ストロング小林佑樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストロング小林佑樹
基本情報
本名 小林 佑樹
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-08-08) 1991年8月8日(29歳)
出身地 大阪府八尾市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 16
KO勝ち 9
敗け 9
テンプレートを表示

ストロング小林佑樹 (ストロングこばやし ゆうき、本名:小林 佑樹(こばやし ゆうき)、1991年8月8日 - )は、日本の元プロボクサー大阪府八尾市出身[1]。元WBOアジアパシフィックバンタム級王者。六島ボクシングジム所属。かつては八尾ボクシングジムに所属していた[2]

来歴[編集]

本名小林佑樹のリングネームでの2011年4月29日のプロデビュー戦はTKO勝利[3]だったが、2012年6月30日の試合でプロ初黒星[4]

六島ボクシングジム移籍後、リングネームを「ストロング小林佑樹 」に変更。

2015年12月31日に大阪府立体育会館OPBF東洋太平洋バンタム級王者の山本隆寛とOPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチを行い、2回1分6秒TKO負けで王座獲得に失敗[5]

その後2016年11月6日、韓国ソウルIBFアジアスーパーバンタム級王者のキム・イエジェンとIBFアジアスーパーバンタム級タイトルマッチを行い、12回0-3(112-117、112-116、110-119)判定負けで王座獲得に失敗[6]

さらに2018年12月24日に住吉区民センターでOPBF東洋太平洋バンタム級3位の栗原慶太とOPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦を行い、12回0-3(111-113x3)判定負けで王座獲得に失敗[7][8]

そして2019年5月26日に大阪市大第二体育館WBOアジアパシフィックバンタム級王者ベン・マナンクィルとWBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチを行い、10回2分52秒TKO勝ちでアジア王座獲得に成功[9][10]。なおこの勝利でジム会長から報奨金の100万円を受け取った[11]

2019年12月22日、住吉区民センターでWBOアジアパシフィックバンタム級10位のコ・キチャンを相手に防衛戦を行い、12回3-0(119-107、120-106、118-108)で判定勝ちを収め、初防衛に成功した[12]

2020年12月31日、大田区総合体育館で元WBC世界フライ級王者で、WBA世界バンタム級10位・WBC世界同級15位の比嘉大吾を相手に防衛戦を行うも、5回45秒KO負けを喫し、王座から陥落した[13]

2021年1年、現役を引退した[14]

獲得タイトル[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング - 25戦16勝9敗(9KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2011年4月29日 勝利 3R 1:32 KO 橋本和樹(泉北) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2011年7月17日 勝利 3R 2:09 TKO 入江弘樹(京拳) 日本の旗 日本
3 2011年12月4日 勝利 4R 1:37 TKO 金眩秀(風間) 日本の旗 日本
4 2012年3月4日 勝利 4R 判定3-0 寺田亮(大鵬) 日本の旗 日本 2012年度西日本スーパーバンタム級新人王予選
5 2012年6月30日 敗北 4R 判定0-3 新井勇一(金沢 日本の旗 日本 2012年度西日本スーパーバンタム級新人王準決勝
6 2012年9月23日 勝利 6R 判定3-0 大島正規(堺東) 日本の旗 日本
7 2012年12月4日 勝利 2R 2:11 TKO 大島正規(堺東) 日本の旗 日本
8 2013年4月12日 敗北 4R 2:30 KO 大村起論(ハラダ 日本の旗 日本
9 2013年9月16日 敗北 8R 判定1-2 小澤サトシ(真正 日本の旗 日本
10 2014年3月30日 勝利 8R 判定3-0 見高文太(大阪帝拳 日本の旗 日本 ジム移籍初戦
11 2014年8月3日 勝利 8R 判定3-0 丸橋健吾(鈴鹿ニイミ) 日本の旗 日本
12 2014年12月28日 敗北 8R 判定1-2 丹羽賢史(グリーンツダ 日本の旗 日本
13 2015年4月5日 勝利 5R 1:29 TKO 松岡輝(大成) 日本の旗 日本
14 2015年12月31日 敗北 2R 1:06 TKO 山本隆寛(井岡 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
15 2016年7月31日 勝利 8R 判定3-0 神之浦博(真正) 日本の旗 日本
16 2016年11月6日 敗北 12R 判定0-3 キム・イェジョン 大韓民国の旗 韓国 IBFアジアスーパーバンタム級タイトルマッチ
17 2017年3月11日 敗北 1R 0:29 KO レイ・メグリノ フィリピンの旗 フィリピン
18 2017年8月13日 勝利 2R 1:52 KO 小澤サトシ(真正) 日本の旗 日本
19 2017年12月9日 勝利 8R 判定3-0 大里登(大鵬) 日本の旗 日本
20 2018年4月1日 勝利 5R 2:23 TKO 杉森太一(真正) 日本の旗 日本
21 2018年7月15日 勝利 4R 1:30 TKO ビンセント・アストロラビオ フィリピンの旗 フィリピン
22 2018年12月24日 敗北 12R 判定0-3 栗原慶太(一力) 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦
23 2019年5月26日 勝利 10R 1:52 TKO ベン・マナンクィル フィリピンの旗 フィリピン WBOアジアパシフィックバンタム級タイトルマッチ
24 2019年12月22日 勝利 12R 判定3-0 コ・キチャン 大韓民国の旗 韓国 WBOアジアパシフィック王座防衛1
25 2020年12月31日 敗北 5R 0:45 KO 比嘉大吾Ambition 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィック王座陥落
テンプレート

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ WBOアジアパシフィックWタイトル BOXING RAISE
  2. ^ 2011年7月試合結果 日本ボクシングコミッション
  3. ^ 橋本和樹 - 泉北ボクシングジム 泉北ボクシングジム
  4. ^ 2012年6月試合結果 日本ボクシングコミッション
  5. ^ 石田匠が日本SF級V4、山本隆寛はOPBF初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月31日
  6. ^ ストロング小林、敵地で敗戦も手応え「そこまで力の差感じなかった」 むとうボクシングジム 2016年11月7日
  7. ^ 栗原慶太がストロング小林との死闘制すOPBFバンタム級新チャンピオンに Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月25日
  8. ^ 4度のダウン奪った栗原慶太が判定で初戴冠 イブ決戦は壮絶死闘 デイリースポーツ 2018年12月24日
  9. ^ 阪下優友、ストロング小林佑樹がWBO・AP王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2019年5月27日
  10. ^ ストロング小林佑樹が執念を見せた! ボクシングモバイル 2019年5月26日
  11. ^ ストロング小林佑樹が100万円!王座奪取で報奨金 日刊スポーツ 2019年5月30日
  12. ^ ストロング小林佑樹 WBO・APタイトル初防衛 Boxing News(ボクシングニュース)2019年12月23日
  13. ^ 比嘉大吾が強打爆発 ストロング小林を5回KO WBO・APバンタム級王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース)2020年12月31日
  14. ^ 前WBO・APバンタム級王者 ストロング小林が引退 Boxing News(ボクシングニュース)2021年1月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]