豊川誕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とよかわ じょう
豊川誕
本名 本田孝→下薗孝
別名義 豊川ジョー、本田誕、神愛情
生年月日 (1958-10-05) 1958年10月5日(63歳)
出身地 日本の旗日本兵庫県姫路市
身長 172cm
血液型 O型
職業 歌手
活動期間 1974年[1]-
配偶者 なし(婚姻歴あり)
テンプレートを表示

豊川 誕(とよかわ じょう、1958年10月5日[2] - )は、日本歌手兵庫県姫路市出身[3]。身長172cm[3]。血液型はO型[2][3]

略歴[編集]

  • 1961年10月、推定2歳の時に兵庫県姫路市の大手前公園横に遺棄されている所を保護される[4]。当時の姫路市長・石見元秀が「本田孝」(ほんだ・たかし)と名付け、発見日より約3年前の「1958年10月5日」を推定の生年月日とし、同市の児童養護施設「信和学園」にて育つ[5]
  • 1971年3月、児童養護施設を出て、同年4月から兵庫県相生市里親夫婦の家に移住し、中学校に通う。
  • 1974年3月、中学校卒業後は里親の元を離れ[6]、同年4月、全寮制日本国有鉄道関西鉄道学園鷹取分所(その後廃止)に入り、神戸市立大和田工業高等学校定時制2007年3月31日閉校)[7]に通うも、1学期をもって中退。同年8月、大阪市に出て、市内の飲食店でアルバイトをしている時にジャニー喜多川にスカウトされた[8]。同年11月2日に上京、「ジャニーズ・ジュニア第3期生」としてジャニーズ事務所に入所した。芸名豊川稲荷東京別院に因んでメリー喜多川によって命名された[9]
  • 1975年3月21日CBS・ソニーから『汚れなき悪戯』でレコードデビュー。
  • 1977年10月、ジャニーズ事務所を離れ活動を休止したが、CBS・ソニーとの契約は残っており[10]1978年6月、フリーで歌手活動再開。その後矢沢永吉の関係者が豊川の個人事務所として設立したエクサエンタープライズに所属し、「豊川ジョー」名義で再デビュー[11]。自身のファンクラブの社長も兼ねた[11]。同年8月、東京・青山タワーホールにて復帰コンサートを開催[11]名古屋市大阪市姫路市コンサートツアーを行い成功を収めるも、同年10月発売と予告されていた新曲のリリースに至らず、1979年4月、ジャニーズ事務所に復帰。同月の川崎麻世のコンサートにゲスト参加したが、なおも新曲のリリースが叶わず、翌5月に再びジャニーズ事務所を退所。
  • 1979年8月、岡崎友紀の所属事務所だったロープロモーション(社長:長沢ロー)に入り[12]、活動再開。1980年10月に「オール・ジャパン・デビル・バンド」名義で『トゥモロー』をリリース。 続いて1981年1月には『愛したら最後』をソロでリリースした。その後は本名「本田孝」名義でバンド活動を行ったほか、「芸能人水泳大会」や往年のアイドルを集めたテレビ番組などにも出演した。
  • 1980年代から1990年代には、飲食店、旅行会社、芸能事務所など、様々な事業を展開。また、プロボクサー、プロバイク・カーレーサーなども経験している。
  • 「本田誕」名義で俳優転身を図るも果たせず、芸名を「豊川誕」に戻す。
  • 「神愛 情」(じんあい じょう)は作曲家としてのペンネームで、『泣き虫横丁涙雨』など多数の曲を出している。
  • 2011年1月21日、歌謡曲のCD『愛は咲き頃』をリリース。
  • 2013年9月8日、演歌のCD『北限の宿』をリリース。
  • 前妻とは別の女性との間に儲けた男子が1人あり、ジャニーズ事務所に入所させようとしたものの叶わず、一時期自分が社長を務めていた芸能事務所に所属させていた。
  • 2019年9月4日、東京ドームで行われた二部制(第一部:芸能関係者、第二部:一般参列者)のジャニー喜多川「お別れの会」に参列した[13]

