駄菓子屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
再現された「昭和の駄菓子屋」
狭い店頭には様々な商品が所狭しと並べられた。
「昭和なつかし博覧会」2007年2月17日明石市立文化博物館

駄菓子屋(だがしや)は、主に小学生中学生ないしそれ以下の年齢層の児童を対象とした駄菓子玩具小売販売店の形態である。地域により一文菓子屋とも呼ぶ。

なお取扱商品の分野に関しては、後述するように様々な商店の兼業もあることから、店舗によっては菓子類や玩具に限定されない。

概要[編集]

駄菓子屋は、児童への菓子・玩具の販売を目的とした商店であり、日本では1980年代以前の町村では普遍的に見られた業態である。

この業態の成立は古く、その発祥もはっきりしない。ただ、明治大正の時代から度々文学作品などにも登場している事から、日本が工業化を始めて以降に、次第に数を増やしたようだ。なお江戸時代には飴売りという無店舗でを売り歩く商人(行商)が存在したが、彼らはかざぐるまなど簡単な玩具も扱ったり客引きのための芸を見せることもあったため、お菓子と共に玩具や娯楽を提供する駄菓子屋に相通じるものがある。なお飴売りはチンドン屋の原型だともいわれている。

ギリシャのキオスク
小さいながらも、お菓子やアイス煙草・喫煙具などを扱っている。

その大半は個人経営であり、何らかの商売(タバコ屋文具店・雑貨商・軽食堂など)のついでに営業していた店も多かった。なお日本国外の似たような業態には、米国ドラッグストアヨーロッパキオスク(英:Kiosk)が挙げられる。

営業時間は子供らが遊び歩く「日の出から日没まで」ではあったが、その一方で商店がその家の居間障子一枚隔てて隣接している事も多く、19時前後までは営業している場合もあった。店そのものが住居との差異が不明確だったのである。店先の精々3畳程度の土間には、商品陳列用の棚が設置されていたほか、店の中央に置かれた木箱の上にも、商品や菓子などの入った箱やビンなども見られた。また天井から下げたフックに引っ掛けられて販売されている商品も少なくなかった。

これらの店で扱われていた菓子は駄菓子と呼ばれ、郷土菓子などもあったが、専門メーカーによる製品も流通しており、この中には定番とも言える幾つかの製品群も存在する。ただし年代や地域によって挙げる製品にはかなりの差がある場合も多く、こういった駄菓子屋由来の「子供の頃の思い出」は、同地域・同世代の共通認識に近い形で扱われる(後述)。必ずしも衛生的だとは言えない商店の店先で販売されるために、一つずつ丁寧に包装されているか、あるいは多少は不衛生な店頭でもを被らないよう、大きなガラスびんやプラスチックケース・ビニール袋などに入れられて販売されていた。また古くは、木箱の上にガラス板をはめ込んだケースも利用されていた。

子供向けの商品が多いながら、自動販売機コンビニエンスストアの無かった時代には、清涼飲料水アイスクリームといった涼を取るために利用する大人もいた。また中学校・高校の近くにある駄菓子屋の場合は、休み時間に学校から抜け出して来たり部活の途中で抜け出してきた生徒が、菓子パンや清涼飲料水を買うために利用する事もあった。そのような立地条件の店では、この学生らによる需要に特化した品揃えの店も見られた。逆に通学路沿いのパン屋よろずやの中には、店の一角がほぼ駄菓子屋化していた店もあった。

またアーケードゲーム、古くは簡単なメダルゲームなどのエレメカを店頭に設置する店も多かった。スペースインベーダー流行時の1970年代末にはこれを設置するだけでなく、駄菓子屋かゲームセンターか判らなくなる店も登場し、俗に「駄菓子屋ゲーセン」と呼ばれた。これらのゲーム機では1回20~30円の、しかもROMをコピーしたようなコピーゲームが設置された店もあった(ゼビウス関連)。なお1990年には複数のゲームを一台のゲーム機で提供するMulti Video System(後のネオジオ)が登場、これに置き換えられたところも見られた。

商売の形態[編集]

