この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

黒木優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒木 優子
基本情報
本名 黒木 優子
通称 玄海の舞姫
殴り屋系女子[1]
ボクシング界のゆうこりん[2]
階級 アトム級
身長 154cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-03-28) 1991年3月28日(27歳)
出身地 福岡県福岡市[3][4]
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 18
KO勝ち 8
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

黒木 優子(くろき ゆうこ、1991年3月28日 - )は、日本プロボクサータレント[5]福岡県福岡市出身[3][4]。スタイルはサウスポー。身長154cm。血液型はA型。YuKOフィットネスボクシングジム所属。マネジメントはオフィスコットン。第6代WBC女子世界ミニフライ級王者。初代WBC女子世界アトム級ユース王者中村学園大学短期大学部卒業。

来歴

3歳よりスキーを始め、小2よりアルペンスキー選手として活躍[6]中村学園女子高等学校では2年連続で国体インターハイに出場した。小学生時代に福岡ジュニア選手権で競った同学年のライバルにバンクーバーソチ平昌オリンピックモーグル日本代表の村田愛里咲がいた。

ボクシングを始めたのは中学2年のとき、警察官である父がトレーニングとして行っていたボクシングを勧められ、エクササイズ目的としてフィットネス専門のボクシングジムに通う。その後、試合に出たい気持ちが強くなり、さらに「スキーでは雪国の選手には敵わないから」という理由でボクシングに専念することを決めた[7]

2008年JBCの女子公認の情報を受けてボクサーを目指すため(元日本スーパーフライ級ランカー関博之が会長を務め、有永政幸らを輩出した)関ボクシングジムに移籍して、同年4月15日に福岡で初めて開かれたプロテストを受験してプロライセンスを取得。

2008年6月15日、福岡市九電記念体育館にてエキシビションに参加。

ボクサーデビュー

2008年12月20日、ももち体育館での西田久美子マナベ)戦で、それまでの小林悠梨を抜いて17歳8か月のJBC女子最年少(当時。2010年に山田紗暉、現在は四宮菊乃が更新)デビュー。同門の奈須辰之ら男子の8回戦をも抑え、女子のデビュー戦としては破格とも言えるメインイベントに抜擢される。1回でダウンを喫して敗れたものの、元世界ランカー相手に0-2判定に持ち込んだ。

2009年、中村学園女子高校を卒業、中村学園大学短期大学部(食物栄養学科)に進学。

2009年4月5日、クローバープラザにて横関夏芽)を3-0判定で退け初勝利を上げる。

2009年6月26日、プロ3戦目「G Legend 2」で後楽園ホールに初登場。元アマチュア王者で後のIBF女子世界ジュニアフライ級王者柴田直子ワールドS)に左カウンターと軽快なフットワークを見せたが、バッティングによる減点も影響し0-2の判定負け。

2009年12月19日、福岡市九電記念体育館でのセミファイナルにてポーランド系カナダ人[7]で韓国フライ級4位のエイミー・ベレゾウスキーに1回TKO勝ち。

2010年5月23日、アクシオン福岡のメインイベントで中国ライトフライ級3位[7]の劉大琳(リゥ・ダ・リン)と対戦し、4回3-0の判定勝ち。

2010年10月17日、福岡県立久留米体育館で同い年の元アマチュア王者リンクス中原(久留米櫛間)と対戦し、4回3-0の判定勝ち。OPBF女子東洋太平洋アトム級10位にランクされる。

2010年12月26日、福岡市九電記念体育館で中国フライ級2位[7]の刘琦(リウ・チー、中華人民共和国の旗 中国)を相手に初の6回戦に挑み、1回と3回にダウンを奪いKO勝利。WBC世界アトム級25位にランクされる。

2011年3月、中村学園短期大学を卒業。

2011年5月8日、アクシオン福岡にて初の8回戦としてOPBF女子東洋太平洋ミニフライ級8位の金奈暻(キム・ナギョン、大韓民国の旗 韓国)を3回TKOで下し、初の連続KO勝利。

