少年たち (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

少年たち』(しょうねんたち)は、ジャニーズ事務所の所属タレントが多数出演するミュージカル作品[1]。様々な事情で刑務所に入った少年たち[1]による友情、平和、夢をテーマにしたエンターテインメントショー[2]1969年に初演[1]されて以降、事務所に所属する若手メンバーの登竜門的な作品となっている。

1969年に発売されたLPレコード『フォーリーブス・ヤング・サプライズ 少年たち ―小さな抵抗―』を基に、同年12月に同曲を用いたミュージカル版をフォーリーブスが上演し、その後も改訂を加えながら再演されたことで“少年たちシリーズ”として知られるようになった[3]1975年には、当時のジャニーズJr.によっても上演された。そして時を経て2010年より、関西ジャニーズJr.A.B.C-ZKis-My-Ft2らの主演によって再演されることとなった。

作・企画・構成・演出はジャニー喜多川[3][注 1]

フォーリーブスの「少年たち」[編集]

  1. ヤングサプライズ「少年たち ―小さな抵抗―」[1](1969年12月、大阪フェスティバルホール日生劇場
  2. 少年たちシリーズ第2作 〜 ミュージカル'70「少年たち 〜完結篇〜[3]」(1970年5月30日、6月1日 日生劇場)
  3. 少年たちシリーズ第3作 〜 フォーリーブス・ミュージカル「素足で駆けるとき ―ある少年の記録―[3]」(1970年。文化庁芸術祭参加作品。企画・構成・演出:フォーリーブス)
  4. 少年たちシリーズ第4作 〜 フォーリーブス・ミュージカル「太陽からの少年」(1971年4月)
  5. 少年たちシリーズ第5作 〜 フォーリーブス・ミュージカル「明日なき友情」(1971年8月)
  6. 少年たちシリーズ第6作 〜 フォーリーブス・ライブ・ミュージカル「生きていくのは僕たちだ!」(1971年10月29日、31日:帝国劇場。 大阪・名古屋公演も有り。文化庁芸術祭参加作品)
  7. フォーリーブス結成10周年記念リサイタルVol.1 ライブ・ミュージカル「少年たちパートⅡ 〜 青春の光と影」(1976年3月31日 - 4月7日)

ライブ・ミュージカル 『少年たち 〜フォーリーブス・不朽の名作〜』 (1975年)[編集]

1975年4月5日 - 6日に東京、同年5月3日に名古屋、同年5月4日 - 5日に大阪で上演された。出演者は中谷良永田英二JOHNNY'Sジュニア・スペシャル井上純一豊川誕リトル・リーブスリトル・ギャングら。

少年たち 格子無き牢獄 (2010年)[編集]

2010年8月に大阪松竹座にて関西ジャニーズJr.が、9月に東京日生劇場にてA.B.C-ZKis-My-Ft2が上演。タイトルは同じだが、演出の大半がメンバーにたちに任されており[4]、出演者それぞれが意見を出し合い[5]、個々のキャラクターや持ち味を生かした演目が披露されたため[6][7]、大阪と東京では構成やショータイムなどの内容が異なる[8]。2010年8月3日に行われた東京公演の製作発表会見では、一足先に公演が始まった関西ジャニーズJr.の面々からのビデオレターも届き、大阪vs東京でお互い切磋琢磨してよりよい内容を届けたいとの意気込みを述べていた[6]

東京の日生劇場公演では、なかなか合同稽古ができない中でもスカイプなどを使って打ち合わせを重ね[9]、五関晃一と千賀健永のダンス対決、玉森裕太のドラム演奏[7]、10人が裸でシャワーを浴び[5]、下半身だけを桶で隠しながら踊る入浴シーンなどが披露された[7]。当時Kis-My-Ft2とA.B.C-Zはデビュー前であり、ジャニーズJr.としての出演だったが、事務所社長のジャニー喜多川はこの舞台を観劇したことでKis-My-Ft2をCDデビューさせようと決めたという[10]

