大村雅朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大村 雅朗
出生名 大村 雅朗
生誕 1951年5月8日
出身地 福岡県福岡市博多区
死没 (1997-06-29) 1997年6月29日(満46歳没)
学歴 ヤマハ合歓音楽院ディレクター科卒
ジャンル J-POP
職業 作曲家編曲家
担当楽器 キーボード
活動期間 1978年 - 1997年

大村 雅朗(おおむら まさあき、1951年5月8日 - 1997年6月29日)は、福岡県福岡市博多区出身の作曲家編曲家キーボーディスト。多くのヒット曲を手がけたことで知られる。

略歴[編集]

1951年5月8日、京染店経営の家庭の次男として生まれた。福岡市立奈良屋小学校、福岡市立博多第二中学校、福岡大学付属大濠高校ヤマハ合歓音楽院(現・ヤマハ音楽院)バンドディレクター科を経て、1975年財団法人ヤマハ音楽振興会本部研究室研究員第一期生となる。

その後プロとしての活動を開始。1978年八神純子みずいろの雨」(編曲)で一躍有名となり、特に1970年代から80年代アイドル全盛期にヒットチャートを席捲した。1983年松田聖子SWEET MEMORIES」(作・編曲)が第25回日本レコード大賞で編曲賞を受賞。八神純子パープルタウン」(編曲)、大沢誉志幸そして僕は途方に暮れる」(編曲)、原田知世早春物語」(編曲)、 渡辺美里My Revolution」(編曲)など数々の曲を誕生させた。

1997年6月29日肺不全のため46歳で死去した。遺作となった作曲作品「櫻の園」(1999年)は、聖子ちゃんに歌ってもらいたいと、友人であった作詞家の松本隆に託されていた曲で、大村の死を悼むような詞が松本により付けられた[1]

人物[編集]

アーティストからの信頼も厚く、佐野元春大江千里大沢誉志幸などから彼の早すぎる死を悔やむ声が聞かれた。大江千里は、彼に捧げる追悼曲として「碧の蹉跌」(CD Single : ESDB 3847)を発表している。渡辺美里は大村と他の作品製作中に互いの意見の食い違いから喧嘩別れしてしまい、「ほんの些細なことで当時はお互いに譲れなくて、その後仲直りできないまま大村さんが天国に行ってしまって、素直に謝れなかった事を今でも後悔している」などと後年雑誌等のインタビューで語っており、1997年大阪城ホールのコンサートでは涙ながらに大村の死を惜しんで歌を捧げた。生前には小室哲哉からの信頼も厚かったという。同郷の松田聖子のデビュー当時からの良き相談相手でもあり、聖子からはまーくんと呼ばれていたそうで実兄のようにたいへん慕われていた。また、ポップスソングを数多く手掛けた大村だが、ハウスミュージックテクノなど、打ち込み系音楽に非常に興味があったともいわれる。

代表的な楽曲[編集]

あ行[編集]

※他にもアルバム多数手がける

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

  • 谷村新司
    • 小さな肩に雨が降る(編曲)
  • 谷村有美
    • Not For Sale
    • ありふれた朝
    • 愛する勇気(以上編曲)
    • ためいき色のタペストリー
    • BIRTHDAY(以上作曲・編曲)
  • 谷山浩子
    • MAY(編曲)
  • つちやかおり
    • 失恋散歩道
    • 秘密じゃないけど秘密(以上編曲)

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (2005年) 松田聖子Seiko Smile〜Seiko Matsuda 25th Anniversary Best Selection〜』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. ユニバーサルミュージック (UMCK-4055).