この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

岩川美花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩川 美花
基本情報
本名 岩川 美花
階級 フライ級
身長 161cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-07-26) 1983年7月26日(35歳)[1][2]
出身地 高知県香南市[1][2]
スタイル 右ボクサーファイター[1]
プロボクシング戦績
総試合数 14
勝ち 8
KO勝ち 2
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

岩川 美花(いわかわ みか、1983年7月26日 - )は、日本の女子プロボクサーWBO女子アトム級王者。高知県香南市出身。高砂ボクシングジム所属。

来歴

アマチュア時代

2010年3月、高松市で開催された全日本女子選手権フライ級にエントリーし、準決勝で優勝候補伊藤沙月を破り、決勝でも池原久美子(現:池原シーサー久美子)を破った藤満霞を降し優勝[1]

プロ時代

2011年9月18日、JBCプロテストを受験し、B級ボクサーライセンス取得[3]。当時の所属は井岡ボクシングトレーニングジム(通称:井岡弘樹ジム)。

12月19日後楽園ホールにてキックボクサーから転向した林田昌子との4回戦でデビュー。3回KO勝利。

2012年6月17日、刈谷市あいおいホールにて塚下真理と2戦目を行い判定勝利。

2012年9月16日、豊中市よみうり文化ホールにて池原シーサー久美子と対戦し判定勝利。

その後2階級下のアトム級に落とし、2013年2月9日にアゼリア大正にて新設されたG Legendチャンピオンシップ第1号を懸けて山田真子と対戦する[4]が、0-3判定でプロ初敗戦を喫した。

2013年8月10日、池原シーサー久美子と再戦、1回負傷により引き分けに終わる。

2013年12月14日、JBC未公認時代にWIBA世界王座を獲得、公認後も指名挑戦者として小関桃のWBC世界王座に挑戦、この試合が3年ぶりの復帰戦となった大ベテラン池山直と対戦するが、0-2の判定で敗れ3試合未勝利となってしまった[5]

その後ブランクを経て、高砂ジムへ移籍し復帰。

2015年5月24日、復帰戦として北九州市にてWBA世界王座挑戦経験を持つ西村聡美と対戦するが、判定負け。

2015年10月17日、山岸愛子を判定で降し移籍後初勝利。

2016年3月10日、神戸で葉月さなと対戦し、判定で連勝。

2016年6月10日、初の海外としてメキシコに遠征。ブリッサ・エルナンデスと対戦するが、判定負け[6]

2016年8月20日、WBO世界ミニマム級加納陸 vs 高山勝成、WBO女子世界ライトフライ級竹中佳 vs ルイサ・ホートンのダブル世界戦のアンダーとして、竹中が返上した東洋太平洋女子ライトフライ級王座を4位ノンギック・シットジャーナートと争う[7]。2回1分16秒TKOで勝利しプロ初タイトル獲得[8]

2016年12月13日、後楽園ホールにて古川夢乃歌が持つWBA女子世界ライトミニマム級王座に挑むが0-2の判定で王座奪取失敗[9]

2018年7月29日、KBSホールにて池山直が持つWBO女子世界アトム級王座に挑み、2-1の判定で王座奪取に成功[10]

戦績

  • アマチュア:
  • プロボクシング:14戦 8勝 2KO 1分 5敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2011年12月19日 勝利 3R 0:54 KO 林田昌子(SRS) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2012年9月30日 勝利 4R 判定3-0 塚下真理(HEIWA) 日本の旗 日本
3 2012年12月8日 勝利 4R 判定3-0 池原シーサー久美子(フュチュール) 日本の旗 日本
4 2013年2月9日 敗北 6R 判定0-3 山田真子(博多協栄) 日本の旗 日本 G Legendアトム級王座決定戦
5 2013年8月10日 引分 1R 1:44 負傷 池原シーサー久美子(フュチュール) 日本の旗 日本
6 2013年12月14日 敗北 6R 判定0-2 池山直(フュチュール) 日本の旗 日本
7 2015年5月24日 敗北 6R 判定0-3 西村聡美(折尾) 日本の旗 日本
8 2015年10月17日 勝利 6R 判定3-0 山岸愛子(カシミ) 日本の旗 日本
9 2016年6月10日 勝利 6R 判定3-0 葉月さな(YuKO) 日本の旗 日本
10 2016年6月10日 敗北 6R 判定0-3 ブリッサ・エルナンデス メキシコの旗 メキシコ
11 2016年8月20日 勝利 2R 1:16 TKO ノンギック・シットジャーナート タイ王国の旗 タイ 東洋太平洋女子ライトフライ級王座決定戦
12 2016年12月13日 敗北 10R 判定0-2 古川夢乃歌(ワタナベ) 日本の旗 日本 WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ
13 2017年10月22日 勝利 4R 1:04 TKO スーパーボール・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ
14 2018年7月29日 勝利 10R 判定2-1 池山直(フュチュール) 日本の旗 日本 WBO女子世界アトム級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル

アマチュア
プロ

脚注

関連項目

外部リンク

空位
前タイトル保持者
竹中佳
第5代OPBF東洋太平洋女子ライトフライ級王者

2016年8月20日 - 2018年

次王者
N/A
前王者
池山直
WBO女子世界アトム級王者

2018年7月29日 - 現在

次王者
N/A