この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

多田悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多田 悦子
基本情報
本名 夛田 悦子
通称 女ケンカ番長
階級 ミニフライ級
身長 161cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-05-28) 1981年5月28日(36歳)
出身地 兵庫県西宮市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 16
KO勝ち 5
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

多田 悦子(ただ えつこ、1981年5月28日 - )は、日本プロボクサーである。本名・夛田 悦子(読み同じ)。兵庫県西宮市出身。第2代WBA女子世界ミニマム級王者、第5代IBF女子ミニフライ級王者。真正ボクシングジム所属。西宮市立西宮西高等学校(現:兵庫県立西宮香風高等学校定時制)卒業。血液型B型。

来歴

アマチュア

高校時代は「女ケンカ番長」と呼ばれ、路上で男子10人にケンカをふっかけた武勇伝を持っていたが、恩師から「リングの上では殴り合っても罪にならんぞ」と入部を勧められ、ボクシングを始めた[1]

1998年にまだ日本アマチュアボクシング連盟(JABF)未公認の全日本大会に出場。2000年バンタム級で優勝。

2001年ライトフライ級で日本一となり、第1回アジア選手権で銅メダルを獲得した。

2003年、JABF公認第1回全日本大会にライトフライ級で出場したが、決勝で小関桃に敗れ準優勝。

2004年はフライ級で決勝まで進むが、藤岡奈穂子に敗れ準優勝。

2005年はライトフライ級に復帰。1回戦では小関を下すが、準決勝で矢代由希(矢代義光の妹)の前に敗退。

2006年、1回戦で富樫直美を破りライトフライ級で公認大会として初の優勝を果たした。

2007年、ライトフライ級連覇を果たした。

北京オリンピック出場を目指すも、採用されず目標を失いかけた[1]

プロ

2008年より日本ボクシングコミッション(JBC)が女子を公認するのを機にプロ転向を決意。フュチュールの平山靖会長から誘われ、トレーナー兼選手として活動する[1]

2007年9月17日の第343回ガッツファイティングにてニーナ・アブロソワとエキシビションを行う。

第1回JBCプロテストで合格を果たし、後楽園ホールでの第1回興行「G Legend」でのリリー・ラチャプラチャジム戦でプロデビュー。判定勝利。

7月21日、特例として8回戦となり、ノンレック・シットソーンビチャイを1回31秒TKOで退ける。このときのKOタイムは当時国内女子としては最短記録であった(2012年に西村聡美が更新)。

2008年10月5日、ニッノイ・シスポーアドを1回TKOで退ける。

2009年2月15日、世界前哨戦としてWBC8位の金慧珉と対戦して3-0判定勝利。

2009年4月1日付けで、名字の夛田を簡略字体に変え、多田悦子リングネームを正式に変更。

WBA世界王座獲得

2009年4月11日、大阪府立体育会館にて名城信男との国内初の男女ダブル世界戦として、孫抄弄(韓国)が持つWBA女子世界ミニマム級王座に挑戦。判定の末勝利し王座を奪取。関西に拠点を置くジムから初めてとなる女子世界王者が誕生した。

世界王座防衛

2009年8月23日、よみうり文化ホールにてPABAミニマム級王者ヤニー・ゴーキャットジムと対戦し、3-0の判定勝利で初防衛に成功した。

2009年12月6日、ATCホールにてアマチュア時代からのライバルであるWBC女子ライトフライ級王者富樫直美と国内初となる別団体・別階級世界王座統一戦に挑むが、1-1の判定ドロー。2度目の王座防衛となったが王座統一はならなかった。

2010年4月24日、親交のある風神ライカが使用していた南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代手作りのお守りを手に敵地トリニダード・トバゴでへ渡航し[2]暫定王者リア・ラムナリンとの王座統一戦に挑むが、0-1の判定ドロー。日本女子として富樫直美に続く2人目の海外防衛、自身としては3度目の王座防衛となったが王座統一はならなかった(ラムナリンはその後負傷のため暫定王座剥奪)。

2010年12月5日、ATCホールにて東洋太平洋アトム級王者アマラー・ゴーキャットジム(ヤニーは双子の妹)と対戦。3-0の判定で制して4度目王座防衛を約1年3ヶ月ぶりの勝利で飾った。

