大平剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大平 剛
基本情報
本名 大平 剛
階級 ミニマム級
身長 160cm
リーチ 164cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1984-09-10) 1984年9月10日(33歳)
出身地 神奈川県横浜市
スタイル ボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 13
KO勝ち 1
敗け 6
引き分け 3
テンプレートを表示

大平 剛(おおだいら ごう、1984年9月10日 - )は、日本男性プロボクサー。第26代日本ミニマム級王者。花形ボクシングジム所属。

人物[編集]

神奈川県川崎市で生まれ、後に横浜市に移住[1]。兄2人もプロボクサーで長兄は大橋ジムに所属した大平淳、次兄は北澤ジム所属の大平卓。法政大学第二高等学校3年でボクシングと出会い、法政大学在学中にライセンス取得[1]

来歴[編集]

2006年2月8日、後楽園ホールで大竹雄大と対戦し、4回1-1(39-38、37-39、39-39)の判定でデビュー戦を引き分けた。

2006年9月4日、後楽園ホールで高島昌良と対戦し、4回3-0(40-37、39-37、39-38)の判定勝ちを収めプロ初勝利を飾った。

2006年12月15日、横浜文化体育館で太田光亮と対戦し、4回3-0(3者共に39-38)の判定勝ちを収めた。

2009年5月22日、後楽園ホールで保科芳和と対戦し、プロ初黒星となる4回0-3(36-40、2者が37-39)の判定負けを喫し2年5ヵ月ぶりの試合を勝利で飾れなかった。

2009年10月10日、国立代々木競技場第二体育館でこの試合がデビュー戦となった安慶名健と対戦し、4回1-2(37-39、38-39、39-38)の判定負けを喫した。

2010年4月6日、後楽園ホールで濱田健一郎と対戦し、4回3-0(2者が40-37、39-38)の判定勝ちを収めた。

2010年9月28日、後楽園ホールで原隆二と対戦し、4回0-3(2者が37-40、38-39)の判定負けを喫した。

2011年4月26日、後楽園ホールで田村瑞樹とライトフライ級4回戦で対戦し、4回3-0(3者共に40-37)の判定勝ちを収めた。

2011年9月24日、つくばカピオで鈴木翔とライトフライ級6回戦で対戦し、6回3-0(2者が58-56、57-56)の判定勝ちを収めた。

2012年4月10日、後楽園ホールで嶋津健人とミニマム級6回戦で対戦し、6回1-1(58-57、57-58、57-57)の判定で引き分けた。

2012年7月3日、後楽園ホールで栗原俊博とライトフライ級5回戦で対戦し、プロ初のKO勝ちとなる5回2分3秒TKO勝ちを収めた。

2012年10月8日、後楽園ホールで日本ミニマム級7位の安慶名健とミニマム級8回戦で対戦し、7回37秒1-1(66-67、67-66、67-67)の負傷判定で引き分けた。安慶名との3年ぶりの再戦は自身3度目の引き分けとなった。

2012年12月14日、後楽園ホールでWBC世界ミニマム級15位の國重隆と48.5 Kg契約6回戦で対戦し、6回3-0(59-56、58-56、58-57)の判定勝ちを収めた[2]。世界ランカーの國重に勝利したことが評価され、大平は東日本ボクシング協会の2012年12月度の月間新鋭賞に選出された[3]

2013年6月2日、ふじさんめっせOPBF東洋太平洋ミニマム級11位・日本ミニマム級2位として北原和馬とミニマム級8回戦で対戦し、8回3-0(80-71、79-72、79-73)の判定勝ちを収めた。

2014年1月17日、後楽園ホールで行われたチャンピオンカーニバルに於いて原隆二の王座返上に伴う日本ミニマム級王座決定戦でOPBF東洋太平洋ミニマム級4位・日本ミニマム級1位としてOPBF東洋太平洋ミニマム級8位・日本ミニマム級2位の多打魔炸獅と対戦し、10回3-0(99-92、2者が98-92)の判定勝ちを収めプロ15戦目にして悲願の日本王座獲得に成功した[4][5]。この試合に勝利し日本王座を獲得したことが評価され、大平は東日本ボクシング協会の2014年1月度の月間敢闘賞に選出された[6]

