高田美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかだ みわ
高田 美和
高田 美和
デビュー作『青葉城の鬼』(1962年)のスチール写真
本名 梶浦 美知子
生年月日 (1947-01-05) 1947年1月5日(76歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市左京区下鴨
血液型 A型
職業 女優歌手
活動期間 1962年 - 現在
活動内容 映画テレビドラマ舞台
著名な家族 父:高田浩吉(俳優、歌手)
母:宏橋照子(元女優)
甥:大浦龍宇一(俳優)
兄:高田由紀夫(元俳優)
妹:高田瞳(元女優)
事務所 オフィス天童
公式サイト オフィス天童 office-TENDO公式プロフィール
 
受賞
エランドール賞新人賞(1963年度)
テンプレートを表示

高田 美和(たかだ みわ、1947年1月5日 - )は、日本女優歌手京都府京都市出身。オフィス天童所属[1]

本名:梶浦 美知子(かじうら みちこ)。血液型はA型。父は往年の時代劇スター・高田浩吉。俳優の大浦龍宇一は甥にあたる。日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

同志社女子中学校卒業後、京都女子高校に入学。その後、日本大学鶴ヶ丘高等学校に転校。高校1年生だった1962年大映に入社し、同年三隅研次監督『青葉城の鬼』でデビュー。以後、『座頭市兇状旅』『舞妓と暗殺者』『大魔神』『眠狂四郎勝負』などの時代劇で可憐な娘役として活躍する一方、『高校三年生』『青いくちづけ』『十七才は一度だけ』『わが愛を星に祈りて』『限りある日を愛に生きて』などの映画にも清楚な現代娘の役で多数主演。姿美千子とともに1960年代の大映の清純派スターとして世の男性達の人気を二分した。

1966年10月には、エジプト(当時はアラブ連合共和国)で開催された「日本映画見本市」に出席のため、女優の中真千子進千賀子らと共にエジプトを訪れている。

1968年大映退社後はテレビと舞台に仕事の場を移し、『一の糸』『女系家族』『おんなみち』などのテレビドラマに出演した他、「2時のワイドショー」の司会者としても活躍。舞台作品では『雲霧仁左衛門』などがある。1982年、久しぶりの映画出演となったにっかつロマン・ポルノ大作『軽井沢夫人』に主演。大胆なベッドシーンに挑戦し、「清純派からの破格の大変身」と話題を呼んだ。

1973年歌舞伎俳優片岡秀太郎と結婚[2]したが、後に離婚。高田が離婚を請求した理由として、夫が日活ロマンポルノへの出演交渉を積極的に行ったことなどが連日スキャンダラスに報道された[3][4][5]

2014年1月9日放送の『木曜8時のコンサート』(テレビ東京)に出演し、梶光夫と「わが愛を星に祈りて」を歌唱した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 浪速女
  • 雲霧仁左衛門

歌番組[編集]

バラエティー番組[編集]

その他[編集]

  • 第38回日本歌手協会歌謡祭(2011年11月10日、ゆうぽうと
  • 秋の歌謡フェスティバル(2012年10月11日、ゆうぽうと)
  • 日本歌手協会創立50周年記念 歌謡フェスティバル(2013年11月22日、ゆうぽうと)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
日本コロムビア
1 1964年
12月
A面 十七才は一度だけ 川井ちどり 遠藤実 SAS-400
B面 若い花園 関沢新一
2 1965年
5月
A面 アロンスイー雨の街 木村葉子 宮川泰 SAS-492
B面 花言葉の町 関沢新一 遠藤実
3 1965年
9月
A面 涙とキッス 西沢爽 只野通泰 SAS-565
B面 哀愁の花 遠藤実
4 A面
[注 1]
わが愛を星に祈りて[注 2] 岩谷時子 土田啓四郎 SAS-585
5 1965年
11月
A面 サザンカの花咲く町 石本美由起 市川昭介 SAS-613
B面 恋人ができちゃった 西沢爽 越部信義
6 1966年
2月
A面
[注 3]
アキとマキ[注 2] 平岩弓枝 山本丈晴 伊藤祐春 SAS-647
7 1966年
3月
A面 夕陽に手を振ろう 石本美由起 上原げんと 市川昭介 SAS-672
B面 白樺の丘
8 1966年
6月
A面 黒髪のひとすじに 西沢爽 土田啓四郎 SAS-721
B面 京の宿から
9 1966年
7月
A面
[注 4]
ハイご安全![注 2] 野村俊夫 山本丈晴 佐伯亮 SAS-747
10 B面
[注 5]
愛の手紙は幾歳月[注 2] 西沢爽 SAS-760
11 1966年
9月
A面 野菊の墓[注 2] 岩谷時子 土田啓四郎 SAS-772
B面 たけくらべ 大矢弘子
12 1966年
12月
A面 はたちの夜 若木香 山本丈晴 河村利夫 SAS-808
B面 落葉の恋
13 1967年
1月
B面
[注 6]
幸せをあなたにあげたい[注 2] 白鳥朝詠 森岡賢一郎 SAS-831
14 A面 限りある日を愛に生きて 水野薫 左哲矢 佐伯亮 SAS-848
B面 涙の詩集 三浦康照 山本丈晴 伊藤祐春
15 1967年
5月
A面 ひとりでいると 丘灯至夫 土田啓四郎 SAS-884
B面 こっちを向いて
16 1967年
9月
A面 祇園花見小路 万里村ゆき子 戸塚三博 SAS-961
B面 海のような人
17 1968年
1月
A面 きみとぼく 稲垣潤一郎 宇津木浩 SAS-1017
B面 恋のシルエット
18 1968年
3月
A面 伝七小唄[注 7] 五十川光 土田啓四郎 SAS-1077
B面 鹿の子しぼり
19 1968年
5月
A面 角笛を吹こう 新野新 SAS-1088
B面 さよならをいう前に
20 1969年
4月
A面 朝やけの海 戸村十 山本丈晴 河村利夫 SAS-1272
B面 愛をいだいて
AMON
21 1972年 A面 銀座でひとり 藤田まさと 平尾昌晃 小谷充 AMON-1008
B面 千羽鶴
22 1973年 A面 むらさき仁義 遠藤実 只野通泰 AMON-1033
B面 おんなの頬に風が吹く 猪俣公章 竹村次郎
ミノルフォン
23 1981年
2月
A面 むらさき仁義 藤田まさと 遠藤実 只野通泰 KA-2008
B面 遊女 嵯峨野秀邦 小川寛興
テイチク
24 1986年
7月21日
A面 大阪めおと川[注 8] 吉田旺 岡千秋 斉藤恒夫 RE-723
B面 なれそめ[注 8]
25 1987年
10月21日
A面 後追しぐれ 桜田誠一 馬場良 RE-789
B面 みれん
4曲入りEP
  • 高田美和の十三夜
# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
日本コロムビア
1 1966年
11月
A-1 十三夜 石松秋二 長津義司 土田啓四郎 ASS-198
A-2 並木の雨 高橋掬太郎 池田不二男
B-1 十九の春 西條八十 江口夜詩
B-2 祇園小唄 長田幹彦 佐々紅華

アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム
1966年3月 日本コロムビア LP ALS-4153 花のステージ
SIDE A:
  1. アキとマキ高田美和/梶光夫)
  2. あの娘の面影(梶光夫)
  3. サザンカの花咲く町高田美和
  4. 可愛いあの娘(梶光夫)
  5. 十七歳は一度だけ高田美和
  6. 若いいのち(梶光夫)

SIDE B:

  1. わが愛を星に祈りて高田美和/梶光夫)
  2. 走っておいで(梶光夫)
  3. アロンスイーの雨の街高田美和
  4. 大空のひとり(梶光夫)
  5. 涙のキッス高田美和
  6. 青春ひとり旅(梶光夫)
1966年 日本コロムビア LP ALS-4198 高田美和の十三夜
SIDE A:
  1. 白鷺三味線
  2. 祇園小唄
  3. 黒髪のひとすじに
  4. 並木の雨
  5. たけくらべ
  6. 江戸の三四郎さん

SIDE B:

  1. 十三夜
  2. 旅の踊り子
  3. 京の宿から
  4. 乙女はひとり
  5. 十九の春
  6. 大江戸出世小唄
2013年5月22日 日本コロムビア CD COCP-37983 スター☆デラックス 高田美和
  1. 十七才は一度だけ
  2. 若い花園
  3. 涙とキッス
  4. サザンカの花咲く町
  5. 夕陽に手を振ろう
  6. 黒髪のひとすじに
  7. 京の宿から
  8. はたちの夜
  9. わが愛を星に祈りて
  10. アキとマキ
  11. ハイご安全!
  12. 愛の手紙は幾歳月
  13. 野菊の墓
  14. 限りある日を愛に生きて
  15. 祇園花見小路
  16. 伝七小唄
  17. 角笛を吹こう
  18. 大江戸出世小唄
  19. 白鷺三味線
  20. 江戸の三四郎さん

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1964年 十七才は一度だけ 大映映画「十七才は一度だけ」主題歌
1965年 アロンスイー雨の街 大映映画「狸穴町0番地」主題歌
1967年 限りある日を愛に生きて 大映映画「限りある日を愛に生きて」主題歌
祇園花見小路 日本テレビ系ドラマ「祇園花見小路」主題歌
1968年 伝七小唄 TBS系ドラマ「伝七捕物帳」主題歌
鹿の子しぼり TBS系ドラマ「伝七捕物帳」挿入歌

著書[編集]

  • 『美しく和やかに 私のムチ打ち克服法』桃青社・コスモの本、2007年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ B面は「いつだっけ」(歌唱:梶光夫
  2. ^ a b c d e f デュエット:梶光夫
  3. ^ B面は「空と海と白い船」(歌唱:梶光夫)
  4. ^ B面は「お顔見るまで」(歌唱:島倉千代子
  5. ^ A面は「愛の手紙」(歌唱:梶光夫)
  6. ^ A面は「嫁ぎゆくひと」(歌唱:梶光夫)
  7. ^ デュエット:高田浩吉
  8. ^ a b デュエット:芦屋雁之助

出典[編集]

  1. ^ オフィス天童. “オフィス天童 office-TENDO トップページ”. 2017年6月19日閲覧。
  2. ^ 愛之助の“育ての母”が紀香にエール”. デイリースポーツ (2016年4月5日). 2017年11月23日閲覧。
  3. ^ 週刊文春1984年3月15日号p172〜173
  4. ^ 週刊平凡、1984年3月30日号p12〜p15
  5. ^ 週刊平凡、1984年4月20日号p33

関連項目[編集]

外部リンク[編集]