びっくり日本新記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
びっくり日本新記録
Former Yomiuri Telecasting Corporation Headquarters.JPG
第1期初期の番組収録が行われていた読売テレビ旧社屋
ジャンル スポーツバラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 よみうりテレビ
IVSテレビ制作(第1期)
オフィス・トゥー・ワン(第2・3期)
製作総指揮 山田英雄(チーフプロデューサー)
演出 長谷川美夫
ほか
監修 赤尾健一(1980年代前半[いつ?]
プロデューサー 河村シゲル
豊永幸男
出演者 司会
初代:橋本テツヤうつみ宮土理
第2代:小林亜星藤谷美和子
第3代:関口宏セーラ・ロウエル
第4代:大野しげひさキャロライン洋子パティーヘレン笹野
第5代:荒川強啓
実況
志生野温夫
チャレンジ・ボーイ
三浦康一
第1期
放送時間 日曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1975年10月5日 - 1978年3月26日
第2期
放送時間 日曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1978年10月1日[1] - 1979年4月1日[2]
第3期
放送時間 日曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1979年7月1日[3] - 1985年10月6日[4]
テンプレートを表示

びっくり日本新記録』(びっくりにほんしんきろく)は、日本テレビ系列局ほかで放送されていたスポーツバラエティ番組である。第1期はよみうりテレビIVSテレビ制作の共同製作で、第2期はオフィス・トゥー・ワンとよみうりテレビの共同製作。製作局の読売テレビでは1975年10月5日から1985年10月6日まで(途中休止していた時期あり)、毎週日曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

毎回一般からの参加者たちが、風変わりなスポーツアトラクションで記録を競いあっていた視聴者参加型番組である。

  • 第1期(1975年10月5日 - 1978年3月26日)には、製作担当のIVSテレビ制作が番組制作を兼任。テリー伊藤こと伊藤輝夫が、IVSテレビ制作入社後に初めてADに付いたのがこの番組である。当初はスタジオからの放送を行っていたが、後に屋外ロケの収録番組になった。橋本てつや(後の橋本テツヤ)とうつみ宮土理が司会を務めていた時期のみ、番組冒頭に橋本による「ナポレオンもビックリ!不可能を可能に変える30分!」という前口上があった。
  • 第2期と第3期の大半の回(1978年10月1日 - 1979年3月25日、1979年8月5日 - 1985年10月6日)では、オフィス・トゥー・ワンが番組制作を兼任。挑戦者が志生野温夫の実況(アフレコ)のもと、競技するのが番組のメインであった(初代司会者橋本テツヤは、ロケ現場にも出かけ、実況も行っていた)。優勝者には番組が公認した日本記録公認証と豪華賞品が贈られ、表彰式ではアシスタント役の女優が、花のレイとキスをプレゼントし、最後に男性司会者が「おめでとう!!日本一(荒川強啓のみ「やったぜ日本一、おめでとう!!」)」と叫び、その競技のハイライトシーンとナレーションで締めくくる形であった。なお、志生野は時々収録に参加し、顔を出して自己紹介もしていた。
  • 1978年4月から同年9月、および1979年4月から同年6月までは放送を休止。

第2期以降のエンディングでは、毎回エンディングテーマが流れると同時に「記録…それはいつも儚い。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない」のナレーションで締めくくられ、その間は挑戦者たちが記録ならずといったシーンがスローモーションで流れていた。そして最後には認定された日本記録のテロップが「日本新記録」と表示されたが、次週にも引き続き競技の模様が放送される場合には「本日の最高記録」と表示された。また、以前にも登場した競技で前回とタイ記録だった場合に「日本タイ記録」と表示されたこともある。

なお、大野しげひさが司会を務めていた頃のオープニングでは、「日本一、なんとすばらしいことだろう。しかし、あなたにもそのチャンスはある。さあ、人間のロマンと可能性に挑戦しよう!」というナレーションをバックに後述のテーマ曲が流れていた。オープニングのナレーションは、司会が荒川強啓になってからもコメントを一部変更したうえで続けられていた。