日程
  • 大阪・松竹座 (2010年8月3日 - 28日、全35公演〔32公演+追加3公演〕)[11]
  • 東京・日生劇場 (2010年9月3日 - 26日、全32公演)[12]
出演
大阪公演
東京公演

少年たち 格子無き牢獄 (2011年)[編集]

2011年8月に大阪松竹座にて関西ジャニーズJr.が、9月に東京日生劇場にてA.B.C-Z関西ジャニーズJr.が上演。日生劇場公演の方では左足を骨折した河合郁人のサポート役として菊池風磨の出演が急遽決定[14]するなど、7月に事前発表された公式ポスター[15][16]に掲載されている出演者と実際の出演者が異なった。

日程
  • 大阪・松竹座(2011年8月3日 - 27日[17]、全33公演)
  • 東京・日生劇場(2011年9月5日 - 29日[14]
出演
大阪公演
東京公演

少年たち 格子無き牢獄 (2012年)[編集]

2012年8月に大阪松竹座にて関西ジャニーズJr.が上演。新ユニット「Naniwa Oji」が初お披露目された[22][23]

日程
  • 大阪・松竹座 (2012年8月4日 - 27日、全34公演[23]
出演

少年たち Jail in the Sky (2012年)[編集]

主演はA.B.C-Z[25]。塚田僚一が8月21日の稽古中に右足じん帯を痛めて全治3週間と診断されていたため、アクロバットを封印し、トークを中心に出演した[25][26]

日程
  • 東京・日生劇場 (2012年9月4日 - 26日)
出演

少年たち 世界の夢が・・・戦争を知らない子供達 (2015年)[編集]

日程
  • 大阪・松竹座(2015年8月2日 - 8月26日)
  • 東京・日生劇場(2015年9月4日 - 9月27日)
出演
大阪公演[28]
  • 大西流星、藤原丈一郎、大橋和也、朝田淳弥、草間リチャード敬太、林真鳥、今江大地、古謝那伊留、末澤誠也、赤名竜乃介、正門良規、小島健、高橋恭平、道枝駿佑、長尾謙杜、毛利柊和、吉野伊織、石澤晴太郎
東京公演

少年たち 危機一髪!(2016年)[編集]

主演は去年に引き続きSixTONESとSnow Man[2]HiHi Jetの4人(橋本涼井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗)は帝国劇場で公演する『DREAM BOY』と掛け持ち出演し、本作では2幕前半の劇中にのみ登場する[33][34]

4年ぶりにこの作品の名物ともいえるほぼ裸で桶を使って踊る“桶ダンス”が4年ぶりに復活[33][2]。また、京本大我作詞、手越祐也が作曲した「茜空」が劇中歌として使われている[33][2]

日程
  • 東京・日生劇場(2016年9月4日 - 9月28日)
出演

少年たち 南の島に雪は降る (2017年)[編集]

かつてSMAPらが主演した憑流劇である舞台『ANOTHER』の要素が付け加えられた[38][39]

日程
  • 大阪・松竹座(2017年8月2日 - 27日)[40]
出演
  • 関西ジャニーズJr.[40]
    • 西畑大吾[41]向井康二[38]大西流星[39]室龍太(看守長 役[39])、高橋恭平、道枝駿佑、長尾謙杜、大橋和也、今江大地、吉岡廉、小島健、正門良規、草間リチャード敬太、藤原丈一郎、佐野晶哉、岡佑吏、岡﨑彪太郎、嶋﨑斗亜、大西風雅、小柴陸、川北翔、當間琉巧

少年たち 〜Born Tomorrow〜 (2017年)[編集]