2011年4月17日、よみうり文化センター千里中央にて暫定王者イベス・サモラとの王座統一戦に挑み、3-0判定で王座統一と5度目の防衛を果たした。[3]

2011年9月22日、デビュー戦以来となる後楽園ホールで「女子トリプル世界戦」の一戦として元WBC女子世界ライトフライ級暫定王者ノンムアイ・ゴーキャットジムを挑戦者に迎える。3人のうち2人がフルマークを付け、3-0判定勝利。6度目の防衛に成功した。

2012年2月19日、7度目の防衛戦としてよみうり文化センター千里中央にて、元WBC女子世界ライトフライ級ユース王者マリア・サリナスと対戦することが決まった[4]。試合は3-0判定で7度目の防衛に成功した。

8度目の防衛戦は夏にメキシコでの開催を予定していた[5]が、9月16日によみうり文化ホールで東洋太平洋王者柴田直子と対戦することが発表された[6]。調印式にビキニ水着で登場するなどのパフォーマンスを披露[7]。試合は3-0判定で勝利し、直前に引退した富樫直美を抜く8度目の世界王座防衛に成功[8]

2013年2月9日、アゼリア大正にて行われた安藤麻里の再起戦をメインとする興行でWBC王者藤岡奈穂子とエキシビション。

2013年3月3日、後楽園ホールにおける「G Legend 5」にてトリプル世界戦の一戦として、WBC女子世界アトム級ユース王者でWBAミニマム級12位の黒木優子との9度目の防衛戦に挑む[9]。試合は3-0の大差判定で9度目の防衛に成功した[10][11]

世界王座陥落

2013年7月23日、東京ビッグサイトにて亀田興毅 vs ジョン・マーク・アポリナリオとのダブル世界戦として同級1位の元WBC世界王者であり興行を主催する亀田ジムと契約を結んでいるアナベル・オルティスと10度目の防衛戦を行う[12]が、1-2の判定でプロ初黒星を喫するとともに4年間守り続けた王座から陥落した[13]

移籍

2013年9月9日、多田自身「プロボクシングで初めて見た人」[14]という長谷川穂積が所属する神戸市にある真正ボクシングジムへの移籍が発表された[15]

移籍初戦は2014年5月25日に和歌山ビッグウエーブにて真道ゴーのWBC世界フライ級王座2度目の防衛戦のアンダーカードとしてラッサダ・ソーウォラシンと対戦し、8回TKO勝利で再起を果たす[16]

世界王座再挑戦

2014年11月8日、敵地メキシコでWBA女子世界ミニマム級王座返り咲きを懸けてアナベル・オルティスとリマッチを行ったが[17]、1-2判定(93-96 90-99 95-94)で敗れ王座返り咲きはならなかった[18]

2015年4月5日、大阪府立体育会館にてチャマンゴーン・シットサイトーン相手に再起戦[19][20]。4回に左ボディーで1回、5回には2度、それぞれダウンを奪うと、6回に右カウンターでKO勝利し再起を果たした[21]

IBF世界王座獲得

2015年12月11日、神戸市立中央体育館の興行で、長谷川穂積のアンダーとして前王者ナンシー・フランコの王座返上によりセットされたIBF女子世界ミニフライ級王座決定戦に同1位として元同王者ビクトリア・アルゲッタと対戦する予定だったが[14][22]、アルゲッタが来日できなくなったため、同胞のカレリー・ロペスに変更された[23]。3-0判定で王座に返り咲いた。

2016年6月18日、神戸市立中央体育館にてマイタイ・ソープライトンとノンタイトル8回戦を行い、3回37秒TKOで勝利[24]

IBF世界王座陥落

2017年1月30日、中国・マカオコタイ・アリーナにて1位の蔡宗菊相手に初防衛戦を行うが[25]、1-2(92-98×2、98-92)で敗れ王z陥落[26]

再起へ

2017年11月10日、WBOアジア太平洋ミニフライ級王座決定戦として柴田直子と5年ぶりの再戦を敵地後楽園ホールにて予定[27][28]

