弘蘇云

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
弘 蘇云
基本情報
本名 Choong-Bok Hong[1]
通称 Haeng-Bok Hong[1]
階級 ライトフライ級
身長 160cm[1]
リーチ 160cm[1]
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1987-02-09) 1987年2月9日(30歳)[1]
スタイル サウスポー[1]
プロボクシング戦績
総試合数 17
勝ち 15
KO勝ち 7
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

弘 蘇云[2](ホン・ソヨン、: 홍 서연: Su-Yun Hong1987年2月9日 - )は、大韓民国女子プロボクサー。第3代WBO女子世界ミニフライ級王者、第4代WBO女子世界ライトフライ級王者。

来歴[編集]

2010年1月29日、安城の斗源工科大学安城キャンパスで金智淑と対戦し、3-0(40-36、40-36、39-37)の判定勝ちを収めた。

2011年4月29日、礼山郡櫻田由樹と対戦し、プロ初のKO勝ちとなる3回1分53秒TKO勝ちを収めた。

2012年4月29日、礼山郡でファープラタン・ルークサイコンディンWIBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、4回40秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年6月28日、マカオで[世界ボクシング機構|WBO]]女子世界ミニマム級王者ティラポン・パンミニッと対戦し、3-0(99-91、97-93、98-92)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年4月27日、晋州ブアンガン・ワンソンチャイジムと対戦し、5回1分40秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2013年8月18日、ソウルで元WBA女子世界アトム級王者の安藤麻里と対戦し、2-1(94-96、99-91、98-92)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2014年2月9日、春川山田真子と対戦し、プロ初黒星となる1-2(94-96、93-97、97-96)の判定負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した[3]

2014年8月30日、再起戦としてキム・ダンビと対戦するも引き分け。

2014年10月9日、旌善郡馬麗WIBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、3-0(97-93、99-93、100-92)の判定勝ちを収め世界王座返り咲きに成功した。

WIBA王座4度防衛後、2017年5月14日、島津アリーナ京都にて初の世界挑戦として小澤瑶生とのWBO女子世界ライトフライ級王座決定戦に挑み、2-1判定でWBO2階級制覇達成[4]

戦績[編集]

  • 17戦15勝(7KO)1敗 1分

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Su-Yun Hong - Boxrec”. Boxrec.com. 2013年3月4日閲覧。
  2. ^ 歴代世界王者一覧表 (PDF)”. 日本ボクシングコミッション. 2016年10月24日閲覧。
  3. ^ “女복싱 세계챔프 홍서연 '3차 방어' 실패”. 뉴스1. http://news1.kr/articles/1531229 
  4. ^ “小澤瑶生は惜敗、WBO女子LF級王座獲得ならず”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年5月14日). http://boxingnews.jp/news/47598/ 2017年5月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


第6代WIBA世界ライトフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:アナスタシア・トクタロヴァ
2012年4月29日 - 2014年(返上) 空位
(次タイトル獲得者:弘蘇云
第3代WBO女子世界ミニフライ級王者
在位期間
ティラポン・パンミニッ 2012年6月28日 - 2014年2月9日 山田真子
第7代WIBA世界ライトフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:弘蘇云
2014年10月9日 - 現在 N/A
第4代WBO女子世界ライトフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:ルイサ・ホートン
2017年5月14日 - 現在 N/A