3年連続でSixTONESとSnow Manが主演を務め[42]、大阪公演を含めシリーズ最多71公演が行われた[43]。反戦や友情をテーマに[44]、今回は10代の頃に戦争を体験したジャニー喜多川の実体験が脚本に反映され、橋の下に1人隠れて米軍からの空襲を逃れるなどのシリアスでリアルな戦争描写が増やされた[45][46]。一方で12人全員が裸になって踊る“桶ダンス”は変わらず披露された[43][46]。本編でもSnow Manが「Vanishing Over」、SixTONESが「Beautiful Life」 という新曲を披露したが[47]、本編後にある20分間のSHOW TIME[48]でもさらに両ユニットの新曲2曲が披露され[43]、Snow Manの「VI Guys Snow Man」は振付と構成を岩本照が手掛け、SixTONESの「JAPONICA STYLE」では衣装や詞に“和”が取り入れられた[48][49]

日程
  • 東京・日生劇場(2017年9月7日 - 9月28日)[50]
  • 大阪・松竹座(2017年10月27日 - 11月12日)[51]
出演

少年たち LIVE (2017年)[編集]

「少年たち」の劇中曲を披露するライブ[46]

日程
  • 愛知・穂の国とよはし芸術劇場 主ホール(2017年10月7日 - 9日)[52]
  • 兵庫・姫路市文化センター 大ホール(2017年10月11日)[52]
  • 和歌山・和歌山県民文化会館 大ホール(2017年10月13日)[52]
  • 広島・広島文化学園HBGホール(2017年10月17日)[52]
出演

明日を駆ける少年たち (2018年)[編集]

昨年まで西畑大吾のライバル役だった向井康二が暴力で刑務所を支配する冷酷な看守長役、大西流星が演じていた新入りの囚人を長尾謙杜、西畑と向井が演じていた過去に因縁のあるライバル役を道枝駿佑と高橋恭平がそれぞれ演じるなど、2017年版とは配役をガラリと変更[54]。喧嘩に明け暮れていた西畑率いる青チームと大西率いる赤チームが[55]、暴力をふるう看守長から逃れ、自由を求めて手を組んで脱獄を計画するストーリーとなっている[56]。また、本編後もショータイムで「SUPER ROCKET」など新曲3曲が披露された[56]

日程
  • 大阪松竹座(2018年8月4日 - 30日)[57]
出演
  • 関西ジャニーズJr.[57]
    • 西畑大吾向井康二大西流星室龍太、高橋恭平、道枝駿佑、長尾謙杜、大橋和也、今江大地、藤原丈一郎、小島健、正門良規、佐野晶哉、福本大晴、福井宏志朗、岡﨑彪太郎、嶋﨑斗亜、大西風雅、當間琉巧、西村拓哉

少年たち そして、それから・・・ (2018年)[編集]

日程
  • 東京・日生劇場(2018年9月7日 - 9月28日)[58]
出演

少年たち 青春の光に・・・ (2019年)[編集]

なにわ男子が初座長をつとめる[60]。企画・構成・総合演出として名を連ねるジャニー喜多川は公演開始前の7月9日に他界しており[60]大倉忠義の助言によってショータイムの構成と演出を道枝駿佑、衣装を長尾謙杜が担当[61]、グッズのヘアリップを大西流星がプロデュースするなど[62]、メンバーにとってかつてない挑戦作となっている[61]。内容も例年の松竹8月公演とは異なり、お笑い要素を一切なくし、楽曲も3曲にとどめた芝居メインの公演となった[63]

日程
  • 大阪・松竹座(2019年8月2日 - 8月30日)[64]
出演

少年たち To be! (2019年)[編集]

日程
  • 東京・日生劇場(2019年9月7日 - 9月28日)[66]
出演

映画[編集]

