寺尾聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てらお あきら
寺尾 聰
生年月日 (1947-05-18) 1947年5月18日(74歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市保土ケ谷区
国籍 日本の旗 日本
身長 176 cm
血液型 A型
職業 俳優ミュージシャン
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
配偶者
著名な家族 宇野重吉(父)
事務所 寺尾音楽事務所
主な作品
 
受賞
日本アカデミー賞
ブルーリボン賞
第47回 主演男優賞 『半落ち』
その他の賞
テンプレートを表示

寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 - )は、日本俳優ミュージシャン所属事務所ホリプロダクション石原プロモーション→寺尾音楽事務所(自らの個人事務所)。父は俳優の宇野重吉

神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。目黒区立第十中学校和光学園法政大学第二高等学校文化学院卒業。

来歴[編集]

1965年奥島吉雄林廉吉らが結成したカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」に加入し、ベースギターを担当した。1966年に「いつまでもいつまでも」でレコードデビュー、この曲と2枚目の「この手のひらに愛を」が大ヒットするが、すぐにグループを脱退した。 1968年三保敬太郎を中心としてザ・ホワイト・キックスというグループ・サウンズに参加、シングルを1枚出して解散した。 同年には、石原裕次郎製作・主演の映画『黒部の太陽』で俳優デビューした。

これを機に裕次郎の門下となり、石原軍団の若手有望株として、主にテレビドラマに出演、青春ものドラマなどで二枚目半的な役柄を演じることが多かった。また、『大都会』では新聞記者、『大都会 PARTIII』(日本テレビ)、『西部警察』(テレビ朝日)など、石原プロモーション制作のアクションドラマでは刑事役で活躍した。このころはサングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマークだった。

ソロとしての歌手活動では、1981年に「ルビーの指環」が大ヒットし、第23回日本レコード大賞をはじめとする多くの賞を受賞した。

石原プロ退所後、1980年代後半から黒澤明が監督した『』『』『まあだだよ』に続けて出演。2001年、黒澤の遺稿を映画化した『雨あがる』に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。2005年にも『半落ち』での演技で同賞の2度目の受賞を果たした。日本レコード大賞ならびに日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の両方の獲得経験者は寺尾のみである(2020年現在)。

2005年7月7日CLUB CITTA(神奈川県川崎市)でのライブを期に、18年ぶりに歌手活動を再開した。現在でも、ステージでジャズベースをプレイしており、「ザ・サベージ」時代と変わらぬ腕前を披露している。アルバム『Re-Cool Reflections』も発売され、メロウな歌声を聴かせている。2007年1月に、NHK総合テレビで放送された『SONGS』に出演、アルバム『Reflections』収録曲や「ルビーの指環」を新アレンジで披露した。

2007年12月31日の『第58回NHK紅白歌合戦』に出場した。紅白出場は、1981年から実に26年ぶりで、通算2回目。

2008年4月、春の褒章伝達者発表において、紫綬褒章を受章することが発表された。父の宇野重吉も紫綬褒章を受章しており、父子2代での受章となった。2018年11月、秋の叙勲で旭日小綬章を受章。

人物[編集]

父は俳優の宇野重吉。妻は1979年秋の資生堂CM『微笑の法則』に出演したモデルの星野真弓

賞詞[編集]

歌手活動[編集]

寺尾 聰
出生名 寺尾 聰
生誕 (1947-05-18) 1947年5月18日(74歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
学歴 文化学院卒業
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1964年 -
レーベル 東芝EMI(EXPRESS)
事務所 寺尾音楽事務所
公式サイト Akira Terao Official Web Site

シングル[編集]

発売日 品番 作詞 作曲 編曲 備考
テイチク/ユニオンレコード
1970年7月1日 US-671-J A ママに内緒の子守唄 寺尾聰 村尾敞英
B 二人の風船
東芝EMI/EXPRESS
1974年10月20日 ETP-20063 A ほんとに久しぶりだね ケン村田 ミッキー吉野 NHK「大阪、三月、三年」主題歌。
B 何処かへ 寺尾聰
1977年8月5日 ETP-10269 A 16の夏 寺尾聰

田辺靖雄

ミッキー吉野 田辺靖雄とのデュエット。コーラスはオフコース
B 坂道を登ると
1980年8月5日 ETP-17018 A SHADOW CITY 有川正沙子 寺尾聰 井上鑑
B 予期せぬ出来事
1980年10月21日 ETP-17075 A 出航 SASURAI 有川正沙子 寺尾聰 井上鑑
B ダイヤルM
1981年2月5日 ETP-17114 A ルビーの指環 松本隆 寺尾聰 井上鑑
B CINEMA HOTEL
1982年12月1日 ETP-17435 A Long distance Call 長距離電話 有川正沙子 寺尾聰 井上鑑
B 夏の終りに… Passing Summer
1983年10月21日 ETP-17557 A 飛行少年 有川正沙子 寺尾聰 井上鑑
B 雨の風景
1983年12月1日 ETP-17560 A 回転扉 有川正沙子 寺尾聰 井上鑑
B まさか・Tokyo
1985年6月21日 ETP-17732 A 恋のトランス・コスモス 有川正沙子 寺尾聰
B 九月
1986年12月20日 ETP-17913 A Inter Change 有川正沙子 高水健司
B 季節風
1987年4月22日 ETP-17952 A 砂漠 有川正沙子 寺尾聰 倉田信雄
B Midnight Hunter
A&A
2006年12月6日 A Re-Cool HABANA EXPRESS 有川正沙子 寺尾聰 井上鑑
B Re-Cool HABANA EXPRESS(インスト) -

