比嘉大吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
比嘉 大吾
基本情報
階級 バンタム級
身長 161.0 cm[1]
リーチ 163.0 cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1995-08-09) 1995年8月9日(25歳)
出身地 沖縄県浦添市[2]
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 17
KO勝ち 17
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

比嘉 大吾(ひが だいご、1995年8月9日 - )は、日本プロボクサー。第42代OPBF東洋太平洋フライ級王者。元WBOアジアパシフィックバンタム級王者。元WBC世界フライ級王者。沖縄県浦添市出身[2]Ambition GYM所属。かつては白井・具志堅スポーツジムに所属していた。

2018年2月4日のモイセス・フェンテス戦で15試合連続KO勝利を収め、連続KO勝利数の日本記録に並ぶと共に、デビュー戦からの連続KO勝利数で日本新記録を樹立した[3]。入場テーマ曲は「ゴジラのテーマ」。以前は白井・具志堅ジム元会長の具志堅用高と同じで、メイナード・ファーガソンの「Conquistador」(征服者)。マネジメント会社はトラロックエンターテインメント[4]

人物[編集]

沖縄県浦添市出身で[2]浦添市立仲西中学校を卒業。父親が少年野球の監督であることから小学校、中学校と野球に熱中し、甲子園出場を目指して高校でも野球を継続するつもりが、2011年2月11日に井岡一翔オーレイドン・シスサマーチャイを破り世界王座を獲得したWBC世界ミニマム級タイトルマッチの中継を琉球放送で観戦し、試合が早く終わったため放送された、沖縄出身で元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高が強豪をバッタバッタと倒すKOダイジェストに心を奪われ、「ボクシングをやろう」と決意した[5]。比嘉が幼い頃に離婚後、離れて暮らしていた父親に相談すると元プロボクサーで沖縄県立宮古工業高等学校ボクシング部監督の知念健次を紹介され、知念の下でボクシングを学ぶべく宮古島へ渡り、沖縄県立宮古工業高等学校に入学した[5]

宮古工業高に入ると知念から「とにかく攻める」スタイルを伝授された[6]。高校時代は3年次の2013年第68回国民体育大会東京都)で少年の部フライ級でベスト8が目立った成績であった[6]

高校卒業後はオリンピック日本代表選手を目指して大学進学を希望していたが、ボクシング部の顧問が、具志堅が経営する白井・具志堅スポーツジムの宮古島応援会会長でもあったため[7]具志堅に比嘉の名が伝わり、国体終了後に比嘉をスカウトするべく具志堅自身が宮古島へ訪問するなどしたことからプロ入りを決意し、2014年1月20日に白井・具志堅ジムへ入門することを発表した[5][8]

プロ転向後の2014年6月17日に後楽園ホールで、タイのセーンゲン・サックナロンを相手に51.5kg契約4回戦を行い、初回50秒KO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[9]。その後5戦して全てKO勝ちで6連勝。

2015年7月24日にバンコクWBC世界フライ級ユース王座を懸けてコンファー・CPフレッシュマートと対戦し、7回1分2秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[10]

WBC世界フライ級ユース王座を2度防衛したのちに返上し、2016年7月2日に後楽園ホールでOPBF東洋太平洋フライ級王者のアーデン・ディアレと対戦し、4回2分39秒KO勝ちを収め王座獲得に成功した[11]

2016年11月5日にフェリペ・カグブコブ・ジュニアと対戦し、4回2分55秒KO勝ちを収めOPBF王座の初防衛に成功した[12]

2017年2月4日に後楽園ホールでディオネル・ディオコスとノンタイトル10回戦を戦い、4回2分29秒TKO勝ちを収めた[13]

世界王座獲得[編集]

2017年5月20日に有明コロシアムでWBC世界フライ級王者のフアン・エルナンデスに挑戦し王座獲得を目指したが、エルナンデスが前日計量で200グラム体重超過して王座を剥奪され[14][15]、比嘉が勝てば新王者となりエルナンデスが勝てば王座が空位となる条件で試合は行われ、比嘉が6回2分58秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[16][17]。6月8日にWBCは比嘉を2017年6月度の月間優秀選手賞に選出した[18][19]

2017年10月22日に両国国技館でWBC世界フライ級5位のトマ・マソンと対戦し、デビュー戦から14連続KO勝ちとなる7回1分10秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[20][21]。11月9日にWBCは比嘉をWBCの2017年11月度の月間優秀選手賞に選出した[22][23]

