藤岡奈穂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤岡 奈穂子
基本情報
本名 藤岡 奈穂子
通称 みちのくの強打者
美女キラー
階級 スーパーフライ級
身長 158cm
リーチ 161cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1975-08-18) 1975年8月18日(42歳)
出身地 宮城県大崎市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 16
KO勝ち 7
敗け 2
テンプレートを表示

藤岡 奈穂子(ふじおか なおこ、1975年8月18日 - )は、日本の女子プロボクサー宮城県古川市(現・大崎市)出身。竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム所属。現WBA女子世界フライ級王者。元WBC女子世界ミニフライ級王者、元WBA女子世界スーパーフライ級王者、元WBO女子世界バンタム級王者、初代OPBF東洋太平洋女子ミニフライ級王者。男女通じ日本人初の世界4階級制覇者でもある。

人物[編集]

  • アマチュア時代には佐川急便古川店にドライバーとして勤務しており、全日本トラック協会主催の全日本トラックドライバーコンテスト女性部門の宮城県代表にも選ばれた経歴がある[1]
  • プロ転向後はリフォームの会社に勤務しながら夜間に練習を行う[2]
  • 初の世界挑戦が決まった直後に東日本大震災で予定していたタイトルマッチが延期となり、藤岡の故郷も被災した。世界王座奪取後に帰郷して炊き出しを振舞
  • 2015年より女子ボクシング発展を目指し「ボクシング女子会」を結成、初代会長を務める[2][3]

来歴[編集]

古川女子高校ではソフトボールの遊撃手としてインターハイにも出場し、社会人(トーテック)時代を含めて5度の国体出場を果たした[4]

アマチュア時代[編集]

1999年9月、地元の情報誌に掲載された広告を見て古川リバーサイドジムに入門してボクシングを始めた。藤岡がボクシングへの転向を決めた理由は、「個人競技をやってみたい」とのことだった[2]。当時はプロアマとも公式には認められていなかったため、「女子でも試合に出られますか?」と尋ねた。

JABF公認前の2000年に行われた全日本アマチュア大会にてアマデビュー戦で好川菜々にRSC勝利を飾り新人王を獲得する。公認後の全日本大会でもバンタム級・フライ級でタイトルを獲得。2003年は準決勝で伊藤雅恵(後の秋田屋まさえ)、決勝で片山由美をいずれもRSCで降し、2004年決勝では後のWBA世界王者夛田悦子(現:多田悦子)を破っている。2007年大会では前回優勝の好川を準決勝で退け、決勝でも後のアジア大会銅メダリスト新本亜也にRSCで勝利する。

国際大会でも2003年アジア選手権で3位となり、2004年に台湾で開催されたアマチュア国際女子トーナメントでは小関桃、柳瀬麻美(現:四ヶ所麻美)らと参加。藤岡はこの大会での日本人最高となる銀メダルを獲得した。

2008年日本ボクシングコミッション(JBC)女子解禁に伴いライバルが相次いでプロ転向する中、藤岡だけはアマチュアを続行、同年の世界選手権にも出場し、1回戦でインドネシアの選手を破るも2回戦ではルーマニアの選手と対戦し敗退を喫した。

2009年、藤岡の地元である仙台市宮城野体育館で開かれた全日本大会でも優勝を飾り、大会MVPを獲得。国内無敗でアマチュアキャリアを締めた。

プロ[編集]

プロデビュー[編集]

藤岡はその後、プロ転向を表明し上京して竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジムに入門し、同年6月に「G Legend 2」にて公開でB級プロテストを受験することになった。藤岡の年齢は既に33歳となっていたが、年齢上限の経過措置延長[5]に伴い受験が認められ、合格。アマチュア女子世界選手権日本代表経験者として初のプロボクサー誕生となった。

9月15日、後楽園ホールにてプロデビュー。WBCランカーのリリー・ゴーキャットジムと対戦し、2回TKO勝ちした。

2009年11月30日、JWBC時代に日本王者となったベテラン猪崎かずみ(花形)を2回TKOで退け、A級昇格を果たした。

2010年4月1日、初の8回戦としてポーンブーノン・ポーウォンポーラメットを2回TKOで退け、デビュー3戦連続KO勝利を収めた。

東洋太平洋王座獲得[編集]

