2014年の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2014年の経済では、2014年経済分野に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1日
  • 2日
    • 🇺🇸アメリカの長期金利が2011年7月以来の低金利3.05%となった[1]
    • 🇪🇸スペインの2年債利回りが過去最低の高金利1.169%となった[2]
  • 6日 - 2014年の大発会となった東京株式市場は、日経平均株価の終値で、前年末比382円43銭安の1万5908円88銭と大幅安となり、大発会で日経平均がマイナスとなるのは2008年以来、6年ぶりとなった[3][4]
  • 8日 - 🇯🇵日本の資源エネルギー庁は灯油の平均価格が5年ぶりの高値の18リットル1877円になったと発表した[5]
  • 9日
    • 米ドル/加ドルが2009年10月以来の米ドル高の1.0875加ドルになった[6]
    • 🇯🇵帝国データバンクが実施した景気動向調査によると、2013年12月の景気指数は前月比1.2ポイント増の49.5となり、前月に続き過去最高を更新した[7]
  • 15日 - ブラジルの旗 ブラジル中央銀行は政策金利を0.5%引き上げ10.5%とした[8]
  • 16日
    • 🇯🇵日本の資源エネルギー庁は灯油の平均価格が5年2ヶ月ぶりの高値の18リットル1881円になったと発表した[9]
    • 豪ドル/米ドルが2009年10月以来の豪ドル安の0.8797米ドルになった[10]
    • 🇯🇵日銀は各支店からの景気報告をまとめた「地域経済報告(さくらリポート)」を発表し、5地域の景気判断を上方修正、4地域を据え置いた[11]。全9地域の景気判断を「回復」と表現としたのは、2005年4月に同リポートの公表を開始して以来初めてとなった[11]
  • 17日
  • 21日
  • 22日
  • 23日
  • 24日
    • ドル/トルコリラが過去最高値のドル高の2.3360トルコリラになった[17]
    • ロシア・ルーブルはユーロに対して過去最安値になった[18]
    • アルゼンチン・ペソはドルに対して12年ぶりの安値になった[19]
    • 南アフリカ・ランドはドルに対して2008年以来の安値になった[20]
    • 豪ドル/米ドルが2010年7月以来の豪ドル安の0.8689米ドルになった[21]
  • 27日 - ドル/トルコリラが過去最高値のドル高の2.38トルコリラになった[22]
  • 28日
  • 29日 - ロシア・ルーブルが通貨バスケットに対して終値で過去最安値の40.9632ルーブルになった[26]
  • 31日
    • ムーディーズ ウクライナの国債格付けを「Caa1」から「Caa2」に引下げた。格付け見通しは「弱含み」[27]
    • 🇯🇵総務省が発表した2013年12月の完全失業率は、前月より0.3ポイント改善し3.7%に縮小、2007年12月以来6年ぶりの低い水準となった[28]
    • 🇯🇵総務省が発表した全国の消費者物価指数は、2013年平均の生鮮食品を除く総合指数(コア指数)が、前年比0.4%上昇し100.1となり、5年ぶりの上昇となった[29]

2月[編集]

  • 3日
    • アルゼンチン・ペソの急落に端を発する新興国不安の影響で、前週末のアメリカ株の主要3指数が下落、日本も前月からの株価下落が継続し、日経平均株価の終値が1万4700円を割るのは2013年11月13日以来となった[30]
    • 🇯🇵大手銀行3グループの2013年4-12月期連結決算が出揃い、税引き後の純利益の合計額は2兆532億円となり、2008年のリーマン・ショック後で最高となった[31]
  • 4日
    • S&Pプエルトリコの旗 プエルトリコの一般財源債の格付けを「BBB-」から「BB+」(投機的等級)に格下げした[32]
    • 米株安や円高を受けて、日経平均株価は続落し、終値は、前日比610円安の14000円に迫る1万4008円47銭となった[33]。日経平均VI(恐怖指数)は、目安となる30を大きく上回る33.21まで上昇した[要出典]
  • 5日 - ムーディーズメキシコの旗 メキシコの信用格付けを「Baa1」から「A3」に引き下げた。格付け見通しは「安定的」[34]
  • 7日 - ムーディーズプエルトリコの旗 プエルトリコの格付けを「Baa3」から「Ba2」(投機的等級)に2段階引き下げた。格付け見通しは「弱含み」[35]
  • 10日 - 🇯🇵内閣府が発表した1月の消費動向調査によると、消費者心理を示す一般世帯の消費者態度指数(季節調整値)は前月比0.8ポイント低下の40.5となり、2012年12月(39.9)以来1年1カ月ぶりの低水準となった[36]
  • 11日 - ギリシャの旗 ギリシャの長期金利が3年半ぶりの低金利7.38%となった[37]
  • 12日 - 🇮🇹イタリアの長期金利が8年ぶりの低金利3.66%となった[38]
  • 17日 - 🇯🇵内閣府が発表した2013年10-12月期のGDP速報値は、物価変動の影響を除いた実質GDPで前期比0.3%増、年率換算では1.0%増となり、名目GDPは前期比0.4%増、年率1.6%増となった[39]。その結果、名目成長率が実質を下回る「名実逆転」が解消した[39]
  • 18日
    •  ハンガリー中央銀行は政策金利を0.15%引き下げ2.7%とした[40]
    • 🇨🇳中国の米国債保有残高が2013年に811億ドル増加したと、発表された[41]
  • 21日
  • 24日 - イスラエルの旗 イスラエル中央銀行は政策金利を0.25%引き下げ0.75%とした[45]
  • 26日 - ブラジルの旗 ブラジル中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ10.75%とした[46]
  • 28日 - ビットコイン取引所のマウントゴックス(🇯🇵東京都渋谷区)が民事再生法の適用を申請した[47]

3月[編集]

  • 1日 - イトーヨーカ堂東京国税局の税務調査で3年間に1億1000万円の所得隠しで、申告漏れは5億6000万円で、追徴金重加算税を含めて約1億8000万円[48]
  • 5日
    • 🇪🇸スペインの長期金利が2005年終盤以来の低金利3.36%となった[49]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が2005年終盤以来の低金利3.37%となった[49]
    • ギリシャの旗 ギリシャの長期金利が約4年ぶりの低金利6.89%となった[49]
  • 7日
  • 10日
    • 🇪🇸スペインの長期金利が2006年1月以来の低金利3.30%となった[53]
    • 🇯🇵内閣府が発表した2013年10-12月期のGDP速報改定値は全面的に速報値から下方修正され、実質GDPでは前期比0.2%増、年率換算では0.7%となり、名目GDPは前期比0.3%増、年率1.2%増となった[54]
  • 11日 - ポルトガルの旗 ポルトガルの長期金利が2010年4月以来の低金利4.31%となった[55]
  • 12日
    • タイ王国の旗 タイ中央銀行は政策金利を0.25%引き下げ2%とした[56]
    • 🇺🇸連邦準備制度理事会(FRB)が預かる外国の中央銀行の米国債が1週間で1045億3500万ドル減少した。減少幅は週間ベースで過去最大[57]
    • 🇯🇵ブルームバーグ経済指標予測調査によると、4-6月期のインフレ率と失業率を組み合わせた、経済の悲惨さ、つまり国民生活の困窮度を示す悲惨指数は、雇用及び賃金に関する状況が改善されない中で消費増税が強行される影響で、オイルショックの影響を受けた1981年6月以来、およそ33年ぶりの水準となる見通しと発表された[58]
    • 🇯🇵財務省・内閣府が発表した1-3月期の法人企業景気予測調査によると、大企業の全産業の景況判断指数は12.7プラスとなり、統計を始めた2004年4-6月期以降で最高となった[59]
    • 日経平均株価終値は、米国の株安や強含みの円相場、中国の経済不安、さらにアベノミクスの行き詰まりによる景気や企業への懸念などが要因であるとされ、前日の終値を大幅に下回る14893円65銭となった[60]
  • 13日
  • 14日 - 🇯🇵2014年3月の時事通信社の世論調査では、7割の人が景気回復を実感していないと回答しており、前年4月の同社の世論調査結果からほとんど変化が無かった[65]
  • 15日 - 🇨🇳中国の中央銀行は人民元の為替レート1日変動幅を上下1%から上下2%に拡大すると発表した[66]
  • 17日
  • 18日
    • 🇯🇵厚生労働省は、今春卒業予定の高校生の就職内定率が1月末時点で20年ぶりに9割を超え、初めてリーマン・ショック前の水準を上回ったと発表した[69][70]
    • 🇯🇵国土交通省は2014年の公示地価(2014年1月1日時点)を発表、東京・大阪・名古屋の三大都市圏の平均は、住宅地・商業地ともにリーマン・ショック前の2008年1月以来、6年ぶりに値上がりに転じ、全国平均でも住宅地・商業地ともに下落率は4年連続で縮小した[71]
  • 20日 - 🇨🇳上海証券取引所は中国の太陽電池メーカー、保定天威保変電気の社債を取引停止にした[72]
  • 22日 - 🇯🇵内閣府が発表した「社会意識に関する世論調査」によると「良い方向に向かっている分野」として「景気」を挙げた人が、前年の11.0%から22.0%に倍増、この項目の調査を開始した1998年以降最高となった[73]
  • 24日 - S&Pブラジルの旗 ブラジルの長期外貨建てソブリン格付けを「BBB」から「BBB-」に引き下げた[74]
  • 25日 -  ハンガリー中央銀行は政策金利を0.1%引き下げ過去最低の2.6%とした[75]
  • 28日
    • アイルランドの旗 アイルランドの長期金利が過去最低の2.974%となった[76]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が8年半ぶりの低水準の3.261%となった[76]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が8年ぶりの低水準の3.2%となった[76]
    • 🇯🇵日本の厚生労働省が発表した2月の有効求人倍率は前月比0.01ポイント上昇の1.05倍となり、2007年8月(1.05倍)以来6年6カ月ぶりの高い水準となった[77]。また、新規求人倍率は前月比0.04ポイント上昇の1.67倍となり、1992年5月(1.67倍)以来21年9カ月ぶりの高水準となった[77]
    • 🇯🇵日本の総務省が発表した2月の完全失業率は3.6%と前月から0.1ポイント改善し、2007年7月以来の低さとなった[78]。また、女性の完全失業率は3.3%と1997年9月以来、16年5カ月ぶりの水準となった[78]

4月[編集]

  • 1日
    • 🇯🇵日本の消費税が8%に増税された。領収書印紙税非課税範囲が30000円から50000円に引き上げられた。
    • 🇯🇵日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業でプラス17となり5四半期連続で改善し、2007年12月(プラス19)以来6年3カ月ぶりの高い水準を維持した[79]
  • 2日 - ブラジルの旗 ブラジル中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ11%とした[80]
  • 3日
    • ギリシャの旗 ギリシャの長期金利が4年ぶりの低金利6.14%となった[81]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が8年ぶりの低金利3.25%となった[82]
  • 4日
    • 欧州株(ストックス欧州600指数)が2008年1月以来の高値、終値339.18となった[83]
    • アイルランドの旗 アイルランドの長期金利が1991年以来の低金利2.92%となった[84]
    • ムーディーズ ウクライナの信用格付けを「Caa2」から「Caa3」に引き下げた[85]
    • 東証1部売買代金が1兆5663億円にとどまり、今年の最低を更新。
  • 9日
    • Windows XPのサポート期間終了。
    • 🇯🇵日銀は日本経済全体の需要と供給力の差を表す「需給ギャップ」が2014年1-3月期にマイナス0.1%となったし、マイナス幅が縮小し需要不足がほぼ解消したとの見方を示した[86]。2014年1-3月期は、リーマン・ショック前後の2008年7-9月期(プラス0.7%)以来の高い水準となった[86]
    • トヨタ自動車が全世界で639万台のリコールを発表[87]
  • 11日 - 🇯🇵日銀が発表した2013年度の国内の企業物価指数は102.4となり、2012年度を1.9%上回り5年ぶりの上昇幅となった[88]
  • 14日
    • 🇯🇵日本の国債市場で、新発10年債の取引が終日成立せず。取引不成立は2000年12月26日以来のこと。
    •  ウクライナ中央銀行は公定歩合を3%引き上げ9.5%とした[89]
  • 15日
    • 🇺🇸アメリカ財務省は2月の🇷🇺ロシアの米国債保有高が2011年以来の低水準1262億ドルとなったと公表した[90]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が1993年以来の低金利3.104%となった[91]
    • 中国の中国人民銀行が発表した3月のマネーサプラM2伸び率は前年比12.1%となり、国家統計局のデータによると、2001年5月以来の低水準となった[92]
  • 23日 - ポルトガルの旗 ポルトガルの長期金利が2006年以来の低金利3.62%となった[93]
  • 24日
  • 25日
    • S&Pキプロスの旗 キプロスの長期外貨建ておよび自国通貨建てソブリン格付けを「B-」から「B」に格上げした[96]
    • 🇷🇺ロシアの中央銀行は政策金利(1週間物レポ金利)を0.5%引き上げ7.5%とした[97]
    • 🇯🇵日本政府は ウクライナにおける民主化支援のための緊急無償資金協力(80億ユーロ)を決定した[98]
    • S&Pは🇷🇺の長期外貨建てソブリン格付けを「BBB」から「BBB-」に格下げした[99]
  • 26日 - フィッチは🇪🇸スペインの長期外貨・現地通貨建て発行体デフォルト格付けを「BBB」から「BBB+」に格上げした[100]
  • 29日 -  ハンガリー中央銀行は政策金利を0.1%引き下げ2.5%とした[101]
  • 30日

5月[編集]