ユース王座獲得

7月8日、福岡市九電記念体育館での興行「亀田三兄弟全国行脚 弐 in 福岡」にてそれまで6戦無敗だったノンキャット・ロンリエンキラコラートとのWBCユース・世界アトム級タイトルマッチ10回戦に挑む。2回と4回にダウン奪い、1分56秒レフェリーストップTKOで勝利。女子としてはもちろんのこと、(1980年代半ば東日本協会会長務めた新日本木村ジム初代会長木村七郎の強い働きかけで)JBC解禁後初の世界ユース奪取となった(日本での奪取は2002年の杉田真教以来だが、杉田はJBCに認められず、メインで防衛した亀田和毅亀田)の王座は公認前にメキシコで獲得したものである)。この試合は7月12日のTBS深夜枠にて亀田和毅・大毅の試合、さらにタイで行われた粉川拓也宮田)の世界戦と合わせて録画中継された(RKBTBSチャンネルでも放送)。

12月25日、福岡市九電記念体育館でのOPBF東洋太平洋アトム級王者で2度の世界王座挑戦歴のあるアマラー・ゴーキャットジムタイ王国の旗 タイ)とのノンタイトル10回戦に出場。当初はユース王座の防衛戦を予定していた[6]。B級昇格後は全試合4回までのKO勝利だった黒木にとって5回以上を初めて戦うことになったが、最終10回まで優勢に進め3-0判定勝利。小関桃(青木)が持つWBC世界同級王座挑戦権を獲得した。

しかし、その試合を最後に「方向性の違い」からジムを離脱し、個人で練習を続けていた[8]

移籍

2012年、九州初の女子プロボクサー古賀友子がJR博多駅前に設立したYuKOフィットネスボクシングジムに移籍。トレーナーは元帝拳所属プロボクサーの西尾誠。

10月7日にフードパル熊本でエキシビションを行った後、移籍後の初戦は11月16日に後楽園ホールでのセミとして47kg契約で東洋太平洋4位の小田美佳(宮田)と対戦[9](メインは同じ九州出身である飛天かずひこの8回戦)。試合は2回TKOで相手を倒し、1年近いブランクを感じさせない勝利で飾った。

世界王座初挑戦

2013年3月3日、後楽園ホールにおける「G Legend 5」にてトリプル世界戦の一戦として世界初挑戦が決まり、多田悦子が持つWBA女子世界ミニマム級王座に挑む[10]。それまでの安藤麻里フュチュール)を上回る21歳11ヶ月3日での女子最年少世界王座を目指したが、0-3大差判定で王座奪取に失敗、約3年8ヶ月ぶりの黒星となった[11]

再起戦

6月24日、WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ、宮尾綾香 vs 安藤麻里2のアンダーカードとして小関桃が持つWBC女子世界アトム級王座に挑戦した経験がある花形冴美花形)と対戦[12]。試合は0-3判定で敗れ初の連敗となった[13]

東洋太平洋王座挑戦

12月3日、OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦として花形冴美とダイレクトリマッチで争う[14]。試合は三者三様の引き分けで王座獲得ならず。この年限りで西尾トレーナーが三迫ボクシングジムへ移籍。古賀会長が暫定的にトレーナーを兼任することに。

2014年3月16日、福岡市九電記念体育館にて世界前哨戦と銘打ち、前の試合でサムソン・トー・ブワマーッのWIBA王座に挑戦したWBC世界アトム級13位アイサー・アリコ(フィリピンの旗 フィリピン)と対戦[15]。約2年4ヶ月ぶりで移籍後は初となる地元福岡での試合は3回TKOで1年4ヶ月ぶりの勝利を上げ、未勝利を3で止めた[16]

世界王座獲得

5月17日、大阪・アゼリア大正にて安藤麻里が持つWBC女子世界ミニフライ級王座に挑戦[17]。試合は3-0の判定で勝利し2度目の挑戦で初の世界タイトル獲得を果たした[18]

世界王座防衛

初防衛

11月1日、地元のアクロス福岡にて元IBF王者でWBC2位のカティア・グティエレスメキシコの旗 メキシコ)を迎え初防衛戦[19]。試合は得意の左ストレートが発揮できなかったものの、冷静に距離を取って2-1の判定で辛くも初防衛成功[20][21]

2度目の防衛

2015年5月9日、大阪府豊中市アクア文化ホールにて12位の秋田屋まさえ(ワイルドビート)相手に2度目の防衛戦。3-0の判定で2度目の防衛に成功した[22][23]