2010年9月24日、後楽園ホールにて行われたOPBF東洋太平洋女子ミニフライ級王座決定戦でカニター・ゴーキャットジム(タイ)を3-0の判定で退け、初タイトルを獲得した[6]

2010年12月15日、後のIBF女子世界ジュニアフライ級王者柴田直子(ワールドS)を3-0の判定で下し初防衛に成功した[7]

世界ストロー王座獲得[編集]

2011年5月8日、後楽園ホールでアナベル・オルティスが持つWBC女子世界ストロー級王座に挑戦し、5回に右ストレートと左フックを交互に連打しダウンを奪うと、8回にコーナーに追い込んで右フックでTKO、初の世界タイトルを獲得した。35歳8ヶ月20日での世界王座獲得はそれまでの富樫直美、さらには男子の越本隆志をも抜いて当時の日本最年長記録となった[2]。また、東洋太平洋と世界(JBC公認)の女子王座をともに獲得したのは藤岡が初であった。

世界ストロー王座防衛[編集]

初防衛[編集]

2011年9月22日、初防衛戦として東洋太平洋タイトルを争ったカニター・ゴーキャットジムを挑戦者に迎え、試合は9回に藤岡がTKOで返り討ちにして世界王座初防衛に成功した。

2011年の女子最優秀選手を富樫とともに受賞し、オルティス戦が女子年間最高試合に選出された。

2度目の防衛戦はなかなか決まらず、2012年最初の試合は7月11日の後楽園ホールにおけるマイェラ・ペレスとのノンタイトルとなった[8]。試合は3-0で藤岡の判定勝利となった。

2012年7月13日、おおさき宝大使に任命された。

2度目の防衛[編集]

藤岡の2度目の防衛戦は10月28日に地元の大崎市古川総合体育館で3位のビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)と対戦し[9][10]、試合は3回と7回にダウンを奪い3-0判定で勝利し2度目の防衛に成功した[11]。37歳2ヶ月10日での世界王座防衛は富樫を抜き男女通じて当時の日本人最年長記録であった。

2013年2月9日、アゼリア大正にて多田悦子とエキシビションを行う。

転級[編集]

2013年3月12日、後楽園ホールにてノンタイトル8回戦として世界王座3度挑戦経験のあるWBC女子ライトフライ級15位のマリベル・ラミレスとフライ級で対戦し、4回KOで勝利する。藤岡は試合後、WBC世界ストロー級王座を返上して2階級制覇を目指す意向を示した。竹原慎二会長は山口直子が持つWBA女子世界スーパーフライ級王座への挑戦を示唆したが、藤岡は柴田直子を破りWBC女子世界ライトフライ級王座に就いたイベス・サモラへの挑戦を希望していた[12]

2013年3月の東日本ボクシング協会月間最優秀選手賞を受賞、女子の同賞受賞は史上初となった[13]

3階級上で2階級制覇[編集]

2013年11月13日、山口直子が持つWBA女子世界スーパーフライ級王座に挑戦[14]、1年間防衛戦を行っていないWBC女子世界ミニフライ級王座の扱いはWBCと協議した結果、9月24日付で返上した[15][16]。試合は3回にダウンを奪い、3-0(97-92×2 98-91)の判定で王座奪取に成功した[17]。JBC公認後の女子初の2階級制覇[18]とともに、男女通じて国内初となる3階級上げての達成となった。さらに38歳2ヵ月26日で自身が持つ国内最年長世界王座奪取記録を更新した(2014年に池山直に更新された)。畑山隆則マネージャーは藤岡の快挙ぶりを「女パッキャオ」と評した[19]

初防衛[編集]

藤岡の初防衛戦は2014年春頃に敵地アルゼンチンでWBAより義務付けられている暫定王者ダニエラ・ベルムデスとの王座統一戦に挑む予定だったが[20][21]、ベルムデスの暫定王座が剥奪されたため白紙に戻った。

2014年7月7日、後楽園ホールで東洋太平洋王者川西友子大阪帝拳)を相手に初防衛戦を行い[22]、初回は距離を詰めさせられず前半は互角だったものの後半からはクリーンヒットを増やし、3-0(97-93×3)で初防衛に成功した[23]。この結果により、38歳10ヶ月で自身が持つ世界王座国内最年長防衛記録を更新した(これも9月20日に池山直に更新される)。

