2014年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2014年

2014年前後:2013年のスポーツ - 2014年のスポーツ - 2015年のスポーツ

できごと[編集]

下記のスポーツはそれぞれの個別記事を参照すること。

2014年の野球プロ野球MLB)、2014年のサッカー2014年の相撲2014年のバレーボール2014年のバスケットボール2014年の日本競馬2014年の自転車競技競輪)、2014年のNFL

ただし上記に含まれるスポーツのうち、世界的な影響があった事件、一般社会に対しても長期的かつ大きな影響を及ぼした事件や快挙、複数のスポーツに跨る事態等については本項に重複記載する。

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 4日 - 【ボクシング】 亀田興毅がJBCに亀田ジムからUNITED BOXING GYMへの移籍を申請した[44][45][46][47][48]
  • 8日 - 【サッカー】 サッカーFIFAワールドカップブラジル大会の準決勝でドイツが開催国のブラジルに7対1で勝利し、決勝進出。準決勝での7得点はワールドカップ史上最多で、6点差がついたのは同史上初[49]。ドイツのミロスラフ・クローゼが大会史上最多の通算16得点[50]
  • 9日 - 【公営競技・ボートレース】 日本モーターボート競走会は、6月に福岡県内で酒に酔った上で器物損壊事件を起こし、現行犯逮捕された鳥飼眞について、7月10日から1年間の出場停止処分にしたと発表[51]
  • 11日 - 【ボクシング】 JBCは資格審査委員会を開き、亀田興毅のUNITED BOXING GYMへの移籍の可否を保留とした上で、UNITED BOXING GYMの三好渥義会長と亀田興毅から移籍の経緯などに関してヒアリングを行うことを決めた[52][53][54][55]
  • 13日 - 【サッカー】2014 FIFAワールドカップ・決勝エスタジオ・ド・マラカナンで行われ、ドイツの旗 ドイツアルゼンチンの旗 アルゼンチンを延長戦の末1-0で下し、6大会ぶり4回目(東西ドイツ統一後では初)の優勝を果たした。
  • 28日 - 【陸上競技】 関東学生陸上競技連盟は、2015年の第91回箱根駅伝で5区及び6区のコースが変更になることに伴い、従来の区間記録及び往路、復路、総合記録を参考記録扱いにすることを発表。これは同区間内にある箱根町函嶺洞門が今年2月に通行禁止となり、新たに設けられたバイパスを通行することになったための措置[56]
  • 28日 - 【ボクシング】 亀田興毅が水面下で進めていた角海老宝石ジムへの電撃移籍が消滅した。移籍容認派と移籍反対派の2ヵ月に及ぶせめぎ合いの末、移籍反対派が移籍容認派を最終的には押し切った形になった為[57][58]

8月[編集]

  • 2日 - 【ボクシング】 小関桃具志堅用高の持つ13連続世界王座防衛記録を34年ぶりに更新し、日本人では男女を通じて最多、女子では世界タイ記録となる14連続世界王座防衛を果たした[59]
  • 8日 - 【その他】 2009年にエド・オバノンらが肖像権侵害として全米大学体育協会を提訴していた所謂オバノン訴訟で、カリフォルニア連邦裁判所一審は原告勝訴の判決。確定すればOBに一定の金額が支払われることとなる[60]
  • 12日 - 【オートレース】 千葉県船橋市は、売上げ減と施設老朽化に伴う改修費用がかさむとして、船橋オートレース場を2016年3月末で廃止すると発表。廃止後は場外車券発売所を船橋市内に開設するとしているが、今回の決定に対しオートレース選手会は反発しており、廃止撤回を求める方針[61]
  • 16日26日 - 【総合・オリンピック】 第2回夏季ユースオリンピック(中華人民共和国の旗 中国南京
  • 22日 - 【ボクシング】 JBCは亀田興毅とUNITED BOXING GYMの三好渥義会長へのヒアリングを行い、移籍の経緯などについて聴取した[62][63][64][65][66][67][68][69]。→7月4日の出来事参照
  • 25日 - 【ボクシング】 JBCは資格審査委員会を開き、JBCは資格審査委員会を開き、JBCルール11条3項の「特別の事情」に当たるとして同月22日の亀田興毅とUNITED BOXING GYMの三好渥義会長へのヒアリングの内容も踏まえて審議し、満場一致でUNITED BOXING GYMが申請していた亀田興毅のボクサーライセンスの更新を認めないという判断を下した。三好渥義会長が78歳の高齢でUNITED BOXING GYMに殆ど姿を見せないなど「三好会長が亀田選手とスムーズな連携をとってトレーナーも含めしっかりとコントロールし、明確な責任を持てるかどうかについてをヒアリングや調査などを元に総合的に審査したが、それについての憂慮と懸念がある。」ことが「特別な事情」と判断された為である。この結果、亀田興毅のUNITED BOXING GYMへの移籍申請が事実上却下された[70][71][72][73][74][75][76][77][78]。→7月4日及び8月22日の出来事参照
  • 31日 - 【軟式野球】 第59回全国高等学校軟式野球選手権大会準決勝・中京高校崇徳高校の試合は、0-0のまま延長戦に入り、3度のサスペンデッド・延べ4日に渡り行われ、延長50回の末3-0で中京高校が勝利した[79]。変則ダブルヘッダーで行われた決勝戦でも中京高校が勝利し二年ぶり通算七度目の優勝[80]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

