CD選書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CD選書(シーディーせんしょ)とは、1990年代に日本のレコード会社から発売された廉価版復刻コンパクトディスク(CD)シリーズの名称。1970年代から1980年代中頃にかけてアナログ・レコードで発売されたスタジオ・アルバムライブ・アルバムを、音楽CDの普及期であった1990年代にCD化して復刻する際に使用したシリーズ名である。「音楽の文庫本」というコンセプトであった。

当時は「CD選書」の名称以外でも、各レコード会社から類似のシリーズ名で廉価版CDシリーズが多数発売された。

概要[編集]

日本での音楽CDソフト商品化は1982年10月からで、CDプレイヤーが本格的に普及するのは1980年代後半から1990年代初頭のことであるが、本シリーズの意義として、音楽CDの登場以前に制作されたアナログ・レコード時代の多大なる名盤・名作を、取り扱いが容易で劣化しにくいCD音源により蘇らせた功績が挙げられる。

過去にCD化されていた作品であっても「CD選書」として再リリースされたケースもある。例としては、松田聖子。1stアルバム『SQUALL』(1980年8月1日)から『Citron』(1988年5月11日)まで、昭和時代に発表されたスタジオ・アルバム全15枚は1980年代にCD化されていたが、1990年代に一挙にCD選書化された。

また旧譜の復刻だけでなく、過去にレコードやCDで発売されたことがない「CD選書」独自の企画ベスト・アルバムも発売された。例としては『河合その子 ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3976)、『国生さゆり ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3977)、『渡辺満里奈 ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3978)、『渡辺美奈代 ベスト・コレクション』(規格品番:SRCL-3979)などがある。発売日は4タイトルとも1997年7月21日。

その他、年代ごとに切り分けて様々な歌手の楽曲を集めたコンピレーション・アルバムも発売されている。例としては『1968〜1974 CD選書ベスト』(規格品番:SRCL-3464)、『1975〜1977 CD選書ベスト』(規格品番:SRCL-3465)、『1978〜1980 CD選書ベスト』(規格品番:SRCL-3466)、『1981〜1983 CD選書ベスト』(規格品番:SRCL-3467)、『1984〜1992 CD選書ベスト』(規格品番:SRCL-3468)などがある。発売日は5タイトルとも1996年4月1日。

主に1970年代から1980年代に発表された作品を廉価版としていたが、1990年代以降に発表された楠瀬誠志郎PEARLの作品は、オリジナル発売から2~3年でCD選書として発売されたケースもある。

特徴[編集]

新作アルバム1枚の税抜平均価格はおおむね3000円前後であるが、本シリーズは1枚の税抜平均価格が1500円の廉価版となっている(ベスト盤は2000円、2枚組は2500円、3枚組は3500円)。新たにレコーディング費用が発生しない「復刻」であることに加え、LPや初発CDでリリースされた当時の付属品(たとえば、封入されていたステッカーポスター、写真集など)を省き、歌詞カードもシンプルな白地に黒文字印刷に統一する(すでにCD化されていた場合の再発などに例外あり)ことなどで、余分なコストを省いている。

CDケースは、プラスティック製のスリム・ケースが使用される。レコード会社によっては通常のケースが使われるものもあるが、裏ジャケットは省き歌詞カードに印刷する場合もあった。CD帯のデザインは、レコード会社ごとにおおむね統一されている。

CD帯には「Q盤」(旧譜の「旧」とQualityの「Q」の掛詞)と記載されるものもある。ディスクのレーベル面に斜体の“CD選書”ロゴと共に「Q盤」の文字がプリントされる場合、Q盤の「盤」というロゴは上は「般」だが「さら」脚の部分が「皿」ではなく「DISC」を下線でつないだ記号が当てられている。また「Q盤」ロゴ下の太線内には白抜きで「Quality Music」と書かれている。ちなみにQ盤のパンフレットの挿絵には、漫画家蛭子能収が起用された。規定額の切手同封で申し込んだ人に先着で100名に、Q盤としてリリースされた曲のダイジェストが収録された12cmCDが手に入るという企画もあった。

2000年代以降[編集]

高音質化よりも価格の安さと手軽さを売りにした「CD選書」での復刻は、太田裕美の1980年代のオリジナルアルバムが2001年にリリースされて以降の発売はない。

著名な作品のCD化が進んだ2000年代に入ると、デジタルリマスタリングによる高音質CDや、アナログ・レコードのジャケットをCDサイズで忠実に再現した紙ジャケット仕様など、高品質を売りにした旧譜復刻が相次いでおり、過去にCD選書化された作品がリマスターCDや紙ジャケット仕様で再発売されることもある。その際には、ボーナス・トラックとしてアルバム未収録曲が追加収録され、シングルレコードA・B面曲や、初商品化となる未発表の楽曲・バージョンが収録されることもセールス・ポイントとなる場合が多い。

その他、販路限定で再発売されているケースもあるが、CD選書の様にラインナップが大規模ではない。

CD選書としての生産が終了し、紙ジャケット仕様での再復刻も期待できない作品は、中古市場で定価以上の高値が付いてプレミア価格で取引される場合がある。例として大瀧詠一の企画盤『SNOW TIME』など(1996年3月21日発売。詳細は『SNOW TIME』の記事を参照)。

