2014年の音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2014年の音楽(2014ねんのおんがく)では、2014年(平成26年)の音楽分野に関する動向を記述する。

2013年の音楽-2014年の音楽-2015年の音楽

日本で活躍したアーティスト[編集]

※提供:オリコン

動向[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 7日8日 - AKB48大島優子味の素スタジアムでの公演を以って卒業した。
  • 27日 - ASKAが前述の逮捕の影響で、所属事務所のロックダムアーティスツから解雇される。同時にCHAGE and ASKAのファンクラブ「TUG OF C&A」も8月末を以って休止することが発表される。これによりCHAGE and ASKAは事実上の解散状態となる。

7月[編集]

·2日 - 長渕剛がデビュー37年目にして、キャリア初のオール・タイムベスト・アルバムTsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。をリリース。

  • 4日 - ジャニーズ事務所を退社していた元KAT-TUNの赤西仁が公式サイトを開設し活動を再開。
  • 9日 - スピッツが結成27年目にして初の日本武道館単独公演を開催。(7月9日・10日・31日・8月1日の4days開催)[5]
  • 13日 - 氷室京介がライブ活動を卒業することを発表。のちの19日にライブ活動の卒業理由は自身の耳の不調だと明かす。当初は翌2015年のファイナルコンサートがラストライブとされていたが、翌2015年3月2日に翌々2016年春の横浜スタジアムでのリベンジライブがラストライブであることが一旦決定(しかしその後の翌2015年12月18日にラストライブは翌々2016年春の4大ドームツアー(京セラドーム大阪ナゴヤドーム福岡ヤフオクドーム東京ドーム)に変更となる)。

8月[編集]

  • 2日 - 野外ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が15回目の開催を記念して8月2日・3日・9日・10日の2週末4日間にわたって開催。この年以降は2週連続4日間の開催が定着した。[6]
  • 4日 - plentyに新ドラマーとして中村一太が加入[7]
  • 10日 - indigo la Endのサポートメンバーを務めていた後鳥亮介がこの日開催された「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」のステージ上でバンドに正式加入することが決定[8]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

  • 8日 - AKB48高橋みなみがAKB48劇場9周年特別記念公演においてグループを卒業することを発表。当初は翌2015年12月8日をめどに卒業するとされていたが、翌2015年11月23日のマリンメッセ福岡で開催されたAKB48全国握手会で翌々2016年3月28日のAKB48劇場での卒業公演が卒業日であることが一旦決定(しかしその後の翌々2016年1月1日に卒業公演は翌々2016年4月8日の高橋自身の誕生日に変更となる)。

10日-XJAPANhideの奇跡の新曲子ギャルが 彼の生誕50年に間に合う形でリリースされる。

日本のシングル[編集]

  • 集計会社:オリコン
  • 集計期間:2013年12月9日 - 2014年12月7日

年間TOP50[編集]

日本のアルバム[編集]

年間TOP30[編集]

音楽配信[編集]

イベント[編集]

毎年恒例イベント[編集]

[編集]

第56回グラミー賞

デビュー[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • AOA (日本メジャーデビュー)、Apink (日本メジャーデビュー)、GOT7 (日本メジャーデビュー)、Little Glee Monster(メジャーデビュー)

11月[編集]

12月[編集]

  • Pile(ソロデビュー)


活動再開[編集]

2月 - ウルフルズ

再結成[編集]

1月14日 - LINDBERG(期間限定ではなく、継続的な再結成)[13]

4月12日 - PIERROT

活動休止・解散・引退したアーティスト[編集]

活動休止[編集]

3月

中島愛(無期限歌手活動休止)
つんく♂シャ乱Q、音楽プロデューサー)[14]
AMOYAMO(音楽活動終了)[15]

5月 - 山本潤子(無期限歌手活動休止)[16]

6月 fade(無期限活動休止)

7月 氷室京介(耳の不調によるライブ活動の休止)

秋 - アンジェラ・アキ(無期限歌手活動休止)[17]

年内 - LIGHT BRINGER(無期限活動休止)[18]

引退[編集]

解散[編集]

死去[編集]

ソチオリンピックテーマソング[編集]

2014 FIFAワールドカップテーマソング[編集]

2014年アジア競技大会テーマソング[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “佐村河内さんの曲は別人の作 聴力失った作曲家、広島市出身の被爆2世”. MSN産経ニュース. (2014年2月5日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140205/ent14020507400000-n1.htm 2014年2月5日閲覧。 
  2. ^ “ゴーストライターは桐朋講師 佐村河内さんの全公演中止”. 共同通信 (47NEWS). (2014年2月5日). http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020501001707.html 2014年2月5日閲覧。 
  3. ^ “日本コロムビア、佐村河内さんのCD出荷と配信停止”. SANSPO.COM. (2014年2月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140205/sot14020513240005-n1.html 2014年2月5日閲覧。 
  4. ^ [Champagne改名、新バンド名は[Alexandros]]”. 音楽ナタリー (2014年3月28日). 2016年11月4日閲覧。
  5. ^ スピッツ、“27歳”にして初の武道館ワンマン”. 音楽ナタリー (2014年7月10日). 2016年11月4日閲覧。
  6. ^ 「ROCK IN JAPAN FES」来年は2週連続計4日に拡大”. 音楽ナタリー (2013年12月28日). 2016年11月4日閲覧。
  7. ^ plenty新ドラマー加入、明日“一本勝負”開催”. 音楽ナタリー (2014年8月4日). 2017年4月14日閲覧。
  8. ^ indigo la End、新曲&ベーシスト加入発表”. 音楽ナタリー (2014年8月10日). 2016年12月6日閲覧。
  9. ^ http://www.riaj.or.jp/data/download/2014.html
  10. ^ http://recochoku.jp/special/100143/
  11. ^ “読売テレビ・森たけしアナ、たかじんさん後継宣言?”. スポーツ 報知. (2014年1月27日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140127-OHT1T00054.htm 2014年1月27日閲覧。 
  12. ^ 新田恵海デビュー!「ハッピーの輪広げたい」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年7月4日). 2017年3月19日閲覧。
  13. ^ LINDBERG、結成25周年を機に2度目の再結成 - ナタリー 2014年1月14日
  14. ^ “つんく♂、喉頭ガンでしばらく活動休止”. ナタリー. (2014年3月6日). http://natalie.mu/music/news/111371 
  15. ^ AMOYAMOから重要なお知らせ。 - Sonymusic AMOYAMOオフィシャルサイト 2014年3月14日
  16. ^ シンガー・ソングライター山本潤子が無期限休養へ - Yahoo!ニュース(オリコン)2014年3月13日
  17. ^ いつも応援してくださるみなさんへ - Angela Aki Official Website
  18. ^ LIGHT BRINGERから重要なお知らせ”. LIGHT BRINGER OFFCIAL SITE (2014年11月1日). 2014年11月2日閲覧。
  19. ^ 元AKB小野恵令奈、芸能界引退「新たな夢や目標が出来て」 - サンケイスポーツ 2010年7月4日閲覧
  20. ^ 北海道新聞 2014年1月5日朝刊14版 第28面(第2社会面)掲載の記事による。