとして知られている。ポドラシェ県の料理の一部である。

同様の料理には、ポーランドのpyzy 、スウェーデンのクロップカーカ 、アカディアンのプーティンrâpée 、ノルウェーのraspeball 、ドイツのクネーデル 、イタリアのcanederliなどがある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Jacob, J.; Ashkenazi, M. (2014). The World Cookbook: The Greatest Recipes from Around the Globe, 2nd Edition [4 Volumes]: The Greatest Recipes from Around the Globe. ABC-CLIO. pp. 793–794. ISBN 978-1-61069-469-8. https://books.google.com/books?id=GmqEAwAAQBAJ&pg=PA793 2016年11月5日閲覧。 
  2. ^ Albala, K. (2011). Food Cultures of the World Encyclopedia. Food Cultures of the World Encyclopedia. Greenwood. p. 3-PA226. ISBN 978-0-313-37626-9. https://books.google.com/books?id=NTo6c_PJWRgC&pg=RA3-PA226 2016年11月5日閲覧。 
  3. ^ McLachlan, G. (2008). Lithuania. Bradt Guides. Bradt Travel Guides. p. 61. ISBN 978-1-84162-228-6. https://books.google.com/books?id=pDdqGoXvSvYC&pg=PA61 2016年11月5日閲覧。