総合競技大会[編集]

第22回ソチオリンピック
順位 国・地域
1 ロシア ロシア (RUS) (開催国) 13 11 9 33
2 ノルウェー ノルウェー (NOR) 11 5 10 26
3 カナダ カナダ (CAN) 10 10 5 25
4 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 9 7 12 28
5 オランダ オランダ (NED) 8 7 9 24
6 ドイツ ドイツ (GER) 8 6 5 19
7 スイス スイス (SUI) 6 3 2 11
8 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 5 0 1 6
9 オーストリア オーストリア (AUT) 4 8 5 17
10 フランス フランス (FRA) 4 4 7 15
詳細はメダル受賞数一覧を参照。

アメリカンフットボール[編集]

日本の大会[編集]

米国の大会[編集]

オリエンテーリング[編集]

競艇[編集]

SG・プレミアムGI・レディースチャレンジカップ競走の結果についてのみまとめるものとする。

グレード 競走名 開催競艇場 期間 優勝者
SG 第49回総理大臣杯競走(ボートレースクラシック) 尼崎 3月18日-23日 松井繁大阪
GI 第15回競艇名人戦競走(マスターズチャンピオン) 唐津 4月15日-20日 金子良昭静岡
SG 第41回笹川賞競走(ボートレースオールスター) 福岡 5月27日-6月1日 菊地孝平(静岡)
SG 第24回グランドチャンピオン決定戦競走 浜名湖 6月24日-30日 菊池孝平(静岡)
SG 第19回オーシャンカップ競走 丸亀 7月16日-20日 吉田拡郎岡山
GI 第28回女子王座決定戦競走(レディースチャンピオン) 三国 8月5日-11日台風11号のため日程1日順延) 水口由紀滋賀
SG 第60回モーターボート記念競走(ボートレースメモリアル) 若松 8月26日-31日 白井英治山口
GI 第1回ヤングダービー競走 戸田 9月23日-28日 桐生順平埼玉
SG 第61回全日本選手権競走(ボートレースダービー) 常滑 10月15日-20日台風19号のため日程1日順延) 仲口博崇愛知
SG 第17回チャレンジカップ競走 下関 11月25日-30日 太田和美(大阪)
GII 第1回レディースチャレンジカップ競走 下関 11月25日-11月30日 岸恵子徳島
SG 第29回賞金王決定戦競走(ボートレースグランプリ) 平和島 12月18日-23日 シリーズ戦 平本真之(愛知)
決定戦 茅原悠紀(岡山)
GI 第3回賞金女王決定戦競走(クイーンズクライマックス) 住之江 12月26日-31日 日高逸子福岡

競馬[編集]

日本[編集]

UAE(アラブ首長国連邦)[編集]

オーストラリア[編集]

香港[編集]

フランス[編集]

競輪[編集]

ゴルフ[編集]

男子プロ[編集]

世界5大大会(女子)[編集]

シニア・チャンピオンズツアー[編集]

日本男子ツアー(JGTO)[編集]

日本男子賞金王[編集]

日本男子4大大会[編集]

日本女子ツアー(JLPGA)[編集]

JLPGA賞金女王[編集]

日本女子4大大会[編集]

サッカー[編集]

自転車競技[編集]

柔道[編集]

相撲[編集]

体操[編集]

卓球[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

バスケットボール[編集]

バレーボール[編集]

ボクシング[編集]

日本のジム所属選手の世界戦[編集]