  • 1日 - 中部電力電気料金を平均3.77%の値上げ(4月18日に経済産業大臣から認可)[103]
  • 2日 - 🇪🇸スペインの長期金利が9年ぶりの低金利2.97%となった[104]
  • 6日 - ポンド/ドルが2009年8月以来のポンド高、1.6996ドルになった[105]
  • 7日
    • ドル/ウォンが2008年8月以来のウォン高、終値1022.50ウォンになった[106]
    • NZドル/米ドルが2011年8月以来のNZドル高、0.8779米ドルになった[107]
    • 🇯🇵帝国データバンクの調査によると、4月の景気動向指数は前月比4.2ポイント減の46.8となり、リーマンショックの影響が大きかった2008年12月(4.1ポイント減)を上回り、過去最大の落ち込みとなった[108]
  • 8日
    • ユーロ/ドルが2年半ぶりのユーロ高、1.3993ドルになった[109]
    • S&Pフィリピンの旗 フィリピンの外貨建て長期債格付けを「BBB-」から「BBB」に格上げした[110]
  • 9日
    • ムーディーズポルトガルの旗 ポルトガルの格付けを「Ba3」から「Ba2」に引き上げた[111]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が1993年以来の低金利2.85%となった[112]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が1993年以来の低金利2.89%となった[112][113]
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万6583.34ドルとなった[114]
    • 🇯🇵東京証券取引所に上場する企業の2013年3月期決算発表がピークを迎え、東証1部上場企業(金融を除く)の業績はアベノミクスによる円安株高などを追い風に、最終利益は前期の2.1倍に膨らんだ[115]
  • 13日
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万6715.44ドルとなった[116]
    • ドル/ウォンが2008年8月以来のウォン高、終値1022.10ウォンになった[117]
    • 欧州株(ストックス欧州600指数)が6年ぶりの高値、終値341.89となった[118]
  • 15日 - 🇮🇹イタリアの長期金利が1993年以来の低金利2.885%となった[119]
  • 16日 - ムーディーズアイルランドの旗 アイルランドの格付けを「Baa3」から「Baa1」に2段階引上げた。見通しは「安定的」[120]
    • 🇯🇵厚生労働省・文部科学省によると、2014年に卒業した大学生の就職率(4月1日時点)が前年同期比0.5ポイント上昇の94.4%となり、2009年春(95.7%)以来、5年ぶりの高水準となった[121]。また、文科省によると、2014年に卒業の高校生の就職率(3月末時点)は0.8ポイント上昇の96.6%となり、1922年春(96.9%)以来、22年ぶりの高水準となった[121]
  • 21日
    • 🇷🇺ロシアと🇨🇳中国は4000億ドルのガス供給契約に調印した[122]
    • 🇯🇵日本の福井地裁は大飯原発の運転差し止めを命じた[123]
  • 22日
  • 23日
    • S&Pはは🇪🇸スペインの信用格付けを「BBB-」から「BBB」に引上げた。見通しは「安定的」[126]
    • フィッチギリシャの旗 ギリシャの格付けを「B-」から「B」に引上げた。見通しは「安定的」[127]
    • 世界貿易機関は🇨🇳中国の対🇺🇸アメリカ自動車輸入関税は違反と認定した[128]
  • 27日
    • 🇯🇵日本の2013年末の対外純資産が325兆円と発表された。23年連続世界1位。2位は🇨🇳中国の207兆円。3位は🇩🇪ドイツの192兆円[129]
    •  ハンガリー中央銀行は政策金利を0.1%引き下げ2.4%とした[130]
  • 28日 - 🇪🇸スペインの長期金利が1993年以来の低金利2.798%となった[131]
  • 29日 - ベルギーの旗 ベルギーの長期金利が過去最低の低金利1.849%となった[119]
  • 30日
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万6717.17ドルとなった[132]
    • ドル/ウォンが2008年8月以来のウォン高、終値1017.1ウォンになった[133]
    • S&P ラトビアの信用格付けを「A-」に格上げした。見通しは「安定的」[134]
    • 🇯🇵厚生労働省は、4月の有効求人倍率が前月より0.01ポイント上昇し、1.08倍となったと発表し、上昇は17か月連続で、バブル崩壊後の最高値を記録した2006年7月(1.08倍)に並んだ[135]
    • 🇯🇵総務省は、4月の全国の消費者物価指数(2010年=100)を発表、コアCPIは前年同月より3.2%上昇となり103.0となり、消費税増税の影響で1991年2月以来、23年2カ月ぶりの高い上昇幅となった[136]

6月[編集]

  • 3日
    • 🇯🇵厚生労働省の2014年4月の毎月勤労統計調査(速報、事務所規模5人以上)によると、現金給与総額(1人平均)に物価変動の影響を加味した実質賃金指数は2013年4月比3.1%減と、2009年12月(同4.3%減)以来の大幅な下げ率となった[137]
    • 日本経済団体連合会(日本経団連)は定時総会を開き、米倉弘昌会長が2期8年の任期満了で退任し、後任に榊原定征東レ会長を選出。
  • 4日 - 🇯🇵日本の資源エネルギー庁はレギュラーガソリンの日本平均小売価格が5年9ヶ月ぶりの高値、1リットル166円になったと発表した[138]
  • 5日
    • 円/ウォンが2008年9月以来の円安、終値100円=995.41ウォンになった[139]
    • 欧州連合の旗欧州中央銀行は政策金利(リファイナンス金利)を0.1%引き下げ1.5%とし、中銀預金金利を0.1%引き下げ-0.1%とした[140]
  • 6日
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万6924.28ドルとなった[141]
    • 欧州の長期金利が過去最低となった[142]
      • 🇫🇷フランスは1.656%となった。
      • 🇪🇸スペインは2.612%となった。
      • 🇮🇹イタリアは2.723%となった。
    • メキシコの旗 メキシコは政策金利を0.5%引き下げ3%とした[143]
  • 10日
    • 欧州株(ストックス欧州600指数)が2008年1月以来の高値、終値349.71となった[144]
    • ドル/ウォンが5年10ヶ月ぶりのウォン高、終値1016.2ウォンになった[145]
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万6945.92ドルとなった[146]
    • 欧州連合の旗欧州委員会 ウクライナに5億ユーロ融資することを明らかにした[147]
  • 11日 - 🇯🇵日本の資源エネルギー庁はレギュラーガソリンの日本平均小売価格が2008年9月29日以来の高値、1リットル166円60銭になったと発表した[148]
  • 12日 -  ニュージーランド中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ3.25%とした[149]
  • 14日 - S&P 南アフリカ共和国の信用格付けを「BBB」から「BBB-」に格下げした。見通しは「安定的」[150]
  • 17日 - S&Pアルゼンチンの旗 アルゼンチンの長期外貨建てソブリン信用格付けを「CCC+」から「CCC-」に2段階格下げした。見通しは「弱含み」[151]
  • 18日 - 🇯🇵日本の資源エネルギー庁はレギュラーガソリンの日本平均小売価格が5年9ヶ月ぶりの高値、1リットル167円になったと発表した[152]
  • 19日
    • ポンド/ドルが5年8ヶ月ぶりのポンド高、1.7062ドルになった[153]
    • 🇨🇳中国の中央銀行がポンドと人民元の直接取引の開始を発表した[154]
  • 20日
  • 24日 -  ハンガリー中央銀行は政策金利を0.1%引き上げ、過去最低の2.3%とした[157]
  • 25日
    • 🇯🇵日本の資源エネルギー庁はレギュラーガソリンの日本平均小売価格が5年9ヶ月ぶりの高値、1リットル167円40銭になったと発表した[158]
    • フィッチ リトアニアの信用格付けを「BBB+」から「A-」に引上げた。見通しは「安定的」[159]
  • 27日
    • ドル/ウォンが5年10ヶ月ぶりのウォン高、終値1013.4ウォンになった[160]
    • NZドル/米ドルが3年ぶりのNZドル高、0.8795米ドルになった[161]
    •  ウクライナジョージア (国)の旗 ジョージアモルドバの旗 モルドバの3か国は欧州連合の旗欧州連合との自由貿易協定に署名した[162]
    • 🇯🇵日本の厚生労働省は5月の有効求人倍率(季節調整値)が21年11ヶ月ぶりの高水準、前月比0.01ポイント上昇の1.09倍となったと発表した[163]。1992年6月(1.10倍)以来21年11カ月ぶりの高さで、バブル崩壊後の最高水準となった[164]。正社員の有効求人倍率も前月比0.02ポイント増となり、2004年11月の公表開始以来、最も高い0.67倍となった[165]
    • 🇯🇵総務省が発表した労働力調査によると、5月の全国の完全失業率は前月比0.1ポイント低下の3.5%となり、1997年12月以来16年5カ月ぶりの水準となった[164]
    • 🇯🇵日本の総務省は家計調査の5月の消費水準指数が前年同月比で7.8%減少したと発表した。過去33年で2番目の落ち込み(1番は2011年3月の8.1%減少)[166][167]
    • 🇯🇵総務省が公表した5月の全国消費者物価指数は、コアCPIが103.4と前年同月比で3.4%上昇し、1982年4月(同3.5%)以来の伸びとなった[168]
  • 30日
    • 🇯🇵日本経済団体連合会が大手上場企業109社の労使交渉の結果を公表、2014年度の月給は、前年度に比べて平均で7370円増加し、7000円を超えるのは16年ぶりとなった[169]
    • 🇨🇳中国の今月末の外貨準備が過去最大の3兆9900億ドルとなった[170]

7月[編集]

  • 1日 - ポンド/ドルが6年ぶりのポンド高、1.7136ドルになった[171]
    • ムーディーズプエルトリコの旗 プエルトリコの格付けを「Ba2」から「B2」に3段階引上げた[172]
    • 🇯🇵日銀が発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業製造業でプラス12、非製造業もプラス19となり、1年半ぶりに悪化した[173][174]
  • 2日 - 🇯🇵日本の資源エネルギー庁はレギュラーガソリンの日本平均小売価格が5年9ヶ月ぶりの高値、1リットル168円40銭になったと発表した[175]
  • 3日
  • 4日
    • ドル/ウォンが6年ぶりのウォン高、1008.36ウォンになった[178]
  • 🇯🇵日本の公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2013年度の運用実績が10兆2207億円の黒字となったと発表し、黒字額は自主運用を始めた2001年度以降で2番目に多かった[179]
  • 8日 - NZドル/米ドルが3年ぶりのNZドル高、0.8806米ドルになった[180]
  • 9日
  • 10日
    • 🇯🇵日本の短期国債の金利が-0.002%となった[183]
    • ドイツの旗 ドイツの長期金利が2013年5月以来の低金利1.17%となった[184]
    • マレーシアの旗 マレーシア中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ3.25%とした[185]
    • 🇯🇵日本の内閣府が発表した5月機械受注統計は、国内民需(船舶・電力を除くベース)が前月比19.5%減の6853億円となり、比較可能な2005年4月以来、過去最大の減少幅となった[186][187]
  • 11日
    • 🇯🇵日本の長期金利が2013年4月以来の低金利0.53%となった[188]
    • S&Pプエルトリコの旗 プエルトリコの一般財源債の格付けを「BB+」から「BB」に格下げした[189]
    • ポルトガルの旗 ポルトガルの最大銀行、バンコ・エスピリト・サントの株価が一時19%下落し、欧米株式市場も下落した[190]
  • 15日
  • 16日
    • 🇯🇵日本の資源エネルギー庁はレギュラーガソリンの日本平均小売価格が5年10ヶ月ぶりの高値、1リットル169円90銭になったと発表した[193]
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万7138.20ドルとなった[194]
  • 17日
    • 🇯🇵日銀が発表した主要銀行貸出動向アンケート調査によると、4-6月の個人の資金需要判断指数(DI)がマイナス10と、2000年4月の調査開始以降で過去最大の落ち込み幅となり、2009年10-12月以来、約4年半ぶりの低水準となった[195]。住宅ローンDIはマイナス17となり、調査開始以来で最低となった[195]
    • トルコの旗 トルコ中央銀行は政策金利を0.5%引き下げ8.25%とした[196]
    •  南アフリカ共和国中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ5.75%とした[197]
    •  オーストリアの長期金利が1990年以来の低金利1.414%となった[198]
    • ベルギーの旗 ベルギーの長期金利が1990年以来の低金利1.576%となった[198]
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が1990年以来の低金利1.15%となった[199]
  • 18日 - 🇫🇷フランスの長期金利が1990年以来の低金利1.562%となった[199]
  • 21日 - 🇨🇳中国の中央銀行とスイスの旗 スイスの中央銀行は1500億元規模で3年間の二国間通貨スワップ協定を締結したと発表した[200]
  • 22日 - 🇯🇵Wii Uで9種の交通系ICで決済可能になった。
  • 23日 - ユーロ/ポンドが2012年8月以来のユーロ安、0.7883ポンドになった[201]
  • 25日
  • 29日
    • 🇯🇵日本の厚生労働省は、6月の有効求人倍率(季節調整値)が1.10倍になったと発表し、1990年代前半のバブル崩壊以降、最高値を記録更新した[204]。また、正社員の有効求人倍率も2004年11月の公表開始以来、最高値の0.68倍となった[204]
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が過去最低の1.109%となった[205]
    • 🇫🇷フランスの長期金利が過去最低の1.502%となった[205]
  • 30日
    • 🇯🇵日本の経済産業省が発表した6月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)速報値は96.7となり前月比で3.3%低下、低下幅は東日本大震災があった2011年3月(16.5%)以来の大きさとなった[206]。また4-6月期の四半期ベースの鉱工業生産指数は前期比3.7%低下の98.7となり、低下幅は2011年4-6月期以来(4.1%)の大きさとなった[206]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の2.455%となった[207]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が過去最低の2.63%となった[207]
  • 31日
    • 🇯🇵経団連が発表した大手企業の夏のボーナス(賞与・一時金)の妥結額状況(最終集計)によると、組合員平均で前年夏季比7.19%増の86万7731円となり、バブル期の1990年(8.36%)以来の高い伸びとなった[208]
    • アルゼンチンの旗 アルゼンチンが、約12年ぶりに2度目の債務不履行に陥った[209]
      • フィッチは発行体デフォルト格付けを「RD」(一部債務不履行)に格下げした[210]
      • S&Pは格付けを「CC」から「SD」(選択的デフォルト)に格下げした[211]
    • フィリピンの旗 フィリピン中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ3.75%とした[212]