主にセルフサービスとの形式をとっていた。客である子供らは商品を手にとって店主に声を掛け、店主がそれらを合算して値段を伝え、その金額を子供らが支払うというものである。たくさん買うと大抵は商品を入れるための紙袋をくれたが、店によっては店主などが片手間に新聞紙で作った袋が使われていることもあった。

商品は駄菓子問屋や玩具問屋経由で仕入れられた物で、これらは概ね6~8掛けで仕入れられ、商品単価も極めて安いため、とにかく薄利多売をするしかなかった。

子供たちの社交場[編集]

駄菓子屋の店先
おもちゃ花火が菓子・玩具と雑然と陳列されるなど、狭い店先には様々な商品が並べられる
1本10円のうまい棒1970年代末登場)
様々な味付けでシリーズ化され単価も安いので、好きな味のものをまとめ買いするのも、いろいろな味を試すのもお好み次第。コスト上昇を長さを調節することで吸収し、2007年現在も値段を10円に抑えている。
いわゆる「当てくじ」
付いている玩具の数や一回辺りの代金によってもまちまちだが、派手な当たり景品の影には廉価な外れ景品もあり、くじとして選ぶ貼り合わされた小さな紙片に記載された番号で、台紙に貼り付けられた所定の番号の景品と引き換えるようになっている。

これらの店舗は、子供らの文化に共通基盤を与えていた。これらでは、年齢層の違う子供らも一緒になって利用するため、そこには一種のコミュニティが成立したほか、長く続いた駄菓子屋では店の屋号以外に世代を超えて利用された愛称[1]もあり、同じ地域で育った者なら共通認識やランドマークとして店の愛称が出る程となる。

  • 店舗は小学校の近くにあることが多く、学校や塾の帰り道に立ち寄るように、何かのついでに寄ることができた。
  • 専門に駄菓子屋をやっている店では、店番はお爺さんやお婆さんなど高齢者定番であったほか、おばさん(中年女性)のやっている店もあった。今では地方によって若い男性が切り盛りする店も存在する。
  • くじ引きやお菓子が、子供が肩叩きや草むしり・お使いのお駄賃にもらえる僅かばかりの金銭で買える価格で多数存在した。現在の金銭感覚でも、500円に相当する貨幣を持っていけばお大尽(友達数人に奢ってもお釣りが来る)ができた。
  • クジの中には少なからずゲーム要素を含む物も存在した(輪投げなど)。

取り扱い品目[編集]

駄菓子類の商品は各々、2000年代現在の金銭感覚で20~100円程度、当時の金額では昭和1桁で「何銭」、戦後高度経済成長以前は「何銭~数円」、高度経済成長期~バブル期前の頃では「10~50円」といったところである。子供が何かのお手伝い数回分で貰ったお駄賃を握り締めて行けば、1~2時間は面白おかしく楽しめるだけのお菓子・玩具が買えた。2000年代に現存する駄菓子屋においても、500円玉一個で相当に楽しめる傾向も見られる。

販売している菓子でも安価な物に関しては、駄菓子の項に詳しい。清涼飲料水やアイスクリームなどは大手メーカーの製品と、駄菓子専門メーカーの安価な物が並行して販売されており、菓子類も一部大手メーカーの製品が置かれていた。

駄菓子屋アイテムで大人気だったのが、お店の前に有ったガシャポンカプセルトイ)。本格的に流行し始めたのも1970年以降と思われる、その代表的なメーカーにコスモスがあった。1970年代の人気アイテムにスーパーカー消しゴムスライムといった当時の人気商品を真似た「パチもの」などが有った。

当時のアニメ、野球選手などのクジ引きブロマイドなども人気があった。このほかにも子供の射幸心を狙ったくじ引き系アイテムも多く、「アイスクリームガム」という製品では、一回10円でガムを買って、当りが出ると何処のメーカーのアイスクリームでも指定金額内の範囲が貰えた。ガム・アイスクリーム・チョコレートといった菓子類でも、当り付きといった要素が多く見られた。

