葛城ユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
葛城 ユキ
出生名 田中 小夜子
生誕 (1949-05-25) 1949年5月25日(69歳)
出身地 日本の旗 日本 岡山県川上郡川上町
学歴 片山女子高等学校
(現・倉敷翠松高等学校)
ジャンル J-POP
職業 歌手作詞家
担当楽器
活動期間 1974年 -
レーベル インディーズ
公式サイト YUKI Katsuragi, Official Site

葛城 ユキ(かつらぎ ゆき、1949年5月25日[1] - )は日本歌手

ラジオシティレコード(後のアポロン音楽工業エモーション、現:バンダイナムコアーツ) → テイチクレコード(現・テイチクエンタテインメント)、→ 東芝EMI(現・ユニバーサルミュージック)を経て、現在はインディーズで活動している。声量豊かな、独特のハスキーボイスを持ち味とする。

人物[編集]

岡山県高梁市(旧川上郡川上町)出身。本名は田中小夜子。片山女子高等学校(現・倉敷翠松高等学校)卒業。

高校時代はバレーボール部のアタッカーとして活躍し国体にも出場。実業団から声がかかり、卒業後倉敷紡績に入社するも、「セッターへの転向を言い渡された。私はアタッカー。中心にいないと嫌だった」という理由で1ヶ月で退社。元々音楽をやりたいという夢もあり、家出同然で大阪に移住し、音楽スクールに通い始める[2]

1973年の第6回ヤマハポピュラーソングコンテスト朝霧マチ名義で出場し「小さな出発」で歌唱賞を受賞。

翌年の第7回では「木曾は山の中」を歌い最優秀賞を受賞。同年秋の第5回世界歌謡祭でも同曲で川上賞に入賞し、同年メジャーデビュー。当初はロックではなく、ニューミュージック系だった。

1980年ボニー・タイラーの「Sitting on the Edge of the Ocean」のカバー曲「哀しみのオーシャン」がヒット。同年、ファーストアルバム『寡黙』をリリース。1983年飛鳥涼井上大輔大友裕子に提供した「ボヘミアン」をカバーし大ヒット。自身の代表作となる。

1986年9月、中国広東省珠海市『珍珠楽園』で日本人女性ロックシンガー初のコンサートを開催し3日間でのべ3万人を動員。

2003年10月2日、フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』の収録中に「人間大砲[3]」のゲームでウレタンが敷き詰められたプールに頭から突っ込むように落下した際、第7胸椎粉砕骨折、第8胸椎脱臼の重傷を負った。背中にチタンの支柱を埋め込む大手術を受け、当時は体を1ミリも動かせず引退も覚悟したが、驚異的に回復し翌年5月10日に復帰ライブを開いている[4][5]。その2週間後、自身の誕生日でもある5月25日に初の自作曲「Pride~for you」を復帰シングルとして発売した。