8月16日、九電記念体育館にてカニタ・サックナロン(タイ王国の旗 タイ)と48kg契約ノンタイトル8回戦ノンタイトル[24]。3回43秒レフェリーストップTKOで勝利、1年5か月ぶりのKO勝利で飾る[25][26]

3度目の防衛

12月20日、福岡市九電記念体育館にてにて前IBF王者[注 1]でWBC4位のナンシー・フランコメキシコの旗 メキシコ)を迎え、3度目の防衛戦[28][29][注 2]。試合は3-0の判定で勝利し3度目の防衛に成功[31]。この試合はテレビ西日本にて当日深夜枠で録画中継された(解説:長谷川穂積、実況:坂梨公俊[32][注 3]

4度目の防衛

2016年2月より東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者高野人母美協栄)がモデルとして所属するオフィスコットンとマネジメント契約を結び、高野同様芸能活動も展開するとともに東京や大阪でも積極的に試合を多く組むことが報道された[34][35][36]

次戦は4度目の防衛戦として6月6日、後楽園ホールにてWBCアトム級10位のノル・グロ(フィリピンの旗 フィリピン)を迎え撃つ[37]。前座で高野の再起戦も組まれる予定だった[38]。初回から左ストレートで攻め3回に最初のダウン、8回にもダウンを奪うと相手はそのまま立ち上がれずKO、4度目の防衛は世界戦初のKOで成功した[39][40]。この試合は19日(20日未明)放送のテレビ朝日GET SPORTS」が密着した。

5度目の防衛

5度目の防衛戦は12月18日、九電記念体育館にて前王者安藤麻里と2年7か月ぶりの再戦[41]。2回と5回にそれぞれダウンを奪って逃げ切り3-0(96-92×3)の判定で勝利し5度目の防衛に成功[42][43]

6度目の防衛戦(王座陥落)

6度目の防衛戦は2017年12月7日、九電記念体育館にてWBC女子アトム級王座を17度防衛した小関桃と対戦し、0-3(93-97、92-98、94-96)の判定負けを喫しWBC女子世界ミニフライ級王座の6度目の防衛に失敗、王座から陥落した[44]

再起

2018年4月17日、後楽園ホールにて元東洋太平洋アトム級王者神田桃子相手に判定勝ちを収め再起を飾る[45]

人物像・エピソード

  • 試合の際は髪型をドレッドヘアにして臨む。
  • 小学3年時から日本海洋少年団連盟の福岡海洋少年団に所属していた。
  • 高2の夏休みにひとりでニュージーランドに渡りスキー合宿を挙行した。合宿では現地の食べ物を摂りすぎて10kg太ったが、帰国後すぐに戻した[6]
  • 料理が趣味で、ジムでは自分で作ったケーキを持参し、練習相手の男子ボクサーへ御礼代わりにプレゼントをすることもある。栄養士の資格も持つ。
  • 短大卒業後はボクシングと並行して、コナミスポーツクラブ城南のインストラクターを務める[46]
  • 2011年12月放送の『炎の体育会TV』に出演、ボクシング経験のある柴田英嗣と対戦し4度ダウンを奪い判定勝利した。なお、花束贈呈役に大晦日に2度目のWBCミニマム級王座防衛戦を控えていた井岡一翔が登場している。
  • 2011年より飲酒運転撲滅運動に参加しており、福岡市民の有志で構成された「飲酒運転撲滅を推進する市民の会」にファイトマネーの一部を寄付する他、勝利者インタビューでも撲滅を訴え、街頭で啓発チラシを配ったこともある[47]
  • 2012年2月19日に父の地元熊本県人吉市で開かれた「第9回ひとよし春風マラソン」にゲスト参加して、完走[48]
  • 憧れの選手に同じサウスポースタイルの長谷川穂積を挙げている。
  • 上京した際にはワタナベボクシングジムに出稽古をしており、同ジム所属のWBAスーパーフェザー級王者内山高志とも親交がある[49]
  • 女子ボクサーの大半が普段からジャージを着用する中、「リング上とのギャップが大事」とおしゃれにもこだわり、試合前の調印式もドレスアップし、当日もスカートとハイヒールを履いて会場入りする[50]
  • 現在の所属である「YuKO」は「優子」に「YouをKO」を組み合わせた造語である[51]が、2015年7月現在は黒木以外にも男女問わず複数のプロボクサーが所属している。
  • 4度目の防衛戦の計量ではアジサイの花をあしらった水着姿を披露した[52]
  • 2017年2月、『KUNOICHI』(TBS系)にトップとして出場するが、2番目の障害物で脱落[5]

