ブロマイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「プロマイド」の語を創出したプロマイドの老舗・マルベル堂(東京浅草

ブロマイド」は、写真用印画紙、又はこれを用いた写真のこと。またはマルベル堂などが発行している、タレントなどのコレクション用肖像写真、「プロマイド (Puromaido)」のこと。

ブロマイド (Bromide) は本来の英語で臭化物を指す語だが、臭化銀(シルバー・ブロマイド)を感光剤として用いた印画紙 (Bromide paper) を指す和製英語となった。

概要・エピソード[編集]

江戸時代には、「役者絵」「相撲絵」などの浮世絵があり、人気歌舞伎俳優、力士の肖像として賞翫された。明治以後、写真術が輸入されると、これが写真にとってかわられ、手札型の力士・歌舞伎俳優の写真が販売された。当時は「ブロマイド」とは呼ばれなかったが、事後的にこれらも「ブロマイド」と呼ばれている[1][2]

「プロマイド (Puromaido) 第一号」は日活尾上松之助のもので、大正9年(1920年)に発売された。

大正10年(1921年)、松竹キネマが蒲田撮影所を設立したときに、当時の人気女優・栗島すみ子川田芳子らの写真を、街の写真屋が大量生産。栗島すみ子のプロマイドは「一日に4千枚売れた」との記録が残っている。

これをコレクション商品として世に広めたのが浅草の「マルベル堂」である。同社の発行したプロマイドの「時代劇スタア」で最も売れたのは林長二郎(長谷川一夫)で、『雪之丞変化』扮装のそれは、二年以上も売れ続けた。

戦前のファンたちの気質は「その人オンリー主義」だったそうで、マルベル堂の店頭に飾られた林長二郎のプロマイド写真が少しでも汚れているとそっとハンカチで拭いて行く、傷が入っていれば「取り替えておいてくださいね」と頬を染めて行く、といった女性ファンの姿があったという。マルベル堂では「プロマイドはファンのための写真」との意味から、すべて目線を正面に向けてもらい、若々しい顔に修正したものを使った。こうした要求を「スッと撮らせてくれた」のも長谷川一夫だったという。

また、メンコサイズの小型のプロマイドは「豆プロ (Mamepuro)」と呼ばれ、一枚一銭で駄菓子屋で売られた。図柄の題材は封切り前後の時代劇活動写真で、男女スタアの肖像、劇中の名場面などがあしらわれていた。これらは一枚一枚紙袋に入っており、買って開けてみるまで中身が分からなかった[3]

呼称について[編集]

マルベル堂では原紙を「ロマイド (Buromaido)」、写真にした製品を「ロマイド (Puromaido)」と呼称している。 マルベル堂の斉藤午之助は、「たしかに、印画紙のあのサイズをブロマイド版とはいうが、ブロマイドはあくまで“加工品”。ブロマイド印画紙から生まれた“プロマイド”(Puromado) と呼んでほしいものだ」と語っている[4]広辞苑NHKの放送用語などには、俳優等の肖像写真を指す語について、ブロマイドと修正されて収録されている。このため、映画やテレビタレントのスター写真を指す語として「プロマイド」と「ブロマイド」の双方が用いられるようになった。

月間売上実績の公表[編集]

戦後から昭和の末期までは、毎月集計した「男性俳優」、「女性俳優」、「男性歌手」、「女性歌手」の各部門別・売上実績(順位)を公表していた。なお売上第1位獲得の月数の最多記録は、男性では西城秀樹の46回で、女性では岡崎友紀の46回となっている[5]

年代別プロマイド(ブロマイド)売上ベスト10[編集]

1921年 - 1940年[編集]

1941年 - 1960年[編集]

1961年 - 1969年[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

平成[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 〔引用者註〕出典には誤植がある。誤:「81年売り上げベスト10」 → 正:「82年売り上げベスト10」。根拠として、「◆1982年プレーバック」で該当年(1982年)を回顧していること、また、1982年デビューの堀ちえみ中森明菜などが含まれていること。

出典[編集]

  1. ^ 『古写真、ブロマイド、カードで見る大相撲』景山忠弘編著 東京文献センター 2001
  2. ^ 埋忠美沙「歌舞伎絵はがき・ブロマイド目録 明治・大正」『東京文化財研究所』
  3. ^ ここまで『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)より
  4. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』(サンケイ出版)
  5. ^ a b 『マルベル堂のプロマイド』ネスコ、1998年
  6. ^ a b c d e f g キネマ旬報』2000年5月下旬号
  7. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第6回 平尾昌晃 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  8. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第18回 小林幸子 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  9. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第16回 沖雅也 - ウェイバックマシン(2004年12月5日アーカイブ分)
  10. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第8回 西城秀樹 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  11. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第19回 島田楊子 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  12. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第23回 早乙女愛 - ウェイバックマシン(2005年3月28日アーカイブ分)
  13. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第20回 榊原郁恵 - ウェイバックマシン(2004年12月24日アーカイブ分)
  14. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第14回 ピンクレディ - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  15. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第25回 石野真子 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  16. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第3回 たのきんトリオ - ウェイバックマシン(2005年1月31日アーカイブ分)
  17. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第11回 松田聖子 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  18. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第13回 薬師丸ひろ子 - ウェイバックマシン(2006年6月3日アーカイブ分)
  19. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第12回 中森明菜 - ウェイバックマシン(2004年12月5日アーカイブ分)
  20. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第10回 羽賀研二 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  21. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第24回 高田みづえ - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  22. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第1回 岡田有希子 - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)
  23. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第4回 西田ひかる - ウェイバックマシン(2004年12月12日アーカイブ分)

外部リンク[編集]