映画 少年たち
監督 本木克英
脚本 石川勝己
川浪ナミヲ(脚本協力)
高見健次(脚本協力)
製作総指揮 ジャニー喜多川
出演者 ジェシー
京本大我
髙地優吾
松村北斗
森本慎太郎
田中樹
岩本照
深澤辰哉
渡辺翔太
阿部亮平
宮舘涼太
佐久間大介
西畑大吾
向井康二
室龍太
正門良規
小島健
戸塚祥太A.B.C.-Z
川﨑皇輝
中村嶺亜
宮近海斗
山下リオ
森口瑤子
伊武雅刀
横山裕関ジャニ∞
音楽 長谷川雅大
撮影 南野保彦
編集 川瀬功J.S.E.
制作会社 松竹撮影所
製作会社 映画「少年たち」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2019年3月29日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画 少年たち』のタイトルで映画化された。ジャニー喜多川が初製作総指揮を務めるジャニーズ舞台初の映画化作品となり、東西ジャニーズJr.総勢100人が出演する。舞台セットのモチーフともなった明治時代に建築された五大監獄の一つで重要文化財である旧奈良監獄をメインに撮影された[68][69]

時代は2012年の少年刑務所[70]。赤房のSixTONESメンバーと青房のSnow Manメンバーの対立[70]、そんな彼らを面白がって傍観する黒房のなにわ男子や関西ジャニーズJr.メンバーの姿をメインに、やがて仲間となり、明日への一歩を踏み出していく少年たちの姿が描かれる[71]。また、横山裕が新任の看守役、戸塚祥太が児童相談施設の後見人役として登場する[71]

封切り[編集]

2019年3月29日に全国158館で公開され、3月30日・31日の全国映画動員ランキングでは第8位[72]。ぴあ映画初日満足度ランキングでは1位を記録した[73]。ジャニー喜多川の発案により、「映画と実演」と題して公開日の3月29日から4月7日までの10日間[74]・計34回、丸の内ピカデリー限定で出演者がランダムで映画館に登場し、生のパフォーマンスを繰り広げるという実験的な試みが実施され[75]、客席数約3万席に対し応募数は110万通に達した[76]。また、4月13日からは応援グッズやサイリウムの持ち込みを可能とした応援上映も行われた[77]他、4月15日に丸の内ピカデリーにて行われた『「映画 少年たち」映画と実演 アンコール上映会』では計53名のジャニーズJr.が出演して実際に楽曲が披露され[78]、その模様は全国155館でライブビューイングで公開された[79]

2019年4月13日に開幕した「第9回北京国際映画祭[76]パノラマ部門に出品され、4月14日にチャイナフィルムアーカイブで行われた舞台挨拶付き上映会には出演者から代表してジェシーが登壇し、北京語で挨拶も行った[80]。600席のチケットは発売2分で完売した[80]