8月[編集]

  • 1日
  • 4日
  • 7日 - 🇨🇳中国のレアアース輸出規制が世界貿易機関の協定違反であることが確定した[216]
  • 8日
    • 🇯🇵日本の長期金利が1年4カ月ぶりの低金利、0.505%となった[217]
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が1989年以来の低金利、1.023%となった[218]
    •  フィンランドの長期金利が1989年以来の低金利、1.178%となった[218]
    • 🇫🇷フランスの長期金利が1989年以来の低金利、1.441%となった[218]
    • 🇺🇸アメリカの長期金利が2013年6月20日以来の低金利、2.35%となった[219]
    • 🇨🇳中国と🇷🇺ロシアの中央銀行はルーブルと人民元の通貨スワップ協定案で合意したと報道された[220]
    • アルゼンチンの旗 アルゼンチンデフォルト問題に関する🇺🇸アメリカの裁判所の判決に不服なため、アメリカを相手取って国際司法裁判所に提訴した[221]
  • 13日 - 🇯🇵日本の4-6月期のGDPは前期比マイナス1.7%、年率換算マイナス6.8%となり、東日本大震災があった2011年1-3月期(前期比マイナス1.8%、年率換算マイナス6.9%)以来の大幅な落ち込みとなった[222]。前回の消費増税時の1997年4-6月期(前期比マイナス0.9%、年率換算マイナス3.5%)と比べ落ち込みは大きく、1-3月の年率6.1%から6.8%のマイナスに転じ、大きな反動減となった[222]
  • 14日 - 🇰🇷韓国の中央銀行は政策金利を0.25%引き下げ2.25%とした[223]
  • 15日
    • 🇯🇵日本の長期金利が1年4ヶ月ぶりの低金利、0.495%となった[224]
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が1989年以来の低金利、0.95%となった[225]
    • 🇺🇸アメリカの長期金利が2013年6月以来の低金利、2.30%となった[225]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、2.383%となった[226]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が1993年以来の低金利、2.577%となった[226]
    • フィッチアイルランドの旗 アイルランドの格付けを「BBB+」から「A-」に引上げた。見通しは「安定的」[227]
  • 18日 - アイルランドの旗 アイルランドの長期金利が過去最低の低金利、1.96%となった[228]
  • 19日
  • 20日
    • 🇨🇳中国の国家発展改革委員会は🇯🇵日本の自動車部品メーカー12社の価格カルテルを結んで不当に価格をつり上げ独占禁止法違反で、約200億円の罰金[231]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が過去最低の低金利、2.561%となった[232]
  • 21日
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、2.371%となった[232]
    • 🇺🇸アメリカ連邦地裁判事はアルゼンチンのデフォルト債と国内法準拠債との交換を違法との判断を示した[233]
    • 🇨🇳中国とモンゴルの旗 モンゴルは通貨スワップ協定の枠を150億元に拡大すると発表した[234]
  • 23日 - フィッチ ウクライナの格付けを「B-」から「CCC」に引下げた[235]
  • 25日 - イスラエルの旗 イスラエル中央銀行は政策金利を0.25%引き下げ過去最低の0.25%とした[236]
  • 26日 - 日本電機工業会(JEMA)が発表した7月の白物家電の日本国内出荷額は前年同月比15.9%減の2261億円となり、落ち込み幅が15%を超えるのは2011年11月以来、2年8カ月ぶりとなった[237]
  • 27日
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、2.087%となった[238]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が過去最低の低金利、2.346%となった[238]
  • 28日
    • 🇯🇵日本の長期金利が1年4ヶ月ぶりの低金利、0.485%となった[239]
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が過去最低の低金利、0.867%となった[240]
    • ユーロ/スイスフランが21ヶ月ぶりのユーロ安、1.2052スイスフランになった[241]
  • 29日 - 🇯🇵日本の総務省は7月の国内実質消費支出が前年同月比5.9%減少したと発表した[242]

9月[編集]

  • 1日 - 🇯🇵日本国内の8月の新車販売(登録車と軽自動車の合計)は前年同月比9.0%減の33万3471台となり、8月の新車販売台数は単月として2011年8月(32万9842台)以来の低い水準となった[243]
  • 2日 - 🇯🇵日銀は8月末の資金供給量が過去最高の243.5兆円となったと発表した[244]
  • 3日 - 🇺🇸アメリカのオートデータがまとめた8月の米自動車販売台数は、前年同月比5.5%増の158万6015台となり、8月としては2003年8月以来11年ぶりの高水準となった[245]。また、季節調整済みの年率換算では1753万台となり、2006年1月以来の高水準となった[245]
  • 4日
    • ユーロ/スイスフランが2011年11月以来のユーロ安、1.20450スイスフランになった[246]
    • 欧州連合の旗欧州中央銀行は政策金利を0.1%引き下げ過去最低の0.05%とした[247]
  • 5日
    • アイルランドの旗 アイルランドの長期金利が過去最低の低金利、1.643%となった[248]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、2.05%となった[248]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が過去最低の低金利、2.26%となった[248]
    • ドル/円が6年ぶりのドル高、105円71銭になった[249]
  • 8日
    • 🇯🇵内閣府が発表した日本の4-6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比1.8%減、年率換算で7.1%減となり、8月13日公表の速報値から下方修正した[250]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、2.039%となった[251]
  • 11日
  • 12日
    • 🇯🇵日本の厚生労働省は、2015年3月卒業予定の高校生の求人・求職状況(7月末時点)を発表、求人倍率は、全国平均で前年同期を0.35ポイント上回り1.28倍となり、2009年3月卒以来6年ぶりに1倍を超えた[254]
    • ドル/円が2008年9月以来のドル高、107円39銭になった[255]
    • S&Pギリシャの旗 ギリシャの長期信用格付けを「B-」から「B」に格上げした[256]
  • 16日 - 🇯🇵不動産経済研究所が発表した日本のマンション市場動向調査によると、8月の首都圏の新規発売戸数は前年同月比49.1%減の2110戸と、2008年9月(53.3%減)以来、5年11カ月ぶりのマイナス幅となり、8月としては1974年(50.1%減)以来40年ぶりのマイナス幅となった[257]
  • 17日 - 🇨🇳中国の中央銀行とスリランカの旗 スリランカの中央銀行は2250億ルピー/100億元規模で3年間の二国間通貨スワップ協定を締結したと発表した[258]
  • 19日
    • 🇯🇵東京株式市場は、日経平均株価が1万6321円17銭と、リーマン・ショック前の2007年11月2日以来の水準となった[259]
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万7279.74ドルとなった[260]
    • ドル/円が6年ぶりのドル高、109円46銭になった[261]
  • 25日 - 🇯🇵東京株式市場は、日経平均株価の終値で1万6374円14銭と、2007年11月2日(1万6517円48銭)以来、約6年10カ月ぶりの高値となった[262]
  • 26日
    • ドル/円が6年ぶりのドル高、109円52銭になった[263]
    • ユーロ/ドルが1年10ヶ月ぶりのユーロ安、1.2677ドルになった[264]
  • 29日
    • 🇨🇳上海総合指数が1年半ぶりの高値、終値2357.71になった[265]
    • 🇯🇵日本の自動車大手8社は8月の国内販売が前年比10.0%減少したと発表した[266]
  • 30日 - 🇯🇵日本の総務省は8月の実質消費支出は前年比4.7%減と発表した[267]

10月[編集]

  • 1日 - ドル/円が2008年8月以来のドル高、110円09銭になった[268]
  • 2日 - 🇯🇵日銀は9月末の資金供給量が過去最高の252兆円となったと発表した[269]
  • 3日 - ユーロ/ドルが2012年8月以来のユーロ安、1.2501ドルになった[270]
  • 6日 - 🇯🇵日銀はフィリピンの旗 フィリピンの中央銀行と通貨スワップ取極を締結し、フィリピンがフィリピン・ペソをドルに交換する場合、上限額が従前の60億ドルから120億ドルになると発表した[271][272]
  • 7日 - 🇩🇪ドイツの鉱工業生産が前月比で4%減と発表された[273]
  • 8日
  • 9日
    • ユーロ圏の以下の国の長期金利が過去最低となった[276]
      • 🇩🇪ドイツは0.858%となった。
      •  オーストリアは1.062%となった。
      • ベルギーの旗 ベルギーは1.114%となった。
      • 🇪🇸スペインは2.03%となった。
    • 🇺🇸アメリカの長期金利が1年3ヶ月ぶりの低水準、2.28%となった[277]
    • ブレント原油先物が2010年12月以来の安値、88.11ドルになった[278]
    • S&P フィンランドの格付けを「AAA」から「AA+」に格下げした[279]
  • 13日 - 🇨🇳中国人民銀行と🇷🇺ロシア連邦中央銀行は期限3年で人民幣1500億元、8150億ルーブル(約240億米ドル)規模の通貨スワップ協定を締結した[280]
  • 14日 - アイルランドの旗 アイルランド政府は租税回避策「ダブルアイリッシュ」を終わらせる[281]
  • 15日
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が過去最低の低金利、0.719%となった[282]
    • 🇫🇷フランスの長期金利が過去最低の低金利、1.10%となった[283]
    • 🇺🇸アメリカの長期金利が1年4ヶ月ぶりの低金利、1.87%となった[284]
    • ブレント原油先物が2010年11月以来の安値、83.78ドルになった[285]
    • 大韓民国の旗 韓国中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ2%とした[286]
  • 10月16日 - 🇯🇵株式会社リクルートホールディングスが東京証券取引所市場第一部に上場[287]
  • 17日
    • 🇯🇵日本の長期金利が2013年4月以来の低金利、0.465%となった[288]
    • ムーディーズは🇷🇺ロシアの信用格付けを「Baa1」から「Baa2」に格下げした。見通しは「弱含み」[289]
  • 24日 - 🇯🇵日本の長期金利が2013年4月以来の低金利、0.46%となった[290]
  • 26日 - 欧州連合の旗欧州銀行監督機構は資産査定と健全性審査(ストレステスト)の結果24の銀行が不合格と発表した[291]
  • 28日 -  スウェーデン中央銀行は政策金利を0.25%引き下げ過去最低の0%とした[292]
  • 29日 - ブラジルの旗 ブラジル中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ11.25%とした[293]
  • 30日 - 🇨🇳上海総合指数が1年8ヶ月ぶりの高値、2391.9になった[294]
  • 31日
    • 🇯🇵日銀は追加緩和(マネタリーベース目標を従来の年60兆~70兆円から80兆円に、国債買い入れを年50兆円から80兆円に)を決定した[295]
    • 🇯🇵日経平均株価が7年ぶりの高値、終値1万6413円76銭になった[296]
    • ドル/円が7年ぶりのドル高、112円47銭になった[297]
    • 🇯🇵日本の総務省は9月の全世帯消費支出が前年比で実質5.6%減と発表した。勤労世帯の実収入も前年比で実質6%減となった[298]
    • 🇯🇵日本の長期金利が1年7ヶ月ぶりの低金利、0.435%となった[299]
    • 🇷🇺ロシアの中央銀行は政策金利を1.5%引き上げ9.5%とした[300]

11月[編集]

  • 3日
  • 4日- ブレント原油先物が4年ぶりの安値、82.08ドルになった[303]
  • 5日
    • 🇯🇵厚生労働省が発表した9月の毎月勤労統計調査(速報)によると、2014年夏の1人当たりの賞与は前年比3.1%増の37万550円となり、1991年(6.3%)以来の伸び率となった[304]
    • 🇯🇵日経平均株価が7年ぶりの高値、終値1万6937円32銭になった[305]
    • 🇯🇵日銀は10月末の資金供給量が過去最高の259兆円となったと発表した[306]
    •  ウクライナの首相は親ロシア派が掌握している地域にはあらゆる支払いを停止すると発表した[307]
  • 6日
  • 8日 - 🇨🇳中国の中央銀行とカナダの旗 カナダは期限3年で2000億元規模の通貨スワップ協定を締結した[311]
  • 10日 - 🇨🇳中国と🇰🇷韓国は自由貿易協定で実質的に合意した。批准はされていない[312]
  • 12日
  • 13日 - 経団連が発表した日本の大手企業の冬のボーナス(賞与・一時金)の妥結状況(第1回集計)は、76社の組合員平均で前年比5.78%増の89万3538円となり、バブル期の1989、1990年以来、2年連続で5%超の伸びを示した[318]
  • 14日
  • 17日 - 🇯🇵日本の内閣府は7-9月期の実質国内総生産速報値が前期比年率で1.6%減と発表した[321]
  • 18日
    • 🇯🇵公正取引委員会は消防無線のデジタル化の談合を繰り返したとして、NECなど東証1部上場のメーカーに独占禁止法による立ち入り検査を実施[322]
    • 🇯🇵日本の安倍晋三首相は2015年10月に予定されていた10%への消費税引上げを2017年4月に延期すると発表した[323]
    •  インドネシア中央銀行は政策金利(BIレート)を0.25%引き上げ7.75%とした[324]
    • ドル/円が7年ぶりのドル高、118円71銭になった[325]
    • ユーロ/円が6年ぶりのユーロ高、149円14銭になった[326]
  • 21日
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の終値1万7810.06ドルとなった[327]
    • 🇨🇳中国の中央銀行は1年物貸出金利を0.4%引き下げ5.6%、1年物預金金利は0.25%引き下げ、2.75%とした。実施は22日[328]
  • 26日
    • 🇯🇵リクルートジョブズによると、日本の三大都市圏で10月に募集があったアルバイト・パートの平均時給が、2006年以降で最も高くなり961円となった[329]
    • 豪ドル/米ドルが4年4ヶ月ぶりの豪ドル安、0.8514米ドルになった[330]
    • 🇯🇵日本の長期金利が1年8ヶ月ぶりの低金利、0.43%となった[331]
  • 28日
    • ユーロ圏の長期金利が以下の国で過去最低となった[332][333]
      • 🇩🇪ドイツは0.694%となった。
      • 🇫🇷フランスは0.98%となった。
      • 🇮🇹イタリアは2.024%となった。
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の1万7828.24ドルとなった[334]
    • ブレント原油先物が4年ぶりの安値、71.12ドルになった[335]
    • 🇯🇵日本の総務省は10月の全世帯消費支出が前年比で実質4.0%減と発表した。勤労世帯の実収入も前年比で実質2.1%減となった[336]