アルバム[編集]

  • 二人の風船 恋人と一緒に聴いて下さい (1970年、ユニオンレコード、UPS-5235-J)
    寺尾聰名義での、初のオリジナルアルバム。
  • Reflections
    東芝EMI 1stオリジナルアルバム。
    ジャケットの写真は『西部警察』の撮影で多忙を極めていた頃、撮影所の廊下で撮影されたもの。
    明かりを消した暗闇の状態でシャッターを開いて、タバコの火の軌跡で「LOVE」の「E」から書き、Lの部分が書けたところで明かりを点けてシャッターを切ったという。
  • Atmosphere
    東芝EMI 2ndオリジナルアルバム。
  • SPECIAL LIVE IN TOKYO
    ライブアルバム。
    会場は代々木オリンピックプール。散歩中に「ここいいな」と思って決定したという。
  • Standard
    東芝EMI 3rdオリジナルアルバム。
    LPとCDの同時発売で、「恋のトランス・コスモス」はCD版のみに収録されている。
  • Re-Cool Reflections
    東芝EMI 1stオリジナルアルバムの『Reflections』を再レコーディングしたもの。
    このアルバムはエイベックスから発売される。なお、このCDはSACD/CD-DAハイブリッド仕様である。

ベストアルバム(主なもののみ)[編集]

  • AKIRA TERAO TWIN BEST
    『Reflections』、『Atmosphere』、『Standard』の全30曲が収録されている。
    現在『Atmosphere』、『Standard』は廃盤になっているが、このアルバムで全曲聴くことが出来る。
  • 寺尾聰 ゴールデン☆ベスト
    「ルビーの指環」のカップリング曲で『Reflections』に未収録の「CINEMA HOTEL」や、
    東芝EMIでの1st, 2ndシングルのカップリングを含めた4曲が収録されている。
  • CD & DVD THE BEST 寺尾聰
    『Reflections』から7曲、『Atomosphere』から8曲の計15曲が収録されている。
    DVDには『SPECIAL LIVE IN TOKYO』のライブ映像から、
    「ルビーの指環」、「回転扉」、「Long distance Call」が収録されている。
  • 寺尾聰アンソロジー1966-1987
    寺尾聰名義での初のオリジナルアルバム『二人の風船 恋人と一緒に聴いて下さい』の
    全曲が収録されているほか、ザ・サベージ時代の曲が7曲、「ルビーの指環」のライブ版などが収録されている。
    「ルビーの指環」のライブ版は『SPECIAL LIVE IN TOKYO』に収録されているものである。

歌手としてのテレビ出演[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

ドラマ以外のテレビ出演[編集]

など

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1981年(昭和56年)/第32回 ルビーの指環 11/22 五輪真弓
2007年(平成19年)/第58回 2 ルビーの指環 13/27 平原綾香
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

PV[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ かつての所属事務所の社長、石原裕次郎の若き日を描いたドラマで、原作は石原の実兄・石原慎太郎。寺尾は宝酒造「松竹梅」のCF撮影に臨む宇野重吉の役で出演(つまり息子が父を演じている)。かつて放映されていた「松竹梅」のCF(石原が寺の住職(宇野)を訪ね、一緒に「松竹梅」を呑む)を見事に再現した。このドラマで石原を演じたのは徳重聡。なお、そのシーンの後のCMでは、当時の本物(石原と宇野)の映像がそのまま放映されるという粋な計らいもあった。寺尾は、実父・宇野重吉の役だけは他の誰にも渡したくなかったという。

出典[編集]

  1. ^ 徳川家康役、寺尾聰さんに決定! 軍師官兵衛公式サイト 2014年5月14日
  2. ^ 石丸幹二、初の戦国時代劇 ヒガシ“信長”のライバル・明智光秀役”. ORICON STYLE (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  3. ^ “寺尾聰&多部未華子、TBS日曜劇場で初共演 実在の弱小吹奏楽部モチーフ”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年6月3日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/43383 2016年6月3日閲覧。 
  4. ^ “『カインとアベル』平幹二朗さん代役に寺尾聰”. ORICON STYLE. (2016年10月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2080743/full/ 2016年10月31日閲覧。 
  5. ^ 「特捜9」新班長・寺尾聰!井ノ原快彦、初共演に感激”. ORICON NEWS. シネマトゥデイ (2018年3月27日). 2018年4月4日閲覧。
  6. ^ 平松剛法律事務所 CMギャラリー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]