2006年競輪選手兼シンガーソングライターの仲山桂が作詞・作曲したシングル「Fight Money」を発売。

2013年、自身初の邦楽カバーアルバム「Show和 VOL.1」を発売。

2014年、出身地・岡山県のPRソング「もんげー岡山!」の歌唱を担当。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 1974年12月5日 木曽は山の中
  • 1980年2月21日 哀しみのオーシャン ‐ Bonnie Tyler『Sitting on the Edge of the Ocean』のカバー
  • 1980年10月21日 キャリーオン
  • 1981年6月21日 風の彼方に
  • 1982年1月21日 GOOD-BYE TOKYO
  • 1982年6月21日 SEA SIDE DANCING
  • 1982年12月5日 沖縄Aサインブルース
  • 1983年5月21日 ボヘミアンオリコン最高3位,毎日放送制作・TBS系ドラマ『シリーズ・水曜の女「赤い足音」』主題歌
  • 1984年3月5日 みどりの薔薇
  • 1984年7月5日 ヒーロー ‐ Bonnie Tyler 『Holding Out for a Hero』のカバー
  • 1984年9月5日 哀愁夜
  • 1984年12月19日 抱きしめたいCity
  • 1985年3月21日 心からイエスタデイ- アニメ映画「ごんぎつね」主題歌
  • 1985年5月21日 ハートブレイカー ‐ Pat Benaterのカバー,フジテレビ系ドラマ『スタア誕生』主題歌
  • 1985年10月21日 ヤングハート
  • 1986年3月5日 BABY STILL I LOVE YOU
  • 1986年 11月21日 夢に吹かれて
  • 1988年2月5日 JAPAN BASHING
  • 1988年9月5日 CHILDREN'S HEART
  • 1991年2月5日 好きやねん
  • 1991年4月21日 涙の崖から~TEARS EDGE
  • 1992年8月21日 千年彷徨人
  • 1995年7月9日 どじ…
  • 1996年4月24日 哀しみは花びらにのせて
  • 1996年6月26日 ジョーカー
  • 1998年11月11日 悪女
  • 2000年4月15日 輝くために
  • 2004年5月25日 Pride~for you(Remake Version)
  • 2004年12月1日 MANHATTAN MEMORIES
  • 2005年7月27日 生命のバトン
  • 2006年11月4日 Fight Money/心からイエスタデイ
  • 2008年5月25日 ボヘミアン/ヒーロー 2008.Remake Version (MAXI)
  • 2009年4月1日 Styleless/ボヘミアン(Remake Ver.) ふるさとはアジア 下北恋情 (MAXI)
  • 2011年6月29日 Stay・ステイ/ボヘミアン(Acoustic Version)
  • 2015年11月10日 もんげー岡山! (デジタルミュージック)

CMソング[編集]

オリジナル アルバム[編集]

  • 1980.03.21 寡黙
  • 1980.10.21 Quarter Moon
  • 1981.08.05 Shout
  • 1982.03.05 Power
  • 1982.08.21 Laspiris
  • 1983.04.21 Runner
  • 1984.03.05 Rush
  • 1984.11.21 Motherly
  • 1985.07.21 Heart Breaker
  • 1986.03.05 Ballade
  • 1986.12.21 Rhapsody
  • 1988.04.21 Wheels
  • 1991.04.21 True Romance
  • 1996.03.27 魂を追いかけて
  • 2001.06.07 暗くなるまで待って
  • 2010.05.25 Singer Vol. 1
  • 2013.10.25 Show和 Vol. 1
  • 2014.10.29 Show和 Vol. 2
  • 2015.10.25 Singer Vol. 2

ベスト・アルバム[編集]

  • 1982.06.21 YUKI KATSURAGI BEST
  • 1984.09.05 SPECIAL EDITION
  • 1985.11.21 CD EDITION
  • 1986.06.21 ROCK'N'ROLL WOMAN
  • 1988.12.05 VOICES ~ in green
  • 1988.12.05 VOICES ~ in red
  • 1991.03.21 葛城ユキ ベストアルバム
  • 1997.07.21 葛城ユキ ベストコレクション
  • 2000.09.21 葛城ユキ 魂ベスト選集
  • 2002.09.04 葛城ユキ スーパーセレクト
  • 2003.04.22 ~青春の歌~葛城ユキ ツインベスト
  • 2010.12.25 LIVE 2010
  • 2012.10.25 WOULD YOU LIKE? VOL.1

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『日本タレント名鑑2009』VIPタイムズ社
  2. ^ 【1983年8月】ボヘミアン/葛城ユキ 大ヒットで私生活もバレてしまった
  3. ^ 出演者が大砲の弾となり飛びながらヒット曲のサビを歌い誰かを当てるゲーム。当日は懐メロ特集で、葛城の他に布川敏和田中星児松村和子高原兄らが出演していた。
  4. ^ 同じ胸椎破裂骨折 葛城ユキがスギちゃんにエール「痛みを強さに」
  5. ^ 葛城ユキ バラエティーでの“人間大砲”で胸椎骨折の重傷事故
  6. ^ https://www.smbc-cf.com/news/news_20020902_162.html

外部リンク[編集]