日本のジムに所属するプロボクサーが2014年度に国内外で戦った世界戦!開催日
開催日 会場 タイトル種別 対戦者 結果 対戦者
2月9日 大韓民国の旗 韓国
春川市
WBO女子ミニフライ級
タイトルマッチ
山田真子
(13位/博多協栄
☆判定2-1★ 弘蘇云
(王者/大韓民国の旗 韓国
3月26日 東京都文京区
後楽園ホール
WBA世界スーパーフライ級
王座決定戦
河野公平
(2位/ワタナベ
☆8回50秒KO★ デンカオセーン・カオウィチット
(1位/タイ王国の旗 タイ
4月6日 東京都大田区
大田区総合体育館
WBC世界ライトフライ級
タイトルマッチ
井上尚弥
(4位/大橋
☆6回2分54秒TKO★ アドリアン・エルナンデス
(王者/メキシコの旗 メキシコ
WBC世界フライ級
タイトルマッチ
八重樫東
(王者/大橋)
☆9回2分14秒KO★ オディロン・サレタ
(8位/メキシコの旗 メキシコ
4月23日 大阪府大阪市中央区
大阪城ホール
WBC世界バンタム級
タイトルマッチ
山中慎介
(王者/帝拳
☆9回11秒TKO★ シュテファーヌ・ジャモエ
(3位/ ベルギー
IBF世界スーパーバンタム級
タイトルマッチ
長谷川穂積
(13位/真正
★7回1分20秒TKO☆ キコ・マルチネス
(王者/スペインの旗 スペイン
5月7日 大阪府大阪市浪速区
ボディメーカーコロシアム
IBF世界フライ級
タイトルマッチ
井岡一翔
(10位/井岡
★判定1-2☆ アムナット・ルエンロン
(王者/タイ王国の旗 タイ
IBF世界ミニマム級
タイトルマッチ
高山勝成
(王者/仲里
☆判定3-0★ 小野心
(10位/ワタナベ)
5月17日 大阪府大阪市大正区
アゼリア大正
WBC女子世界ミニフライ級
タイトルマッチ
安藤麻里
(王者/フュチュール
★判定0-3☆ 黒木優子
(4位/Yuko)
WBO女子アトム級
初代王座決定戦
池山直
(6位/フュチュール)
☆判定3-0★ ジョゼベル・パガデュアン
フィリピンの旗 フィリピン
5月25日 和歌山県和歌山市
和歌山ビッグウエーブ
WBC女子フライ級
タイトルマッチ
真道ゴー
(王者/クラトキ)
☆8回19秒TKO★ クレドペッチ・ルックムアンカン
(11位/タイ王国の旗 タイ
7月7日 東京都文京区
後楽園ホール
WBA女子スーパーフライ級
タイトルマッチ
藤岡奈穂子
(王者/竹原慎二&畑山隆則
☆判定3-0★ 川西友子
(4位/大阪帝拳)
7月12日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
MGMグランド・ガーデン・アリーナ
WBO世界バンタム級
タイトルマッチ
亀田和毅
(王者/亀田
☆7回1分35秒TKO★ プンルアン・ソー・シンユー
(3位/タイ王国の旗 タイ
7月18日 兵庫県神戸市中央区
神戸ポートピアホテル
IBF世界スーパーフライ級
王座決定戦
帝里木下
(3位/千里馬神戸)
★判定0-3☆ ゾラニ・テテ
(1位/ 南アフリカ共和国
8月2日 東京都足立区
足立区総合スポーツセンター
WBC女子アトム級
タイトルマッチ
小関桃
(王者/青木)
☆8回29秒TKO★ デニス・キャッスル
(2位/イギリスの旗 イギリス
IBF女子世界ライトフライ級
タイトルマッチ
柴田直子
(王者/ワールドスポーツ
☆9回1分49秒TKO★ アナ・アラゾーラ(1位/メキシコの旗 メキシコ
8月9日 メキシコの旗 メキシコ
ヌエボ・レオン州モンテレイ
モンテレー・アリーナ
IBF・WBO世界ミニマム級
王座統一戦
高山勝成
(IBF王者/仲里)
★判定0-3☆ フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア
(WBO王者/メキシコの旗 メキシコ
9月5日 東京都渋谷区
国立代々木競技場第二体育館
WBC世界ライトフライ級
タイトルマッチ
井上尚弥
(王者/大橋)
☆11回1分8秒TKO★ サマートレック・ゴーキャットジム
(15位/タイ王国の旗 タイ
WBC世界フライ級
タイトルマッチ
八重樫東
(王者/大橋)
★9回2分24秒TKO☆ ローマン・ゴンサレス
(1位/ニカラグアの旗 ニカラグア
9月20日 大阪府大阪市大正区
アゼリア大正
WBO女子世界アトム級
タイトルマッチ
池山直
(王者/フュチュール)
