1933年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アイスホッケー[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

できごと

  • この年から、天竜三郎たちの関西角力協会の存在を意識して、関西地方で行っていた本場所を廃止、東京のみの年2回開催とする。
  • 春場所前に、前年の春秋園事件で脱退した力士たちのうち、半数近くが復帰したので、春場所番付では、「別席」として別立ての番付を発表した。「別席」力士には序列がつかなかったので、十両では別席同士の綾昇と番神山とが同点で並び、初の優勝決定戦が行われた。

幕内最高優勝

十両優勝

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

イギリスの「デーリー・テレグラフ」紙の選考による当時の男子世界ランキングで、1位ジャック・クロフォード、2位フレッド・ペリーに続き、日本佐藤次郎が3位にランクされる。佐藤は全仏選手権の準々決勝でペリーを破り、ウィンブルドン選手権でも2年連続の準決勝に進出した。ウィンブルドンの男子ダブルスでは布井良助とペアを組んで準優勝。

野球[編集]

日本[編集]

中学野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]