製作総指揮のジャニー喜多川が2019年7月9日に逝去したことから、同年8月16日より追悼上映として再度上映が行われた[81]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1970年に上演された『少年たちシリーズ第3作 〜 フォーリーブス・ミュージカル「素足で駆けるとき」』では、企画・構成・演出はフォーリーブス。
  2. ^ Kis-My-Ft2と表記されているがメンバーの横尾渉二階堂高嗣はこの作品に出演していない[5]
  3. ^ a b 9月17日は出演なし[59]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “関西ジャニーズJr.、ミュージカル幕開け!大西「半端ないと思っていただけるように」(3/3ページ)”. SANSPO.COM. (2018年8月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180805/joh18080505040002-n3.html 2018年9月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d “SixTONESGSnow Man主演舞台で「桶ダンス」復活”. SANSPO.COM. (2016年9月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160904/joh16090418380004-n1.html 2016年9月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f A.B.C-Z vs Kis-My-Ft2『少年たち ―格子無き牢獄―』製作発表会”. シアターガイド (2010年8月6日). 2017年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月8日閲覧。
  4. ^ a b “ジャニーズJr歌劇 千秋楽には違うキャスト?”. Sponichi Annex. (2010年9月3日). オリジナルの2010年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100916044233/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2010jani/KFullNormal20100903042.html 2017年8月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d “ジャニーズJr.舞台3日開幕、どんどん進化で未完成!?”. スポーツ報知. (2010年9月3日). オリジナルの2010年11月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124105955/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100903-OHT1T00016.htm 2016年9月6日閲覧。 
  6. ^ a b 東西ジャニーズJr.がミュージカルで対決!?”. ザテレビジョン (2010年8月5日). 2017年8月17日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h ジャニーズJr.がミュージカルで全裸に!?”. ザテレビジョン (2010年9月6日). 2017年8月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j ジャニーズJr.出演舞台「少年たち 格子無き牢獄」がDVD化、18%オフ”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年4月11日). 2016年6月12日閲覧。
  9. ^ a b “ジャニーズJr.舞台初日円陣で気合注入”. デイリースポーツonline. (2010年9月3日). オリジナルの2010年9月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100914032437/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2010/09/03/0003392890.shtml 2017年8月16日閲覧。 
  10. ^ ““天の声”で決定!「キスマイ」CDデビュー”. Sponichi Annex. (2011年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/13/kiji/K20110213000234740.html 2016年8月7日閲覧。 
  11. ^ 公演日程|関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏8月特別公演”. 『少年たち〜格子無き牢獄〜』 and SHOW TIME!. 松竹 (2010年). 2010年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  12. ^ 公演日程|少年たち〜格子無き牢獄〜”. 少年たち〜格子無き牢獄〜. 松竹 (2010年). 2010年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  13. ^ a b c d キャスト&スタッフ”. 松竹 (2010年). 2010年7月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月8日閲覧。
  14. ^ a b A.B.C-Z河合「ずっとキスマイの活躍見てました」”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2011年9月7日). 2018年7月16日閲覧。
  15. ^ 桜井麻子 (2011年9月13日). “A.B.C-Zと関ジャニJr.が競演する『少年たち』初日会見レポ その1”. 演劇キック. 2016年8月7日閲覧。
  16. ^ 少年たち 格子なき牢獄 (JPEG)”. 演劇キック (2011年). 2018年7月16日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座夏8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2011年). 2017年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月7日閲覧。
  18. ^ “関ジャニ桐山「関西の笑い、東京に見せつける」”. Sponichi Annex. (2011年8月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/04/kiji/K20110804001341360.html 2016年8月7日閲覧。 