☆判定3-0★ 秋田屋まさえ
(ワイルドビート)
WBO女子世界ミニフライ級
王座決定戦
池原シーサー久美子
(フュチュール)
☆判定2-1★ グレッツェン・アバニエル
フィリピンの旗 フィリピン
10月22日 国立代々木競技場
第二体育館
WBC世界バンタム級
タイトルマッチ
山中慎介
(王者/帝拳)
☆判定3-0★ スリヤン・ソー・ルンヴィサイ
(1位/タイ王国の旗 タイ
10月25日 長野県千曲市
戸倉体育館
WBA女子世界ライトミニマム級
タイトルマッチ
宮尾綾香
(王者/大橋)
☆10回1分58秒KO★ 西村聡美
(8位/折尾)
11月1日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シカゴ
WBO世界バンタム級
王座統一戦
亀田和毅
(正規王者/亀田)
☆判定2-1★ アレハンドロ・エルナンデス
(暫定王者/メキシコの旗 メキシコ
福岡県福岡市中央区
アクロス福岡
WBC女子世界ミニフライ級
タイトルマッチ
黒木優子
(王者/YuKO)
☆判定2-1★ カティア・グティエレス
(2位/メキシコの旗 メキシコ
11月8日 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト
WBA女子世界フライ級
タイトルマッチ
藤岡奈穂子
(スーパーフライ級王者/竹原慎二&畑山隆則)
★判定0-3☆ スージー・ケンティキアン
(スーパー王者/ドイツの旗 ドイツ
メキシコの旗 メキシコ
ケレタロ州ケレタロ
WBA女子世界ミニマム級
タイトルマッチ
多田悦子
(3位/新正)
★判定1-2☆ アナベル・オルティス
(王者/メキシコの旗 メキシコ
11月22日 神奈川県横浜市都筑区
横浜国際プール
WBC世界スーパーフェザー級
タイトルマッチ
三浦隆司
(王者/帝拳)
☆6回2分15秒TKO★ エドガル・プエルタ
(1位/メキシコの旗 メキシコ
WBC世界フライ級
タイトルマッチ
ローマン・ゴンサレス
(王者/ニカラグアの旗 ニカラグア
☆6回2分12秒TKO★ ロッキー・フエンテス
(8位/フィリピンの旗 フィリピン
11月23日 イギリスの旗 イギリス
マージーサイド州リヴァプール
WBA世界スーパーバンタム級
タイトルマッチ
大竹秀典
(5位/金子
判定★0-3☆ スコット・クィッグ
(王者/イギリスの旗 イギリス
12月6日 メキシコの旗 メキシコ
ヌエボ・レオン州モンテレイ
WBC女子世界フライ級
タイトルマッチ
真道ゴー
(王者/グリーンツダ
★判定1-2☆ アレリー・ムシーニョ
(1位/メキシコの旗 メキシコ
12月30日 東京都渋谷区
東京体育館
WBO世界スーパーフライ級
タイトルマッチ
井上尚弥
(8位/大橋)
☆2回3分1秒KO★ オマール・ナルバエス
(王者/アルゼンチンの旗 アルゼンチン
WBC世界ライトフライ級
王座決定戦
八重樫東
(3位/大橋)
★7回2分45秒KO☆ ペドロ・ゲバラ
(1位/メキシコの旗 メキシコ
WBC世界ライト級
王座決定戦
ホルヘ・リナレス
(1位/ベネズエラの旗 ベネズエラ
☆4回1分50秒KO★ ハビエル・プリエト
(2位/メキシコの旗 メキシコ
12月31日 東京都大田区
大田区総合体育館
WBA世界スーパーフェザー級
タイトルマッチ
内山高志
(王者/ワタナベ)
☆9回終了時TKO★ イスラエル・ペレス
(8位/アルゼンチンの旗 アルゼンチン
WBA世界スーパーフライ級
タイトルマッチ
河野公平
(王者/ワタナベ)
1-1判定引分 ノルベルト・ヒメネス
(5位/ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBA世界ライトフライ級
タイトルマッチ
田口良一
(8位/ワタナベ)
☆判定3-0★ アルベルト・ロッセル
(王者/ペルーの旗 ペルー
大阪府大阪市浪速区
ボディメーカーコロシアム
WBA・WBO世界スーパーバンタム級
タイトルマッチ
天笠尚
(WBA10位・WBO6位/山上)
★11回終了時TKO☆ ギレルモ・リゴンドウ
(WBA・WBO王者/ キューバ
IBF・WBO世界ミニマム級
王座決定戦
高山勝成
(IBF3位・WBO1位/仲里)
☆7回2分24秒TKO★ 大平剛
(IBF6位・WBO2位/花形