3階級制覇挑戦・プロ初黒星[編集]

2014年11月8日、藤岡はシュトゥットガルトにてWBA女子世界フライ級スーパー王者のスージー・ケンティキアンに挑戦したが(メインはフェリックス・シュトゥルム vs ロベルト・ステイグリッツのノンタイトル)、試合は0-3(93-97、94-97、94-96)の判定でプロ初黒星を喫し日本人女子初の世界王座3階級制覇を逃した[24][25]。なお、WBAからの特例でスーパーフライ級王座については保持が認められたが、負けた場合は返上する方針を示していた[26]

メキシコで再起[編集]

2015年3月14日、藤岡はメヒコ州ナウカルパンで元WBC女子世界フライ級王者でWBC女子インターナショナルスーパーフライ級王者のマリアナ・フアレスと対戦し、2-1(98-93、97-93、94-96)の判定勝ちを収め再起を果たすと共にWBC女子インターナショナルスーパーフライ級王座の獲得に成功した[27]

3階級制覇[編集]

2015年10月19日、後楽園ホールにて兪禧晶とのWBO女子世界バンタム級王座決定戦に挑み、3-0(100-90×2、99-91)の大差でJBC公認後初の女子世界王座3階級制覇を達成[28][29][30]

初防衛[編集]

2016年6月13日、後楽園ホールにて初防衛戦として元WBC女子世界フライ級王者真道ゴーを迎え撃つ[31]。初回に相手の右ストレートにぐらつく場面もあったが、2回以降盛り返し、8回にダウンを奪い3-0(97-92、98-91、98-91)の判定で初防衛に成功した[32]

4階級挑戦[編集]

2016年9月5日付でWBO女子世界バンタム級王座を返上。女子世界タイ記録、男女通じて日本人最多記録となる4階級制覇を懸け10月1日にメキシコでジェシカ・チャベスが持つWBC女子世界フライ級王座に挑むが[33]、6回にダウンを奪われ、0-3(93-95 93-94 92-96) の判定敗れ4階級制覇はならなかった[34]

4階級制覇[編集]

2017年3月13日、後楽園ホールで行われた「A-sign.Bee2」でWBA女子フライ級1位のイサベル・ミジャンとWBA女子フライ級王座決定戦を行い、10回21秒TKO勝ちを収め男女を通じて日本人初となる4階級制覇を果たした[35][36]

戦績[編集]

  • アマチュア:23戦 20勝 12KO/RSC 3敗
  • プロボクシング:18戦 16勝 7KO 2敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2009年9月15日 勝利 2R 1:27 TKO リリー・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
2 2009年11月30日 勝利 2R 1:55 TKO 猪崎かずみ(花形) 日本の旗 日本
3 2010年4月1日 勝利 2R 1:58 TKO ポーンブーノン・ポーウォンポーラメット タイ王国の旗 タイ
4 2010年9月24日 勝利 10R 判定3-0 カニター・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ OPBF女子ミニフライ級王座決定戦
5 2010年12月15日 勝利 10R 判定3-0 柴田直子(ワールドS) 日本の旗 日本 OPBF女子ミニフライ級・防衛1
6 2011年5月8日 勝利 8R終了 TKO アナベル・オルティス メキシコの旗 メキシコ WBC女子世界ストロー級王座獲得
7 2011年9月22日 勝利 9R 0:37 TKO カニター・ゴーキャットジム タイ王国の旗 タイ WBC女子世界ストロー級王座・防衛1
8 2012年7月11日 勝利 8R 判定 マイェラ・ペレス メキシコの旗 メキシコ
9 2012年10月28日 勝利 10R 判定 ビクトリア・アルゲッタ メキシコの旗 メキシコ WBC女子世界ストロー級王座・防衛2
10 2013年3月12日 勝利 4R 1:30 KO マリベル・ラミレス メキシコの旗 メキシコ
11 2013年11月13日 勝利 10R 判定3-0 山口直子(白井・具志堅S) 日本の旗 日本 WBA女子世界スーパーフライ級王座獲得
12 2014年7月7日 勝利 10R 判定3-0 川西友子(大阪帝拳) 日本の旗 日本 WBA女子世界スーパーフライ級・防衛1
13 2014年11月8日 敗北 10R 判定0-3 スージー・ケンティキアン ドイツの旗 ドイツ WBA女子世界フライ級スーパー王座挑戦
14 2015年3月14日 勝利 10R 判定2-1 マリアナ・フアレス メキシコの旗 メキシコ WBC女子インターナショナルスーパーフライ級王座獲得
15 2015年10月19日 勝利 10R 判定3-0 兪禧晶 大韓民国の旗 韓国 WBO女子世界バンタム級王座決定戦
王座獲得
16 2016年6月13日 勝利 10R 判定3-0 真道ゴー(Gツダ) 日本の旗 日本 WBO女子世界バンタム級王座・防衛1
17 2016年10月1日 敗北 10R 判定0-3 ジェシカ・チャベス メキシコの旗 メキシコ WBC女子世界フライ級王座挑戦
18 2017年3月13日 勝利 10R 0:21 TKO イサベル・ミジャン メキシコの旗 メキシコ WBA女子世界フライ級王座獲得
テンプレート