  19. ^ “関西Jr.が裸で“桶ダンス”淳太も大興奮”. デイリースポーツonline. (2011年8月4日). オリジナルの2011年8月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110804012016/https:/www.daily.co.jp/gossip/article/2011/08/04/0004329409.shtml 2018年7月16日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f g 少年たち 格子なき牢獄 A.B.C-Z vs 関西ジャニーズ (JPEG)”. 松竹 (2011年). 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月16日閲覧。
  21. ^ “「A.B.C-Z」河合が車いすで出演、踊れず「ムズムズ」”. スポーツ報知. (2011年9月6日). オリジナルの2011年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111201033135/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110905-OHT1T00282.htm 2016年8月7日閲覧。 
  22. ^ “関ジャニJr.公演開幕!10歳・大西流星を大抜てき”. スポーツ報知. (2012年8月5日). オリジナルの2012年12月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121215094046/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120805-OHT1T00015.htm 2016年5月28日閲覧。 
  23. ^ a b “関西ジャニーズJr.“桶ダンス”でOK”. SANSPO.COM. (2012年8月5日). オリジナルの2012年8月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120806202751/http://www.sanspo.com/geino/news/20120805/joh12080512370001-n1.html 2016年9月6日閲覧。 
  24. ^ a b c d e f g h i j 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演 少年たち 格子なき牢獄 & SHOW TIME! (JPEG)”. 松竹 (2012年8月). 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  25. ^ a b “A.B.C-Zが主演舞台げいこ”. DAYLY SPORTS ONLINE. (2012年9月4日). オリジナルの2012年9月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120905054042/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/09/04/0005353539.shtml 2018年10月18日閲覧。 
  26. ^ “A.B.C-Z、塚田の負傷で団結深まった!…主演舞台公開稽古”. スポーツ報知. (2012年9月4日). オリジナルの2012年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121101021858/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20120904-OHT1T00024.htm 2018年10月18日閲覧。 
  27. ^ a b c d e f g h i j k 少年たち Jail in the Sky (JPEG)”. 松竹 (2012年9月). 2016年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  28. ^ a b c d 関西ジャニーズJr. 大阪松竹座 夏 8月特別公演 (JPEG)”. 松竹 (2015年8月). 2016年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  29. ^ a b c d e 公演情報 > 歌舞伎・演劇 > その他の公演 > 少年たち 見どころ・キャスト”. 松竹. 2015年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月25日閲覧。
  30. ^ a b “SixTONES&Snow Man初座長公演「全力でぶつかる」”. スポーツ報知. (2015年9月5日). オリジナルの2015年9月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150905210650/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150904-OHT1T50233.html 2017年6月8日閲覧。 
  31. ^ SixTONESのジェシー、舞台で“幸せ”実感「平和は大切」”. ORICON STYLE (2015年9月4日). 2016年6月12日閲覧。
  32. ^ “SixTONES・松村、“おけダンス”復活に「うれしかった」”. SANSPO.COM. (2016年9月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160905/joh16090505030001-n1.html 2017年8月6日閲覧。 
  33. ^ a b c d e “ストーンズ&スノーマン“少年たち”で伝説の桶ダンス復活!”. スポーツ報知. (2016年9月4日). オリジナルの2017年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170303053014/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160904-OHT1T50168.html 2017年10月9日閲覧。 
  34. ^ “ジャニーズファイブ・橋本涼ら「日比谷掛け持ち出演」に気合”. スポーツ報知. (2016年9月2日). オリジナルの2017年8月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170806062918/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160902-OHT1T50129.html 2017年10月9日閲覧。 
  35. ^ a b c 公演情報 > 歌舞伎・演劇 > その他の公演 > 少年たち 見どころ・キャスト”. 松竹. 2016年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月8日閲覧。