戦績

  • プロボクシング:24戦 18勝 8KO 5敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2008年12月20日 敗北 4R 判定0-2 西田久美子(マナベ) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2009年4月5日 勝利 4R 判定3-0 横関夏芽(緑) 日本の旗 日本
3 2009年6月26日 敗北 4R 判定0-2 柴田直子(ワールドスポーツ) 日本の旗 日本
4 2009年12月19日 勝利 2R 1:03 TKO エイミー・ベレゾウスキー 大韓民国の旗 韓国
5 2010年5月23日 勝利 4R 判定3-0 劉大琳 中華人民共和国の旗 中国
6 2010年10月17日 勝利 4R 判定3-0 リンクス中原(久留米櫛間) 日本の旗 日本
7 2010年12月26日 勝利 3R 0:55 KO 中華人民共和国の旗 中国
8 2011年5月8日 勝利 3R 1:59 TKO 金奈暻 大韓民国の旗 韓国
9 2011年7月8日 勝利 4R 1:56 TKO ノンキャット・ロンリエンキラコラート タイ王国の旗 タイ WBC女子世界アトム級ユース王座獲得
10 2011年12月25日 勝利 10R 判定3-0 アマラー・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ
11 2012年11月16日 勝利 2R 1:50 TKO 小田美佳(宮田) 日本の旗 日本
12 2013年3月3日 敗北 10R 判定0-3 多田悦子(フュチュール) 日本の旗 日本 WBA女子世界ミニマム級王座挑戦
13 2013年6月24日 敗北 8R 判定0-3 花形冴美(花形) 日本の旗 日本
14 2013年12月3日 引分 8R 判定1-1 花形冴美(花形) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦
15 2014年3月16日 勝利 3R TKO アイサー・アリコ フィリピンの旗 フィリピン
16 2014年5月17日 勝利 10R 判定3-0 安藤麻里(フュチュール) 日本の旗 日本 WBC女子世界ミニフライ級王座獲得
17 2014年11月1日 勝利 10R 判定2-1 カティア・グティエレス メキシコの旗 メキシコ WBC女子世界ミニフライ級王座防衛1
18 2015年5月9日 勝利 10R 判定3-0 秋田屋まさえ(ワイルドビート) 日本の旗 日本 WBC女子世界ミニフライ級王座防衛2
19 2015年8月16日 勝利 3R 0:43 TKO カニタ・サックナロン タイ王国の旗 タイ
20 2015年12月13日 勝利 10R 判定3-0 ナンシー・フランコ メキシコの旗 メキシコ WBC女子世界ミニフライ級王座防衛3
21 2016年6月6日 勝利 8R 2:09 KO ノル・グロ フィリピンの旗 フィリピン WBC女子世界ミニフライ級王座防衛4
22 2016年12月18日 勝利 10R 判定3-0 安藤麻里(フュチュール) 日本の旗 日本 WBC女子世界ミニフライ級防衛5
23 2017年12月7日 敗北 10R 判定0-3 小関桃(青木) 日本の旗 日本 WBC女子世界ミニフライ級王座陥落
24 2018年4月17日 勝利 8R 判定3-0 神田桃子(協栄) 日本の旗 日本
テンプレート

獲得タイトル

CM出演

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ フランコはIBF王座を返上し、WBC王座に挑戦する形になった[27]
  2. ^ 当初は12月13日、福岡国際センターと発表されていた[30]
  3. ^ 坂梨公俊アナによると同局によるボクシング中継は史上2度目という[33]

