1975年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1975年の音楽(1975ねんのおんがく)では、1975年(昭和50年)の音楽分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

日本で活躍したアーティスト[編集]

年間売上金額トップ10
  1. 井上陽水

洋楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

日本でのランキング [編集]

シングル[編集]

年間TOP50

1974年12月2日付 - 1975年11月24日

アルバム[編集]

年間TOP50

1974年12月2日付 - 1975年11月24日付(データはLPチャートでの集計)

デビュー[編集]

引退・解散など[編集]

引退
解散

誕生[編集]

死去[編集]

主な音楽賞[編集]

第17回日本レコード大賞[編集]

第6回日本歌謡大賞[編集]

  • 大賞
    • シクラメンのかほり/布施明
  • 放送音楽新人賞
    • 心のこり/細川たかし
    • ロマンス/岩崎宏美
  • 放送音楽賞

脚注[編集]

  1. ^ http://music-calendar.jp/2016120101
  2. ^ マッカートニー夫妻のスウェーデンでの大麻検挙記録が問題とされた。1990年にソロとして、66年のビートルズ来日公演以来、24年ぶりに日本初公演が実現
  3. ^ その後、ドイツの旗 ドイツベルテルスマンBMG)の傘下となりBMGビクター→BMGジャパン、ファンハウスを傘下におさめてBMGファンハウス→BMG JAPANとなり、ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)の子会社を経て、2009年9月30日に解散した。
  4. ^ オリジナルはベンEキング
  5. ^ オリジナルはドリフターズ
  6. ^ ランバート&ポッターの作曲
  7. ^ ジョン・レノンとデヴィッド・ボウイらの作曲
  8. ^ カーティス・メイフィールドのプロデュース
  9. ^ ミラクルズの「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ」
  10. ^ プロデュースがランバート&ポッター
  11. ^ 小椋佳の作曲。レコード大賞受賞
  12. ^ 大野克夫の作曲
  13. ^ 吉田拓郎さく曲
  14. ^ モータウンのマーベレッツの曲をカバー
  15. ^ ショーケンのソロでは最大のヒット。『傷だらけの天使』人気が後押しした

関連項目[編集]