  36. ^ “マリウス葉、“少年たち”特別出演「兵隊の役も楽しい」”. スポーツ報知. (2016年9月4日). オリジナルの2016年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160910034747/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160904-OHT1T50169.html 2017年10月9日閲覧。 
  37. ^ “桶ダンスも復活!「少年たち」本日開幕、看守の声はあおい輝彦が演じる”. ステージナタリー. (2016年9月4日). http://natalie.mu/stage/news/200586 2016年9月5日閲覧。 
  38. ^ a b “関西ジャニーズJr.向井、藤井四段ばりアピール!伝統の舞台スタート”. SANSPO.COM. (2017年8月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170803/joh17080305030001-n1.html 2017年8月6日閲覧。 
  39. ^ a b c “関西ジャニーズJr.の大阪松竹座公演開幕!大西流星はアキラ100%に対抗意識!?”. スポーツ報知. (2017年8月2日). オリジナルの2017年8月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170804132306/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170802-OHT1T50158.html 2017年8月2日閲覧。 
  40. ^ a b 大阪松竹座8月『少年たち 南の島に雪は降る』チラシ”. 松竹 (2017年5月). 2017年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月8日閲覧。
  41. ^ 関西ジャニーズJr.夏公演開幕、西畑大吾ら出演”. ORICON NEWS. オリコン (2017年8月2日). 2017年8月6日閲覧。
  42. ^ “ジャニーズJr.平和の素晴らしさ届ける ジャニー社長企画舞台”. Sponichi Annex. (2017年9月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/08/kiji/20170908s00041000024000c.html 2017年10月9日閲覧。 
  43. ^ a b c “「SixTONES」&「Snow Man」肉体美1200%”. スポーツ報知. (2017年9月8日). オリジナルの2017年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171009195118/http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/TO000262/20170908-OHT1T50047.html 2017年10月9日閲覧。 
  44. ^ “ジャニーさん手掛けた反戦舞台Jr.2ユニット出演”. nikkansports.com. (2017年9月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1884477.html 2017年10月9日閲覧。 
  45. ^ “ジャニー社長の戦争体験、Jr.が熱演「シリアスな部分が増えた」”. SANSPO.COM. (2017年9月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170908/joh17090805040002-n1.html 2017年10月9日閲覧。 
  46. ^ a b c “「少年たち」日生劇場で開幕 リアルな戦争描写、桶踊りも健在”. 中日スポーツ. (2017年9月8日). オリジナルの2017年9月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170908094946/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017090802000185.html 2017年10月9日閲覧。 
  47. ^ “SixTONES&Snow Man「少年たち」でジャニー社長の戦争への思い伝える!”. スポーツ報知. (2017年9月7日). オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107144002/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20170907-OHT1T50163.html 2017年11月11日閲覧。 
  48. ^ a b c 河野桃子 (2017年9月9日). “『少年たち』日生劇場で開幕 SixTONESとSnow Manが“戦争”に体当たりで挑む”. SPICE. イープラス. 2017年10月9日閲覧。
  49. ^ 「少年たち」 京本大我は役作りで金髪封印「当分黒髪でいきたい」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2017年9月7日). 2017年10月9日閲覧。
  50. ^ a b c 公演情報 日程・上映時間:その他の公演-歌舞伎・演劇”. 少年たち 〜Born Tomorrow〜. 松竹 (2017年). 2017年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  51. ^ 公演情報 日程・上映時間:大阪松竹座-歌舞伎・演劇”. 少年たち 〜Born Tomorrow〜. 松竹 (2017年). 2017年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  52. ^ a b c d 公演情報 日程・上映時間:巡業-歌舞伎・演劇”. 少年たち LIVE. 松竹 (2017年). 2017年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月11日閲覧。
  53. ^ a b 公演情報 日程・上映時間:巡業-歌舞伎・演劇”. 少年たち LIVE. 松竹 (2017年). 2017年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月11日閲覧。
  54. ^ “関西ジャニーズJr.、ミュージカル幕開け!大西「半端ないと思っていただけるように」(2/3ページ)”. SANSPO.COM. (2018年8月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180805/joh18080505040002-n2.html 2018年9月2日閲覧。 
