リクルートワークス研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リクルートワークス研究所
Recruit Works Institute
種類 企業内シンクタンク
略称 リクルートワークス研究所
本社所在地 日本
100-6640
東京都千代田区丸の内1-9-2
リクルートグラントウキョウサウスタワー
設立 1999年1月
業種 サービス
事業内容 リクルートグループのシンクタンク。「人材マネジメント」「労働市場」「キャリア」に関する研究活動・提言活動の推進。
代表者 大久保幸夫(所長)
外部リンク http://www.works-i.com/
テンプレートを表示

リクルートワークス研究所 (Recruit Works Institute) は、株式会社リクルートホールディングス(旧株式会社リクルート。Recruit Holdings co., Ltd.)内にある「人」と「組織」に関する研究機関。 1999年1月設立。2012年10月より旧名称「ワークス研究所」から「リクルートワークス研究所」に名称変更。

設立目的[編集]

リクルートグループにおける中・長期人材ビジネスの基礎研究の実施、および、「人材マネジメント」や「労働市場」における情報発信・提言活動の推進

活動内容[編集]

【研究活動】

毎年、以下のような分野において重要なテーマを設定し、課題の発見と解決の方向性を探索し、企業組織や社会、働く個人に貢献する。

  • 人材育成と成長
  • グローバル人事
  • 労働政策
  • 労働市場
  • キャリア教育
  • 人材ビジネス
○最近の研究テーマ
  • 2012年 グローバル採用
  • 2011年 未来予測2020
  • 2010年 人材育成・成長
  • 2009年 人事リスクと向き合う
  • 2008年 グローバル人材の論点
  • 2007年 ミドル人材のブレイクスルー
  • 2006年 サービス人材の評価と育成
  • 2005年 ユニバーサル組織研究・若年研究
【調査活動】

「『働く個人』の意識と行動」「企業の人材マネジメント施策の効用と課題」に焦点をあて、多様化する現状を、さまざまな切り口で調査・分析する。

○主な調査
  • 大卒求人倍率調査(採用動向に関する調査データ)
  • ワーキングパーソン調査(働く個人の意識に関する調査データ)
  • 雇用の現状(労働市場)
【情報発信・書籍】

新しい時代の「経営」「人事」「キャリア」、などをテーマに、半歩先の情報を掲載する隔月誌『Works』を発行する。また、研究報告書・書籍・サイト・シンポジウム等を通じ、リクルートワークス研究所の提言や情報・知識を、広く社会に向けて発信する。

外部リンク[編集]