高田美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかだ みわ
高田 美和
高田 美和
デビュー作『青葉城の鬼』(1962年)のスチール写真
本名 梶浦 美知子
生年月日 1947年1月5日(69歳)
出生地 日本の旗 日本, 京都府京都市左京区下鴨
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 女優歌手
活動期間 1962年 - 現在
活動内容 映画テレビドラマ舞台
著名な家族 父:高田浩吉(俳優、歌手)
母:宏橋照子(元女優)
甥:大浦龍宇一(俳優)
兄:高田由紀夫(元俳優)
妹:高田瞳(元女優)
事務所 オフィス天童
公式サイト オフィス天童公式プロフィール

高田 美和(たかだ みわ、本名:梶浦 美知子(かじうら みちこ)、1947年1月5日 - )は、京都府京都市出身の日本女優歌手血液型はA型。所属事務所オフィス天童[1]日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業。父は往年の時代劇スター・高田浩吉。俳優の大浦龍宇一は甥にあたる。

来歴・人物[編集]

同志社女子中学校卒業後、京都女子高校に入学。その後、日本大学鶴ヶ丘高等学校に転校。高校1年生だった1962年、大映に入社し、同年三隅研次監督『青葉城の鬼』でデビュー。以後、『座頭市兇状旅』『舞妓と暗殺者』『大魔神』『眠狂四郎勝負』などの時代劇で可憐な娘役として活躍する一方、『高校三年生』『青いくちづけ』『十七才は一度だけ』『わが愛を星に祈りて』『限りある日を愛に生きて』などの映画にも清楚な現代娘の役で多数主演。姿美千子とともに1960年代の大映の清純派スターとして世の男性達の人気を二分した。

1966年10月には、エジプト(当時はアラブ連合共和国)で開催された「日本映画見本市」に出席のため、女優の中真千子進千賀子らと共にエジプトを訪れている。

1968年の大映退社後はテレビ舞台に仕事の場を移し、『一の糸』『女系家族』『おんなみち』などのテレビドラマに出演した他、「2時のワイドショー」の司会者としても活躍。舞台作品では『雲霧仁左衛門』などがある。1982年、久しぶりの映画出演となったにっかつロマン・ポルノ大作『軽井沢夫人』に主演。大胆なベッドシーンに挑戦し、「清純派からの破格の大変身」と話題を呼んだ。

1973年歌舞伎俳優片岡秀太郎と結婚[2]したが、後に離婚。高田が離婚を請求した理由として、夫が日活ロマンポルノへの出演交渉を積極的に行ったことなどが連日スキャンダラスに報道された[3][4][5]

2014年1月9日放送の『木曜8時のコンサート』(テレビ東京)に出演し、梶光夫と「わが愛を星に祈りて」を歌唱した。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 浪速女
  • 雲霧仁左衛門

歌番組[編集]

バラエティー番組[編集]

その他[編集]

  • 「第38回日本歌手協会歌謡祭」(2011年11月10日、ゆうぽうと
  • 「秋の歌謡フェスティバル」(2012年10月11日、ゆうぽうと)
  • 「日本歌手協会創立50周年記念 歌謡フェスティバル」(2013年11月22日、ゆうぽうと)

ディスコグラフィー[編集]

  • 「十七才は一度だけ」(1964年 日本コロムビア SAS-400)
  • 「アロンスイー雨の街」(1965年 日本コロムビア SAS-492)
  • 「涙とキッス」(1965年 日本コロムビア SAS-565)
  • 「わが愛を星に祈りて」(梶光夫とのデュエット)
  • 「サザンカの花咲く町」(1965年 日本コロムビア SAS-613)
  • 「アキとマキ/空と海と白い船」(梶光夫とのデュエット)
  • 「夕陽に手を振ろう」(1966年 日本コロムビア SAS-672)
  • 「黒髪のひとすじに」(1966年6月 日本コロムビア SAS-721)
  • 「愛の手紙は幾歳月」(梶光夫とのデュエット)
    • 作詞:西沢爽、作曲:山本丈晴(1966年7月 日本コロムビア SAS-760)
  • 「はたちの夜」
    • 作詞:若木香、作曲:山本丈晴(1966年12月 日本コロムビア SAS-808)
  • 「限りある日を愛に生きて」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ オフィス天童. “オフィス天童 office-TENDO トップページ”. 2016年1月15日閲覧。
  2. ^ 祝愛之助×紀香ゴールイン! 愛之助の“育ての母”高田美和、初独白 あの子には苦労をかけましたサンデー毎日、2016年4月6日
  3. ^ 週刊文春1984年3月15日号p172~173
  4. ^ 週刊平凡、1984年3月30日号p12~p15
  5. ^ 週刊平凡、1984年4月20日号p33