12月[編集]

  • 1日
    • ユーロ圏の長期金利が以下の国で過去最低となった[337][338]
      • 🇩🇪ドイツは0.69%となった。
      •  オーストリアは0.826%となった。
      • 🇫🇷フランスは0.955%となった。
  • 2日 - 🇯🇵日銀は11月末の資金供給量が過去最高の262兆円となったと発表した[339]
  • 4日 - ブレント原油先物が4年ぶりの安値、終値69.64ドルになった[340]
  • 5日
    • 🇯🇵日本の長期金利が0.420%となった[341]
    • ユーロ圏の長期金利が以下の国で過去最低となった[342]
      • 🇪🇸スペインは1.803%となった。
      • 🇮🇹イタリアは1.944%となった。
      • ポルトガルの旗 ポルトガルは2.725%となった。
    • ドル/円が7年ぶりのドル高、121円68銭になった[343]
    • ユーロ/ドルが2年4ヶ月ぶりのユーロ安、1.2271ドルになった[344]
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の1万7947.56ドルとなった[345]
    • 🇯🇵日経平均株価が7年4ヶ月ぶりの高値、終値1万7920円45銭になった[346]
  • 8日
    • 🇯🇵日本銀行が発表した11月の貸出・預金動向(速報)によると、全国の銀行の貸出平均残高は2013年同月比2.8%増の418兆6502億円となり、2009年5月(3.3%)以来5年半ぶりの高水準となった[347]
    • ドル/円が7年ぶりのドル高、121円85銭になった[348]
    • ユーロ/ドルが2年4ヶ月ぶりのユーロ安、1.2247ドルになった[349]
    • 🇯🇵日本の内閣府は7-9月期の実質国内総生産が前年比で1.9%減と発表した[350]
  • 9日 - 🇯🇵東京商品取引所で原油先物が2年4ヶ月ぶりに5万円を割り、サーキットブレーカーが発動された[351]
  • 10日 - ブレント原油先物が5年ぶりの安値、終値64.24ドルになった[352]
  • 11日
    • 🇷🇺ロシアの中央銀行は政策金利(1週間物入札レポ金利)を1%引き上げ10.5%とした[353]
    •  ノルウェー中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ1.25%とした[354]
    • 🇯🇵日本の長期金利が1年8ヶ月ぶりの低金利、0.390%となった[355]
  • 12日
    • ギリシャの旗 ギリシャの長期金利が1年3ヶ月ぶりの高金利、9.43%となった[356]
    • ユーロ/スイスフランが2年3ヶ月ぶりのユーロ安、1.20085フランになった[357]
    • 🇯🇵文部科学省によると、2015年3月卒業予定の高校生の就職内定率は10月末時点で、71.1%となっており、同時期の内定率が70%を超えるのは1994年以来となった[358]
  • 16日
  • 17日
    • 🇯🇵日本の長期金利が2013年4月以来の低金利、0.345%となった[361]
    • 🇩🇪ドイツの長期金利が過去最低の低金利、0.565%となった[362]
  • 18日 - 豪ドル/米ドルが4年半ぶりの豪ドル安、0.8107米ドルになった[363]
  • 19日
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、1.694%となった[364]
    • ブレント原油先物が5年半ぶりの安値、終値59.27ドルになった[365]
    • ユーロ/ドルが2年4ヶ月ぶりのユーロ安、1.2221ドルになった[366]
  • 23日
    • ユーロ/ドルが2年半ぶりのユーロ安、1.2165ドルになった[367]
    • 🇺🇸アメリカ商務省は第3四半期国内総生産(確報値)が前年比5.0%増と発表した[368]
    • 🇪🇸スペインの長期金利が過去最低の低金利、1.644%となった[369]
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が過去最低の低金利、1.911%となった[369]
  • 24日 - 🇷🇺ロシアの中央銀行は国内大手企業に対し外貨建て融資の借り換えを支援すると発表した[370]
  • 25日 - 🇯🇵日本の資源エネルギー庁は2014年度にメタンハイドレートが746箇所見つかったと発表した[371]
  • 26日
    • 🇯🇵日本の長期金利が2013年4月の過去最低を更新した25日の記録(0.31%)を更新して、0.300%となった[372][373]
    • 🇺🇸ダウ工業株30種平均が過去最高の1万8053.71ドルとなった[374]
    • 🇯🇵日本の総務省は11月の全世帯消費支出が前年比で実質2.5%減と発表した。勤労世帯の実収入も前年比で実質3.9%減となった[375]
  • 29日 - ギリシャの旗 ギリシャの長期金利が2013年9月以来の高金利9.85%となった[376]
  • 30日
    • 🇮🇹イタリアの長期金利が過去最低の低金利1.879%となった[376]
    • 🇯🇵日銀は12月30日(年内最終営業日)の資金供給量が過去最高の276兆円となったと発表した[377]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “米国債(2日):10年債利回り、約2年ぶり高水準から低下”. ブルームバーグ. (2014年1月3日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MYSIZO6VDKHT01.html 
  2. ^ “欧州マーケットサマリー:スペイン2年債利回りが過去最低”. ブルームバーグ. (2014年1月3日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MYSCWC0J1HF901.html 
  3. ^ 大発会、6年ぶりマイナス=東京株、382円安WSJ.com 時事通信 2014年1月6日
  4. ^ 大発会、6年ぶりの下落 年末の急騰に警戒感47NEWS(よんななニュース) 2014年1月6日
  5. ^ “灯油5週連続で上昇 店頭価格1877円、原油高・円安受け”. 日本経済新聞. (2014年1月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO65056670Y4A100C1QM8000/ 
  6. ^ “NY外為:ユーロが1カ月ぶり安値から上昇”. ブルームバーグ. (2014年1月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZ4KRA6K50YE01.html 
  7. ^ 景気指数、2カ月連続で過去最高を更新 帝国データ調べ住宅新報社ニュース 2014年1月9日
  8. ^ “ブラジル中銀:政策金利を10.5%に引き上げ-インフレに対応”. ブルームバーグ. (2014年1月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZGR506TTDTP01.html 
  9. ^ “またも値上がり--ガソリン・ハイオク・軽油が6週連続上昇、灯油も高値更新”. マイナビニュース. (2014年1月16日). http://news.mynavi.jp/news/2014/01/16/303/ 
  10. ^ “シドニー外為・債券市場=豪ドル急落、雇用統計の不調で”. ロイター. (2014年1月16日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0KQ1EM20140116 
  11. ^ a b 景気判断を5地域が上方修正、全9地域で「回復」=日銀経済報告Reuters 2014年1月16日
  12. ^ 業務改善計画の提出についてみずほ銀行 2014年1月17日(PDF)
  13. ^ “アイルランド格付けを投資適格級「Baa3」に引き上げ=ムーディーズ”. ロイター. (2014年1月18日). http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPL3N0KR4W820140118 
  14. ^ “ハンガリー中銀、政策金利を0.15%引き下げ―緩和ペース鈍化”. WSJ.com. (2014年1月22日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303572904579335131669589924.html?dsk=y 
  15. ^ 5百貨店、偽ブランド品を販売か…全品回収へYOMIURI ONLINE 2014年1月22日閲覧。
  16. ^ “灯油の店頭価格、7週連続で上昇”. 日本経済新聞. (2014年1月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO65719070S4A120C1QM8000/ 
  17. ^ a b “UPDATE 1-新興国通貨が軒並み下落、インドなど一部中銀は介入実施のもよう”. ロイター. (2014年1月25日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0KY4TN20140124 
  18. ^ “ロシアルーブル、ユーロに対し最安値つける”. WSJ.com. (2014年1月24日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304402204579340380835390044.html?dsk=y 
  19. ^ “NY外為:円とフランが上昇-新興市場通貨安で逃避需要”. ブルームバーグ. (2014年1月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZWG606JTSEZ01.html 
  20. ^ “米国株(24日):6月以来の大幅安-新興市場不安で”. ブルームバーグ. (2014年1月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZXCEQ6K50XS01.html 
  21. ^ “豪ドルが下落、2010年以来の0.87米ドル割れ-中国懸念で”. ブルームバーグ. (2014年1月24日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MZW77Q6JTSER01.html 
  22. ^ “トルコリラが最安値更新、対ドルで2.38リラに下落”. ロイター. (2014年1月27日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYEA0Q06K20140127 
  23. ^ “トルコ中銀が大幅利上げ、主要政策金利をすべて引き上げ”. ロイター. (2014年1月29日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPT9N0KQ03J20140128 
  24. ^ “インド中銀、予想外の利上げ-インフレとルピー安阻止を図る”. ブルームバーグ. (2014年1月28日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N03JPD6JIJVD01.html 
  25. ^ “南アが0・5%利上げ 新興国が通貨防衛”. 47NEWS、共同通信. (2014年1月30日). http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012901002299.html 
  26. ^ “ロシア・ルーブルが過去最安値-トルコなどの利上げ効果薄れる”. ブルームバーグ. (2014年1月30日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N065N66JIJVU01.html 
  27. ^ “ウクライナ国債格下げ=米ムーディーズ”. 時事ドットコム. (2014年2月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014020100151 
  28. ^ 12月の完全失業率は6年ぶり3.7% 有効求人倍率も上昇、雇用情勢の改善示すMSN産経ニュース 2014年1月31日
  29. ^ 13年消費者物価、5年ぶりプラス 前年比0.4%上昇日本経済新聞 2014年1月31日
  30. ^ 日経平均は続落、根強い新興国不安で下げ幅300円に迫る”. ロイター通信社 (2013年2月3日). 2014年2月3日閲覧。
  31. ^ ニュース マネー・経済 3メガバンク大幅増益、リーマン後で最高YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年2月3日
  32. ^ “S&P:プエルトリコの信用格付けをジャンク級に引き下げ”. ブルームバーグ. (2014年2月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0HVBK6JTSF301.html 
  33. ^ 日経平均終値、610円安…3か月ぶり安値”. 読売新聞 (2014年2月4日). 2014年2月4日閲覧。
  34. ^ “メキシコを「A3」に格上げ、経済改革が成長見通しを強化=ムーディーズ”. ロイター. (2014年2月6日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0LA47V20140205 
  35. ^ “プエルトリコを「投機的」に格下げ、ムーディーズも”. MSN産経ニュース. (2014年2月8日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140208/amr14020808410001-n1.htm 
  36. ^ 消費者態度指数、1年1カ月ぶり低水準 1月40.5日本経済新聞 2014年2月10日
  37. ^ “欧州債:ギリシャ10年債が続伸、利回り一時3年半ぶり低水準”. ブルームバーグ. (2014年2月12日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0UFPQ6K50Y701.html 
  38. ^ “イタリア債利回り、8年ぶり低水準に接近-レッタ首相が辞任”. ブルームバーグ. (2014年2月15日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N0ZV0X6K50YH01.html 
  39. ^ a b GDP実質1.0%増 10〜12月年率、市場予想下回る 4四半期連続プラス日本経済新聞 2014年2月17日
  40. ^ “ハンガリー中銀が15bp利下げ、政策金利は過去最低の2.7%”. ロイター. (2014年2月18日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTJEA1H00K20140218 
  41. ^ “中国の米国債保有残高、昨年は5年ぶりの大幅増”. WSJ.com. (2014年2月19日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304445404579392091989767188.html 
  42. ^ “欧州マーケットサマリー:株が6年ぶり高値、伊国債も上昇”. ブルームバーグ. (2014年2月21日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N1CY8C0J1HBB01.html 
  43. ^ “ウクライナはデフォルトの公算大、「CCC」に格下げ-S&P”. ブルームバーグ. (2014年2月21日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N1C1806S972E01.html 
  44. ^ “スペイン「Baa2」に格上げ、見通し「ポジティブ」=ムーディーズ”. ロイター. (2014年2月22日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPTYEA1L00920140222 
  45. ^ “イスラエル中銀:政策金利0.25ポイント引き下げて0.75%に”. ブルームバーグ. (2014年2月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N1ICXW6K50YG01.html 
  46. ^ “訂正-ブラジル中銀の声明”. ロイター. (2014年2月27日). http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPL3N0LW01A20140227 
  47. ^ “UPDATE 1-ビットコインのマウント・ゴックス破たん、民事再生法申請”. ロイター. (2014年2月28日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0LX3HP20140228 
  48. ^ イトーヨーカ堂:所得隠し3年間で1億1000万円毎日新聞 2014年3月1日。
  49. ^ a b c “伊・スペイン5年債利回りが歴史的低水準、PMI改善を好感”. ロイター. (2014年3月6日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJEA2402J20140305?sp=true 
  50. ^ “ポルトガル10年債利回り、2010年5月以来の低水準”. ロイター. (2014年3月8日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPTJEA2602A20140307 
  51. ^ “ユーロが対ドルで2011年10月以来の高値、予想上回るLTRO早期返済で”. ロイター. (2014年3月7日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0M43GM20140307 
  52. ^ “UPDATE 1-中国の超日太陽が債務不履行、国内債券市場で初”. ロイター. (2014年3月7日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0M42JD20140307 
  53. ^ “欧州債:ドイツ債と米国債の利回り格差拡大-スペイン債上昇”. ブルームバーグ. (2014年3月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N28CT76S972B01.html 
  54. ^ 実質GDP下方修正、年率0.7%増 10〜12月”. 日本経済新聞 (2014年3月10日). 2014年3月12日閲覧。
  55. ^ “欧州債:ポルトガルなど周辺国債が上昇-クリミアめぐる見方で”. ブルームバーグ. (2014年3月17日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2L8Q16TTDSR01.html 
  56. ^ “タイ中銀、政策金利を2.25%から2.00%に引き下げ 4対3で決定”. ロイター. (2014年3月12日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPZUNQ64F0020140312 
  57. ^ “プーチン大統領、米国債を大量売却か オバマ政権を“恫喝”との見方も”. ZAKZAK. (2014年3月18日). http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140318/frn1403181536003-n1.htm 
  58. ^ 【クレジット市場】悲惨指数、アベノミクスで33年ぶり水準に悪化へ”. ブルームバーグ (2014年3月12日). 2014年3月12日閲覧。
  59. ^ 1〜3月大企業の景況感が最高 中小もプラス、幅広く改善47NEWS(よんななニュース) 共同通信 2014年3月12日
  60. ^ 日経平均が大幅反落、先物主導で300円超す下げ”. ロイター通信社 (2014年3月12日). 2014年3月12日閲覧。
  61. ^ “欧州債:アイルランド債上昇、利回り過去最低に-市場復帰で”. ブルームバーグ. (2014年3月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2DUCS6S973E01.html 
  62. ^ “NZ中銀:政策金利を2.75%に引き上げ-インフレ抑制で”. ブルームバーグ. (2014年3月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2CBBF6TTDSE01.html 
  63. ^ “外為12時 円続伸、102円台後半 NZドルは対円で6年ぶり高値”. 日経QUICKニュース. (2014年3月13日). http://money.fanet.biz/news_detail.html?news_id=HET9955&param_date=33764423 