獲得タイトル[編集]

受賞歴[編集]

  • 年間表彰
    • 2011年度女子最優秀選手賞・女子年間最高試合賞
    • 2013年度女子最優秀選手賞・女子年間最高試合賞
  • 2013年3月度東日本ボクシング協会月間最優秀選手賞
  • おおさき宝大使[37]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SGホールディングスグループニュースレター (PDF)”. SGホールディングス. 2012年2月28日閲覧。
  2. ^ a b c d “藤岡奈穂子日本人最年長奪取/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2011年5月8日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20110509-772969.html 
  3. ^ 第一回ボクシング女子会
  4. ^ “藤岡、ソフトボール強肩で「勝つ」/BOX”. (2011年3月10日). http://www.sanspo.com/fight/news/110310/fgb1103100501000-n1.htm 
  5. ^ 同月より決定したばかりだった。
  6. ^ ライカ&藤岡、東洋太平洋王座奪取…女子ダブル王座決定戦 スポーツ報知 2010年9月25日
  7. ^ 藤岡初防衛 OPBF女子MF級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年12月16日
  8. ^ 次戦決定!!”. 藤岡奈穂子後援会. 2012年7月3日閲覧。
  9. ^ “大崎出身のボクシング世界王者・藤岡選手 郷里で防衛戦へ”. 河北新報. (2012年6月30日). http://www.kahoku.co.jp/news/2012/06/20120630t14034.htm 
  10. ^ “藤岡、宮城凱旋V2戦/BOX”. サンケイスポーツ. (2012年9月5日). http://www.sanspo.com/sports/news/20120905/box12090505010000-n1.html 
  11. ^ “藤岡が判定勝ち 悲願の地元防衛に涙「いい内容」”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2012/10/29/kiji/K20121029004436210.html 
  12. ^ 【写真&コメント追加】藤岡奈穂子会心のKO勝利!山口直子とのスーパーマッチを示唆?”. Lady GO!. 2013年3月17日閲覧。
  13. ^ “藤岡が女子初の月間MVP受賞”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年4月9日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/04/blog-post_4848.html 
  14. ^ “山口が藤岡とV3戦 現役世界王者対決”. デイリースポーツ. (2013年9月20日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/09/20/0006352783.shtml 
  15. ^ “山口、藤岡と3度目防衛戦 WBA女子Sフライ級”. スポーツニッポン. (2013年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/09/19/kiji/K20130919006648070.html?feature=related 
  16. ^ “藤岡奈穂子、WBC王座返上 2階級制覇挑戦へ”. スポーツニッポン. (2013年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/09/27/kiji/K20130927006698870.html 
  17. ^ 藤岡奈穂子が新王者に!山口直子vs藤岡奈穂子!世界王者対決 11.13 WBA女子世界Sフライ級タイトルマッチ!〜ザ、カンムリワシファイトVol.47”. Lady Go!. 2013年11月13日閲覧。
  18. ^ JBC非公認を含めた場合、天海ツナミがIFBA世界バンタム級王座を獲得し、WBA女子世界スーパーフライ級王座を獲得して達成している。JBC公認前は風神ライカが3階級制覇を記録している。
  19. ^ “藤岡 日本女子初の2階級制覇 38歳、最年長奪取記録も更新”. スポーツニッポン. (2013年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/11/14/kiji/K20131114007006710.html 
  20. ^ “【BOX】38歳・藤岡奈穂子が史上最年長戴冠”. スポーツ報知. (2013年11月13日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20131113-OHT1T00245.htm 