戦績

  • アマチュア:50戦 47勝 3敗[1]
  • プロボクシング:21戦 16勝 5KO 2分 3敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2008年5月9日 勝利 6R 判定3-0 リリー・ラチャプラチャジム タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2008年7月21日 勝利 1R 0:31 TKO ノンレック・シットソーンビチャイ タイ王国の旗 タイ
3 2008年10月5日 勝利 1R 1:56 TKO ニッノイ・シスポーアド タイ王国の旗 タイ
4 2009年2月15日 勝利 6R 判定3-0 金慧珉 大韓民国の旗 韓国
5 2009年4月11日 勝利 10R 判定3-0 孫抄弄 大韓民国の旗 韓国 WBA女子ミニマム級タイトルマッチ
6 2009年8月23日 勝利 10R 判定3-0 ヤニー・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ WBA女子ミニマム級・防衛1
7 2009年12月6日 引分 10R 判定1-1 富樫直美(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBA女子ミニマム級・防衛2
WBC女子ライトフライ級タイトルマッチ
8 2010年4月24日 引分 10R 判定0-1 リア・ラムナリン トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ WBA女子ミニマム級・防衛3(王座統一戦)
WIBAミニマム級王座決定戦
9 2010年12月5日 勝利 10R 判定3-0 アマラー・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ WBA女子ミニマム級・防衛4
10 2011年4月17日 勝利 10R 判定3-0 イベス・サモラ メキシコの旗 メキシコ WBA女子ミニマム級・防衛5(王座統一戦)
11 2011年9月22日 勝利 10R 判定3-0 ノンムアイ・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ WBA女子ミニマム級・防衛6
12 2012年2月19日 勝利 10R 判定3-0 マリア・サリナス メキシコの旗 メキシコ WBA女子ミニマム級・防衛7
13 2012年9月16日 勝利 10R 判定3-0 柴田直子(ワールド) 日本の旗 日本 WBA女子ミニマム級・防衛8
14 2013年3月3日 勝利 10R 判定3-0 黒木優子(YuKO) 日本の旗 日本 WBA女子ミニマム級・防衛9
15 2013年7月23日 敗北 10R 判定1-2 アナベル・オルティス(亀田) メキシコの旗 メキシコ WBA女子ミニマム級・陥落
16 2014年5月25日 勝利 8R 1:14 TKO ラッサダ・ソーウォラシン タイ王国の旗 タイ
17 2014年11月8日 敗北 10R 判定1-2 アナベル・オルティス メキシコの旗 メキシコ WBA女子ミニマム級タイトルマッチ
18 2015年4月5日 勝利 6R 1:00 KO チャマンゴーン・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ
19 2015年12月11日 勝利 10R 判定3-0 カレリー・ロペス メキシコの旗 メキシコ IBF女子ミニフライ級王座決定戦
20 2016年6月18日 勝利 3R 0:37 TKO マイタイ・ソープライトン タイ王国の旗 タイ
21 2017年1月30日 敗北 10R 判定1-2 蔡宗菊 中華人民共和国の旗 中国 IBF女子ミニフライ級・陥落
テンプレート