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

音楽番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ロッテ「アーモンドV」「アーモンドW」(1975年 - 1976年)
    • CMソング「ロッテアーモンドVのうた」「ロッテアーモンドWのうた」の歌唱も担当。「ロッテアーモンドVのうた」には豊川の生い立ちを示す「ひとりぼっち」という詞が入っている。
  • ロッテ「ガーナチョコレート」(スチル広告のみ)(1975年)
  • ラコテイグループ 仲なおりセールスプロモーション株式会社[14]「仲なおりSHOP」(1977年)

ミュージカル[編集]

ステージ[編集]

  • 第53回日劇ウエスタン・カーニバル ~ ばらとみかんとバイオリンと (1975年3月28日 - 3月31日、日本劇場
  • ジャニーズジュニア ファーストコンサート(1975年4月5日 - 5月5日)
  • '75サマーキャラバン ジャニーズ・ジュニア・コンサート(1975年7月25日 - 8月16日)
  • 第54回日劇ウエスタン・カーニバル ジャニーズ・ファミリー・フェスティバル(1975年8月27日、日本劇場)
  • 第55回日劇ウエスタン・カーニバル(1976年3月24日 - 28日、日本劇場)
  • はばたくJoe! 豊川誕 ファーストコンサート(1976年4月2日・大阪フェスティバルホール、5月5日・名古屋市民会館、5月8日・渋谷公会堂
  • JOE vs JJS + GANGS 1976 サマー・ビッグ・シティ・コンサート(1976年8月9日 - 23日)
  • 第56回日劇ウエスタン・カーニバル(1976年8月24日 - 28日、日本劇場)
  • ジャニーズ・ジュニア サマー・フェスティバル(1977年夏)
  • 新宿NSビルX'masスペシャル ウエスタンカーニバルinNS・なつかしのアイドル大集合編(1987年12月19日、新宿NSビルイベントホール)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 汚れなき悪戯(CBS・ソニー、1975年3月21日) ※売上枚数約9.3万枚、オリコン最高28位、「汚れなき悪戯」には豊川の生い立ちを示す「ひとりぼっち」という詞が入っている。
  • 星めぐり(CBS・ソニー、1975年7月21日) ※売上枚数約11.7万枚、オリコン最高22位
  • 生きるってすばらしい(CBS・ソニー、1975年12月21日) ※売上枚数約4.4万枚、オリコン最高41位
  • ほどけた靴ひも(CBS・ソニー、1976年3月21日)※明星募集歌、売上枚数約3.6万枚、オリコン最高28位
  • ぼくの消息(CBS・ソニー、1976年5月21日)※スプリット盤。A面の「元気ですか」はJOHNNYS' ジュニア・スペシャルの曲。
  • 愛しあうには若すぎて(CBS・ソニー、1976年7月21日)
  • たった一人の君は(CBS・ソニー、1976年11月1日)
  • メンソール・シガレット(CBS・ソニー、1977年3月21日)
  • 愛のトリコロール(1977年4月)※ラコティグループ 仲なおりセールスプロモーション株式会社「仲なおりSHOP」のテレビCM曲。非売品。「仲なおり」という詞が入っている。
  • 白い面影(CBS・ソニー、1977年6月21日)
  • トゥモロー/パラダイス・コネクション(EXPRESS、1980年10月1日)※「トゥモロー」はドラマ「ピーマン白書」エンディングテーマ。「パラダイス・コネクション」は同主題歌。「オール・ジャパン・デビル・バンド」名義。「オール・ジャパン・デビル・バンド」とは作詞者阿久悠がかつて原作を手がけた劇画からとったもの[15]
  • 愛したら最後(トリオレコード、1981年1月21日、3B-185)
  • 愛は咲き頃(ニューセンチュリーレコード、2011年1月21日)
  • もう一度・・・豊川誕 北限の宿(2013年9月8日)※7曲入りシングル
  • 大天使フォーリンラブ(ミカエルレコード、2018年6月30日)

アルバム[編集]