  64. ^ “ユーロが対ドルで11年10月来高値、中国減速懸念で円はじり高”. ブルームバーグ. (2014年3月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2CIBW6JTSFY01.html 
  65. ^ “内閣支持48%に低下=景気回復、7割実感なし-時事世論調査”. 時事通信. (2014年3月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201403/2014031400586 2014年4月4日閲覧。 
  66. ^ “中国が人民元変動幅を2%に拡大、市場原理の導入進める”. ロイター. (2014年3月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2E01520140315 
  67. ^ “アルゼンチン国債格下げ、外貨準備「急降下に近い」=ムーディーズ”. ロイター. (2014年1月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2G09020140317 
  68. ^ “タイ中銀、政策金利を2.25%から2.00%に引き下げ 4対3で決定”. ロイター. (2014年3月12日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPZUNQ64F0020140312 
  69. ^ 大学生の内定率82.9% 高校生90.7%は20年ぶり高水準MSN産経ニュース 2014年3月19日
  70. ^ 高校生の内定率、20年ぶり9割超 大学生も昨年上回る朝日新聞デジタル 2014年3月18日
  71. ^ 公示地価、3大都市圏で6年ぶり値上がりYOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年3月19日
  72. ^ “保定天威保変社債、取引停止へ-中国でデフォルトリスク高まる”. ブルームバーグ. (2014年3月20日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2Q3DB6TTDTK01.html 
  73. ^ 景気「良い方向」倍増=外交への懸念強まる-内閣府調査時事ドットコム 2014年3月22日
  74. ^ “S&P:ブラジルを「BBB-」に格下げ-経済成長低迷で”. ブルームバーグ. (2014年3月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2YMYY6KLVR501.html 
  75. ^ “ハンガリー中銀:政策金利引き下げ、過去最低の2.6%に”. ブルームバーグ. (2014年3月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2ZU1Q6S973001.html 
  76. ^ a b c “ユーロ圏債券利回りが総じて低下、ECB追加緩和観測で”. ロイター. (2014年3月29日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJEA2R01T20140328 
  77. ^ a b 有効求人倍率6年半ぶり高水準 2月、1.05倍日本経済新聞 2014年3月28日
  78. ^ a b 失業率3.6%に改善 2月、女性中心に雇用けん引日本経済新聞 2014年3月28日
  79. ^ 3月日銀短観、景況感5期連続改善 大企業製造業日本経済新聞 2014年4月1日
  80. ^ “ブラジル中銀、政策金利を11%に引き上げ-物価見通し悪化”. ブルームバーグ. (2014年4月3日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3FEIR6JTSEJ01.html 
  81. ^ “ギリシャ30年物国債利回りが6%割り込む 4年ぶり”. ロイター. (2014年4月3日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0MV2SJ20140403 
  82. ^ “欧州債:イタリア債利回り8年ぶり低水準-ECB総裁発言で”. ブルームバーグ. (2014年4月4日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3GNPJ6K50XY01.html 
  83. ^ “欧州マーケットサマリー:株が6年ぶり高値、債券も軒並み上昇”. ブルームバーグ. (2014年4月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3INGC0J1HGD01.html 
  84. ^ “欧州債(4日):軒並み上昇-スペイン5年債利回りが過去最低”. ブルームバーグ. (2014年4月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3IMWL6VDKHS01.html 
  85. ^ “ウクライナを「Caa3」に格下げ-ムーディーズ”. ブルームバーグ. (2014年4月4日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N3J06L6VDKI101.html 
  86. ^ a b 経済 1〜3月期、需要不足ほぼ解消 日銀が推計北海道新聞 2014年4月9日
  87. ^ トヨタ、世界で639万台リコール日本経済新聞 2014年4月9日閲覧。
  88. ^ 3月の企業物価 1.7%上昇NHKニュース 2014年4月11日
  89. ^ “ウクライナ中銀:公定歩合を引き上げ-フリブナの下落阻止で”. ブルームバーグ. (2014年4月15日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N419T46VDKI201.html 
  90. ^ “ロシアの米国債保有、11年来の最低-米対決に備え資金移動か”. ブルームバーグ. (2014年4月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N42TPX6JIJUZ01.html 
  91. ^ “イタリア国債が上昇、インフレ債発行控え-ドイツ債も上げる”. ブルームバーグ. (2014年4月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N42WZH6TTDSB01.html 
  92. ^ 3月中国マネーサプライM2伸び率は12.1%、01年以来の低水準Reuters 2014年4月15日
  93. ^ “欧州債:ポルトガル10年債利回りが8年ぶり低水準-入札実施で”. ブルームバーグ. (2014年4月24日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N4HF9W6S972O01.html 
  94. ^ “ニュージーランド中銀、政策金利を2.75%から3%に引き上げ”. ロイター. (2014年4月24日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPZUNMI5L0020140423 
  95. ^ 来年の大卒求人25%増 6年ぶり、中小がけん引47NEWS(よんななニュース) 共同通信 2014年4月24日
  96. ^ “UPDATE 1-S&Pがキプロスを格上げ、フィッチは見通しを「安定的」に変更”. ロイター. (2014年4月25日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0NH3FW20140425 
  97. ^ “UPDATE 1-ロシア中銀、予想外の利上げで政策金利を7.5%に インフレリスクに対応”. ロイター. (2014年4月25日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0NH48C20140425 
  98. ^ ウクライナにおける民主化支援のための緊急無償資金協力 外務省
  99. ^ “UPDATE 2-S&Pがロシアを「BBB─」に格下げ、ジャンク級の一歩手前”. ロイター. (2014年4月25日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0NH29720140425 
  100. ^ “スペイン格付けを「BBBプラス」に引き上げ=フィッチ”. ロイター. (2014年4月26日). http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPL3N0NH5GF20140425 
  101. ^ “ハンガリー中銀、政策金利を過去最低の2.5%に10bp引き下げ”. ロイター. (2014年4月30日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTJEA1H00K20140218 
  102. ^ “IMF理事会、ウクライナ向け融資承認 総額170億ドル”. ロイター. (2014年5月1日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0NM7GY20140430 
  103. ^ 電気料金値上げの認可について中部電力
  104. ^ “スペイン10年債利回り、9年ぶりの3%割れ”. ロイター. (2014年5月3日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0DI19920140502 
  105. ^ “ユーロが対ドルで5日ぶり安値、ECB追加緩和観測が重し”. ブルームバーグ. (2014年5月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N5A38N6JTSEU01.html 
  106. ^ “【社説】サムスンも耐えられない急激なウォン高”. 朝鮮日報. (2014年5月8日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/08/2014050800625.html 
  107. ^ “シドニー外為・債券市場=中銀総裁発言受けNZドル下落、豪ドルは底堅い展開”. ロイター. (2014年5月7日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0NT18L20140507 
  108. ^ 総合 景気動向指数、消費増税で過去最大の落ち込み住宅新報web 2014年5月7日
  109. ^ “NY外為:ユーロが2年半ぶり高値から下落-ECB総裁発言”. ブルームバーグ. (2014年5月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N590J16TTDS101.html 
  110. ^ “フィリピンを格上げ、投資適格級で下から2番目=S&P”. ロイター. (2014年5月9日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0DO0R520140508 
  111. ^ “ポルトガル格付けを引き上げ、一段の格上げも視野=ムーディーズ”. ロイター. (2014年5月10日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPKBN0DP1KZ20140509 
  112. ^ a b “欧州債:スペイン債など下落-上昇基調そろそろ終わりか”. ブルームバーグ. (2014年5月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N5BBHI6TTDS701.html 
  113. ^ “イタリア国債が上昇、インフレ債発行控え-ドイツ債も上げる”. ブルームバーグ. (2014年4月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N42WZH6TTDSB01.html 
  114. ^ “NY株、史上最高値を更新 米経済先行き期待、1週間ぶり”. 47NEWS、共同通信. (2014年5月10日). http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051001000618.html 
  115. ^ 東証26年3月期決算ピーク 最終利益2・1倍 円安株高など追い風 今年度は伸び鈍化へMSN産経ニュース 2014年5月9日
  116. ^ “5月13日の米国マーケットサマリー:S&Pとダウ最高値更新”. ブルームバーグ. (2014年5月14日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N5J3T60J1HEL01.html 
  117. ^ “ウォン一段高、1ドル=1022.10ウォン”. 朝鮮日報. (2014年5月14日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/14/2014051400632.html 
  118. ^ “欧州マーケットサマリー:株が6年ぶり高値、債券総じて上昇”. ブルームバーグ. (2014年5月14日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N5IVGC0J1HA301.html 
  119. ^ a b “欧州債:オーストリアやフランス債が上昇-世界的な国債買いで”. ブルームバーグ. (2014年5月30日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6CF4F6S972801.html 
  120. ^ “アイルランドを「Baa1」に2段階格上げ=ムーディーズ”. ロイター. (2014年5月17日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0O24OL20140516 
  121. ^ a b 大卒就職率94.4%=高卒はバブル期並み水準-景気回復で改善続く時事ドットコム 2014年5月16日
  122. ^ “ロ中 4千億ドルの大型ガス供給契約に調印”. ロシアの声. (2014年5月21日). http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_21/272624598/ 
  123. ^ “大飯原発の運転差し止め命じる 福井地裁が判決”. 福井新聞. (2014年5月21日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/50555.html 
  124. ^ “世銀、ウクライナ支援を決定…約1500億円”. YOMIURI ONLINE. (2014年5月23日). http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140523-OYT1T50049.html 
  125. ^ “トルコ中銀が予想外の利下げ、主要政策金利9.5%に”. ロイター. (2014年5月22日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E21BI20140522 
  126. ^ “S&P:スペインを「BBB」に格上げ-見通し安定的”. ブルームバーグ. (2014年5月23日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N60ILA6JIJV901.html 
  127. ^ “ギリシャの格付けをBに引き上げ、見通しは安定的=フィッチ”. ロイター. (2014年5月23日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0E308520140523 
  128. ^ “中国の対米自動車関税、WTO違反認定 USTR「重大な勝利」”. ロイター. (2014年5月24日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0E31NU20140523 
  129. ^ “13年末の対外純資産は325兆円、2年連続で過去最高更新”. ロイター. (2014年5月27日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E700B20140527 
  130. ^ “ハンガリー中銀、政策金利を2.4%に引き下げ”. ロイター. (2014年5月28日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPKBN0E72M420140527 
  131. ^ “欧州債:総じて上昇、スペイン債利回り過去最低-追加緩和期待”. ブルームバーグ. (2014年5月29日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6AIGP6KLVRZ01.html 
  132. ^ “米国株式市場=ダウとS&Pが終値で最高値更新、月間では4カ月連続の上昇”. ロイター. (2014年5月31日). http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0OG4LO20140530 
  133. ^ “アジア通貨動向(30日)=ウォンが6年ぶり高値、台湾ドルも高い”. ロイター. (2014年5月30日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0OG1K220140530 
  134. ^ “ラトビアを「A-」に格上げ、経済や財政を評価-S&P”. ブルームバーグ. (2014年5月30日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6DNI66S972L01.html 
  135. ^ 有効求人倍率1・08倍…17か月連続の上昇YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年5月30日
  136. ^ 4月の全国消費者物価指数は3.2%上昇朝日新聞デジタル 2014年5月30日
  137. ^ 4月の「実質賃金」、前年同月比で3.1%減--10カ月連続で低下マイナビニュース 2014年6月3日
  138. ^ “ガソリン6週連続値上がり 166円、5年9カ月ぶり”. 47NEWS、共同通信. (2014年6月4日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060401001568.html 
  139. ^ “100円=995ウォン…5年9カ月ぶりのウォン高水準”. 中央日報. (2014年6月6日). http://japanese.joins.com/article/173/186173.html?servcode=300&sectcode=300 
  140. ^ “ECB、マイナス金利など追加緩和決定 総裁「終わりではない」”. ロイター. (2014年6月6日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EG1ER20140605?sp=true 
  141. ^ “米株はダウ・S&Pが最高値更新、雇用統計受け”. ロイター. (2014年6月7日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EH2GN20140606?sp=true 
  142. ^ “欧州マーケットサマリー:株が6年ぶり高値、債券も上昇”. ブルームバーグ. (2014年6月7日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6RBGC0J1HEW01.html 
  143. ^ “メキシコ中銀:予想外の利下げ、政策金利は過去最低の3%に”. ブルームバーグ. (2014年6月6日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6R4676JTSF001.html 
  144. ^ “欧州マーケットサマリー:株は6年ぶり高値、伊国債が反落”. ブルームバーグ. (2014年6月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6YQ4E0J1H7S01.html 
  145. ^ “ウォン高ドル安、5年10カ月ぶりの最高水準に”. 中央日報. (2014年6月10日). http://japanese.joins.com/article/276/186276.html 
  146. ^ “UPDATE 2-米国株式市場=ほぼ変わらず、ダウ小幅ながら最高値更新”. ロイター. (2014年6月11日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0OR4BE20140610 
  147. ^ “EUのウクライナ支援、6月17日に5億ユーロ融資へ”. WSJ. (2014年6月11日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303861104579616942235694458 