獲得タイトル

アマチュア

  • 第4回全日本女子アマチュアボクシング大会ライトフライ級優勝
  • 第5回全日本女子アマチュアボクシング大会ライトフライ級A優勝

プロ

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 愛のハートパンチャー”. 京都新聞. 2013年3月4日閲覧。
  2. ^ “多田、しずちゃんボイスでV3防衛だ!”. デイリースポーツ. (2010年4月16日) 
  3. ^ 多田 判定勝ち!王座統一&5度目防衛に成功 スポーツニッポン 2011年4月17日
  4. ^ To the Future ~未来へ~ Vol.12”. フュチュール. 2012年2月4日閲覧。
  5. ^ “多田悦子、女子国内最多タイV7防衛も不満”. デイリースポーツ. (2012年2月20日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/02/20/0004827790.shtml 2012年2月20日閲覧。 
  6. ^ “[ボクシング]多田悦子、井岡VS八重樫戦に感動「女も負けてられへん」…9・16W世界戦”. スポーツ報知. (2012年6月27日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/sports/article/news/20120627-OHO1T00076.htm 
  7. ^ “[ボクシング]多田、V8へ気合の人生初ビキニ…WBA女子ダブル世界戦”. スポーツ報知. (2012年9月16日) 
  8. ^ “多田が最多タイのV8/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2012年9月16日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120916-1018093.html 
  9. ^ “小関だ多田だ柴田だ!女子トリプル世界戦”. 日刊スポーツ. (2013年1月29日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130129-1078044.html 
  10. ^ “ゆうこりん判定負け 小関は10度目防衛”. デイリースポーツ. (2013年3月3日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/03/03/1p_0005783261.shtml 
  11. ^ “【BOX】多田悦子、判定でV9!ドヤ顔で「出直してこい」”. スポーツ報知. (2013年3月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130303-OHT1T00282.htm 
  12. ^ “興毅7・23にアポリナリオとV7戦”. 日刊スポーツ. (2013年5月17日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130517-1128517.html 
  13. ^ “女子ミニマム級、多田が王座転落=亀田興は7度目の防衛戦-WBA”. 時事ドットコム. (2013年7月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013072300932 
  14. ^ a b “元王者・多田、穂積と同日に王座決定戦”. デイリースポーツ. (2015年10月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/10/02/0008450172.shtml 
  15. ^ “多田が真正に移籍=女子ボクシング”. 時事ドットコム. (2013年9月9日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013090900736 
  16. ^ “元女子世界王者、多田復活の8回TKO勝ち”. Boxing News. (2014年5月25日). http://boxingnews.jp/news/14403/ 
  17. ^ 試合情報”. 真正ボクシングジム. 2014年9月13日閲覧。
  18. ^ 多田悦子は1−2の判定で敗れる!【試合結果】アナベル・オルティスvs多田悦子!WBA女子世界ミニフライ級タイトルマッチ!11.8 メキシコ”. Lady Go!. 2014年11月9日閲覧。
  19. ^ “元世界王者・多田悦子 日本人対決熱望”. デイリースポーツ. (2014年2月14日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/02/14/0007738535.shtml 
  20. ^ チャマンゴーン・ シットサイトーンvs多田悦子、タンティップ・シットサイトーンvs真道ゴーが決定!4.5REAL SPIRITS 43 X THE HEAT@大阪・ボディメーカーコロシアム”. Lady Go!. 2015年3月22日閲覧。
  21. ^ “元王者・多田悦子が再起戦にKO勝利”. (2015年4月5日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/04/05/0007887538.shtml 
  22. ^ “多田悦子、メキシコ人と女子ミニフライ級王座決定戦”. 日刊スポーツ. (2015年10月28日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1558796.html 
  23. ^ “多田悦子の相手が変更 対戦相手が来日できず”. スポーツニッポン. (2015年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/11/26/kiji/K20151126011577670.html 
  24. ^ “IBF女子世界王者、多田悦子が貫禄の3回TKO勝ち”. Boxing News. (2016年6月18日). http://boxingnews.jp/news/38451/ 
  25. ^ “多田悦子が計量一発パス 敵地に乗り込み初防衛戦”. デイリースポーツ. (2017年1月30日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/01/30/0009871655.shtml 
  26. ^ “多田悦子マカオで王座陥落 1-2判定負け”. デイリースポーツ. (2017年1月31日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/01/31/0009874712.shtml 
  27. ^ “11.10黒田が松山とV1戦 井上岳はOPBF&WBO・AP”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年9月2日). http://boxingnews.jp/news/51008/ 2017年9月18日閲覧。 
  28. ^ “柴田直子 VS 多田悦子 WBOアジア・パシフィック ミニフライ級王座決定戦 予定 ボクシング女子”. 格闘ニュース速報. (2017年9月4日). http://www.srs-boxinggym.com/archives/45973 2017年9月18日閲覧。 

関連項目

外部リンク

前王者
孫抄弄
第2代WBA女子ミニマム級王者

2009年4月11日 - 2013年7月23日

次王者
アナベル・オルティス
空位
前タイトル保持者
ナンシー・フランコ
第5代WBA女子ミニフライ級王者

2015年12月11日 - 現在

次王者
蔡宗菊