2018年2月4日に沖縄県立武道館で元世界2階級制覇王者でWBC世界フライ級9位のモイセス・フェンテスと対戦し、初回2分32秒KO勝ちを収め、2度目の防衛に成功すると共に15戦連続KO勝ちの日本タイ記録を樹立した[24][25]。2月12日にWBCは比嘉をWBCの2018年2月度の月間優秀選手賞に選出した[26][27]

沖縄での防衛戦から僅か2か月後の4月15日、横浜アリーナで同級2位のクリストファー・ロサレスニカラグア)を迎えて3度目の防衛戦を行う予定が組まれていたが、試合前日(4月14日)に実施された計量の1回目でリミット(50.8Kg)から900gオーバーとなり、再計量のため2時間の猶予を与えられたが制限時間30分前に具志堅が計量ギブアップを宣言したことにより規定により比嘉は王座を剥奪された[28]。なお、日本人世界王者がウエートオーバーにより王座を剥奪されたのは比嘉が初めてとなった[28]。当日は試合開催の条件として設定された55.3kgを試合12時間前の午前8時に実施された計量でクリアしたものの[29][30]、夜の試合では減量失敗の影響から、精彩を欠いた内容となり、9回1分14秒でセコンドがタオルを投げ入れ(試合棄権アピール)、TKO負けが宣せられた。この結果、比嘉はプロ16戦目での初黒星を喫し、狙っていた16戦連続KO勝ちの日本新記録も樹立することが出来なかった[31][32]。この計量失敗の失態を受け、JBCは4月25日、比嘉にプロライセンス無期停止処分と復帰する場合に1階級以上転級させることを義務付け、具志堅ジムには管理責任を問い戒告処分とすることを決めた[33][34]

ライセンス停止処分解除[編集]

2019年9月27日、比嘉と所属ジムの具志堅会長がJBCへ処分解除を申し入れ、JBCの倫理委員会で処分解除の方向性が確認された。倫理委員会は、既に1年5か月が経過したことや、比嘉が階級を上げて復帰に備えてきたことを考慮したという[35]

2019年10月3日、JBCは比嘉のボクサーライセンス無期限停止処分を解除したと発表した[36]

2019年11月11日、WBCがランキングを更新し、バンタム級7位にランクインした。

2020年2月13日、後楽園ホールにて119ポンド(約53.97キロ)契約のノンタイトル8回戦で、フィリピン・バンタム級11位のジェイソン・ブエナオブラと1年10か月ぶりの復帰戦を行った。2回には左ストレートをもらう場面もあったが、6回にボディーへの連打で2度ダウンを奪い、6回2分25秒TKO勝ちを収めた[37]。試合後には、「2年休んでまたかと思われるかもしれないが、自分に期待していない自分もいる。夢を追って東京に出て来た当時の闘争心が今の自分にはない。それがない限り、チャンピオンになるのは無理」と複雑な胸中を吐露し[38]、「今後こんな気持ちだったらやっても意味ないので、ファンが熱狂的で本人がこうだったら意味がない。このままモチベーションが上がらなかったら辞めようとも思っているし。これからいろいろ考えます」と語った。

2020年3月13日、比嘉が具志堅ジムに契約更新しないと意思表示し、ジムを離れることになった[39]。待遇のほか、練習や試合に臨む体制などで折り合いがつかなかったという[40]

2020年6月28日、トラロックエンターテインメント株式会社は比嘉とマネジメント契約を締結したと発表した[4]

2020年6月30日、Ambition GYMに所属することが発表された[41]

2020年10月26日、後楽園ホールで日本バンタム級13位の堤聖也と対戦し、10回1-0(96-94、95-95×2)で引き分けとなった[42]

2020年12月31日、大田区総合体育館IBF世界バンタム級9位・WBO世界同級14位でWBOアジアパシフィックバンタム級王者のストロング小林佑樹とタイトルマッチを行い、5回45秒KO勝ちを収め、王座を獲得した[43]