モータースポーツ[編集]

FIA F1世界選手権シリーズ
WEC世界耐久選手権シリーズ
SUPER GT

野球[編集]

ラグビー[編集]

第51回日本選手権[編集]

ジャパンラグビートップリーグ[編集]

日本の学生ラグビー[編集]

陸上競技[編集]

マラソン[編集]

総合[編集]

男子[編集]

女子[編集]

駅伝[編集]

総合[編集]

同日開催[編集]

男子[編集]

女子[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 葛西 41歳7カ月最年長V「ベリーベリーベリーハッピー」 - スポニチアネックス(2014年1月12日)
  2. ^ 沙羅 女子単独最多14勝目 地元の大観衆に「幸せ」 - スポニチアネックス(2014年1月12日)
  3. ^ 沙羅 “抑えて”15勝 積雪の影響考慮、ゲート下げて - スポニチアネックス(2014年1月13日)
  4. ^ 激白!ジャンボ尾崎、引退決意「カウントダウンが始まった」(2/3ページ) - サンケイスポーツ(2014年1月22日)
  5. ^ ジャンボ、68歳誕生日!開幕戦へ千葉でトレーニング/国内男子 - サンケイスポーツ、2015年1月25日掲載、2015年3月9日閲覧
  6. ^ 可夢偉 ケータハムで2年ぶりF1「素晴らしい気分」 - スポニチアネックス(2014年1月22日)
  7. ^ 亀田ジム活動停止に 会長、マネジャーの資格剥奪 - スポニチアネックス(2014年2月7日)
  8. ^ 近鉄 東大阪市に花園ラグビー場を譲渡へ W杯開催へ整備 - スポニチアネックス(2014年2月10日) ※2014年2月12日閲覧
  9. ^ 15歳スーパー中学生・平野が銀!打倒ホワイトの夢現実に - スポニチアネックス(2014年2月12日)
  10. ^ 倉本昌弘 PGAの新会長に 辞任後再出馬の森前会長にノー - スポニチアネックス(2014年2月24日)
  11. ^ 浦和に厳罰!差別的横断幕の制裁は「けん責」と「無観客試合」 - スポニチアネックス(2014年3月13日)
  12. ^ 浦和、自主処分も厳罰…当該サポは無期限活動停止、社長は報酬返納 - スポニチアネックス(2014年3月13日)
  13. ^ ベトナム、アジア大会開催を辞退…経済的理由で 読売新聞 2014年4月18日閲覧
  14. ^ 15歳アマチュアの勝みなみが最年少優勝を達成! - ゴルフダイジェストオンライン(2014年4月20日)
  15. ^ 北海道新聞 2014年5月1日朝刊14版 19面
  16. ^ 亀田ジム会長を除名 ボクシング協会が厳罰 共同通信(2014年4月21日)
  17. ^ 内柴被告の上告棄却 懲役5年が確定 - スポニチアネックス(2014年4月25日)
  18. ^ 亀田側の再審議請求退ける JBC、世界戦混乱問題で 共同通信(2014年4月25日)
  19. ^ 朝日新聞 2014年4月26日朝刊14版 20面
  20. ^ Vリーグ機構. “【速報】 2014アジアクラブバレーボール女子選手権大会で久光製薬スプリングスが優勝!”. 2014年4月25日閲覧。
  21. ^ マラソン代表枠2人減=世界陸上 - 時事通信(2014年4月27日)
  22. ^ a b 北海道新聞 2014年4月30日朝刊14版 16面
  23. ^ 朝日新聞 2014年5月6日朝刊14版 1面
  24. ^ 朝日新聞 2014年5月10日夕刊4版 1面
  25. ^ 朝日新聞 2014年5月11日朝刊14版 23面
  26. ^ 朝日新聞 2014年5月11日朝刊14版 25面
  27. ^ yahoo Japan news. “川元奨が日本新V「やっと更新」男800m”. 2014年5月11日閲覧。
  28. ^ 朝日新聞 2014年5月18日朝刊14版 20面
  29. ^ 松山英樹が波乱のプレーオフを制し、米国ツアー初優勝! - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年6月2日)
  30. ^ a b 朝日新聞 2014年6月8日朝刊14版 30面
  31. ^ 朝日新聞 2014年6月9日夕刊4版 8面
  32. ^ W杯ブラジル大会が開幕! 開会式にJ・ロペス登場  スポーツニッポン2014年6月12日配信
  33. ^ 亀田ジム 新会長の申請却下される デイリースポーツ(2014年6月16日)
  34. ^ 【BOX】亀田ジムの新会長申請認めず、JBC「新ジム設立か移籍が必要」 スポーツ報知(2014年6月16日)
  35. ^ 東日本協会、亀田側の新会長申請認めず/BOX SANSPO.COM(サンスポ)(2014年6月16日)
  36. ^ 亀田ジム新会長認めず=東日本協会「頭のすげ替え」-ボクシング 時事通信(2014年6月16日)
  37. ^ 亀田ジムの申請却下、河野vs亀田興は暗礁に Boxing News(ボクシングニュース)(2014年6月16日)
  38. ^ 亀田家「再出発」申請却下にボウ然 東京スポーツ(2014年6月17日)
  39. ^ 朝日新聞 2014年6月21日朝刊14版 24面
  40. ^ 今度は岩田寛がアルバトロス!25年ぶりの同一大会複数記録 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年6月21日)
  41. ^ <記録・国内男子>アルバトロス達成者一覧(記録が残る1985年以降) - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年6月21日)
  42. ^ 人生初アルバトロスも嘉数「複雑な気持ち」予選落ち - スポニチアネックス(2014年6月21日)
  43. ^ パーゴルフ. “竹谷佳孝がツアー初優勝をメジャー制覇で飾る!”. 2014年6月22日閲覧。
  44. ^ 現役 亀田興毅 オフィシャルブログ 「今」 (2014年7月4日)
  45. ^ 亀田興毅がUNITEDジム移籍を発表 Boxing News(ボクシングニュース)(2014年7月4日)
  46. ^ 亀田興毅、電撃移籍も日本で試合のできない公算大 THE PAGE(ザ・ページ) (2014年7月4日)
  47. ^ 活動停止状態の亀田興毅 新興ジムへの移籍を発表 東京スポーツ (2014年7月4日)