  21. ^ “藤岡快挙!3階級アップで2階級制覇”. デイリースポーツ. (2013年11月14日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/11/14/2p_0006495719.shtml 
  22. ^ “藤岡奈穂子初防衛戦が決定!7.7 後楽園ホール!”. Lady Go!. (2014年5月27日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8369163.html 
  23. ^ “女王・藤岡が判定で初防衛、川西奮闘及ばず”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年7月7日). http://boxingnews.jp/news/15540/ 
  24. ^ 惜しくも藤岡は判定負け!【試合結果】2階級王者藤岡奈穂子がスーパー王者のケンティキアンに挑戦!スージー・ケンティキアンvs藤岡奈穂子!11.8 Sturm vs.Stieglitz SUPER FIGHT〜ドイツ”. Lady Go!. 2014年11月9日閲覧。
  25. ^ “藤岡奈穂子が判定負け、3階級制覇ならず”. Boxing News. (2014年11月9日). http://boxingnews.jp/news/19574/ 
  26. ^ “藤岡奈穂子、11.8ドイツで女子初の3階級制覇に挑戦”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年10月31日). http://boxingnews.jp/news/19279/ 
  27. ^ 藤岡奈穂子がメキシコでフアレスに勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月15日
  28. ^ 藤岡奈穂子が日本人女子初の3階級制覇を達成!【試合結果】藤岡奈穂子vsユー・ヒージョン!☆10.19 WBO女子世界バンタム級王座決定戦”. Lady Go!. 2015年8月9日閲覧。
  29. ^ 藤岡奈穂子が3階級制覇に挑戦、10.19後楽園ホール Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月24日
  30. ^ “藤岡奈穂子が3階級制覇、WBO女子バンタム級決定戦”. Boxing News(ボクシングニュース). (2015年10月19日). http://boxingnews.jp/news/31100/ 
  31. ^ “Gツダの川口裕&真道ゴーがタイトル奪取に意欲”. Bpxing News. (2016年5月31日). http://boxingnews.jp/news/37950/ 
  32. ^ “藤岡奈穂子が真道ゴーに勝利、女子ベストバウトの声”. Boxing News(ボクシングニュース). (2016年6月13日). http://boxingnews.jp/news/38297/ 
  33. ^ “藤岡奈穂子4階級制覇へ!バンタム級王座返上、フライ級王者に挑戦”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2016/09/07/kiji/K20160907013309270.html 
  34. ^ ジェシカ・チャベスが4度目の防衛に成功☆ジェシカ・チャベスvs藤岡奈穂子☆10.1WBC女子世界フライ級タイトルマッチ”. Lady Go!. 2016年10月2日閲覧。
  35. ^ Fujioka wins her fourth world belt by stoppng Millan Fightnews.com 2017年3月13日
  36. ^ 藤岡奈穂子が4階級制覇、ミジャンに10回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月13日
  37. ^ おおさき宝大使を委嘱”. 2015年8月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

初代OPBF東洋太平洋女子ミニフライ級王者
在位期間
空位
2010年創設
2010年9月24日 - 2011年(返上) 空位
(次タイトル獲得者:花形冴美
WBC女子世界ストロー級王者
在位期間
アナベル・オルティス 2011年5月8日 - 2013年9月24日(返上) 空位
(次タイトル獲得者:安藤麻里
WBA女子世界スーパーフライ級王者
在位期間
山口直子 2013年11月13日 - 2015年(返上) 空位
(次タイトル獲得者:リンダ・ルッカ
WBO女子世界バンタム級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:カロリーナ・デュアー
2015年10月19日 - 2016年9月5日(返上) 空位
(次タイトル獲得者:N/A
WBA女子世界フライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:スージー・ケンティキアン
2017年3月13日 - 現在 N/A