辺見マリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辺見マリ
出生名 逸見 万里
生誕 (1950-10-05) 1950年10月5日(72歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
学歴 平安女学院高等学校 卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手女優
活動期間 1969年 -

辺見マリ(へんみ まり、1950年10月5日 - )は、日本の歌手タレント女優。本名、逸見 万里(読み同じ)。

神奈川県逗子市生まれの京都府京都市育ち。父親がスペイン系アメリカ人(陸軍将校)で[1]母親が日本人。最終学歴は平安女学院高等学校卒業。

元夫は歌手の西郷輝彦で、西郷の籍へ入ったため婚姻期間中の戸籍上の姓は西郷の本名である今川(いまがわ)であった。長男はミュージシャンの辺見鑑孝(へんみのりたか)。長女はタレントの辺見えみり

血液型B型、身長160cm。

経歴[編集]

幼稚園に入園した4歳の頃よりバレエを始め、京都でも有名なバレエの先生である木村陽子・谷桃子両氏による指導の下、年に5~6回は舞台に立ち、錦林小学校3年生の頃には一流のバレリーナになることを夢見るようになる。アイススケートに半年ほど凝っていた平安女子中等部2年生の時にカンツォーネジャズに出会い虜(とりこ)になる。3年生の時にバレエでよく舞台に立った京都会館へたまたま遊びに行ったところナベプロの「新人スターパレード」が催されており「君、歌はうたえるかい?」とスカウトされ、すっかりジャズに陶酔していたこともあって快諾する。1967年、高等部2年生になると両親の賛成で休学し、軽自動車免許を取ったばかりのマリは愛車のホンダN360と共に上京、浜口庫之助の下で厳しいレッスンを積みながら、間もなく渡辺プロへ入社[2]。同年10月6日、上京した母より混血児だと告白される、万理が生後2ヶ月の時に母・美保子はスペイン系アメリカ人の夫と別れ、やがて2歳になる頃には京都へ移り、逸見覃(へんみひろし、ひろしの漢字は西の真下に早)と再婚したことを知らされ、それまで自分は純粋な日本人だとばかり思っていた万理にとって母の話は衝撃的だったが、やはり実の子のように育ててくれた父が自分にとって本当の父親だと確信する[3]。デビューの頃はなめられたくないからという理由で、年齢を実際より2歳高く鯖読みしていた。

1969年11月に「ダニエル・モナムール」でデビュー。翌1970年、20歳の時に発売したセカンドシングル『経験』の「やめてぇ」と溜息混じりの歌い方が話題になり、大ヒット。以降、同年に「私生活」、翌1971年に「めまい」等をリリースし、セクシー歌謡の歌手として活躍。『私生活』で第21回NHK紅白歌合戦に初出場。

ところが、人気絶頂時の1972年に同じく人気歌手の西郷輝彦と結婚し、芸能界を引退。二児を出産するが1981年に離婚。芸能界に復帰。

その後、38歳の頃から金銭トラブルに見舞われ、それによる騒動や熟女ヌード写真集の発売などでワイドショーの話題になる。尚、この時の金銭トラブルは「拝み屋」が原因だったことを『Dのゲキジョー 〜運命のジャッジ〜』(フジテレビ系)出演時に告白している。また、「拝み屋」にはまっていたことで、娘のえみりと絶縁状態になっていた時期がある。(現在は和解している)

1993年にはヘアヌード写真集「INFINITO」を発売[4][5]。これと前後して1993年には娘の辺見えみりがドラマ『いちご白書』でデビューする。1998年に発売したCDシングル『Good-Bye あばよ』では、娘のえみりがジャケット写真の撮影を担当した。

2001年に年下の宝石デザイナー河澄信介と再婚するが、2005年に離婚。

現在は歌手やテレビタレント以外にもミュージカル等の舞台でも活躍中。

2013年6月末の深夜に娘のえみりの出産に立会い、これにより辺見マリは孫娘の祖母となった。なお、出産祝いとして娘夫婦にベビーベッドを購入してプレゼントした。

近年は「夢スター歌謡祭 春組対秋組歌合戦」に出演し、全国各地を回っている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
日本コロムビア
1 1969年
11月10日
A面 ダニエル・モナムール 安井かずみ 村井邦彦 川口真 P-78
B面 ふりむかない季節
2 1970年
5月11日
A面 経験 P-87
B面 19歳の変身
3 1970年
8月25日
A面 私生活 P-98
B面 かもめの城
ワーナーブラザーズ・パイオニア
4 1971年
1月25日
A面 めまい 安井かずみ 村井邦彦 川口真 L-1001P
B面 男の部屋 鈴木淳
5 1971年
4月5日
A面 太陽に走る女 鈴木邦彦 L-1025P
B面 とまどい 鈴木邦彦
6 1971年
8月10日
A面 愛のカフェテラス 山口あかり 平尾昌晃 テディ池谷 L-1043P
B面 サンデー 安井かずみ 小谷充
7 1971年
12月10日
A面 サンドラの恋 村井邦彦 川口真 L-1065P
B面 光の季節
SMS Records
8 1980年
7月1日
A面 ルネッサンス 岡田冨美子 大野克夫 船山基紀 SM06-66
B面 あどけなく 門谷憲二 鈴木キサブロー
9 1980年
10月21日
A面 燃えて刹那 来生えつこ 佐瀬寿一 SM07-71
B面 幸福 竜真知子 大野克夫
10 1981年
10月5日
A面 きらめきの舞い 有馬三恵子 小杉保夫 松井忠重 SM07-201
B面 輪舞
日本クラウン
11 1992年
7月23日
01 白夜 山上路夫 N.Edwards 水谷公生 CRDP-43
02 港のひなげし Ventures
ポニーキャニオン
12 1998年
11月18日
01 Good-bye あばよ 荒木とよひさ 三木たかし 川口真 PCDA-01115
02 不死鳥-フェニックス-

アルバム[編集]

  1. マリとあなたの部屋(1971年1月)
  2. 20才の女(1971年8月4日)
  3. 辺見マリとクリスマスを(1971年)
  4. Love Letters(2001年10月24日)

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1970年(昭和45年)/第21回 私生活 15/24 フランク永井
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

書籍[編集]

  • 「空白の1095日―“経験”エッセイ」(1992年4月、廣済堂出版
  • 「辺見マリの実戦!やせるメニュー (JOSEI SEVEN BOOKS)」(1994年4月、小学館)
  • 「もうひとつの経験―本当の絆をつかんだ親子の愛」(2003年3月、青春出版社)

写真集[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 近代映画 近代映画社 1970年10月号 131頁。
  2. ^ 近代映画 近代映画社 1970年10月号 129頁。
  3. ^ 以上は近代映画 近代映画社 1970年5月号 102~105頁。
  4. ^ “辺見マリ「私はこうしてだまされた!」5億円奪われた洗脳地獄を激白”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年8月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2058399/full/ 2021年9月29日閲覧。 
  5. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 90年代"ヘアバブル"の到来

外部リンク[編集]