  148. ^ “ガソリン7週連続値上がり 今後は小幅な値動きか”. 47NEWS、共同通信. (2014年6月11日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061101001610.html 
  149. ^ “NZ中銀が予想通り0.25%利上げ、為替・指標次第で追加引き締め”. ロイター. (2014年6月12日). http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPKBN0EM2MZ20140611?sp=true 
  150. ^ “S&P、南アを「BBBマイナス」に格下げ 見通しは安定的”. ロイター. (2014年6月14日). http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPL4N0OU44420140613 
  151. ^ “S&P、アルゼンチンを「CCC-」に格下げ”. WSJ. (2014年6月18日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303838604579630811295164096 
  152. ^ “ガソリン値上がり167円 イラク情勢緊迫で一段高も”. 47NEWS、共同通信. (2014年6月18日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061801001465.html 
  153. ^ “BUZZ-〔外為マーケットアイ〕英ポンド1.70ドル前半、前日一時2008年10月以来の高値”. ロイター. (2014年6月20日). http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPL4N0P04T420140619 
  154. ^ “人民元・英ポンドの直接取引、19日に開始-元利用拡大を推進”. ブルームバーグ. (2014年6月18日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N7CU9J6S972E01.html 
  155. ^ “BUZZ-〔外為マーケットアイ〕英ポンド1.70ドル前半、前日一時2008年10月以来の高値”. ロイター. (2014年6月20日). http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPL4N0P04T420140619 
  156. ^ “ラトビアを「Aマイナス」に格上げ、見通し安定的=フィッチ”. ロイター. (2014年6月20日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0P116I20140620 
  157. ^ “ハンガリー中銀、政策金利を過去最低の2.3%に引き下げ”. ロイター. (2014年6月24日). http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPL4N0P531S20140624 
  158. ^ “ガソリン、9週連続値上がり イラク戦闘で167円超”. 47NEWS、共同通信. (2014年6月25日). http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062501001520.html 
  159. ^ “フィッチ:リトアニアを「A-」に格上げ”. WSJ. (2014年6月28日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304057704579647010570625276 
  160. ^ “1ドル=1013.4ウォン、5年10カ月ぶりウォン高ドル安”. 中央日報. (2014年6月28日). http://japanese.joins.com/article/076/187076.html 
  161. ^ “シドニー外為・債券市場=NZドルが3年ぶり高値、豪ドルも年初来高値圏”. ロイター. (2014年6月27日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0P80ZZ20140627 
  162. ^ “ウクライナなど3か国、EUとの協定に署名-ロシアは報復も”. ブルームバーグ. (2014年6月27日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N7SZ1O6JTSFM01.html 
  163. ^ “5月完全失業率は3.5%に低下、有効求人倍率1.09倍に上昇”. ロイター. (2014年6月27日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0F134920140626 
  164. ^ a b 求人倍率、バブル後最高水準=失業率改善3.5%-5月時事ドットコム 2014年6月27日
  165. ^ 有効求人倍率1・09倍…バブル崩壊以降で最高YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2014年6月27日
  166. ^ “過去33年でワースト2!消費税増税がもたらした急激な消費落ち込みに政府は手を打てるか”. 現代ビジネス、高橋洋一. (2014年6月30日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39708 
  167. ^ 個人消費、反動減続く 家計調査5月8.0%減日本経済新聞 2014年6月27日
  168. ^ 消費者物価5月は3.4%上昇し32年ぶりの伸び、増税除き1.4%上昇Reuters 2014年6月27日
  169. ^ 大手平均月給7000円超増加 16年ぶり日テレNEWS24 2014年6月30日
  170. ^ “中国外貨準備は12月末3.33兆ドル、減少幅が月間・年間とも過去最大”. ロイター. (2016年1月7日). http://jp.reuters.com/article/china-dec-idJPKBN0UL0VO20160107 
  171. ^ “ポンドが約6年ぶり高値1.7136ドルに上昇、英製造業PMI受け”. ロイター. (2014年7月1日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PC2DH20140701 
  172. ^ “プエルトリコ「B2」に格下げ、さらなる下げも-ムーディーズ”. ブルームバーグ. (2014年7月2日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N81WB66S972D01.html 
  173. ^ 景況感、6期ぶり悪化=大企業製造業プラス12-先行きは改善・6月の日銀短観時事ドットコム 2014年7月1日
  174. ^ 短観:景況感1年半ぶり悪化、増税反動で予想超-設備投資堅調Bloomberg 2014年7月1日
  175. ^ “ガソリン10週連続値上がり 168円、イラク情勢緊迫”. 47NEWS、共同通信. (2014年7月2日). http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070201001569.html 
  176. ^ “米国株:ダウ平均が初の1万7000ドル台、雇用が予想より増加”. ブルームバーグ. (2014年7月4日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N85HWZ6VDKHS01.html 
  177. ^ a b “UPDATE 2-スウェーデン中銀、政策金利を50bp引き下げ 総裁は反対票”. ロイター. (2014年7月3日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL4N0PE24520140703 
  178. ^ “ウォン高、7営業日ぶり一服 一時値上がりも1008ウォン台で終了”. SankeiBiz. (2014年7月4日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140704/mcb1407041734020-n1.htm 
  179. ^ 経済 公的年金の黒字、10兆円超…国内外株価が上昇読売新聞(YOMIURI ONLINE)2014年7月4日
  180. ^ “シドニー外為・債券市場=NZドルが3年ぶり高値、豪ドルも上昇”. ロイター. (2014年7月9日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PK11D20140709 
  181. ^ お客様情報の漏えいについてお詫びとご説明株式会社ベネッセホールディングス 2014年7月9日。
  182. ^ 「オーディオ御三家」山水電気が破産 負債3.5億円朝日新聞 2014年7月16日。
  183. ^ “短期国債3カ月物が一時初のマイナス金利に 大規模緩和で”. MSN産経ニュース. (2014年7月10日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140710/fnc14071019210017-n1.htm 
  184. ^ “欧州マーケットサマリー:株下げ止まる、ポルトガル債反発”. ブルームバーグ. (2014年7月12日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8K4SC0J1HDC01.html 
  185. ^ “マレーシア中銀、政策金利3.25%に引き上げ-3年ぶり利上げ”. ブルームバーグ. (2014年7月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8HQT66K50ZI01.html 
  186. ^ “5月機械受注は過去最大の減少幅、4─6月GDPは設備投資も減少か”. ロイター. (2014年7月10日). http://jp.reuters.com/article/vcJPboj/idJPKBN0FF02D20140710 
  187. ^ 5月機械受注19.5%減=落ち込み幅最大-内閣府、判断引き下げ時事ドットコム 2014年 7月10日
  188. ^ “債券は上昇、欧州リスクで国内株安-長期金利1年3カ月ぶり低水準”. ブルームバーグ. (2014年7月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8HG586JIJUO01.html 
  189. ^ “S&P:プエルトリコ一般財源債を「BB」に格下げ”. ブルームバーグ. (2014年7月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8KO476K50Y901.html 
  190. ^ “訂正:ポルトガル銀めぐる信用不安で欧米株下落、渦中の銀行は融資額公表”. ロイター. (2014年7月11日). http://jp.reuters.com/article/JPbusinessmarket/idJPKBN0FG02H20140711 
  191. ^ “ドルが総じて上昇、ポンドは早期利上げ観測で堅調”. ロイター. (2014年7月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FK2I220140715?sp=true 
  192. ^ “BRICS、開発銀行を設立へ ロシア・中国が主導、アメリカに対抗”. The Huffington Post. (2014年7月18日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/17/brics_n_5594075.html 
  193. ^ “ガソリン19都府県が170円超 12週連続で上昇”. 47NEWS、共同通信. (2014年7月16日). http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071601001432.html 
  194. ^ “米株上昇しダウ最高値、M&A動向や一部好決算で”. ロイター. (2014年7月17日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FL2OJ20140716 
  195. ^ a b 資金需要の落ち込み最大 4〜6月、増税後に住宅ローン激減日本経済新聞 2014年7月17日
  196. ^ “UPDATE 1--トルコ中銀、3カ月連続の利下げ 主要政策金利8.25%に”. ロイター. (2014年7月18日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PS42920140717 
  197. ^ “南ア中銀、政策金利を5.75%に25bp引き上げ”. ロイター. (2014年7月18日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PS4OF20140717 
  198. ^ a b “欧州マーケットサマリー:株が大幅安、独仏債利回り過去最低”. ブルームバーグ. (2014年7月18日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8V8SC0J1HE601.html 
  199. ^ a b “欧州債:総じて上昇、仏債利回り過去最低-ウクライナ情勢で”. ブルームバーグ. (2014年7月19日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8X45Q6S97S201.html 
  200. ^ “UPDATE 1-中国がスイスと通貨スワップ協定、期間3年・1500億元規模”. ロイター. (2014年7月23日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0PW2J920140721 
  201. ^ “ユーロが下落、対ドルで8カ月ぶり安値・対ポンドで2年弱ぶり安値”. ロイター. (2014年7月23日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0FS0MS20140723 
  202. ^ “ポルトガル格付けを「Ba1」に引き上げ=ムーディーズ”. ロイター. (2014年7月26日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0FV00D20140726 
  203. ^ “ロシア中銀が予想外の利上げ、主要政策金利を0.5%引き上げ8%に”. ロイター. (2014年7月25日). http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPT9N0N60CD20140725 
  204. ^ a b ジョブサーチ 有効求人倍率、19か月連続上昇…1・10倍読売新聞(YOMIURI ONLINE) 2014年7月29日
  205. ^ a b “7月29日の欧州マーケットサマリー:ドイツ債利回りが過去最低”. ブルームバーグ. (2014年7月30日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9HGSC0J1HK701.html 
  206. ^ a b 鉱工業生産、6月3.3%低下 東日本大震災以来の下げ幅日本経済新聞 2014年7月30日
  207. ^ a b “7月29日の欧州マーケットサマリー:ドイツ債利回りが過去最低”. ブルームバーグ. (2014年7月30日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9HGSC0J1HK701.html 
  208. ^ 夏のボーナス、7.19%増=2年連続プラス-経団連時事ドットコム 2014年7月31日
  209. ^ アルゼンチンが債務不履行、約12年ぶり2回目Reuters 2014年7月31日
  210. ^ “UPDATE 1-アルゼンチンを格下げ、デフォルトを反映=フィッチ”. ロイター. (2014年8月1日). http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPL4N0Q688O20140731 
  211. ^ “アルゼンチン債務協議決裂、S&Pは選択的デフォルトに下げ”. ブルームバーグ. (2014年7月31日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9JLH86TTDT001.html 
  212. ^ “UPDATE 1-フィリピン中銀が3年ぶり利上げ、政策金利3.75% インフレ圧力で”. ロイター. (2014年7月31日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL4N0Q64CA20140731 
  213. ^ “UPDATE 2-ISDA、アルゼンチンCDSで信用事由発生と認定”. ロイター. (2014年8月2日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0Q75A320140801 
  214. ^ “ムーディーズ、ギリシャを「Caa1」に格上げ 見通し「安定的」”. ロイター. (2014年8月2日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0Q75W920140801 
  215. ^ “ルーマニア中銀:政策金利を過去最低に引き下げ-物価見通しで”. ブルームバーグ. (2014年8月4日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9S2CR6S972N01.html 
  216. ^ “中国のレアアース輸出規制はWTO違反が確定、日米欧が勝訴”. ロイター. (2014年8月8日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0G802B20140808 
  217. ^ “〔金利マーケットアイ〕国債先物は反発で大引け、長期金利は1年4カ月ぶり0.505%”. ロイター. (2014年8月8日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0QE35920140808 
  218. ^ a b c “欧州債:総じて上昇、利回りは過去最低に-イラク情勢に反応”. ブルームバーグ. (2014年8月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9ZWED6KLVRX01.html 
  219. ^ “米国債(8日):週間ベースで1カ月ぶり大幅高、世界情勢不安”. ブルームバーグ. (2014年8月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9YU2U6TTDSH01.html 
  220. ^ “ロシア中央銀行と中国人民銀行 ルーブルと人民元のスワップ協定案で合意”. ロシアの声. (2014年8月8日). http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_08/275668403/ 
  221. ^ “アルゼンチン、国際司法裁に米国を提訴―デフォルト問題で”. WSJ. (2014年8月8日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303570604580078230998818148 
  222. ^ a b 4─6月GDP年率6.8%の大幅減、景気認識は変わらずReuters 2014年8月13日
  223. ^ “韓国中銀:13年5月以来の利下げ、政策金利2.25%に-成長支援”. ブルームバーグ. (2014年8月14日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NA9W9Z6KLVRT01.html 
  224. ^ “〔金利マーケットアイ〕国債先物は続伸で前引け、長期金利1年4カ月ぶり0.5%割れ”. ロイター. (2014年8月15日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0QL18R20140815 
  225. ^ a b “米国債(15日):上昇、ウクライナ混乱で需要高まる”. ブルームバーグ. (2014年8月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NAD47J6VDKI401.html 
  226. ^ a b “欧州債:高債務国の国債上昇、利回り過去最低-独債も上げる”. ブルームバーグ. (2014年8月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NACW3Z6K50YU01.html 
  227. ^ “アイルランド格付けを「Aマイナス」に引き上げ=フィッチ”. ロイター. (2014年8月16日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0QL4SW20140815 