  • 汚れなき悪戯/星めぐり(CBS・ソニー、1975年10月1日、1994年5月21日(CD選書))
  • 明日への道(CBS・ソニー、1976年3月1日)
  • Best Hits ~ ヒット全曲集(CBS・ソニー、1976年11月1日)
  • 夜空の道しるべ(CBS・ソニー、1976年12月5日)
  • あの日 あの頃 君は……(CBS・ソニー、1977年3月21日) ※ジャケットに児童養護施設時代の写真を掲載。
  • THE Best ヒット全曲集 ~ 若いペーソス 誕のすべて(CBS・ソニー、1977年11月1日)
  • MESSIAH ~ 心の叫びをきいてくれ!!(1989年、2010年)※MESSIAH名義
  • ゴールデン☆ベスト 豊川誕(ソニー・ミュージックダイレクト、2008年1月23日)

オムニバス[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 『ひとりぼっちの旅立ち - 元ジャニーズ・アイドル 豊川誕半生記』(鹿砦社、1997年3月)
    • 豊川本人によればこの著書は代作で、ゴーストライターは作家・ジャーナリストの渡辺正次郎であるという。

写真集[編集]

  • 近代映画ハロー春の号 『豊川誕集』 (近代映画社、1976年4月)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デビュー前の1975年1月、「'75 フォーリーブス リサイタル ─<友情>─」(1975年1月4日/渋谷公会堂、1975年1月7日/フェスティバルホール)に出演し、全員歌唱の他ソロで歌を2曲披露している。同リサイタルのパンフレットの「キャスト」欄に名を連ねている。
  2. ^ a b 豊川誕のプロフィール”. 豊川誕とみんな友達. Ameba. 2017年4月25日閲覧。
  3. ^ a b c プロフィール”. 豊川誕 Official Website. 2017年4月25日閲覧。
  4. ^ 「豊川誕が拾ってくれた女性と16年ぶり劇的対面」『週刊明星』1977年5月29日号(1977年通巻22号)、集英社、 43-45頁。豊川を保護した女性の証言や写真が掲載されているが、当時のエピソードなど他の文献との間に異同がある。
  5. ^ 「スター・グラフ 豊川誕 心に太陽を…それが支えだったあの頃」『週刊セブンティーン』1975年9月2日号(1975年通巻34号)、集英社、 19-23頁。同記事においても「3歳から12歳まで過ごした施設」となっているが、保護時のエピソードなど他の文献との間に異同がみられる。
  6. ^ 里親の元を離れた経緯については、「自立するため鉄道学校に入学した」「家出した」等、文献によって異同がある。
  7. ^ 豊川誕とみんな友達(2013年1月25日)
  8. ^ 「芸能記者稼業 血風録 人気絶頂の郷ひろみがジャニーズを電撃移籍…憶測飛び交う ジャニーズのルーツ編(3)」(その1)(その2)(その3)2021年1月7日 日刊ゲンダイDIGITAL(二田一比古
  9. ^ 「スターの芸名はどうして作られたの 芸名をつけたエピソード」『近代映画』1976年10月号、近代映画社、 168頁。
  10. ^ 「今週の特集 豊川誕に引退の噂!アイドル歌手をめぐって騒然 豊川誕歌手を休業!人気抜群の彼がなぜ」『週刊平凡』1977年12月15日号(通巻951号)、平凡出版、 146-147頁。
  11. ^ a b c プチセブン』1978年9月5日号、小学館、 50頁。
  12. ^ 「疑問一発すぐ解明 お調べマン参上「芸能人水泳大会で豊川誕の姿を見かけた。懐かしかったわ。すぐ近況を調べて!」」『週刊平凡』1981年1月29日号、平凡出版
  13. ^ 今井翼、田中聖も参列 ジャニーさん「お別れの会」主な参列者、元所属タレント一覧2019年9月4日 スポニチAnnex(スポーツニッポン新聞社
  14. ^ 2015年10月現在、商号又は名称「仲なおりプロダクション株式会社」、本店又は主たる事務所の所在地「東京都墨田区江東橋1丁目」、法人番号「7010601013921」(仲なおりプロダクション株式会社の情報法人番号指定年月日 平成27年(2015年)10月5日 平成27年(2015年)10月27日更新 国税庁 法人番号公表サイト)が存在。2020年2月現在、同社の本店又は主たる事務所の所在地には「ラコティ スカイマンション」が建っている。
  15. ^ http://www.aqqq.co.jp/favorite_song/fsc16.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]