企業内学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

企業内学校(きぎょうないがっこう)とは、企業が社内に社員の教育(企業内教育)のために設置し学校と呼称しているもの。学校教育法第1条に規定される学校ではない。社内の研修組織を企業内学校(あるいは社内学校)と呼んで開校運営するケースや、事業所内の認定職業訓練による職業訓練施設を改組して運営しているケースなど、その実態は様々である。基本的には当該企業に勤務する社員が「入学」し、教育を開始することを入校、修了することを卒業とも称するが、学歴とはならない。

2006年10月26日の朝日新聞朝刊2経済欄の用語解説では、旧職業訓練法による事業内職業訓練として認定職業訓練の認定を受けていた施設が多いという他に、通信制高等学校技能連携し高等学校卒業の資格を取れるようにしている。生徒は採用を前提に入学し、教科とともに、各企業で必要となる実践的な技能を学ぶ、と解説している。これは主に正規雇用従業員として給与をうけ企業に勤務し教育は無料で受けられる中学校卒業者が進学し教育を受ける高等学校・高等工業専門学校前期課程[要出典]などいわゆる後期中等教育を行い高等学校卒業資格が得られる工業系の企業内学校までを示している。こうした企業内学校は、過去には企業内学園、青年学校、実業補習校などという名称で呼称されてもいた。現在でも生徒の「進路先」ともなっている。こうした企業内学校は進学する従業員に、卒業後生産現場等で従事するための人材育成を目的としている。

おもな企業内学校例[編集]

企業内大学については、企業内大学の一覧を参照。大学校の名称がつくもの(京都銀行金融大学校など)は、大学校一覧#株式会社による設置を参照。

企業内学校[編集]

  • 日本ピストンリング「ものづくり学校」(若手社員の技能向上を目的にした社内教育制度)
  • 三井住友銀行「SMBCリテールバンキングカレッジ」
  • みずほ銀行「みずほ塾」
  • 宮島醤油社内学校「宮島技術学校」(佐賀県唐津市)
  • タカハシテクニア社内学校「テクニアカレッジ」
  • 日本航空社内学校「整備士学校」
  • 尾上和裁学園 (徳島市)
  • ヤマハ高等技能学校
  • GLOCEANアカデミー(社内学校)
  • 東芝総合人材開発株式会社東芝学園 (東芝本体、東芝グループの高等学校卒業で入社した社員を対象にした社内学校)
  • アイシン高等学園 (将来の現場監督者を育成する社内学校 1年制)
  • 日本澱粉工業株式会社「白眉実践塾」 (技能伝承・モノづくりを学ぶための社内学校 )
  • スタジオジブリアニメーター養成所「西ジブリ」(愛知県豊田市)
  • 日立電子サービス株式会社「コンピュータシステム技術学校」(8カ月間の企業内学校)
  • パナソニック松下幸之助商学院 パナソニックショップ経営者教育のために設立。全寮制
  • プレス工業「プレス工専学校」(神奈川県川崎市。生産現場に入る前に全員「入学」。期間は半年から1年間「修行」)
  • 小松製作所・コマツ工業専門学院(石川県小松市。小松短期大学との提携し技術系社員向け特別講座として開設。物づくりの基本技能を2年かけて身に付ける)
  • 不二越「不二越アソシエ」(富山市。2004年設立のグループ全体の人材育成とトレーニングの専門機関)
  • 日本電信電話公社(現・NTT)「中央電気通信学園_大学部」 (東京都調布市)、「鈴鹿電気通信学園_専門部」(三重県鈴鹿市)
  • KDD(現・KDDI) 国際電気通信学園大学部
  • 丸和運輸機関「丸和ロジスティクス大学」(社内研修のひとつ。階層ごとに「基礎コース」「一般コース」に区分されている。)

高校課程・高等課程、短期大学校などのある企業内学校[編集]

  • 日立工業専修学校(茨城県日立市) - 株式会社日立製作所の企業内学校として創立。学校教育法に基づく専修学校であり、専門課程と高等課程があり、高等課程は科学技術学園高等学校技能連携制度により高卒学歴を得る。授業料を伴うが、給与が奨学金という扱いで「貸与」され、勤務により返還免除される。全寮制で寮費も奨学金から。組織上は、株式会社日立製作所総合教育センター
  • 日立茨城工業専門学院(茨城県日立市) - 株式会社日立製作所の企業内高等教育機関として1960年に創立。日立製作所本体だけではなく日立グループ会社全体に対して門戸を開く。目的は高等学校卒業程度の社員に対して高等教育の機会を与え、日立グループ全体の技術レベルの底上げを行うこと。入学する為には厳しい選抜試験に合格する必要があり、卒業した者には社内において大学卒業程度の処遇が施される。在学中優秀だった者に対しては、卒業後更に国内有名大学の研究室などでも就学をさせる。全寮制で就学期間中は給与も支払われる。
  • 日野工業高等学園(東京都日野市) - 職業能力開発促進法に基づく認定職業訓練による職業能力開発校である。機械加工、塑性加工などの4つの専門コースがあり、求人票受入を伴う指定校推薦で入校し卒業すれば高卒の学歴となる
  • トヨタ工業学園(愛知県豊田市・みよし市) - 職業能力開発促進法に基づく認定職業訓練による職業能力開発校である。高等部と専門部。全寮制で男女共学
  • マツダ工業技術短期大学校(広島県府中町) - 職業能力開発促進法に基づく認定職業訓練による職業能力開発短期大学校なので、技能検定における科目免除が卒業時に得られる
  • デンソー工業学園(愛知県安城市・刈谷市) - 職業能力開発促進法に基づく認定職業訓練による職業能力開発校および職業能力開発短期大学校である。工業高校課程/高等専門学校課程/短大課程がある。寮はあるが全寮制ではなく希望者のみ
  • 大同特殊鋼人材開発センター技術学園 (愛知県名古屋市・東海市) - 大同特殊鋼系列

高校課程・高等課程、短大課程などを設置していた企業内学校[編集]

かつては日立電線日立化成ブリヂストンアルプス電気片岡電気日工精機武藤工業ヒロセ自動車鋳物クボタ日立建機三菱重工業トキコ(神奈川県)、荏原製作所川崎重工業新日鐵八幡などが、中卒者対象の高校部門の教育機関を設置していた

指定技能連携施設と連携していた職業訓練施設[編集]

旧国鉄・現JR各系列の鉄道学園、鉄道学校、旧公社ほか[編集]

海外の事例[編集]

  • パナソニック「中国製造技術学院」(中華人民共和国)
  • パナソニック「ベトナムものづくり大学校」(ベトナム・ハノイ市)
  • ヒューレット・パッカード内幼稚園・公立小学校。開校は1993年設立(アメリカ・サンタローザ市)
  • トヨタ・キルロスカ・モーター(インドにおけるトヨタの企業内学校)

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 若手技術者向け企業内学校における卒業論文(第13セッション 企業内教育(II)) 水山昭徳, 仁平裕之 (東芝総合人材開発株式会社東芝学園) 工学・工業教育研究講演会講演論文集 平成11年度, 145-148, 1999 社団法人日本工学教育協会
  • 日経産業新聞「企業内学校」についての記事 2008年7月31日

外部リンク[編集]