2021年4月24日、沖縄コンベンションセンターでWBOアジアパシフィックバンタム級5位の西田凌佑と対戦し、12回0-3(110-118、111-117×2)で判定負けを喫し、王座から陥落した[44]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • アマチュア: 45戦36勝(8KO)8敗
  • プロ:20戦17勝(17KO)2敗1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2014年6月17日 勝利 1R 0:50 KO セーンゲン・サックナロン タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2014年8月22日 勝利 2R 2:40 TKO ロッタン・ウォーポーシーサケット タイ王国の旗 タイ
3 2014年11月26日 勝利 1R 1:20 TKO 藤井敬介(宇都宮金田) 日本の旗 日本
4 2015年1月12日 勝利 1R 1:36 KO ポンパユ・チャイヨンジム タイ王国の旗 タイ
5 2015年5月10日 勝利 2R 2:55 TKO バーデン・リベラ フィリピンの旗 フィリピン
6 2015年6月8日 勝利 4R 0:37 KO クリス・アルファンテ フィリピンの旗 フィリピン
7 2015年7月24日 勝利 7R 1:01 KO コンファー・CPフレッシュマート タイ王国の旗 タイ WBCユースフライ級王座決定戦
8 2015年11月7日 勝利 10R 2:05 TKO レンレン・テソリオ フィリピンの旗 フィリピン WBCユース防衛1
9 2016年3月5日 勝利 2R 2:19 TKO ロメル・オリベロス フィリピンの旗 フィリピン WBCユース防衛2
10 2016年7月2日 勝利 4R 2:39 KO アーデン・ディアレ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
11 2016年11月5日 勝利 4R 2:55 KO フェリペ・カグブコブJr フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋王座防衛1
12 2017年2月4日 勝利 4R 2:29 TKO ディオネル・ディオコス フィリピンの旗 フィリピン
13 2017年5月20日 勝利 6R 2:58 TKO ファン・エルナンデス メキシコの旗 メキシコ WBC世界フライ級タイトルマッチ
14 2017年10月22日 勝利 7R 1:10 TKO トマ・マソン フランスの旗 フランス WBC防衛1
15 2018年2月4日 勝利 1R 2:32 TKO モイセス・フエンテス メキシコの旗 メキシコ WBC防衛2・連続KO日本記録タイ
16 2018年4月15日 敗北 9R 1:14 TKO クリストファー・ロサレス ニカラグアの旗 ニカラグア 前日に計量失格で王座剥奪
17 2020年2月13日 勝利 6R 2:25 TKO ジェイソン・ブエナオブラ フィリピンの旗 フィリピン
18 2020年10月26日 引分 10R 判定1-0 堤聖也角海老宝石 日本の旗 日本
19 2020年12月31日 勝利 5R 0:45 KO ストロング小林佑樹六島 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチ
20 2021年4月24日 敗北 12R 判定0-3 西田凌佑(六島) 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィック王座陥落
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ a b ロサレス「比嘉は小さくて細い」王者の減量苦を指摘 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年4月12日
  2. ^ a b c “浦添から全国へ羽ばたく! 浦添市の人” (PDF). 浦添市市勢要覧2018 (浦添市): 18頁. オリジナルの2021年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210221013420/http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2018061100025/file_contents/P18-19.pdf 2021年2月21日閲覧。. 
  3. ^ 比嘉大吾 初回で決める 日本タイ15戦連続KO勝ちでV2 具志堅会長の無念晴らす スポニチアネックス 2018年2月4日
  4. ^ a b 元世界王者の比嘉大吾 マネジメント会社と契約 井岡一翔と同じトラロックエンターテインメント Boxing News(ボクシングニュース)2020年6月28日
  5. ^ a b c 具志堅用高がほれたホープ・比嘉大吾 急成長の上昇曲線で世界挑戦も視野に スポーツナビ 2016年7月28日
  6. ^ a b 攻めの拳 世界へ 東洋太平洋フライ級王者・比嘉大吾 21歳 KO街道まっしぐら 琉球新報 2017年1月3日
  7. ^ 出場選手らに激励金/白井・具志堅スポーツジム宮古島応援会 宮古毎日新聞 2016年12月1日
  8. ^ 「世界チャンピオン目指す」/比嘉(宮工)プロ入り表明 宮古毎日新聞 2014年1月22日
  9. ^ プロボクシング、デビューの比嘉が1回KO勝ち 宮古新報 2014年6月27日
  10. ^ 比嘉大吾が世界王者/WBCユースフライ級 宮古毎日新聞 2015年7月28日
  11. ^ 比嘉が新王者 東洋太平洋フライ級、デビュー10戦連続KO勝ち スポニチアネックス 2016年7月2日
  12. ^ 比嘉大吾、KOで初防衛 ボクシング東洋太平洋フライ級 沖縄タイムス 2016年11月5日
  13. ^ 比嘉大吾が12連続KO勝利「21歳で絶対に世界王者になる」 スポーツ報知 2017年2月4日
  14. ^ N’Dam, Murata, Lopez, Shiro, Higa make weight, Churritos loses title on scale Fightnews.com 2017年5月19日
  15. ^ エルナンデス計量失格、あす比嘉大吾が勝てば新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月19日