オリジナル・アルバムがCD選書や紙ジャケット仕様などで復刻される場合、発売当時のままの曲順で復刻されて「アルバム、初CD化!」などと宣伝されることが多いが、2000年以降は『ゴールデン☆ベスト』『MYこれ!クション』『BEST & BEST』など、アルバム単位でなく楽曲単位の「初CD化」と高音質をセールス・ポイントにした廉価ベスト盤シリーズもあり、膨大なタイトルが発売されている。

2010年代以降は高音質規格の音楽CDによる再発売が続き、ソニーミュージックは2013年に「日本の名盤復刻シリーズ」として、Blu-Spec CD2仕様で人気作を再発売しカタログ化した。同様にビクターエンタテインメントやユニバーサルミュージックはSHM-CD仕様で、ポニーキャニオンはHQCD仕様で再発売している作品もある。これらの高音質音楽CDにボーナス・トラックを収録したり、紙ジャケット仕様で再発売するケースも増えている。

「CD選書」の名称を使用したレコード会社[編集]

レコード会社独自の復刻企画シリーズ[編集]

音泉1500シリーズ
ワーナーミュージック・ジャパンにおける廉価盤シリーズの称号。岡崎友紀八神純子中森明菜亜蘭知子浅香唯などが復刻された。
音蔵 (OTOGRA Sound Graffiti) シリーズ
東芝EMIが1990年代前半に展開した廉価盤シリーズの称号。アリスオフコース寺尾聰稲垣潤一などニュー・ミュージック系アーティストや、奥村チヨ黛ジュンら歌謡曲系アーティストの作品が復刻された。
COOL PRICEシリーズ
元は東芝EMIの洋楽廉価盤シリーズとして展開されていたが、1997年から1998年にかけて音蔵シリーズに代わる廉価盤シリーズとしてリリースされた。本シリーズでリリースされたタイトルは、全てCD-EXTRA仕様で復刻されており、パソコンで再生すると本シリーズの商品カタログを見ることができる。ラインナップとして、音蔵シリーズで復刻されたアリスオフコース寺尾聰らの作品に加え、薬師丸ひろ子中原めいこ佐藤隆ヒカシューなどの作品が復刻された。
定番コレクション 2in One
ビクターエンタテインメントにおける廉価盤シリーズの称号。LPアルバム2タイトル分をCD1枚に収録した「2in One」シリーズもある。麻丘めぐみ桜田淳子岩崎宏美石野真子小泉今日子などが復刻された。
CD文庫シリーズ
日本コロムビアバップにおける廉価盤シリーズの称号。一部のタイトルで現在でもカタログとして残っている。
CD市場シリーズ
キングレコードにおける廉価盤シリーズの称号。
CD極上音楽(CD極楽)シリーズ
ポリドールレコードにおける廉価盤シリーズの称号。一部のタイトルで現在でもカタログとして残っている。
系列のキティレコード日本フォノグラム、1996年4月まで同社で受託販売をしていたファンハウス(現:アリオラジャパン)はCD選書の称号を使用。
CD叢書シリーズ
トーラスレコードにおける廉価盤シリーズの称号。
音パレードシリーズ
BMG_JAPANが1994年から1995年にかけて展開した廉価盤シリーズの称号。本シリーズでリリースした藤圭子EPO大貫妙子LAZYらのタイトルは、1999年にRCA名盤選書シリーズで再発売された。
現在ではソニー・ミュージックダイレクトから、日本の名盤復刻シリーズ等でブルースペックCD仕様で再々発売されたものもある。

受注生産[編集]

オーダーメイドファクトリー
ソニー・ミュージックエンタテインメントの独自企画。受注生産として予約注文を受け付け、その総数でCD化(もしくは再CD化)を決める。おおむね1枚3000円の価格設定で廉価版ではないが、音質はリマスタリングで向上される場合が多い。ただし、復刻決定後の注文は原則受け付けていないので、受注終了後に復刻される情報を入手しても手遅れな場合が発生し得る。また、予約総数が復刻条件の規定枚数に達することなく、CD化自体が見送られる場合もある。
1970年代のアイドル・グループ、トライアングルの『トライアングル シングル・コレクション』など、CD選書と同様に独自のベスト・アルバムが発売されたこともある。また1970年代に発表された南沙織の全19枚のスタジオ・アルバムは、14枚がCD選書で、残り5枚がオーダーメイドファクトリーで復刻され、最終的に全19作品がCD化された(のちに一挙に紙ジャケット化された『Cynthia Premium』もある)。
あ〜る盤(R盤
日本コロムビアが2001年3月15日から2008年11月30日まで行っていた(2002年10月から2010年9月まではコロムビアミュージックエンタテインメント名義)。
CDオンデマンドサービスで、廃盤または生産中止となったアルバムから対象作品がレコード会社の意向でリストアップされ、その中に欲しい作品があれば1枚からでも注文可能となり、注文後にCD-Rで届けられるサービスであった。
2008年12月1日よりサービス内容を変更して「オンデマンドCD」の名称で発売している。

関連項目[編集]

脚注[編集]