小澤瑶生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小澤 瑶生
基本情報
本名 小澤 瑶生
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-05-16) 1985年5月16日(33歳)[1][2]
出身地 長野県辰野町[1]
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 12
KO勝ち 4
敗け 4
テンプレートを表示

小澤 瑶生(おざわ たまお、1985年5月16日 - )は、日本プロボクサー。第5代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者。フュチュール所属。

来歴[編集]

長野県出身。大学まではバスケットボール選手だった。佐久長聖高校でウィンターカップ、拓殖大学でインカレベスト4、オールジャパンを経験。大学の同期に天津希ら。

卒業後は就職するも、2010年にエクササイズ目的でフュチュールに入門してボクシングを始める[3]。まずアマチュアに籍を置き2011年には全日本女子選手権にてベスト4まで進むが、東日本大震災のため中止[4]。ロンドンオリンピック強化合宿にも参加[5]

2011年8月28日、大阪よみうり文化ホールでマイムアン・シットクルシンとプロデビュー戦を行い、2-0(39-38、39-38、38-38)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2013年2月9日、玉森麻保とG Legendスーパーフライ級初代王座決定戦を行い、2-0(59-55、59-56、58-58)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年8月24日、大阪府立体育会館第2競技場でOPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者川西友子と対戦し、プロ初黒星となる初回1分51秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[6]

12月14日、アゼリア大正にてタンヤコーン・ソー・タンマチャックとノンタイトル8回戦を行い、3-0(78-74、78-75、77-74)の判定勝ちを収め再起を果たした。

2014年3月3日、後楽園ホールでの「G Legend 6」にてカイ・ジョンソンG Legendスーパーフライ級チャンピオンシップを行い、1回にダウンを奪うが、2回にダウンを奪われ、2回1分14秒TKO負けを喫しG Legend王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[7]

2014年9月20日、アゼリア大正にて前の試合で高野人母美にプロ初黒星を付けたカイ・ジョンソンとノンタイトル8回戦を行い、2-1(77-76、77-76、76-77)の判定勝ちを収め6ヵ月ぶりの再戦で雪辱を果たした[8]

2015年4月3日、大阪府立体育会館第2競技場で川西友子の引退に伴いぬきてるみ(貫輝美より改名)とOPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦を行い、2-1(77-76、76-77、77-75)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[9]

2015年9月16日、島津アリーナ京都にてカレアン・リバスとノンタイトル6回戦を行い、3-0判定で勝利[10]

2015年12月19日、初となる海外試合としてスリランカコロンボのマハラジャTVステインスタジオでグレーペッ・ルークムアンカンとノンタイトルを行い、3回終了TKO勝利[11]

2016年5月15日、メキシコシティでWBC女子インターナショナルスーパーフライ級王座と同級世界王座挑戦権を懸けて元WBC世界王者マリアナ・フアレスと対戦[12]。しかし、試合は90-100×3のフルマークで敗れる[13]

2016年8月24日、島津アリーナ京都にてスーダ・サックナロンを4回TKOで退け再起を果たす[14]

2016年12月31日、島津アリーナ京都にて小関有希と対戦し3-0に判定で勝利[15]

2017年5月14日、島津アリーナ京都にて初の世界挑戦として元WBO女子世界ミニマム級王者の弘蘇云とのWBO女子世界ライトフライ級王座決定戦に挑む[16]が、1-2判定で敗れ世界初挑戦失敗[17]

戦績[編集]

  • プロボクシング:16戦 12勝 4KO 4敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2011年8月28日 勝利 4R 判定3-0 マイムアン・シットクルシン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2012年2月19日 勝利 2R 1:33 KO 千葉とも子(ワールドスポーツ) 日本の旗 日本
3 2012年6月22日 勝利 3R 1:01 TKO 隣井朝子(井岡) 日本の旗 日本
4 2012年9月16日 勝利 6R 判定3-0 玉森麻保(エディタウンゼント) 日本の旗 日本
5 2013年2月9日 勝利 6R 判定2-0 玉森麻保(エディタウンゼント) 日本の旗 日本 G Legendスーパーフライ級初代王座決定戦
6 2013年8月24日 敗北 1R 1:51 TKO 川西友子(大阪帝拳) 日本の旗 日本 OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
7 2013年12月14日 勝利 8R 判定3-0 タンヤコーン・ソー・タンマチャック タイ王国の旗 タイ
8 2014年3月3日 敗北 2R 1:14 TKO カイ・ジョンソン(竹原&畑山) 日本の旗 日本 G Legendスーパーフライ級チャンピオンシップ
9 2014年9月20日 勝利 8R 判定2-1 カイ・ジョンソン(竹原&畑山) 日本の旗 日本
10 2015年4月3日 勝利 8R 判定2-1 ぬきてるみ(井岡弘樹) 日本の旗 日本 OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦
11 2015年9月16日 勝利 6R 判定3-0 カレアン・リバス フィリピンの旗 フィリピン
12 2015年12月19日 勝利 3R終了 TKO グレーペッ・ルークムアンカン タイ王国の旗 タイ
13 2016年5月15日 敗北 10R 判定0-3 マリアナ・フアレス メキシコの旗 メキシコ WBC女子インターナショナルスーパーフライ級タイトルマッチ
14 2016年8月24日 勝利 4R 0:12 TKO スーダ・サックナロン タイ王国の旗 タイ
15 2016年12月31日 勝利 6R 判定3-0 小関有希(協栄) 日本の旗 日本
16 2017年5月14日 敗北 10R 判定1-2 弘蘇云 大韓民国の旗 韓国 WBO女子世界ライトフライ級王座決定戦
テンプレート