出典

  1. ^ 「炎の体育会TV」出演時にて
  2. ^ “ボクシング界のゆうこりん美顔死守誓う”. デイリースポーツ. (2013年3月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/03/02/0005781641.shtml 
  3. ^ a b “女子プロボクサーの黒木さん、知事に抱負 郷里・福岡市で8日 世界ユース王座挑戦”. 共同通信. (2011年7月6日). http://www.47news.jp/localnews/hukuoka/2011/07/post_20110706024618.html 
  4. ^ a b “飲酒事故1年、粕屋から撲滅の声”. 西日本新聞. http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/286490 
  5. ^ a b “世界王者・黒木優子、目標は統一戦とイッテQ!”. デイリースポーツ. (2017年3月14日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/03/14/0009998603.shtml 2017年3月15日閲覧。 
  6. ^ a b c 九スポ発豚骨ブログ. “女子ボクシング界のゆうこりん”. 九州スポーツ. 2012年3月22日閲覧。
  7. ^ a b c d 中村学園大学プレスリリース (PDF)
  8. ^ “黒木、福岡市にジム設立 WBCユース・アトム級王者”. 西日本新聞. (2012年9月26日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/326008 
  9. ^ H24・11・16(金) 後楽園ホールにて試合決定!!”. YuKO Fitness Boxing GYM. 2012年9月20日閲覧。
  10. ^ “小関だ多田だ柴田だ!女子トリプル世界戦”. 日刊スポーツ. (2013年1月29日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130129-1078044.html 
  11. ^ “ゆうこりん判定負け 小関は10度目防衛”. デイリースポーツ. (2013年3月3日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/03/03/1p_0005783261.shtml 
  12. ^ “宮尾綾香が安藤麻里と6・24再戦”. 日刊スポーツ. (2013年4月24日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130424-1117031.html 
  13. ^ “松本がデビュー8連勝 連続KOはストップ”. ボクシングニュース「Box on!」. (2013年6月24日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/06/blog-post_3147.html 
  14. ^ “花形と黒木が激突 女子OPBFミニフライ級戦”. Boxing News(ボクシングニュース). (2013年10月8日). http://boxingnews.jp/news/6939/ 
  15. ^ Fukuokaボクシングジム official Facebook より
  16. ^ “黒木優子世界前哨戦をTKO勝利で飾る!黒木優子vsアイサー・アリコ 〜3.16 REAL SOUL BOXING 52〜 福岡・九電記念体育館”. Lady Go!. (2014年3月17日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8269763.html 
  17. ^ “安藤麻里が5月に初防衛戦”. 日刊スポーツ. (2014年3月28日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140328-1276539.html 
  18. ^ “44歳池山、最年長王者に=黒木はWBC王座奪取-WBO女子アトム級”. 時事通信. (2014年5月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014051700280 
  19. ^ “黒木優子の初防衛戦決定、11.1元IBF王者と”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年10月5日). http://boxingnews.jp/news/18360/ 
  20. ^ “黒木が初防衛=WBC女子ミニフライ級”. 時事通信. (2014年11月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014110100224 
  21. ^ “黒木「勝てて良かった」=WBC女子世界戦”. 時事通信. (2014年11月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014110100225 
  22. ^ 黒木優子2度目の防衛戦の相手は秋田屋まさえに決定!5.9 WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチ!大阪・アクア文化ホール”. Lady Go!. 2015年5月10日閲覧。
  23. ^ “黒木優子が判定で秋田屋まさえを下し2度目の防衛”. 日刊スポーツ. (2015年5月9日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1474217.html 
  24. ^ “スーパー王者・内山高志が正規王座戦を解説”. Boxing News. (2015年7月11日). http://boxingnews.jp/news/28096/ 
  25. ^ 【YuKOフィットネスボクシングジム主催 8月興行のチケット発売開始】チケットぴあ OK!!”. 2015年7月13日閲覧。
  26. ^ “女子世界チャンピオン黒木優子、無冠戦でTKO勝ち”. Boxing News(ボクシングニュース). (2015年8月17日). http://boxingnews.jp/news/29246/ 
  27. ^ Facebookより
  28. ^ 黒木優子が現IBF同級王者を迎えての3度目の防衛戦!黒木優子vsナンシー・フランコが決定!12.20 WBC女子世界ミニフライ級V3戦!九電記念体育館”. Lady Go!. 2015年10月15日閲覧。