2014年6月9日、後楽園ホールで日本ミニマム級1位の岩橋裕馬と対戦し、10回2-0(97-93、96-94、95-95)の判定勝ちを収め、日本王座の初防衛に成功した[7]

2014年11月15日、WBOは最新ランキングを発表し、大平はWBO世界ミニマム級2位にランクインした[8][9]

2014年11月25日、フランシスコ・ロドリゲス・ジュニアの王座返上に伴い空位となったIBF世界ミニマム級王座決定戦をIBF世界ミニマム級3位の高山勝成と行うと発表した[10]

2014年12月15日、WBOは最新ランキングを発表し、大平のランキングに変動はないもののフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアの王座返上に伴いWBO世界ミニマム級王座が空位となった[11][12]

2014年12月31日、大阪府立体育会館でIBF・WBO世界ミニマム級王座決定戦でIBF世界ミニマム級3位、WBO世界ミニマム級1位の高山勝成と行い、レフェリーストップによる7回2分24秒TKO負けを喫しIBF、WBO王座の獲得に失敗した[13]

2015年1月10日、WBOは最新ランキングを発表し、上述の高山戦で敗れ王座獲得に失敗した大平はWBO世界ミニマム級ランキングから除外された[14][15]

2015年3月26日、後楽園ホールで日本ミニマム級1位の岨野豊と対戦し、10回3-0(3者とも96-94)の判定勝ちを収め再起と共に日本王座の3度目の防衛に成功した。

2015年9月1日、日本ミニマム級王座を返上した[16]

2016年3月3日、ナコーンラーチャシーマー県でWBC世界ミニマム級王者ワンヒン・ミナヨーティンと対戦し、5回2分TKO負けを喫しまたも王座獲得に失敗した[17]

2016年12月14日、ナコーンラーチャシーマー県でスファキット・カンファと50.0kg契約8回戦を行い、8回判定勝ちを収め再起を果たした[18]

2017年2月7日、WBAは最新ランキングを発表し、大平をWBA世界ミニマム級15位にランクインした[19][20]

2017年3月1日、チョンブリー県でWBA世界ミニマム級王者のノックアウト・CPフレッシュマートと対戦し、5回1分7秒TKO負けを喫しまたも王座獲得に失敗した[21][22][23][24]

2017年3月17日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のノックアウト戦に敗れ王座獲得に失敗した大平をWBA世界ミニマム級ランキングから除外した[25]

戦績[編集]

  • プロボクシング:22戦 13勝(1KO) 6敗 3分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年2月8日 引分 4R 判定1-1 大竹雄大(輪島S) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2006年9月4日 勝利 4R 判定3-0 高島昌良(横浜光) 日本の旗 日本
3 2006年12月15日 勝利 4R 判定3-0 太田光亮(大橋) 日本の旗 日本
4 2009年5月22日 敗北 4R 判定0-3 保科芳和(横田S) 日本の旗 日本
5 2009年10月10日 敗北 4R 判定1-2 安慶名健(横浜光) 日本の旗 日本
6 2010年4月16日 勝利 4R 判定3-0 濱田健一郎(横浜さくら) 日本の旗 日本
7 2010年9月28日 敗北 4R 判定0-3 原隆二(大橋) 日本の旗 日本
8 2011年4月26日 勝利 4R 判定3-0 田村瑞樹(ドリーム) 日本の旗 日本
9 2011年9月24日 勝利 8R 判定3-0 鈴木翔(角海老宝石) 日本の旗 日本
10 2012年4月10日 引分 6R 判定1-1 嶋津健人(野口) 日本の旗 日本
11 2012年7月3日 勝利 5R 2:03 TKO 栗原俊博(新日本北村) 日本の旗 日本
12 2012年10月8日 引分 7R 0:37 負傷判定1-1 安慶名健(横浜光) 日本の旗 日本
13 2012年12月4日 勝利 8R 判定3-0 國重隆(ワタナベ) 日本の旗 日本
14 2013年6月2日 勝利 8R 判定3-0 北原和馬(畑中) 日本の旗 日本
15 2014年1月17日 勝利 10R 判定3-0 多打魔炸獅(TI山形) 日本の旗 日本 日本ミニマム級王座決定戦
16 2014年6月9日 勝利 10R 判定2-0 岩橋裕馬(森岡) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
17 2014年9月24日 勝利 10R 判定3-0 山本浩也(全日本パブリック) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
18 2014年12月31日 敗北 7R 2:24 TKO 高山勝成(仲里) 日本の旗 日本 IBFWBO世界ミニマム級王座決定戦
19 2015年2月17日 勝利 10R 判定3-0 岨野豊(T&T) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
20 2016年3月3日 敗北 5R 2:00 TKO ワンヒン・ミナヨーティン タイ王国の旗 タイ WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
21 2016年12月14日 勝利 8R 判定3-0 スファキット・カンファ タイ王国の旗 タイ
22 2017年3月1日 敗北 5R 1:07 TKO ノックアウト・CPフレッシュマート タイ王国の旗 タイ WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