  55. ^ “関西ジャニーズJr.、ミュージカル幕開け!大西「半端ないと思っていただけるように」(1/3ページ)”. SANSPO.COM. (2018年8月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180805/joh18080505040002-n1.html 2018年9月2日閲覧。 
  56. ^ a b 尾崎千裕 (2018年8月8日). “関西ジャニーズJr.が集結、舞台「少年たち」新章開幕”. 朝日新聞DIGITAL. https://www.asahi.com/articles/ASL867HDHL86PTFC02J.html 2018年9月2日閲覧。 
  57. ^ a b shochiku.co.jp”. 明日を駆ける少年たち. 松竹 (2018年). 2018年6月14日閲覧。
  58. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「少年たち そして、それから・・・」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年6月20日). 2018年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月20日閲覧。
  59. ^ a b c 歌舞伎・演劇の世界”. 少年たち そして、それから…. 松竹 (2018年). 2018年9月11日閲覧。
  60. ^ a b “なにわ男子 ジャニーさん伝説的な舞台で初座長公演スタート「受け継いでいかないと」”. Sponichi Annex. (2019年8月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/02/kiji/20190802s00041000288000c.html 2019年8月4日閲覧。 
  61. ^ a b c 「コメディなしのガチ芝居です」なにわ男子の“挑戦”「少年たち」開幕”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年8月3日). 2019年8月4日閲覧。
  62. ^ a b なにわ男子、初座長に意気込み 西畑大吾「真っ向勝負のお芝居に挑戦」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年8月2日). 2019年8月4日閲覧。
  63. ^ “ジャニーさんに届け!なにわ男子感激、初座長公演開幕 新曲も初披露”. SANSPO.COM. (2019年8月3日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190803/joh19080305020002-n1.html 2019年8月4日閲覧。 
  64. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「少年たち 青春の光に…」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年). 2019年8月4日閲覧。
  65. ^ a b c 少年たち”. 少年たち 青春の光に…. 松竹 (2019年). 2019年8月4日閲覧。
  66. ^ Concert・Stage(ジャニーズJr.)「少年たち To be!」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年). 2019年8月4日閲覧。
  67. ^ a b 少年たち To be!”. 少年たち To be!. 松竹 (2019年). 2019年8月4日閲覧。
  68. ^ “『舞台 少年たち』映画化 ジャニー社長初製作総指揮”. スポーツ報知: p. 21. (2018年11月16日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181115-OHT1T50270.html 2018年11月16日閲覧。 
  69. ^ 「少年たち」本木監督明かす旧奈良監獄での撮影秘話 | 朝日新聞デジタル
  70. ^ a b ジャニー喜多川総指揮! ジャニーズJr.勢揃い『映画 少年たち』公開”. マイナビニュース. マイナビ (2018年11月16日). 2018年11月17日閲覧。
  71. ^ a b 横山裕&東西ジャニーズJr.集結! 舞台「少年たち」が映画化”. cinemacafe.net. イード (2018年11月16日). 2018年11月17日閲覧。
  72. ^ 『映画ドラえもん』動員ランキングV5!『ダンボ』初登場2位!”. ぴあ映画生活. ぴあ (2019年4月1日). 2019年4月2日閲覧。
  73. ^ 「“ジャニーズ”を象徴するような映画」 満足度ランキング第1位は『映画 少年たち』”. ぴえ映画生活. ぴあ (2019年4月1日). 2019年4月2日閲覧。
  74. ^ ジャニー社長総指揮『映画 少年たち』、昔ながらの「映画と実演」に挑戦”. マイナビニュース. マイナビ (2019年3月29日). 2019年4月2日閲覧。
  75. ^ SixTONES、Snow Manら競演の『映画 少年たち』が第9回北京国際映画祭へ!ジェシーは「英語でアピールしたい」”. Movie Walker. KADOKAWA (2019年3月29日). 2019年4月2日閲覧。
  76. ^ a b “ジャニーズJr.作品で初!「少年たち」海外映画祭出品”. Sponichi Annex. (2019年3月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/30/kiji/20190329s00041000519000c.html 2019年4月2日閲覧。 
  77. ^ 「映画 少年たち」応援上映開催、SixTONES、Snow Manらの実演楽しむライビュも”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年4月11日). 2019年8月4日閲覧。
  78. ^ 『映画 少年たち』東西のジャニーズJr.総勢53名が大集結、映画と実演アンコール上映会にファン熱狂”. 映画ランド (2019年4月17日). 2019年8月4日閲覧。
  79. ^ 『映画 少年たち』アンコール上映にジャニーズJr.53人が登場 パフォーマンス披露”. ORICON NEWS. オリコン (2019年4月17日). 2019年8月4日閲覧。
  80. ^ a b ジャニーズJr. SixTONES・ジェシー、北京に降臨! 映画『少年たち』舞台挨拶チケットは2分で完売”. 【es】エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2019年4月15日). 2019年5月5日閲覧。
  81. ^ “ジャニー喜多川氏製作総指揮の「映画 少年たち」追悼上映決定”. 音楽ナタリー. (2019年8月17日). https://natalie.mu/music/news/341614 2019年8月17日閲覧。 

外部リンク[編集]