大田区総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大田区総合体育館
Ota city general gymnasium.jpg
施設情報
正式名称 大田区総合体育館[1][2]
用途 体育館[1][2]
収容人数 メインアリーナ:4,012席[3]
サブアリーナ:200席[3]
設計者 石本建築事務所(監理者)[1][4]
播設計室(構造)[1]
ATTA(ランドスケープ[1]
施工 フジタ・幸・河津・甲田建設工事JV[1][2]
サンテック・新星・高田・仲村建設工事JV[1][2]
朝日・装芸・福進建設工事JV[1][2]
フジテック[1][2]
建築主 東京都大田区[1][2]
事業主体 東京都大田区[2]
管理運営 住友不動産エスフォルタ・JTB・NTTファシリティーズグループ
構造形式 鉄筋コンクリート構造一部鉄骨鉄筋コンクリート構造鉄骨構造[1]
敷地面積 8,588.83m²[1]
建築面積 5,826.51m²[1]
延床面積 13,983.36m²[1]
(駐車場込)
階数 地下2階、地上2階[1]
高さ 最高 19.99m、軒高 8.49m、天井高 21m[1]
着工 2009年6月[1][2]
竣工 2012年3月[1][2]
総工費 68億5,192万円[1]
所在地 144-0031
東京都大田区東蒲田1-11-1[3][1]
位置 北緯35度33分52.2秒 東経139度43分40.3秒 / 北緯35.564500度 東経139.727861度 / 35.564500; 139.727861座標: 北緯35度33分52.2秒 東経139度43分40.3秒 / 北緯35.564500度 東経139.727861度 / 35.564500; 139.727861
メインアリーナ

大田区総合体育館(おおたく そうごうたいいくかん、英語: Ota City General Gymnasium)は、東京都大田区にある屋内スポーツ施設である。施設は大田区が所有し、住友不動産エスフォルタ・JTB・NTTファシリティーズグループ(代表団体:住友不動産エスフォルタ、構成団体:JTBコーポレートセールス(2013年1月にJTB法人東京から商号変更)、NTTファシリティーズ)が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

2008年3月に老朽化により閉鎖・取り壊された大田区体育館(以下旧館)の跡地に2009年6月より建設され、2012年3月に竣工した。総事業費は基本計画策定時に50億円の予定であったが、地下フロアを設定した影響により71億円(設計管理料が1億5,183万7000円、総工費が68億5,192万円)に増加した[1]。なお、建築に当たっては敷地面積の関係より元々敷地内にあった東蒲田公園を敷地東側へ移設して、体育館と周辺の建造物との距離をとった[1]他、低層住宅が密集している周辺環境を考慮し、体育館全体の高さを低くするためにアリーナを地下に配置した経緯を有する[2]

設置目的として、区民が生涯を通じてスポーツに親しむことにより、健康で豊かな人生を楽しむことができる社会の実現に寄与することを目的とする。なお、大田区は「みる」スポーツと「する」スポーツを基本コンセプトとしているが、「みる」では各スポーツのプロリーグや国際試合、全日本レベルの大会を誘致して観戦すること、「する」では区民が利用することを掲げている[1]

格闘技の会場として、プロレス興行やボクシング世界戦でたびたび利用されている。また、JPBL所属の「アースフレンズ東京Z」、B3.LEAGUE所属の「東京サンレーヴス」及びW LEAGUE所属の「東京羽田ヴィッキーズ」がホームコートとして利用している。

利用時間は9時~21時である[3]

施設[編集]

  • メインアリーナ
  • サブアリーナ
    • 面積 - 646m2(34m×19m)[3]
    • 利用可能数 - バレーボール・バスケットボール1面、バドミントン4面、柔道2面分など[3]
    • 観客席 - 固定席200席[3]
  • 体育室1、体育室2
    • 面積 - 1・2共に120m2(11m×11m)[3]
  • 弓道場
    • 近的28m、5人立[3]
  • 会議室
    • 90m2(21m×4.3m)[3]
  • 駐車場(地上・地下)

主な大会・イベント[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 「大田区総合体育館」、『日経アーキテクチュア2012年8月25日、 40-47頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 「大田区総合体育館」、『建築設備2012年12月、 9-13頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 施設ご紹介”. 公式サイト. 2013年7月13日閲覧。
  4. ^ THE TOPICS 大田区総合体育館 - 愛知株式会社
  5. ^ 大田区総合体育館. “お知らせ-6月30日(土)開館セレモニー開催!”. 2012年5月25日閲覧。
  6. ^ 大田区総合体育館. “お知らせ詳細”. 2012年6月1日閲覧。
  7. ^ 日本バスケットボール協会. “大田区総合体育館 開館記念事業 ゼビオチャレンジ”. 2012年6月18日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボールリーグ機構. “2012 V・サマーリーグ女子大会(1次リーグ)開催要項について”. 2012年6月1日閲覧。
  9. ^ 全日本プロレス. “40th Anniversary Year SUMMER IMPACT 2012”. 2012年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月3日閲覧。
  10. ^ “バスケ男子アジア杯 9月に東京・大田区で開催”. スポーツニッポン. (2012年7月17日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/07/17/kiji/K20120717003699490.html 
  11. ^ DRAGON GATE. “DANGEROUS GATE 2012”. 2013年8月11日閲覧。
  12. ^ 日本バスケットボールリーグ. “日程結果”. 2012年4月28日閲覧。
  13. ^ ワタナベボクシングジム. “大みそか 3大世界戦を発表!”. 2012年10月19日閲覧。
  14. ^ ただし、そのうち1試合は日本人同士で行われた。
  15. ^ 東京サンレーヴス. “レギュラーシーズンスケジュール”. 2012年8月3日閲覧。
  16. ^ 全日本3冠ベルトを馬場家に返還!8/25ラストマッチ - スポニチアネックス、2013年8月10日閲覧。
  17. ^ VTJ実行委員会「VTJ 3rd」”. eFight. 2013年10月1日閲覧。
  18. ^ “【NBL】 NBL ALL-STAR in TOKYO開催概要ならびにファン投票概要決定のお知らせ” (プレスリリース), 一般社団法人日本バスケットボールリーグ, (2013年10月4日), http://www.nbl.or.jp/news/%E3%80%90NBL%E3%80%91NBL%20ALL-STAR%20GAME%202013-2014%20in%20TOKYO%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%B3%E3%81%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E6%8A%95%E7%A5%A8%E6%A6%82%E8%A6%81%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/149/ 
  19. ^ 東日本大震災復興支援 第 89 回天皇杯・第 80 回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会 競技日程 (PDF)”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年12月12日閲覧。
  20. ^ RIKIX 「NO KICK,NO LIFE 2014」”. eFight. 2013年12月12日閲覧。
  21. ^ “【電撃決定!!】なんと今年の『G1 CLIMAX』決勝は、“西武ドーム”に初進出!! 新日本プロレスが2014年上半期の予定をイッキに発表!!” (プレスリリース), 新日本プロレスリング株式会社, (2014年1月4日), http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=10876 
  22. ^ 長与千種イベント特設サイト”. 2013年12月12日閲覧。
  23. ^ プレーオフ概要”. 一般社団法人日本バスケットボールリーグ. 2014年2月9日閲覧。
  24. ^ 「2017年世界ジュニアウエイトリフティング選手権大会」開催!観戦事業等へ御招待いたします”. 東京都. 2017年6月24日閲覧。
  25. ^ a b c アクセス 公式サイト 2013年7月13日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]