  16. ^ Higa stops overweight Hernandez to win WBC 112lb belt Fightnews.com 2017年5月20日
  17. ^ 比嘉大吾が6回TKO勝ち、13連続KOで世界王座獲得! Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月20日
  18. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年6月8日
  19. ^ WBCランキング、比嘉が優秀選手、村田は再ランク Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月10日
  20. ^ Higa, 14-0, 14 KOs, stops Masson to keep WBC 112lb belt Fightnews.com 2017年10月22日
  21. ^ 比嘉大吾が14連続KO勝利、マソン寄せ付けずV1 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日
  22. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年11月9日
  23. ^ 比嘉大吾がWBC月間優秀選手、MVPはワイルダー Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月10日
  24. ^ 【電子号外】比嘉大吾、15戦連続KO勝ち ボクシング世界戦 琉球新報 2018年2月4日
  25. ^ 比嘉大吾が初回TKO勝ち、日本タイ記録の15連続KO Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月4日
  26. ^ RATINGS WBC公式サイト 2018年2月12日
  27. ^ 比嘉大吾がWBC月間準MVP、船井龍一はSF級15位 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年2月13日
  28. ^ a b “比嘉大吾 体重超過で王座剥奪! 再計量前にギブアップ 世界戦、日本人王者初の失態”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年4月14日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/04/14/kiji/20180414s00021000221000c.html 2018年4月14日閲覧。 
  29. ^ “王座剥奪の比嘉大吾が当日計量クリア「世界王者にもかかわらず申し訳ない」”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018年4月15日). https://www.daily.co.jp/ring/2018/04/15/0011165553.shtml 2018年4月16日閲覧。 
  30. ^ まさか…比嘉大吾が体重オーバーで王座剥奪 日本人王者初”. デイリースポーツ (2018年4月15日). 2018年8月1日閲覧。
  31. ^ “比嘉大吾「ごめんなさい」 減量失敗響き9回TKO初黒星 連続KO勝利記録も夢散”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018年4月16日). https://www.daily.co.jp/ring/2018/04/16/0011168572.shtml 2018年4月16日閲覧。 
  32. ^ Rosales halts Higa, wins WBC 112lb belt Fightnews.com 2018年4月15日
  33. ^ 比嘉選手に無期限停止処分 ボクシング世界戦で体重超過 共同通信2018年4月25日
  34. ^ 比嘉大吾、JBCが無期限資格停止処分 減量失敗に「厳罰」”. スポーツ報知 (2018年4月26日). 2018年8月1日閲覧。
  35. ^ 比嘉大吾が処分解除で復帰へ 体重超過で王座剥奪 日刊スポーツ 2019年9月28日
  36. ^ 元世界王者の比嘉大吾 ライセンス停止処分解除 Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月3日
  37. ^ 元世界王者の比嘉大吾 1年10か月ぶり復帰戦勝利 快勝にも「モチベーションが上がらなければ…」 Boxing News(ボクシングニュース) 2020年2月13日
  38. ^ 王座剥奪の比嘉 1年10か月ぶり再起戦TKO勝利 日刊スポーツ 2020年2月13日
  39. ^ 比嘉大吾が白井・具志堅ジム離脱 処分解除の矢先 日刊スポーツ 2020年3月13日
  40. ^ 比嘉大吾が白井・具志堅スポーツジムと契約解除 引退はせず”. 琉球新報 (2020年3月13日). 2020年5月12日閲覧。
  41. ^ 元世界王者の比嘉大吾 Ambition GYM所属に 年内2試合目標「できるだけ早く世界王者に」 Boxing News(ボクシングニュース)2020年6月30日
  42. ^ 比嘉大吾の強打は不発 キャリア初判定でドロー 堤聖也は健闘及ばず金星逃す Boxing News(ボクシングニュース)2020年10月26日
  43. ^ 比嘉大吾が強打爆発 ストロング小林を5回KO WBO・APバンタム級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月31日
  44. ^ 元世界王者の比嘉大吾まさかの完敗 プロ4戦目の西田凌佑が金星 Boxing News(ボクシングニュース)2021年4月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アーデン・ディアレ
第42代OPBF東洋太平洋フライ級王者

2016年7月2日 - 2017年5月20日(返上)

空位
次タイトル獲得者
リチャード・クラベラス
前王者
フアン・エルナンデス
WBC世界フライ級王者

2017年5月20日 - 2018年4月14日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
クリストファー・ロサレス