ブルースペックCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ブルースペックCD(ブルースペック・シーディー、Blu-spec CD)は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが開発した音楽CDの名称。2008年の12月に発売開始された。略称は「BSCD」。

概要[編集]

規格的には、従来の音楽CDと変わらない。そのため、今までのCDプレイヤーで再生することができる。

特徴は、ブルーレイディスクの製造技術と素材を応用したもので、CDで用いられる赤色半導体レーザーよりも短波長な青紫色半導体レーザーをカッティングに用い、記録面には高分子ポリカーボネート樹脂を素材として使っている点である。これによりCD信号を読み取る時点で発生するジッター(揺らぎ)を軽減させている。スーパー・ハイ・マテリアルCDと類似した技術である。

邦楽作品第1号はUNICORNのアルバム「シャンブル[1]

「Blu-spec CD」からさらに研究開発を重ね、ブルーレイディスク製造技術のすべてをCD製造に投入することによって、より一層原音に忠実な高品質CD「Blu-spec CD2」が2012年12月から発売開始されている[2]。邦楽作品第1号はUNICORNのアルバム「Quarter Century Single Best」。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.sme.co.jp/pressrelease/images/20090105.pdf 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント プレスリリース. (2009年1月5日). 2011年10月22日閲覧。
  2. ^ http://www.sme.co.jp/pressrelease/images/20120928-2.pdf 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント プレスリリース. (2012年9月28日). 2013年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]