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b フュチュール. “選手紹介「小澤 瑶生」”. 2013年2月13日閲覧。
  2. ^ Tamao Ozawa”. Boxrec.com. 2013年2月13日閲覧。
  3. ^ “チャンピオンは美女だらけ! 世界で活躍する4人のボクサー”. 週刊朝日. (2015年9月27日). https://dot.asahi.com/wa/2015092400076.html 
  4. ^ フュチュール. “アマチュア選手 活動実績”. 2013年2月13日閲覧。
  5. ^ “第1次ロンドンオリンピック女子強化合宿の終了について(報告)” (プレスリリース), 社団法人日本アマチュアボクシング連盟, (2011年5月16日) 
  6. ^ “川西戦慄のTKO防衛 女子OPBF戦”. Boxing News. (2013年8月25日). http://boxingnews.jp/news/5664/ 
  7. ^ “宮尾は5R KOで4度目の防衛に成功!小関は9R TKO勝利で13度目の防衛に成功!柴田が初防衛に成功!【試合結果】宮尾綾香、小関桃、柴田直子 三大世界タイトルマッチ開催! 〜3.3 G-Legend 6”. Lady Go!. (2014年3月3日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8231635.html 
  8. ^ “池山が初防衛に成功!池原シーサーが新王者に!小澤がリベンジに成功!【試合結果】池山直vs秋田屋まさえ、池原シーサー久美子vsグレッチェン・アバニエル 〜9.20 WBO女子ダブル世界戦!”. Lady Go!. (2014年9月20日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8469449.html 
  9. ^ 女子の小澤瑶生がOPBFタイトル獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月4日
  10. ^ 小澤瑶生が判定勝利【試合結果】OPBF王者の小澤がノンタイトル戦☆小澤瑶生vsカレアン・リバス☆9.16 LIVE BOXIMG 2015 W日本タイトル初防衛戦@島津アリーナ京都”. Lady Go!. 2015年9月18日閲覧。
  11. ^ “池山直がスリランカでV3、WBO女子アトム級”. boxing News. (2015年12月20日). http://boxingnews.jp/news/33234/ 
  12. ^ “小澤瑶生&フアレス計量パス、あすメキシコでゴング”. boxing News. (2016年5月14日). http://boxingnews.jp/news/37511/ 
  13. ^ “小澤瑶生フルマーク負け、あす久保隼がOPBF防衛戦”. boxing News. (2016年5月15日). http://boxingnews.jp/news/37550/ 
  14. ^ “大森将平がWBC5位にKO勝ち、世界ランク復帰濃厚”. Boxing News. (2016年8月24日). http://boxingnews.jp/news/40246/ 
  15. ^ 小澤瑶生が判定3-0で勝利【試合結果】小関有希vs小澤瑶生☆12.31 WBA&IBFダブルタイトルマッチ☆京都・島津アリーナ” (2016年12月31日). 2017年2月6日閲覧。
  16. ^ “小沢瑶生5・14京都で初の世界戦 韓国の弘蘇云とWBO王座決定戦”. デイリースポーツ. (2017年3月15日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/03/15/0010001879.shtml 2017年4月2日閲覧。 
  17. ^ “小澤瑶生は惜敗、WBO女子LF級王座獲得ならず”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年5月14日). http://boxingnews.jp/news/47598/ 2017年5月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
2013年創設
初代G Legendスーパーフライ級王者

2013年2月9日 - 2014年3月3日

次王者
カイ・ジョンソン
空位
前タイトル保持者
川西友子
第5代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者

2015年4月3日 - 2017年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ぬきてるみ