  228. ^ “アイルランド国債利回り初の2%割れ、格上げ受け=ユーロ圏市場”. ロイター. (2014年8月19日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0GI1QW20140818 
  229. ^ “アルゼンチン、国内法準拠債との交換を提案 デフォルト債利払いで”. ロイター. (2014年8月20日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GK08B20140820 
  230. ^ “ウクライナ中銀:政策金利引き上げ、通貨安に対応”. ブルームバーグ. (2014年8月20日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NAKC9I6VDKHV01.html 
  231. ^ 中国、日本の自動車部品関連12社に罰金200億円 独禁法違反日本経済新聞 2014年8月20日。
  232. ^ a b “欧州債:イタリア債利回り、過去最低に接近-ECB総裁を控え”. ブルームバーグ. (2014年8月23日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NAPTZL6S973J01.html 
  233. ^ “アルゼンチン新国債への切り替えは「違法」と米”. YOMIURI ONLINE. (2014年8月22日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140822-OYT1T50106.html 
  234. ^ “「中国に資源奪われる」…過度な依存に警戒感も”. YOMIURI ONLINE. (2014年8月22日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20140822-OYT1T50101.html 
  235. ^ “ウクライナCCCに格下げ、親ロ派戦闘で見通し悪化-フィッチ”. ブルームバーグ. (2014年8月23日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NAQEJO6JTSE901.html 
  236. ^ “イスラエル中銀が予想外の利下げ、景気支援に向け過去最低の0.25%”. ロイター. (2014年8月26日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GP19420140825 
  237. ^ エアコン、冷蔵庫、洗濯機の販売不振深刻 7月は15.9%減 三菱、日立が新製品発表を前倒しMSN産経ニュース 2014年8月26日
  238. ^ a b “独国債利回り過去最低更新、追加緩和期待=ユーロ圏市場”. ロイター. (2014年8月28日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GR1VT20140827 
  239. ^ “〔金利マーケットアイ〕長期金利は1年4カ月ぶり0.485%、欧米金利低下や株安で”. ロイター. (2014年8月28日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0QY0AS20140828 
  240. ^ “独国債利回り過去最低更新、ウクライナ情勢緊迫で=ユーロ圏市場”. ロイター. (2014年8月29日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPKBN0GS2BN20140828 
  241. ^ “NY外為市場・中盤=ドル上昇、米GDP改定値を好感”. ロイター. (2014年8月29日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0QY4Z520140828 
  242. ^ “アベノミクス効果息切れ、物価上昇頭打ち-消費支出減る”. ブルームバーグ. (2014年8月29日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NB1QYX6TTDS901.html 
  243. ^ UPDATE 1-国内新車販売8月は9%減、増税後最大の落ち込み ボーナス商戦不振Reuters 2014年9月1日
  244. ^ “8月末マネタリーベースは243.5兆円、過去最高を更新”. ロイター. (2014年9月2日). http://jp.reuters.com/article/vcJPboj/idJPKBN0GX01320140902 
  245. ^ a b 8月の米自動車販売は5.5%増、11年ぶり高水準reuters 2014年9月4日
  246. ^ “ユーロ急落、ECBが予想外の追加緩和発表”. ロイター. (2014年9月5日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GZ2OS20140904 
  247. ^ “NY外為市場・中盤=ユーロ急落、ECBが利下げと資産購入を発表”. ロイター. (2014年9月5日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0R54UR20140904 
  248. ^ a b c “ユーロ圏周辺国の国債利回り過去最低、ECB緩和受け”. ロイター. (2014年9月6日). http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPKBN0H01WB20140905 
  249. ^ “ドル・円は105円台前半、一時6年ぶり高値-米雇用統計見極め”. ブルームバーグ. (2014年9月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NBEFM76JIJVZ01.html 
  250. ^ 4〜6月期の実質GDP、年率7.1%減に下方修正日本経済新聞 2014年9月8日
  251. ^ “スペインなどの高利回り国債が上昇-緩和策拡大との見方で”. ブルームバーグ. (2014年9月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCEXZ66JIJUO01.html 
  252. ^ “フィリピン中銀、政策金利を4%に-2会合連続の利上げ”. ブルームバーグ. (2014年9月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NBQB0Z6K50Y901.html 
  253. ^ “北海ブレント原油先物2年ぶり安値、供給過剰・需要減懸念で”. ロイター. (2014年9月12日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0H61QZ20140911 
  254. ^ 高卒求人、6年ぶり高水準=来春卒は1.28倍-厚労省時事ドットコム 2014年9月12日
  255. ^ “NY外為(12日):ドルが対円08年以来の高値-米利上げ観測”. ブルームバーグ. (2014年9月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NBS7G76TTDSD01.html 
  256. ^ “S&P:プエルトリコ一般財源債を「BB」に格下げ”. ブルームバーグ. (2014年7月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N8KO476K50Y901.html 
  257. ^ 8月の首都圏マンション発売、リーマン以来の下げ幅日本経済新聞 2014年9月16日
  258. ^ “スリランカと中国が通貨スワップ協定、貿易・投資を促進へ”. ロイター. (2014年9月17日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0RI14G20140917 
  259. ^ 東京株、リーマン前に回復=253円高の1万6321円時事ドットコム 2014年9月19日
  260. ^ “米国株、ダウ続伸し13ドル高、連日で最高値 アリババ上場を好感”. 日本経済新聞. (2014年9月20日). http://www.nikkei.com/markets/kaigai/summary.aspx?g=DGXLASB7IAA05_20092014000000 
  261. ^ “ドルが6年ぶり109円台、米金利先高観や英国不透明感払しょく”. ブルームバーグ. (2014年9月19日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NC4DAS6K50YS01.html 
  262. ^ 東京株、6年10カ月ぶり高値=円安で上げ幅200円超時事ドットコム 2014年9月25日
  263. ^ “NY市場サマリー(26日)”. ロイター. (2014年9月27日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0HL2IK20140926 
  264. ^ “NY外為(26日):ドル上昇、米GDPが上方修正-円は下落”. ブルームバーグ. (2014年9月27日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCI2ER6S972G01.html 
  265. ^ “中国株:上海総合指数は1年半ぶり高値-工業株高い”. ブルームバーグ. (2014年9月29日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCNBST6KLVR801.html 
  266. ^ “自動車8社、8月の国内生産減少幅は7%に拡大 増税影響で国内販売は10%減”. SankeiBiz. (2014年9月29日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140929/bsa1409291946002-n1.htm 
  267. ^ “8月全世帯の実質消費支出は前年比-4.7%、5カ月連続減=総務省”. ロイター. (2014年9月30日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0HO2D320140929 
  268. ^ “円が対ドルで110円台下落、08年8月以来-金融政策の違いで”. ブルームバーグ. (2014年10月1日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCQKTG6JTSEX01.html 
  269. ^ “9月末マネタリーベースは252兆5845円、過去最高更新”. ロイター. (2014年10月2日). http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPL3N0RW60K20141002 
  270. ^ “NY外為(3日):ドルが4年ぶり高値-米雇用統計に反応”. ブルームバーグ. (2014年10月4日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCVD986JTSEY01.html 
  271. ^ “日・フィリピンの通貨スワップ取り決めを拡充=財務省・日銀”. ロイター. (2014年10月6日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0S112U20141006 
  272. ^ 日=フィリピン間の二国間通貨スワップ取極の拡充:日本銀行
  273. ^ “ドイツ8月の鉱工業生産:4%減、2009年来の大きな落ち込み”. ブルームバーグ. (2014年10月7日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ND290K6JTSEL01.html 
  274. ^ “中国株:上海総合指数、1年7カ月ぶり高値-不動産規制緩和”. ブルームバーグ. (2014年10月8日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ND40Y06S972F01.html 
  275. ^ “ポーランド利下げ、1年3カ月ぶり-政策金利を過去最低2%に”. ブルームバーグ. (2014年10月8日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ND4J5V6KLVRX01.html 
  276. ^ “欧州債:軒並み上昇、利回り過去最低-米ゼロ金利続くとの観測”. ブルームバーグ. (2014年10月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ND6NH06JTSEC01.html 
  277. ^ “米国債:10年債利回り、1年3カ月ぶり低水準-成長鈍化警戒”. ブルームバーグ. (2014年10月10日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ND71OZ6JTSEQ01.html 
  278. ^ “北海ブレント原油先物が2010年12月以来の安値、世界の成長懸念で”. ロイター. (2014年10月10日). http://jp.reuters.com/article/idJPKCN0HZ0IB20141010 
  279. ^ “フィンランド、「AAA」から「AA+」に格下げ-S&P”. ブルームバーグ. (2014年10月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ND8QWB6JTSE801.html 
  280. ^ “ロシアと中国、通貨スワップ協定に調印-貿易倍増狙う”. ブルームバーグ. (2014年10月14日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDE4A26JTSEJ01.html 
  281. ^ “アイルランド、租税回避策「ダブルアイリッシュ」に終止符”. WSJ. (2014年10月15日). http://jp.wsj.com/articles/SB12706435818283254423204580214370258289214 
  282. ^ “独連邦債利回り過去最低更新、世界経済への懸念で=ユーロ圏市場”. ロイター. (2014年10月16日). http://jp.reuters.com/article/jp_Italy/idJPKCN0I42F820141015 
  283. ^ “欧州の長期金利が急低下 独は0.72%と最低更新 英国債1年4カ月ぶり低水準”. 日本経済新聞. (2014年10月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL15HAL_W4A011C1000000/ 
  284. ^ “〔NY債券〕長期金利、低下=10年債は2.14%-一時1%台(15日)”. 時事ドットコム. (2014年10月16日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014101600069 
  285. ^ “北海ブレント原油先物が2010年12月以来の安値、世界の成長懸念で”. ブルームバーグ. (2014年10月16日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDI4956JTSEN01.html 
  286. ^ “韓国中銀:政策金利を2%に引き下げ、4年ぶり低水準”. ブルームバーグ. (2014年10月15日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDGOQ36JIJUV01.html 
  287. ^ 土屋渓(2014年10月16日). “リクルート:上場 初値3170円 時価総額1.8兆円”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  288. ^ “長期金利0.465%=景気不安で1年半ぶり-東京市場”. 時事ドットコム. (2014年10月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014101700846 
  289. ^ “ロシアの格付けを「Baa2」に1段階下げ-ムーディーズ”. ブルームバーグ. (2014年10月18日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDM0FL6JIJUO01.html 
  290. ^ “債券は上昇、長期金利は1年半ぶり低水準-日銀買いオペや円上昇で”. ブルームバーグ. (2014年10月24日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDVYK16JTSEI01.html 
  291. ^ “〔情報BOX〕欧州ストレステストで不合格となった銀行”. ロイター. (2014年10月27日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0SL0MZ20141026 
  292. ^ “UPDATE 3-スウェーデン中銀、政策金利をゼロ%に 低インフレで”. ロイター. (2014年10月28日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0SN3X420141028 
  293. ^ “ブラジル中銀:政策金利0.25ポイント引き上げ-市場の予想外”. ブルームバーグ. (2014年10月30日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NE8AEW6K50Y301.html 
  294. ^ “上海総合指数が1年8カ月ぶり高値、消費促進に期待=中国株式市場”. ロイター. (2014年10月30日). http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPKBN0IJ0FV20141030 
  295. ^ “日銀が追加緩和決定、国債買い入れ年間30兆円拡大”. ブルームバーグ. (2014年10月31日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NE758M6TTDS001.html 
  296. ^ “日経平均7年ぶり高値、日銀追加緩和で今年最大の上げ幅”. ロイター. (2014年10月31日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0IK0F920141031 
  297. ^ “円安加速し一時112円台半ば、日銀の追加緩和で=NY外為市場”. ロイター. (2014年11月1日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0IK2GG20141031 
  298. ^ “9月の実質消費支出は前年比5.6%減、消費増税の反動残る”. ロイター. (2014年10月31日). http://jp.reuters.com/article/jp_Abenomics/idJPKBN0IK00J20141031 
  299. ^ “〔金利マーケットアイ〕国債先物は横ばいで引け、長期金利は一時1年7カ月ぶり0.435%”. ロイター. (2014年10月31日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0SQ4RR20141031 
  300. ^ “ロシア中銀:政策金利9.5%に引き上げ-ルーブル防衛目指し”. ブルームバーグ. (2014年10月31日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEB2ET6KLVRA01.html 
  301. ^ “中国とカタール、約60億ドルの通貨スワップ協定締結”. ロイター. (2014年11月4日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL4N0ST6HF20141103 
  302. ^ “フィッチがベトナム格上げ、見通し「安定的」”. ロイター. (2014年11月4日). http://jp.reuters.com/article/idJPKBN0IN1OI20141103 
  303. ^ “北海ブレント4年ぶり安値、サウジの米向け価格引き下げで”. ロイター. (2014年11月5日). http://jp.reuters.com/article/jp_mideast/idJPKBN0IO1QO20141104 
  304. ^ 夏の賞与、3.1%増=91年以来の伸び率-厚労省時事ドットコム 2014年11月5日
  305. ^ “東証続伸、7年ぶり高値 米中間選挙と円安好感”. 徳島新聞社. (2014年11月5日). http://www.topics.or.jp/worldNews/worldEconomy/2014/11/2014110501001212.html 