受賞歴[編集]

  • 東日本ボクシング協会 2012年12月度 月間新鋭賞
  • 東日本ボクシング協会 2014年1月度 月間敢闘賞

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “日本ミニマム級王座決定戦に出場する大平 剛さん”. タウンニュース. (2014年1月16日). http://www.townnews.co.jp/0104/2014/01/16/221158.html 2014年1月28日閲覧。 
  2. ^ 冨山、5ポイント差守れず大塚とドロー Boxing News(ボクシングニュース) 2012年12月4日
  3. ^ 12月の月間賞決定 最優秀は金子 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年1月8日
  4. ^ 大平が新王者に、日本ミニマム級決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月17日
  5. ^ “大平剛が完勝 日本王座獲得/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2014年1月17日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140117-1245460.html 2014年1月28日閲覧。 
  6. ^ MVP中谷、技能賞は大平、1月の月間賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月5日
  7. ^ 大平が日本ミニマム級初防衛、岩橋に2-0判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月9日
  8. ^ WBO Ranking Nov. 2014 WBO公式サイト 2014年11月15日
  9. ^ 高山勝成1位、大平剛2位 WBO最新ランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月18日
  10. ^ 高山勝成vs大平剛、大みそかIBFミニマム級決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月25日
  11. ^ WBO RANKING DEC. 2014 WBO公式サイト 2014年12月15日
  12. ^ 宮崎、松本、粟生がWBOランク入り、赤穂はB級1位 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月18日
  13. ^ 高山勝成4団体目のベルト IBF・WBOミニマム級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月1日
  14. ^ WBO RANKING JAN. 2015 WBO公式サイト 2015年1月10日
  15. ^ WBO最新ランキング発表、月間MVPは井上尚弥 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年1月13日
  16. ^ 日本ミニマム級王者、大平剛がタイトル返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月2日
  17. ^ 大平剛は5回TKO負け、タイでワンヘンに完敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月3日
  18. ^ 丸田陽七太WBCユース年間MVP、大平剛は再起成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月14日
  19. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年2月7日
  20. ^ 久保隼&太尊康輝らがWBAランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月7日
  21. ^ Niyomtrong retained his WBA title via KO Fightnews.com 2017年3月1日
  22. ^ Niyomtrong retained his WBA title via KO WBA公式サイト 2017年3月1日
  23. ^ 大平は5回TKO負け WBA世界ミニマム級 鬼門タイでまたしても… スポニチアネックス 2017年3月1日
  24. ^ 大平剛はTKO負け、WBAミニマム級王座獲得失敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月1日
  25. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年3月17日

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
原隆二
第26代日本ミニマム級王者

2014年1月16日 - 2015年9月1日(返上)

空位
次タイトル獲得者
福原辰弥