  48. ^ 亀田興毅の移籍は“勇み足”...肝心のJBCには知らされず 東京スポーツ (2014年7月6日)
  49. ^ ドイツ 7得点はW杯準決勝史上最多 6点差決着も初 - スポーツニッポン 2014年7月9日配信
  50. ^ クローゼ“因縁”ブラジル戦で金字塔 W杯通算最多16得点 - スポーツニッポン 2014年7月9日配信
  51. ^ 鳥飼、12カ月間出場停止 6月に器物損壊の疑いで現行犯逮捕 - スポニチアネックス(2014年7月10日)
  52. ^ 亀田興毅のジム移籍承認は先送り THE PAGE(ザ・ページ) (2014年7月11日)
  53. ^ 亀田興の移籍可否を保留=本人に説明求める-JBC 時事通信 (2014年7月11日)
  54. ^ 亀田興毅のUNITED移籍は保留 デイリースポーツ (2014年7月11日)
  55. ^ 興毅にJBCが聴取へ…ジム移籍難航、世界戦白紙も/BOX SANSPO.COM(サンスポ) (2014年7月12日)
  56. ^ 箱根駅伝 山の神記録消える…コース変更で5・6区参考扱い - スポニチアネックス(2014年7月29日)
  57. ^ 亀田興毅、極秘移籍交渉に失敗 THE PAGE(ザ・ページ) (2014年7月26日)
  58. ^ 興毅ピンチ…角海老ジム移籍計画消滅 デイリースポーツ (2014年7月27日)
  59. ^ 小関が女子世界タイ記録のV14、柴田も難なくV2 Boxing News(ボクシングニュース) (2014年8月2日)
  60. ^ 朝日新聞 2014年8月9日朝刊14版 29面
  61. ^ 船橋オート廃止を正式発表 選手会の声届かず、反対訴えは継続 - スポニチアネックス(2014年8月13日)
  62. ^ JBCが亀田興らからヒアリング MSN産経ニュース (2014年8月22日)
  63. ^ 亀田興、聴取受ける=ジム移籍問題で経緯説明-ボクシング 時事通信 (2014年8月22日)
  64. ^ 亀田興毅 ジムの移籍可否は25日の資格審査委員会で 東京スポーツ (2014年8月22日)
  65. ^ ボクシング 亀田興毅 オフィシャルブログ 「今」 (2014年8月22日)
  66. ^ 亀田 移籍問題でJBCからヒアリング「早く結論出てほしい」 スポニチアネックス (2014年8月23日)
  67. ^ 興毅JBCからヒアリング「結論早く」 デイリースポーツ (2014年8月23日)
  68. ^ 興毅移籍問題でJBCがヒアリング 日刊スポーツ (2014年8月23日)
  69. ^ 興毅は本当に謝罪したのか?JBCは「?」 東京スポーツ (2014年8月23日)
  70. ^ JBC 亀田興毅のボクシングライセンス更新を認めず 東京スポーツ (2014年8月25日)
  71. ^ 亀田興毅の国内復帰をJBCが却下 THE PAGE(ザ・ページ) (2014年8月25日)
  72. ^ 興毅のライセンス更新認めず JBCの資格審査委員会 スポニチアネックス (2014年8月25日)
  73. ^ JBC、興毅のジム移籍認めず スポーツ報知 (2014年8月25日)
  74. ^ JBC、興毅のライセンス更新を認めず/BOX SANSPO.COM(サンスポ) (2014年8月25日)
  75. ^ 亀田興毅の移籍は宙に、JBCライセンスの更新認めず Boxing News(ボクシングニュース) (2014年8月25日)
  76. ^ JBC 亀田のライセンス更新認めず MSN産経ニュース (2014年8月25日)
  77. ^ ボクシング:亀田興毅のライセンス更新認めず JBC 毎日新聞 (2014年8月25日)
  78. ^ 興毅ダメ!JBCライセンス更新認めず デイリースポーツ (2014年8月26日)
  79. ^ nikkansports.com. “延長50回、高校軟式野球ついに決着”. 2014年8月31日閲覧。
  80. ^ 延長50回制した中京が三浦学苑破り優勝”. 2014年8月31日閲覧。
  81. ^ 朝日新聞 2014年9月8日朝刊14版 13面
  82. ^ 試合・大会詳細 結果 第6回IBAF女子ワールドカップ
  83. ^ 朝日新聞 2014年9月20日朝刊14版 22面
  84. ^ 【アジア大会】競泳・冨田を追放処分 カメラ盗んだ疑い 報知新聞 2014年9月27日。
  85. ^ 冨田 資格停止1年5カ月 示談成立の被害者要請で軽減 - スポニチアネックス(2014年10月8日)
  86. ^ 朝日新聞 2014年9月29日朝刊14版 13面
  87. ^ ビアンキ 作業車に激突、意識不明のまま搬送 頭部緊急手術 - スポニチアネックス(2014年10月6日)
  88. ^ ビアンキ選手が死去 セナ以来の悲劇…昨年F1日本GPで事故 - スポニチアネックス(2015年7月18日)
  89. ^ 箱根駅伝距離 800メートル短かった…コース再計測で判明 - スポニチアネックス(2014年10月9日)
  90. ^ ホ・インヘがツアー記録の「-28」で日本初優勝! - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年10月12日)
  91. ^ a b 出雲大学駅伝 いったん予定通り開催発表も台風接近で中止 - スポニチアネックス(2014年10月13日)
  92. ^ 横浜国際女子マラソン消滅 財政難で11月開催の36回目で幕 - スポニチアネックス(2014年10月23日) ※2014年11月14日閲覧
  93. ^ 村主章枝が引退…8年ぶり好物プリン解禁「おいしい」 - スポニチアネックス(2014年11月14日)
  94. ^ さくら実った二人三脚、涙のミセス初V 獲得賞金は10億円突破 - スポニチアネックス(2014年11月24日)
  95. ^ 鈴木、香妻ら9人が初シード!不動は17年連続保持の賞金シード喪失 - スポニチアネックス(2014年11月24日)
  96. ^ 日本に資格停止処分=国際連盟から通告-バスケット 時事通信 2014年11月26日。
  97. ^ 葛西 最年長V更新!42歳5カ月、アマンと同点優勝「あり得ない」 - スポニチアネックス(2014年11月30日)
  98. ^ 早大競走部・渡辺駅伝監督が来年3月で退任 1月箱根が最後 - スポニチアネックス(2014年12月2日)
  99. ^ フリーブレイズが準V返上 表彰式で不適切な態度/アイスホッケー - サンケイスポーツ(2014年12月9日)