  306. ^ “訂正:10月末マネタリーベースは259兆5457億円、過去最高更新”. ロイター. (2014年11月5日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0IP01H20141105 
  307. ^ “ウクライナが東部で入国審査、親露派地域の分離 事実上の追認”. MSN、AFP、時事. (2014年11月6日). http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%81%8C%E6%9D%B1%E9%83%A8%E3%81%A7%E5%85%A5%E5%9B%BD%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E3%80%81%E8%A6%AA%E9%9C%B2%E6%B4%BE%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%81%AE%E5%88%86%E9%9B%A2-%E4%BA%8B%E5%AE%9F%E4%B8%8A%E3%81%AE%E8%BF%BD%E8%AA%8D/ar-AA6Uq9R 
  308. ^ “円相場 一時1ドル115円台半ばに”. NHKニュース. (2014年11月6日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141106/k10013000931000.html 
  309. ^ “南アを「Baa2」に格下げ、弱い中期成長見通しで=ムーディーズ”. ロイター. (2014年11月7日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL4N0SW7Z520141106 
  310. ^ “米国株式市場=横ばい、オバマケアめぐる不透明感でヘルスケア株に売り”. ロイター. (2014年11月8日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0SX8IV20141107 
  311. ^ “中国とカナダ、上限2000億元の通貨スワップ協定締結”. ロイター. (2014年11月10日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0T01Z020141110 
  312. ^ “中国と韓国、FTA締結で「実質」合意”. ロイター. (2014年11月10日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IU03N20141110 
  313. ^ “NY原油:反落、供給懸念でブレントは4年ぶりの80ドル割れ”. ブルームバーグ. (2014年11月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEXZW56VDKHV01.html 
  314. ^ “アイルランド債続伸、利回り過去最低に-ECB緩和策に期待”. ブルームバーグ. (2014年11月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NEXQCP6S972D01.html 
  315. ^ “スイスフラン/ユーロが2年2カ月ぶり高値更新、中銀上限に近づく”. ロイター. (2014年11月13日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0IW1ZQ20141112 
  316. ^ “ウクライナ中銀が利上げ、主要金利14%に”. ロイター. (2014年11月13日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0T275W20141112 
  317. ^ “米株はダウが最高値更新、エネルギー株売られS&Pは横ばい”. ロイター. (2014年11月14日). http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKCN0IX2LO20141113 
  318. ^ 冬のボーナス5.78%増=連続5%超は24年ぶり-経団連WSJ 時事通信社 2014年11月13日
  319. ^ “東京株、4日連続高値=7年4カ月ぶり水準”. 時事ドットコム. (2014年11月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2014111400604 
  320. ^ “【格付情報】ムーディーズ:キプロスを「B3」に格上げ”. WSJ. (2014年11月17日). http://jp.wsj.com/news/articles/SB11526184417694423301104580281311109437070 
  321. ^ “7-9月GDPは2期連続マイナス成長、1.6%減-予想と逆行”. ブルームバーグ. (2014年11月17日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NF075C6K515801.html 
  322. ^ 消防無線工事で談合か=NECなど5社立ち入り-デジタル化で自治体発注・公取委時事ドットコム2014年11月18日。
  323. ^ “安倍首相、消費増税延期を表明 21日に衆院解散”. AFP. (2014年11月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/3032084 
  324. ^ “インドネシア中銀、主要政策金利を7.75%に引き上げ”. ロイター. (2014年11月18日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0J21HV20141118 
  325. ^ “円が対ドルで7年ぶり安値更新、日米政策相違で-118円台後半”. ブルームバーグ. (2014年11月20日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NFB6DA6K50Y701.html 
  326. ^ “円反発、下落テンポ速過ぎるとの財務相発言で-一時117円前半”. ブルームバーグ. (2014年11月21日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NFD94Z6JTSEE01.html 
  327. ^ “米国株はダウ・S&P最高値更新、中国利下げとECB緩和期待で”. ロイター. (2014年11月22日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0J52H220141121 
  328. ^ “中国人民銀が予想外の利下げ、景気てこ入れへ”. ロイター. (2014年11月22日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0J50ZO20141121 
  329. ^ 大都市バイトの時給、過去最高 人手不足進み961円朝日新聞デジタル 2014年11月26日
  330. ^ “BUZZ-〔外為マーケットアイ〕豪ドル0.85米ドル前半、前日一時4年4カ月ぶり安値”. ロイター. (2014年11月26日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0TF5WY20141125 
  331. ^ “債券は続伸、長期金利1年8カ月ぶり低水準-40年入札順調で買い優勢”. ブルームバーグ. (2014年11月26日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NFM9IQ6JTSF301.html 
  332. ^ “欧州債:総じて上昇、利回り過去最低に-追加策めぐる観測で”. ブルームバーグ. (2014年11月28日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NFRCF96K50Y601.html 
  333. ^ “ユーロ主要国の国債利回り過去最低近辺、ECB緩和観測で”. ロイター. (2014年11月29日). http://jp.reuters.com/article/jp_eurocrisis/idJPKCN0JC1YN20141128 
  334. ^ “NY株、2日連続で最高値 消費盛り上がりに期待”. 47NEWS、共同通信. (2014年11月29日). http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001004.html 
  335. ^ “北海ブレント、投機筋は第1四半期65ドルへの下落予想が優勢”. ロイター. (2014年11月29日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0JC25V20141128 
  336. ^ “実質消費支出7カ月連続で減少、反動減の影響は和らぐ方向”. ロイター. (2014年11月28日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0JC02Y20141128 
  337. ^ “イタリア債続伸、利回り過去最低に-ユーロ圏製造業の活動鈍化”. ブルームバーグ. (2014年12月2日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NFWUBW6S972B01.html 
  338. ^ “欧州債:ドイツ10年債が続落-原油動向とECB政策委に注目”. ブルームバーグ. (2014年12月3日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NFYRPN6K50Y501.html 
  339. ^ “11月末マネタリーベースは262兆6865億円、過去最高更新”. ロイター. (2014年11月2日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0JG00B20141202 
  340. ^ “NY原油:供給過剰懸念で反落-ブレントは4年ぶり安値”. ブルームバーグ. (2014年12月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NG2RZK6JTSEE01.html 
  341. ^ “〔金利マーケットアイ〕国債先物は続伸、長期金利0.420%に低下”. ロイター. (2014年12月5日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0TP1WW20141205 
  342. ^ “欧州債:イタリア国債が上昇-ECBが来年行動との観測で”. ブルームバーグ. (2014年12月6日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NG4B746TTDTS01.html 
  343. ^ “ドルが対円で07年半ば以来の高値、雇用統計受け=NY外為市場”. ロイター. (2014年12月6日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0JJ2BH20141205?sp=true 
  344. ^ “NY外為(5日):ドル上昇、米雇用者の伸びが加速-121円台”. ブルームバーグ. (2014年12月6日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NG43FL6TTDS301.html 
  345. ^ “NY株、一時史上最高値 1万7947・56ドル”. 47NEWS、共同通信. (2014年12月6日). http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120501002383.html 
  346. ^ “日経平均大引け、6日続伸 約7年4カ月ぶり高値”. 日本経済新聞. (2014年12月5日). http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXLAS3LTSEC1_05122014000000 
  347. ^ 11月の銀行貸出残高、2.8%増 5年半ぶりの高水準日本経済新聞 2014年12月8日
  348. ^ “円が上昇、日本株安受けて買い戻し-対ドルで一時119円台後半”. ブルームバーグ. (2014年12月9日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGACII6KLVR901.html 
  349. ^ “ユーロ、対ドルで一時1.22ドル台半ばに下落 2年4カ月ぶり安値”. 日本経済新聞. (2014年12月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08HAW_Y4A201C1000000/ 
  350. ^ “GDP7─9月2次速報は予想に反し下方改定、公共投資・設備投資が下押し”. ロイター. (2014年12月8日). http://jp.reuters.com/article/wtDomesticNews/idJPKBN0JL0ZB20141208 
  351. ^ “原油急落、一時5万円割れ 2年4カ月ぶり、景気減速懸念”. 47NEWS、共同通信. (2014年12月9日). http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120901001956.html 
  352. ^ “NY原油:急反落、60ドルに接近-ブレントは65ドル割れ”. ブルームバーグ. (2014年12月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGDVXX6VDKHV01.html 
  353. ^ “ロシア中銀:政策金利を10.5%に引き上げ-ルーブル安に対応”. ブルームバーグ. (2014年12月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGEZNF6JTSEE01.html 
  354. ^ “再送-UPDATE 2-ノルウェー中銀が予想外の利下げ、原油安の影響懸念”. ロイター. (2014年12月11日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0TV38D20141211 
  355. ^ “原油安、長期金利下押し 低インフレ続く見方”. 日本経済新聞. (2014年12月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO80815250S4A211C1EA1000/ 
  356. ^ “欧州債:ギリシャ債利回り大幅上昇-金融危機以降で最悪の週”. ブルームバーグ. (2014年12月13日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGHBTB6K50Y901.html 
  357. ^ “スイスフランが対ユーロで2年3カ月ぶり高値、上限に接近”. ロイター. (2014年12月12日). http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPL3N0TW3CY20141212 
  358. ^ 高卒就職内定率71%=全国で改善、20年ぶり高水準-文科省時事ドットコム 2014年12月12日
  359. ^ “ロシア中銀:政策金利を10.5%に引き上げ-ルーブル安に対応”. ブルームバーグ. (2014年12月11日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGEZNF6JTSEE01.html 
  360. ^ “日豪EPA、来月15日発効”. ガジェット通信、時事通信社. (2014年12月16日). http://getnews.jp/archives/727708 
  361. ^ “きょうの国内市況(12月17日):株式、債券、為替市場”. ブルームバーグ. (2014年12月17日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGPQQ66TTDS601.html 
  362. ^ “原油安、長期金利下押し 低インフレ続く見方”. ブルームバーグ. (2014年12月18日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGQK1C6S972J01.html 
  363. ^ “UPDATE 1-シドニー外為・債券市場=豪ドルが4年半ぶり安値、FOMC受け”. ロイター. (2014年12月18日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0U21GJ20141218 
  364. ^ “スペイン債上昇、独債とのスプレッドが縮小-量的緩和観測で”. ブルームバーグ. (2014年12月20日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NGU87L6JIJVY01.html 
  365. ^ “ブレント原油:2009年5月以来の1バレル60ドル割れ - DB”. FXStreet. (2014年12月19日). http://www.fxstreet.jp/news/forex-news/article.aspx?storyid=1ddb8443-3080-476f-a8e8-17e9c0ddb67e 
  366. ^ “NY円、続落 1ドル=119円45~55銭、日米の金融政策を意識した取引続く”. 日本経済新聞. (2014年12月20日). http://www.nikkei.com/markets/kawase/summary.aspx?g=DGXLASM7IAA05_20122014000000 
  367. ^ “ドル上昇、対円で7年半・対ユーロで2年半ぶり高値近辺=NY市場”. ロイター. (2014年12月27日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0K415Z20141226 
  368. ^ “米GDPが11年ぶりの大幅な伸び、第3四半期確報値5.0%増”. ロイター. (2014年12月23日). http://jp.reuters.com/article/JPbusinessmarket/idJPKBN0K115S20141223 
  369. ^ a b “欧州債:ドイツ債利回り、過去最低に接近-ギリシャ債は下落”. ブルームバーグ. (2014年12月24日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NH1O4X6JTSEC01.html 
  370. ^ “UPDATE 1-ロシア中銀、国内企業に国際決済通貨を融資へ 借り換え支援”. ロイター. (2014年12月24日). http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPL3N0U82TQ20141224 
  371. ^ “日本近海にメタンハイドレート746か所新たに見つかる”. J-CASTニュース. (2014年12月26日). http://www.j-cast.com/2014/12/26224289.html 
  372. ^ “〔金利マーケットアイ〕国債先物は反落、長期金利0.325%に上昇”. ロイター. (2014年12月26日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0UA1MY20141226 
  373. ^ “長期金利は過去最低更新、需給良好で-2年債入札は初のマイナス金利”. ブルームバーグ. (2014年12月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NH2W416K50XV01.html 
  374. ^ “NY株、4日連続最高値 米景気に期待、SPも更新”. 47NEWS、共同通信. (2014年12月27日). http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122701000803.html 
  375. ^ “UPDATE 1-実質消費支出、11月は8カ月連続で減少 消費増税の影響は緩和方向”. ロイター. (2014年12月26日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0UA0FA20141226 
  376. ^ a b “欧州債:イタリア債上昇、10年債入札を好感-ギリシャ債下落”. ブルームバーグ. (2014年12月31日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NHEN3M6JIJUO01.html 
  377. ^ “年末の資金供給量が過去最大の276兆円、日銀の目標上回る”. ロイター. (2014年12月30日). http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0K80R520141230 

関連項目[編集]