夏にカブトムシ、秋にスズムシなどの生き物(ペット)を売る店もあった。

玩具類では銀玉鉄砲花火(カンシャク玉や爆竹ロケット花火から花火セットまで)のほか、独楽めんこ竹とんぼ風船/水風船といった素朴な物、あるいは「スパイセット」や「昆虫採集セット」と名付けられたセット物、余り高価ではないプラモデルなど多岐にわたる。郷土玩具に類するものも含まれる場合がある。なおプラモデルでも「組み立てて飾る」ようなものではなく、駄菓子屋ルートでしか流通しない「組み立てたら動かして遊ぶ」といったような玩具に近い魚雷艇飛行機などであった。また「当てくじ」(くじ引きで出た番号に応じて景品がもらえる)のように、一般の玩具店ではまず見られない形態の製品が存在する。こういった「駄菓子屋アイテム」は、その多くが専門化された問屋、あるいは玩具問屋ないし菓子問屋(場合によっては雑貨問屋)が、専門の流通経路を持っている。

駄菓子屋の現状[編集]

駄菓子屋は1980年代から著しい減少傾向が続いている。小学校近辺にある子供を相手にした店などは、特に地方において少子化過疎化で子供の数が激減したうえ、子供たちの遊びに対する嗜好の変化、あるいは子供らが経済的に豊かになったことの影響を受けた。衛生的で商品も豊富なコンビニエンスストアの増加、またスナック菓子などの人気によって、駄菓子そのものが「程度の低いお菓子」として児童保護者らに敬遠されたこともある。こうした経営的な苦しさによる後継者不足も加わり、典型的な「お婆さんが住居兼用で営む街中の駄菓子屋さん」はかなり減少している。ただ2000年代においても、駄菓子屋に通って育った世代の一部は思い入れを抱いているほか、駄菓子屋を含めた「昭和レトロ」に新鮮さを感じる若い世代もいる。このため、駄菓子屋を再現した売り場を設けたり、個々の駄菓子を販売したりする企業があるほか、駄菓子関連の展示施設もある。

子供時代に駄菓子屋に慣れ親しんだ大人たちが当時を懐かしみ、懐古趣味も手伝って取り扱いをする店舗も変化している。駄菓子の販路に関しては、インターネットでの通信販売をはじめとして、大型ショッピングセンター、コンビニに至るまで、多様化している。懐古ブームにも乗り、人気定番アイテムとして現在でも入手は可能である。またこの懐古ブームに乗った「駄菓子屋チェーン店」の動きもあり、ビジネスガイド主催「インターナショナル・ギフトショー」にもそういった業者の出品が見られる。

埼玉県川越市の「菓子屋横丁」
  • 菓子屋横丁(駄菓子横丁、駄菓子屋横丁) - 埼玉県川越市元町(末広町との区域境近く)。自営の小規模な製造業者の直売で、軒を連ねている。
  • 二木の菓子 - 上野アメ横の店舗では、駄菓子のまとめ買いにもばら売りにも対応。
  • 神戸物産 - 日本各地で「業務スーパー」を展開する小売業。一部店舗で駄菓子のまとめ売りを行っている。

上記以外に駄菓子屋関連の展示や商品販売などを観光や地域活性化に生かしている例としては、「昭和レトロ商品博物館」[2]東京都青梅市)や「駄菓子屋ゲーム博物館」[3](東京都板橋区)、伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館内「昭和レトロテーマパーク駄菓子屋横丁」[4]群馬県吉岡町)などがある。

駄菓子問屋[編集]

駄菓子を扱う問屋などが多数営業している地域としては、台東区の蔵前、名古屋市明道町大阪市松屋町などがある。問屋は、小売業者の仕入れ向けにロット(生産単位)での大量一括販売が基本であるが、問屋業者・店舗によっては個人客への小売り(ばら売り)に応じてくれるところもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フィクションではあるが『20世紀少年』では駄菓子屋「ジジババの店」(通称「ジジババ」)が登場するも「同店経営者の片割れであるジジ(爺)はとっくの昔に故人で…」という描写が登場する。
  2. ^ 昭和レトロ商品博物館
  3. ^ 駄菓子屋ゲーム博物館
  4. ^ 昭和レトロテーマパーク駄菓子屋横丁

関連項目[編集]