  100. ^ 銀メダル捨てたフリーブレイズ選手に研修会参加義務処分 - スポニチアネックス(2014年12月25日)
  101. ^ 故杉原氏、岡本さんらゴルフ殿堂入り 日刊スポーツ 2014年12月16日閲覧
  102. ^ 日本ゴルフ殿堂 第三回 日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者のご紹介。 日本プロゴルフ殿堂 2014年12月16日付
  103. ^ 埼玉で国際女子マラソン 横浜の後継大会、日本陸連 - スポニチアネックス(2014年12月22日) ※2014年12月23日閲覧
  104. ^ 亀田ジム会長、マネジャー ライセンス回復求めJBC提訴 - スポニチアネックス(2014年12月28日)
  105. ^ 町田、電撃引退 来年4月から早大大学院へ「研究者目指す」 - スポニチアネックス(2014年12月29日)
  106. ^ 井上尚 世界最速8戦目で2階級制覇!ナルバエスに2回KO勝ち スポニチアネックス 2014年12月30日
  107. ^ 高山、TKO勝ち!日本初の主要4団体制覇を達成 スポニチアネックス 2014年12月31日
  108. ^ 甲子園ボウル 関学大 日大下しV4 - スポニチアネックス(2014年12月14日)
  109. ^ 富士通 初優勝「今までチャンスがありながら…本当にうれしい」 - スポニチアネックス(2014年12月15日) ※2014年12月16日閲覧
  110. ^ 「ドバイワールドカップデー」 成績と映像 - 日本中央競馬会公式サイト(2014年3月30日)
  111. ^ 【オールエイジドS】(豪G1)~ハナズゴールが優勝 ラジオNIKKEI・競馬実況web(2014年4月26日)※2014年4月27日閲覧
  112. ^ a b 週刊ギャロップ臨時増刊 JRA重賞年鑑2014 p175 産業経済新聞社(2014年12月31日閲覧)
  113. ^ オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1)の結果 - 日本中央競馬会公式サイト(2014年4月27日)
  114. ^ ロンジン香港国際競走~結果と映像~ - 日本中央競馬会公式サイト(2014年12月14日)
  115. ^ 凱旋門賞(G1)の結果 - 日本中央競馬会公式サイト(2014年10月6日)
  116. ^ カイマーが完全優勝でメジャー2勝目 松山英樹は35位で終戦 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年6月16日)
  117. ^ マキロイが史上3番目の若さでメジャー3勝目! 松山&小田は39位 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年7月21日)
  118. ^ マキロイが貫禄のメジャー2連勝! 松山36位、小田41位 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年8月11日)
  119. ^ ウィがメジャー初制覇! 横峯さくらは7位フィニッシュ - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年6月23日)
  120. ^ マーティンがメジャーでツアー初制覇!宮里藍は崩れる - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年7月14日)
  121. ^ 朴仁妃が大会連覇&メジャー5勝目 リンシコムをプレーオフで下す - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年8月18日)
  122. ^ 米女子メジャーも史上3番目の年少優勝!19歳のキム・ヒョージュ - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年9月15日
  123. ^ モンゴメリーがプレーオフを制してシニアメジャー今季2勝目 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年7月14日)
  124. ^ シニアメジャー新記録!13打差でランガー逃げ切り - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年7月28日)
  125. ^ ランガーが13打差で優勝 全英シニアゴルフ最終日 - スポニチアネックス(2014年7月28日)
  126. ^ a b 小田孔明が初の賞金王!宮本勝昌が最終戦を制す - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年12月7日)
  127. ^ 同スコアで竹谷と李尚熹(イ・サンヒ、大韓民国の旗 韓国)が並んでいたが、李が11番グリーンでの違反行為により2打罰を受けたため竹谷の優勝となった(竹谷佳孝がメジャーの舞台でツアー初優勝 イ・サンヒは罰打に泣く - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年6月22日))。
  128. ^ 池田勇太が“日本一” 自画自賛?の逃げ切り優勝 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年10月19日)
  129. ^ 2014年度 年間獲得賞金ランキング(2014年11月30日現在) - 日本女子プロゴルフ協会(2014年12月8日閲覧)
  130. ^ 20歳の鈴木愛がメジャーでツアー初優勝 史上3番目の年少記録 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年9月14日)
  131. ^ 永井花奈が日本人アマでメジャー最高の単独3位!テレサ・ルーが初制覇 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年10月5日)
  132. ^ テレサ・ルーがプレーオフで穴井詩を制し、今季メジャー連勝を達成 - ゴルフダイジェスト・オンライン(2014年11月30日)
  133. ^ 可夢偉リタイア…ハミルトンが優勝、2度目の総合王者に - スポニチアネックス(2014年11月24日)