初期には記憶力など知的能力を争う内容も多かったが、中期以降は肉体能力を争う方向に特化していった。

ハンググライダーで高い所から飛び立ち、その飛距離を競う本番組の企画「鳥人間コンテスト」は、番組の終了後にも単独番組として毎年制作・放送されている。大会の回数は番組企画として放送されていた頃からの通算でカウントされており、2006年には30回を数えるに至っている。

参加者は基本的に一般人のみだったが、大野時代から春・秋の期首特番や正月特番として放送されていた『スターが挑戦!びっくり日本新記録』では、過去にレギュラー放送で行われていた競技を芸能人が行っていた。

本番組のテーマ音楽は、小林亜星筒井広志が共同で作曲した。ただし、第1期のスタジオ収録時代に使われていたのは別のテーマ曲で、こちらは作曲者が不明となっている。

番組開始時には三洋電機グループの単独提供で放送されていたが、同グループは第1期の後番組である『スターウルフ』の放送期間中にこの時間帯のスポンサーを降りた。このため、第2期からは複数社提供での放送となり、さらにその後はタイガー魔法瓶メインの複数社による協賛番組となっていた。なお、三洋電機グループ提供時代にはオープニングキャッチが存在し、三洋電機グループ提供時代とタイガー魔法瓶その他の協賛番組時代には優勝者への商品提供も行っていた。

番組は1985年10月6日放送分をもって終了した。最終回の内容は10年間の名シーン(映像は第2期以降のものがほとんど)を振り返る総集編で、当初は9月中旬に放送される予定だったが、『日曜ナイター』の雨傘番組としての編成だったことから順延となり[5]、10月6日に組まれていた巨人×阪神戦が雨天中止になったことでようやく放送された。

出演者[編集]

歴代司会者[編集]

実況[編集]

記録発表[編集]

  • 後に皇室ジャーナリストとなる高清水有子がアシスタントディレクター時代に担当していた。

レギュラー挑戦者[編集]

  • チャレンジボーイとして、轟二郎が本名の「三浦康一」を名乗って参加していた。ただし、「スターが挑戦!」の時には「轟二郎」として参加した。「逆立ち相撲」で日本一に輝いたこともある。1984年にチャレンジボーイを引退した。

スタッフ[編集]

いずれも1980年代前半[いつ?]

  • 監修:赤尾健一
  • 構成:出倉宏、鵜沢茂郎
  • 技術:エキスプレス
  • 美術:シミズ舞台工芸
  • 演出:長谷川美夫 ほか
  • プロデューサー:河村シゲル(オフィス・トゥー・ワン)、豊永幸男(読売テレビ)
  • チーフプロデューサー:山田英雄(読売テレビ)

放送局[編集]

系列・略称は放送終了時・ネット終了時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
近畿広域圏 よみうりテレビ (YTV) 日本テレビ系列 製作局
関東広域圏 日本テレビ (NTV) 同時ネット
北海道 札幌テレビ (STV)
青森県 青森放送 (RAB) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 (TVI) 日本テレビ系列 1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
宮城県 ミヤギテレビ (mm34)
秋田県 秋田放送 (ABS)
山形県 山形放送 (YBC) 1980年3月まで放送
山形テレビ (YTS) フジテレビ系列 1980年4月から放送
山形放送のテレビ朝日系列とのクロスネット局化に伴う移行[6]
福島県 福島中央テレビ (FCT) 日本テレビ系列 1981年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
山梨県 山梨放送 (YBS)
新潟県 新潟放送 (BSN) TBS系列 遅れネット 1978年3月まで放送
新潟総合テレビ (NST) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット

同時ネット
1979年8月から放送[7]
テレビ新潟 (TNN) 日本テレビ系列 同時ネット 1981年4月の開局時から放送
長野県 信越放送 (SBC) TBS系列 遅れネット 1980年9月まで放送
テレビ信州 (TSB) テレビ朝日系列
日本テレビ系列
同時ネット 1980年10月の開局時から放送
静岡県 静岡放送 (SBS) TBS系列 遅れネット 1978年3月まで放送
静岡けんみんテレビ (SKT) テレビ朝日系列
日本テレビ系列
同時ネット 現・静岡朝日テレビ
1978年10月から1979年6月まで放送
静岡第一テレビ (SDT) 日本テレビ系列 1979年7月の開局時から放送
富山県 北日本放送 (KNB)
石川県 北陸放送 (MRO) TBS系列 遅れネット 途中打ち切り
石川テレビ (ITC) フジテレビ系列 1984年10月から放送
福井県 福井放送 (FBC) 日本テレビ系列 同時ネット
中京広域圏 中京テレビ (CTV)
鳥取県島根県 日本海テレビ (NKT) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
広島県 広島テレビ (HTV) 日本テレビ系列
山口県 山口放送 (KRY) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1978年9月までは日本テレビ系単独加盟局
徳島県 四国放送 (JR → JRT) 日本テレビ系列
香川県

香川県・岡山県
西日本放送 (RNC) 当初の放送対象地域は香川県のみ
1983年4月の電波相互乗り入れで岡山県でも放送
愛媛県 南海放送 (RNB)
高知県 高知放送 (RKC)
福岡県 福岡放送 (FBS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN) フジテレビ系列
日本テレビ系列
熊本県 テレビ熊本 (TKU) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット 1982年3月まで放送
くまもと県民テレビ (KKT) 日本テレビ系列 同時ネット 1982年4月の開局時から放送
大分県 テレビ大分 (TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
1982年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
沖縄県 沖縄テレビ (OTV) フジテレビ系列 遅れネット 1984年3月に打ち切り[8]

番組内では、司会者の紹介のあとにネット局の紹介テロップが表示された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日新聞縮刷版』 中日新聞社1978年10月1日、24頁。
  2. ^ 『中日新聞縮刷版』 中日新聞社、1979年4月1日、24頁。
  3. ^ 『中日新聞縮刷版』 中日新聞社、1979年7月1日、24頁。
  4. ^ 『中日新聞縮刷版』 中日新聞社、1979年10月6日、24頁。前述の通り、この回はナイター中継の雨傘番組として編成された。
  5. ^ 日本テレビのナイター中継は、1979年までは19:30 - 20:54に行われていた。そのため、本番組の休止はそれまでは年末年始ぐらいにしかなかったが、1980年にナイターが19:00開始に変更されたため、以後はナイターシーズン中にたびたび休止するようになった。
  6. ^ 1980年4月から1993年3月までの山形放送における日曜19:00枠が日本テレビ系同時ネット枠からテレビ朝日系同時ネット枠に変更されたため。同時に山形テレビの日曜19:00枠はフジテレビ系同時ネット枠から日本テレビ系同時ネット枠となった。なお、山形放送における日曜19時台における同時ネットは、1993年4月の山形テレビのテレビ朝日系列へのネットチェンジに伴い、『おしえて!ガリレオ』(事実上の枠交換)で13年ぶりに復活している。
  7. ^ 1979年8月から同年10月までは7日遅れで朝9時30分から放送し、同年10月7日から1981年3月29日までは同時ネットを行っていた。このため、10月7日には同局で7日遅れの分と同時ネットの分が同じ日に放送されるという事態が起こった。
  8. ^ 月曜 19:00 - 19:30 に遅れネット。
日本テレビ系列 日曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
全日本歌謡選手権
(1973年10月7日 - 1975年9月28日)
【土曜19:00枠へ移動】
びっくり日本新記録
(1975年10月5日 - 1978年3月26日)
スターウルフ

宇宙の勇者 スターウルフ

(1978年4月2日 - 1978年9月24日)
スターウルフ

宇宙の勇者 スターウルフ
(1978年4月2日 - 1978年9月24日)
びっくり日本新記録
(1978年10月1日 - 1979年4月1日)
ミュージック・ボンボン
(1979年4月15日 - 1979年6月24日)
ミュージック・ボンボン
(1979年4月15日 - 1979年6月24日)
びっくり日本新記録
(1979年7月1日 - 1985年10月6日)
ザッツ!好奇心
(1985年10月13日 - 1986年1月26日)