  29. ^ ““ゆうこりん”V3調印式は黒の着物姿”. デイリースポーツ. (2015年12月20日). http://www.daily.co.jp/ring/2015/12/20/0008661258.shtml 
  30. ^ “美女ボクサー「可愛すぎる世界チャンプ」黒木優子の次戦が決定! 注目のV3戦も今年福岡で”. Yahoo!ニュース. (2015年6月20日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/tajirikotaro/20150620-00046841/ 
  31. ^ “黒木、3度目の防衛=WBC女子ミニフライ級”. 時事通信. (2015年12月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015122000124 
  32. ^ ボクシング WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ 黒木優子×ナンシー・フラ… [その他の球技]”. 株式会社テレビ西日本. 2015年12月21日閲覧。
  33. ^ 20日はボクシング。23日は報道特番「アジアをつかめ」”. 株式会社テレビ西日本. 2015年12月21日閲覧。
  34. ^ “黒木優子、全国区目指しま~す”. デイリースポーツ. (2016年2月11日). http://www.daily.co.jp/ring/2016/02/11/0008795427.shtml 
  35. ^ “ボクシング界の“ゆうこりん”黒木、全国進出へ芸能活動にも意欲”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/02/11/kiji/K20160211012021070.html 
  36. ^ “WBC美人世界王者・黒木優子 今年の目標は統一王者”. (2016年2月12日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/505419/ 
  37. ^ “女子ボクシング黒木が4度目の防衛戦”. デイリースポーツ. (2016年5月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2016/05/18/0009096252.shtml 
  38. ^ “黒木優子が6月にV4戦 高野の再起戦”. デイリースポーツ. (2016年3月24日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2016/03/24/0008922428.shtml 
  39. ^ “黒木優子が4度目の防衛、世界戦初のKO勝利”. Boxing News. (2016年6月6日). http://boxingnews.jp/news/38103/ 
  40. ^ “黒木優子 KOで4度目防衛「勝って初めて涙が出そうになった」”. スポーツニッポン. (2016年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/06/06/kiji/K20160606012733010.html 
  41. ^ “黒木優子のV5戦決定、12.18元王者の安藤麻里と”. Boxing News(ボクシングニュース). (2016年9月26日). http://boxingnews.jp/news/41192/ 
  42. ^ 【試合結果】黒木優子5度目の防衛に成功、安藤麻里が引退を発表☆黒木優子vs安藤麻里☆12.18 WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチ@福岡・九電記念体育館”. Lady Go!. 2016年12月18日閲覧。
  43. ^ “黒木優子がV5、前王者の安藤麻里は引退を表明”. Boxing News(ボクシングニュース). (2016年12月18日). http://boxingnews.jp/news/43533/ 
  44. ^ 小関桃が女子2階級制覇、黒木優子はV6ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月17日
  45. ^ ““ボクシング界のゆうこりん”判定勝ちで再起戦を飾る「倒したかったんですけどね すみませんでした」”. スポーツニッポン. (2018年4月17日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/04/17/kiji/20180417s00021000341000c.html 2018年6月3日閲覧。 
  46. ^ 第一回『闘うスペシャリスト』黒木優子さん(関ボクシングジム所属)”. Fukuokaナビ. 2012年2月19日閲覧。
  47. ^ “飲酒運転撲滅を訴えるWBC女子ミニフライ級チャンピオン 黒木優子 くろきゆうこ さん(23)”. 読売新聞. (2014年9月8日). http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20140902-OYT8T50022.html 2014年9月30日閲覧。 
  48. ^ “「過去最多の4829人が出場」 雪もちらつく人吉路を 第9回ひとよし春風マラソン”. 人吉新聞. (2012年2月20日). http://www.hitoyoshi-press.com/sports/index.php?intkey=3599 
  49. ^ 美男美女?”. ワタナベボクシングジム (2011年10月7日). 2012年9月20日閲覧。
  50. ^ ““女子力”も高いボクシング世界王者”. デイリースポーツ. (2014年6月7日). http://www.daily.co.jp/opinion-d/2014/06/07/2p_0007029287.shtml 
  51. ^ 会長挨拶”. YuKO Fitness Boxing GYM. 2012年9月20日閲覧。
  52. ^ “黒木優子がV4戦KO宣言 水着も披露”. デイリースポーツ. (2016年6月5日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2016/06/05/0009155016.shtml 

関連項目

外部リンク

空位
2011年
創設
初代WBC女子世界アトム級ユース王者

2011年7月8日 - 不明

次王者
N/A
前王者
安藤麻里
第6代WBC女子世界ミニフライ級王者

2014年5月17日 - 2017年12月17日

次王者
小関桃