  134. ^ ルイスがロシアGP初代ウイナー、チームも初王座 - オートスポーツweb(2014年10月12日)※2014年11月24日閲覧
  135. ^ 雨を制したハミルトンが鈴鹿初V。ビアンキが搬送(3/3ページ) - オートスポーツweb(2014年10月5日)
  136. ^ 2014ル・マン24時間 決勝レース結果 - オートスポーツweb(2014年6月15日)] ※2014年6月16日閲覧
  137. ^ a b 前身の三洋電機ワイルドナイツ時代含む。
  138. ^ パナソニックで初V 王者サントリーの3連覇止めた! - スポニチアネックス(2014年2月12日)] ※2014年12月24日閲覧
  139. ^ 藤原、日本勢トップの4位 中本12位 福岡国際マラソン -スポニチアネックス(2014年12月7日)
  140. ^ 横浜国際女子マラソン 田中智美が初優勝、世界陸上代表へ前進 - スポニチアネックス(2014年11月16日)
  141. ^ 日本5年ぶり3度目のV 国際千葉駅伝 - 日刊スポーツ(2014年11月24日)
  142. ^ 世羅 歴代最多タイ8度目V!岩本監督「想定通りの展開」 - スポニチアネックス(2014年12月21日)
  143. ^ 大阪薫英女学院が初優勝 連覇を狙った豊川は6位 - スポニチアネックス(2014年12月21日)
  144. ^ 駒大4連覇、単独最多V!1区ツインズ対決制し独走 全日本大学駅伝 - スポニチアネックス(2014年11月2日)]
  145. ^ 立命大が4連覇 大学女子駅伝 - 日刊スポーツ(2014年10月26日)
  146. ^ デンソー 大会新で連覇達成!木崎激走もダイハツ悲願ならず - スポニチアネックス(2014年12月14日)
  147. ^ 立命大が全日本大学女子選抜駅伝2連覇!2位に大阪学院大 - サンケイスポーツ(2014年12月23日)
  148. ^ 元巨人投手、水沢薫氏が死去 早すぎる48歳、肝不全 - スポニチアネックス(2014年1月11日)
  149. ^ Tom Gola, a Philadelphia Hero, Dies at 81 New York Times JAN. 27, 2014
  150. ^ 訃報:坂崎一彦さん76歳=元プロ野球巨人・東映選手 毎日新聞 2014年1月29日付
  151. ^ 朝日新聞 2014年2月2日東京朝刊14版 27面
  152. ^ 森徹氏が死去…ミスターらとしのぎ削った早大4番、中日で2冠 - サンケイスポーツ(2014年2月7日)
  153. ^ 朝日新聞 2014年2月7日東京夕刊4版 17面
  154. ^ 人気プロレスラー・ロビンソン氏が死去、就寝中に急死か - サンケイスポーツ(2014年3月5日)
  155. ^ 元バルサ監督のビラノバ氏死去 - 日刊スポーツ(2014年4月26日)
  156. ^ 最高齢の五輪経験者が死去 106歳 - 日刊スポーツ(2014年5月2日) ※2014年5月3日閲覧
  157. ^ 引退したばかりのエレナ・バルタッチャが癌との闘病の末に死去 - THE TENNIS DIARY(2014年5月5日) ※2014年5月6日閲覧
  158. ^ 元グルノーブルGMの田部和良氏が死去 52歳 志半ばで - スポニチアネックス(2014年5月9日)
  159. ^ 1948年五輪金のパットン氏死去=陸上 - 時事通信(2014年5月16日) ※2014年5月17日閲覧
  160. ^ 元大関・魁傑が急死 66歳…八百長角界を浄化「クリーン魁傑」 - スポニチアネックス(2014年5月19日) ※2014年5月20日閲覧
  161. ^ NHK. “バレーの小島孝治元監督が死去”. 2014年5月27日閲覧。
  162. ^ 原貢氏が死去 原監督の父、79歳 7月に「お別れの会」 - スポニチアネックス(2014年5月31日) ※2014年8月9日閲覧
  163. ^ ドン・ジマー氏死去 東映でプレー、張本氏「熱い男だった」 - スポニチアネックス(2014年6月6日)
  164. ^ 朝日新聞 2014年6月11日夕刊4版 9面
  165. ^ 朝日新聞 2014年6月13日朝刊14版 36面
  166. ^ 朝日新聞 2014年6月14日朝刊14版 21面
  167. ^ 朝日新聞 2014年7月19日朝刊14版 24面
  168. ^ ルイス・ザンペリーニ氏死去 旧日本軍の元米国人捕虜 共同通信 2014年7月4日
  169. ^ 元巨人ドラ1 中井康之氏 がんで死去 - スポニチアネックス(2014年8月9日)
  170. ^ 元二所ノ関親方が死去 「ほらふき金剛」75年名古屋で平幕V - スポニチアネックス(2014年8月15日)
  171. ^ 力士暴力死事件で実刑 元時津風親方が死去 肺がん、64歳 - スポニチアネックス(2014年8月13日)
  172. ^ 元小結・龍虎さん死去…「料理天国」などタレント、俳優でも活躍 - スポニチアネックス(2014年8月31日)
  173. ^ 済美 上甲正典監督が死去 67歳、胆道がん…センバツ2度制覇 - スポニチアネックス(2014年9月2日)
  174. ^ 川島正行調教師の逝去について(訃報) - 船橋競馬公式サイト(2014年9月7日)
  175. ^ 坂井義則氏が死去、69歳 東京五輪で最終聖火ランナー - スポニチアネックス(2014年9月10日)
  176. ^ ドカベン香川伸行氏 急死 浪商で「甲子園のスター」まだ52歳 - スポニチアネックス(2014年9月27日)
  177. ^ 元F1ドライバー・チェザリス氏が死去 バイク事故で即死 - スポニチアネックス(2014年10月6日)
  178. ^ “ミスターオート”飯塚将光氏死去 - サンスポオート予想王(2014年10月12日)
  179. ^ 元日本代表・奥大介氏が死去 38歳、宮古島で交通事故 - スポニチアネックス(2014年10月17日)
  180. ^ オックス・ベーカーさん死去 80歳…怪物的ヒール 映画出演も - スポニチアネックス(2014年10月21日)
  181. ^ 豪のクリケット選手死亡 まれな事故に衝撃 - 共同電(2014年11月27日)
  182. ^ 射撃の蒲池猛夫さん死去 ロス五輪・日本人最年長48歳金 - スポニチアネックス(2014年12月9日)
  183. ^ 訃報:平形ひろみさん46歳=プロゴルファー - 毎日新聞(2014年12月15日) ※2014年12月23日閲覧